2010年08月04日

水の種類、体にいい水はある?

株式会社環境向学代表取締役社長、保科寿治さんは水のスペシャリスト。

水は、大きく2つに分かれます。何かを足している水(アルカリ、カルシウム、ミネラルなど)と、何か不要物を取っている水。では、いろいろ入っている方が体にいいのか…というと、そうでもないようです。例えば、水の中のミネラルは無機ミネラル。体にはほとんど吸収されず、場合によっては腎臓結石になる場合もあるとか…。 hoshina_wed.JPG


水は循環してます。海・川の水は太陽の熱で蒸発し→雲になり→雨になります。雨は純水、不純物を含んでいません。だから大自然の場所では、水はピュアウォーターになります。でも、都心部で降る雨は、空気中の不純物をどんどん含んでいって、そして川に。 どこかで何かを汚すと、かならず戻ってくるわけです。

今夜の選曲: SWEET AND DANDY / JIMMY CLIFF
staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/6846



バックナンバー