2008年10月13日

宇宙観は小学生から考えていました

ACIDMAN大木伸夫さんの描く歌詞の世界は、宇宙感や生命の不思議についてがメイン。なんと小学生の頃から考え続けている思想なんですって!そして今は表現者として、一番興味あるもので表現しているというだけ…なんだそう。
本もよく読まれるそうで、好きな作家は村上春樹、いしいしんじ、カール・セーガンなどを挙げられていました。ちなみに、小黒さんが大木さんにお勧めしていた作品は稲垣足穂の「一千一秒物語」。
今夜の選曲: SEEKER / THE WHO
staff| 20:45 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/6047



バックナンバー