2006年09月11日

京都議定書ウラ話

環境省・地球環境局長の小林光さんは、京都議定書発効の立役者。
CO2を減らす…ということは、エネルギーの量を減らすこと。経済と直結する話なだけに、まとめるのが難産だったそうです。とくに、アメリカは幅広い(みんなができるような)約束を求めるのに対し、ヨーロッパは明確な約束を求めるなど、国ごとに考えが違ったそうです。


今夜の選曲: MORNING GLORY / TIM BUCKLEY

staff| 20:50 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/5275



バックナンバー