2011年08月16日

被災地で見た人間の最低と最高

慶應義塾大学教授で作家の荻野アンナさんの最新本は、被災地の現状を書いた『大震災・欲と仁義』。

『欲と仁義』このタイトル。最初は「かわらばん」くらいのタイトルで考えていたそうですが、欲と仁義にせざるを得ない現状がそこにはあったそうです。
仁義は<人間らしさ>であって、個人で頑張り抜く人と、途中から顔役になってモノとパワーを操る人が現れたり、金庫をこじ開ける人とお財布を拾っては警察に届ける人いる…。人間の最低と最高を見て「避難所は日本の縮図」とも思ったそうです。

anna_tue.JPG


今夜の選曲: FLAMINGO / MARTIN DENNY

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/7467



バックナンバー