2012年04月26日

Googleの新サービス「Google Drive」

おととい発表されたGoogleの新サービス「Google Drive」

ds_illustration_sync_440x420.png

ドライブといってもストリートビューを使った
ナビゲーションシステムではありません。

Google Drive」とは、
クラウド型オンラインストレージサービスのコト。


「Google Drive」では、無料で5ギガバイトまで
文書や写真、動画などのファイルの保管のほか、
複数ユーザー間でドキュメント編集・共有がリアルタイムで可能

ds_illustration_collaborate_440x420a.png

リアルタイムでのドキュメントの更新や共有は以前から
Google Docsでも出来ましたが、Gmail、Google Docs、Google+と連携で、
Google Drive中のファイルは「添付」する必要がなくなります。
単にリンクを送信するだけで、相手のGoogle Driveに最新版ファイルが反映されます。

ds_illustration_collaborate2_440x420.png

Google Drive中のファイルをその場で表示できるのも便利。
これに対応しているファイルフォーマットは、Officeだけでなく、
Adobe Illustrator、Photoshop、PostScript、Apple Pages、ZIP、RAR、
画像はJPEG、PNG、GIF、TIFF、BMP、
動画は、WMV、FLV、AVI、MPEG4、3GPP、MOV、MPEGPSに対応。

ブラウザーでその場で開くことができる。
その際、対応アプリケーションをインストールしている必要はありません。

さらに、新しい機能としてバックアップ機能が追加。
Google Driveでは全ての変更が保存され、
30日以内であれば過去を遡ることができるそうです。

ds_5G_440x420.png
  
無料で5GBの容量が使えますが、有料で保存容量を増やすことが出来ます。

月額4.99ドル(約370円)で100GBプランにアップグレード可能
月額49.99ドル(約3700円)で1TBプランにアップグレード可能
月額99.99ドル(約8150円)で2TBプランにアップグレード可能
最高、月額799.99ドル(約6万5100円)で16TBまでアップグレード可能

まだ日本語の対応はされていませんが、
アップロードされた画像内の文字情報を読み取る機能や、
画像イメージ自体からその内容を読み取り情報を付加する機能などもあるようです。

また、「Google Drive」の強みは、 Googleが提供している
その他のサービスとコラボできるという点。

Google Drive SDKというGoogle Drive向けのソフトウェア開発キットが公開され、
Google Drive向けのアプリを開発できるので、
すでに、Google Dirve上のデータをそのままFAX送信できる「HelloFax」など
対応アプリがChrome Web Storeにてすでに公開されています。

Google Dirveは、ブラウザーから利用できるほか、
Windows 7/Vista/XP、Mac OS Xに対応したデスクトップアプリケーションと、
Android 2.1以上に対応したアプリも公開されている。
iPhone/iPad版アプリは近々公開されます。

Google Drive

HELLO WORLD STAFF| 14:30 | カテゴリー:HWarchives


2014年 1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


バックナンバー

カテゴリー