2011年09月19日

孫の観察記録、そのルール

霊長類学者で、NGO日本アイアイファンド代表の島泰三さんは、去年、お孫さんとの記録を綴った本「孫の力 ー誰もしたことのない観察の記録」を出版なさいました。
島さんにとって、思い返せば記憶のない時代(小学生以前)があり、このときにどういう心を持っていたのか、何をしていたのか知りたくて、ちょうどお孫さんが生まれたので、どういう風に人の心が作られていくのかを見たいと思ったのが始まりなんですって。
6年間の観察、基本はビデオ撮影。家が近かったこともあり、週に1〜2回会っていたそう。毎日会うわけではないので印象が新鮮で、お孫さんが帰ってから、奥様とその日の記録を作ったそうです。ビデオの総録画時間は45時間!

「観察のルールは、相手がやっていることは遮らない。やりたいようにやらせる。食べて散らかしてもそのまんま。」…もともと島さんは猿専門家、相手に対して干渉をしてはだめで、人間の赤ちゃんは猿としては非常に特殊な生き物、人は特別な生き物とおっしゃっています。 mago_mon.JPG


今夜の選曲: ORANGE COLORED SKY / NAT KING COLE

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/7520



バックナンバー