2007年04月24日

ロデオカウボーイに憧れて

十代のころ乗馬クラブでインストラクターをしていた園部一馬さん。当時、ロデオマシーンで皆で競っていたのですが、園部さんは十何時間か飛行機に乗れば本物がそこにあるのに、なぜ機械に乗って遊ぶのか解らなかったそうです。それでアメリカに渡りテキサス州のフォートワースで暮らしはじめました。
ロデオカウボーイになりたいと頼んではみましたが、やはりなるのは中々大変。ちゃんとした競技で、国技みたいなところもあるので、周りからの目は相当厳しかったそうです。
それでも、お世話になっている牧場主が町のボスでもあり、一度認めて貰うと日本人カウボーイでも受け入れられたそうです。暇があると牧場の友達とトラックに乗り、全米の大会を巡り歩く生活の始まりです。

アメリカ人にとってはプロレスとロデオは一緒の演芸。ロデオの大会が終わると、同じ会場でそのままプロレスを始め、プロレスラーが牛の糞を踏みながら入場したりするそうです。


今夜の選曲: RAG MAMA RAG / BAND

staff| 20:50 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/5497



バックナンバー