2008年04月17日

三國シェフと見城さんと小黒編集長の意外な関係

会社では使っていない電気をどんどん消していくという、意外に(?)LOHASな幻冬舎代表取締役社長の見城徹さん。去年「編集者という病」を発売、10万部も売れたヒット作品となりました。小黒編集長のこともチラリと書いてありますので、ぜひ読んでみて下さいネ。


幻冬舎の設立は1993年。見城さん40歳のとき。当初は社員数6人という小さな出版社だったそうです。そんな、設立してすぐの幻冬社に訪れた小黒編集長。その時の用事が、ケニアにあるホテルムパタ・サファリクラブ(小黒編集長がオーナー)の会員権を買って欲しいという相談!その値段600万円、見城さんは購入されなかったそうですが…。ところが当時、会員権を買った方は100人もいたそうで、その中の一人がフレンチ界の巨匠:三國清三シェフ。当時はまだ「オテル・ドゥ・ミクニ」を作られる前。時を同じくして、小黒編集長は見城さんに三國シェフを紹介。3人は仲良くなり、四谷にある「オテル・ドゥ・ミクニ」の場所を探したのは見城さんと小黒編集長。実は「オテル・ドゥ・ミクニ」の設立に、二人は深く関わっているのでした。。。


今夜の選曲: IT'S MAN'S MAN'S MAN'S WORLD / JAMES BROWN

staff| 20:45 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/5867



バックナンバー