2006年06月27日

【第31回】「築地の朝めし」 めし丸

梅雨中休み、火曜日とくれば
 今日は、河岸の人たち顔が晴れ晴れ。梅雨もお休みでカラッと晴れているから。それもあるが、明日が休市日だから。よからぬことを考えているのもいるだろうが、休み前でセリも終わった休み前の朝は、彼らにとって格別なんだろう。

 そんな表情を見たいなら、場外の小路に迷い込みなさい。表通りはあくまで外向き。小路にも、客が出入りする外向き用と、客が滅多に来ないディープな小路がある。オススメするのは、このディープな小路。

 河岸の人の会話に出てくる、悩み、喜び、怒り、悲しみを聞きながら歩く。今日みたいな天気がいい日は、みんな口も軽くいろいろな話が聞ける。店の裏をジロジロ覗き込んだり、立ち止まってみたりするのはあまり良くない。あくまで、「ちょっと近道してみた初心者です」という顔で通り過ぎなさい。きっと、築地の別の顔が見えてくる。


第31回 男のオアシス 「めし丸」
 築地の場外、初心者なら入るのをためらうような小路に「めし丸」がある。晴海通りに看板が出ているが、肝心のお店には看板がない。メニューが書かれた黒板が置いてあるだけ。向かいは、天ぷらの「黒川」。ここはうまい。朝は9時からやっているはず。「黒川」を目指せばたどり着ける。



刺身定食850円

 この店は、表のカウンターと、外の席。それと裏の席がある。裏の席の奥にも秘密の席があるらしい。店の居心地の良さが表れているネ。裏の入り口から入り、刺身定食を注文。裏の席でご飯を食べていると、人の家に上がりこんだような気分になる。今日は、マグロ、中落ち、イカ、アジに白身一品。850円という値段の割には量が多い。こういうのを、リーズナブルという。

 朝は平和だが、ここに昼来るとすごい。特に、休市日前の今日なんかは、昼から河岸の兄ちゃん達があつまってビールやら焼酎をあおって、とてもココでは書けないエグイ話をしていることもある。そのために、裏の席や、裏の奥の席が生まれたんだろう。

 あまり女性は見かけない、築地で働く若衆からおじさんまで、みんな集ってくる、ある意味で男のオアシス的存在だ。



めし丸
住所:中央区築地6-25-4
電話:03-5565-1923
営業時間:6:00〜14:00、17:00〜21:00
定休日:日曜祭日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/5205



バックナンバー