2011年12月16日

2011年のロハスな本は?

2006年から毎年年末にご出演していただいている、分子生物学者の福岡伸一さん
fuku2011_oguro.JPG

毎回「今年のロハスな本」を選んで頂いています。
・2006年「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ著
・2007年「針の上で天使は何人踊れるか」ダレン・オルドリッジ著 
・2008年「銀むつクライシス」G・ブルース・ネクト著
・2009年「完全なる証明」 マーシャ・ガッセン著
・2010年「1984年」ジョージ・オーウェル著

そして2011年は…
『フェルメールのカメラ―光と空間の謎を解く』フィリップ・ステッドマン著

まだカメラが無かった時代のフォトグラファーとして、世界を捉えていたってことを紹介した本。フェルメールの教科書として読んでいただけたら…と、福岡先生。

fuku2011_book.jpg

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/7628



バックナンバー