2006年07月05日

【第34回】「築地の朝めし」 築地食堂

厚さ、いつもの2倍。ソトコト8月号
 今日はソトコト8月号の発売日。すでに買っていただいた方は驚いたよネ! そう、厚さがいつもの2倍もある特別号。この厚みの秘密は、付録でついている「坂本龍一メッセージ入り、エコバッグ」。定価はいつもと同じ800円。買わない手はない。エコバッグ保存用と、普段使いエコバッグ用で2部買っても損しない。

 このエコバッグ、帝人のエコサークルという技術を使った、再生ポリエステル繊維からできたもの。ポリエステルだけど、原料に石油を使っていないわけだ。コットンのエコバッグよりも耐久性は優れている。相当重いもの入れても大丈夫。何回使ってもヘタラない、しょっちゅう洗濯してもホツレなどはあまりない。さらには、畳めばとても小さくなる。

 築地界隈でも、このエコバッグを流行らせようと思っている。坂本さんも言っていたけど、レジ袋を使うようになったのは、ここ30年くらい。それまでは、買い物カゴ下げてたわけだ。今でも築地では、竹かごを持った人をよく見かける。使い慣れると、レジ袋よりたくさんモノを入れられるし、地面においても倒れない。便利だから使う。エコとロハスの違いもここ。皆さん、便利だから、ソトコト買ってエコバッグ使ってネ。


第34回 一汁四菜食べられる食堂 「築地食堂」
 実にストレートな名前だ。築地にあるから「築地食堂」。でもこの地で、築地を名乗るのは相当勇気がいるだろう。変な魚を出したらバッシングの嵐、そこそこの魚出しても「普通」と思われてしまう。店構えは、場外の界隈の中では立派。蝶の家紋が入った暖簾が下げられている。比較的新しい店だが、行ったことがないので入ってみる。



龍宮城定食1000円。刺身はヒラメ、縁側、ヅケマグロ、イクラ

 メニューは、マグロ、銀ダラ、子持ちかれいなど豊富。何よりよかったのが、おかずのほかに2品の副菜と香の物がつく。都合、一汁四菜。市場では、メインのおかずに、ご飯と味噌汁、香の物という食堂が多い中、色々なものが食べられるのはありがたい。体にもいい。

 龍宮城定食という、刺身定食を注文。魚はなかなか。店内は、それほど手を入れていないが、天井が高くて気持ちいい。場外の結構いい場所だが、長年商売してきた人でも、こういう場所を手放すケースも多い。その後で、若い人が新しい店はじめて、いいサービスをすれば築地に来る人も増えるだろう。この店にもがんばって欲しい。だから注文を1点。シロメシはもうちょっと研究しないと。河岸とはいえ、シロメシは基本のき、だ。



築地食堂
住所:中央区築地4-10-14
電話:03-3543-6509
営業時間:8:30〜15:00
定休日:日曜祭日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/5214



バックナンバー