2009年04月29日

内容がいいアルバムを

伏谷博之さんが木楽舎と共同で立ち上げた、音楽レーベル「ロハスキッズ・ミュージック」。
fushitani_wed.JPG お母さんたちにマーケティングしたところ、もちろんみなさん子供にいい音楽を聴かせたいと思っていて、たとえばクラシックでいうとアルバムは<ジャケットがキャラクター>とか<有名な作曲家>というポイントで選んでいるんだとか。そこで伏谷さんは、そうでなくて「アルバムとしていいね」という風に思ってほしくて作ったそう。
品質へのこだわりもあって、音源が「ハルモニア・ムンディ・フランス」を使用。これはフランスの古学…昔、演奏された時代の楽器で演奏された曲なんですって。確かに、どこか懐かしいような優しい音です。 fushitani_wed2.JPG
今夜のオンエア曲:「フィガロの結婚」より「恋とはどんなものなのかしら」
staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/6244



バックナンバー