2007年02月28日

近所のナショナルトラスト・トップ3

雑誌ソトコトで連載中、松任谷愛介さんのページ「A SLEEPING GIANT ナショナルトラストを往く」には「近所のトラスト完全制覇」とあります。そこで、松任谷さんの近所の、ナショナルトラスト・トップ3を教えていただきました。

1)スコットニー城、近くの環境ブリッジ
高速道路によって左右分断された森。動物たちが森を移動できないことから、   
動物専用の橋が出来たわけです。橋を渡っている動物は、主にヤマネ。
2)ハムハウス
ハムハウスで作っているオーガニックの野菜を食べることが出来るレストラン。
3)ロンドンブリッジのたもとにあるPUB
シェークスピア、ディケンズも来ていた歴史あるPUB。

■お知らせ■
松任谷さんが10年あたためている企画「グランドファーザーズ・レター」の展示会が日本で行われます。100年前、イギリスのおじいちゃんがインドの孫に送り続けた絵手紙。イギリスとインドのやり取りは20年、1200通に及んだそうです。その心温まる絵手紙が、4月23日から1週間、NHKふれあいホールで展示されます。本国:イギリスで、グランドファーザーズレターは書籍として発行されているほど、有名なものなんだそうです。
  
今夜の選曲: IN A LIFETIME / CLANNAD

staff| 20:50 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/5437



バックナンバー