2008年11月19日

最新本がラジオドラマに!

吉田修一さんの最新作は木楽舎から発売されている「あの空の下で」。ANA機内誌「翼の王国」で連載された短編小説12編とエッセイ6編が収録されています。
テーマは旅と空に関わるもので、12の短編小説では1編ごとに異なる主人公の些細な日常が表現されています。同じ機内の中のどこかの席に座っているような人が主人公になればいいなぁと思って書いたそう。隣の人が主人公かもしれない…そんな想像もできるリアリティのある物語です。 yoshida-wed.JPG
■お知らせ!■ J-WAVEでは、11月24日(月)18時〜19時時55分までこの小説「あの空の下で」のスペシャル番組を放送します。女優の宮沢りえさんと、俳優・小林薫さんの朗読によるリーディングドラマです。お楽しみに! さらに、2009年1月からはANA国際線にこのリーディングドラマが搭載されます。ANA国際線を利用された際にはぜひ、お楽しみください。 今夜の選曲: ANGELS REJOICED / NICOLETTE LARSON
staff| 20:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/6084

コメント

修一さんの声があまりにもお若いので、最初聞いた時は吉田違い?と思ってしまいました。先日、悪人を読み終えたばかりでのこの番組出演。私の地元は福岡なのですが(現在鎌倉在)、佐賀・長崎・福岡の街に対する描写は全くといって”その通り”で、あまりのうまさにストリートビューしている様でした。

ナツより。

投稿者 Natsu : November 20, 2008 10:36 AM



バックナンバー