2009年06月24日

骨からデザインを考えると

プロダクトデザイナーの山中俊治さんがディレクションの企画展「骨」展。「骨とデザイン。つくられた骨、未来の骨」ということで、生物の骨、工業製品の骨格、骨をテーマにした作品など、12組の作家の作品が展示されています。
小黒編集長のお気に入りは明和電機さんの「WAHHA GO GO」。ただ「笑う」ことだけを目的とする構造体のロボットで、その笑い声がなんともスゴいんだそうです!これは実際に実際に聞いて欲しいと山中さん。

「骨からデザインすることは、動きや仕組みをデザインすることでもあります。作品と接したときに、人が得られる体験そのものもデザインすることに繋がります。」と山中さん。

yamanak_wed1JPG.JPG yamanaka_wed2.JPG

今夜の選曲: SKY SAW / BRIAN ENO

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/6303



バックナンバー