2011年01月17日

脳性麻痺7人制サッカーとは?

日本脳性麻痺7人制サッカー協会副会長の山崎一世子さんをお迎えする今週。まずは脳性麻痺7人制サッカーについてお話しいただきました。
脳性麻痺、脳卒中、脳外傷などを負った身体障害者7人でプレーをするサッカーで、通称CPサッカーというそうです。CPとは英語の「Cerebral(脳からの)Palsy(麻痺)」の略。1978年にドイツで設立されました。国際的には「Football 7-a-side」と呼ばれているそうです。1984年のパラリンピック・ニューヨーク大会から種目となっていますね。
日本では、2001年に日本脳性麻痺7人制サッカー協会が設立されました。登録チームは、8チームあるそうです。

『それぞれの障害によって出来ることが違ってくるので、利き手、利き足を考えながら教えたり、チームを組んでいます』 cp_mon.JPG


今夜の選曲: BOOGIE BOSSA NOVA / QUINCY JONES

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/7161



バックナンバー