2012年08月30日

J-WAVE TIME TABLE「HEART TO HEART〜WE ARE ONE〜」vol.13

HEART+TO+HEART_title_convert_20120806214148.png
J-WAVEの被災地支援プロジェクト「Heart to Heart」。
これまでさまざまな形の支援を展開してきましたが
2011年8月から、その一環として番組ガイド「TIME TABLE」でも
ナビゲーターが被災地に赴き、現地で感じた希望を伝えていく企画
「HEART TO HEART〜WE ARE ONE〜」を連載しています。

13_name.png
第13 回はサッシャが福島県郡山市へ。福島第一原発の事故により警戒区域となっている
福島県双葉郡富岡町にある桜の名所、夜ノ森の写真を展示するプロジェクトを取材しました。

※この内容は、「TIME TABLE」2012年9月号の内容を転載したものです。


YSD_0182_r_convert_20120830144021.jpgビジュアルデザインを担当した渡辺俊太郎さん(左)、「MUSUBU」代表の宮本英実さん(右中)、写真を撮影した白井 亮さん(右)と。


YSD_0028_convert_20120830144102.jpg物流会社ウインローダーから提供された4 tトラックの荷台を利用することで、福島県内の巡回展が実現した。


 福島第一原発事故の影響で立ち入りが制限されている双葉郡富岡町。この町は夜ノ森という桜の名所で知られ、町のシンボルであると同時に町民の誇りでもあったそう。地域に人が入ることができなくなってからも、桜は美しく咲き誇っていた。そんな夜ノ森の桜を今年4月に許諾のうえ撮影し、その写真を展示する「『桜の森 夜の森』移動写真展」を取材するためにサッシャが郡山市を訪れた。
「この写真を見たとき、単純にとても悲しい現実があるんだなと感じました。でも、実際に富岡町から郡山市に避難してきた人たちが写真を見つめる表情や、写真展についての感想から、原発の事故はこんなにもいろんな人の気持ちや夢を引き裂いてしまうんだ、ということにあらためて気付かされました。このプロジェクトを立ち上げたMUSUBUの宮本さんと写真家の白井さんが、意を決して夜ノ森の桜を撮影しに行ったのは本当にすごいこと。桜はきれいだけど、人もクルマもいなくて雑草が生い茂っている写真を通じて、いろんな立場や想いはあるにせよ、原発被害の現実を見せてくれたわけですから」
 今回の写真展は、散り散りに避難している富岡町の人たちに見てもらうために、トラックによる移動方式をとっている。
「夜ノ森のことを知らない人にも、できるだけこの写真展を見て欲しいと感じました。写真を見てどんな気持ちになるかは人それぞれ。ですが、被災地のことを自分の問題として意識することを思い出させるきっかけになるんじゃないかと思います」

YSD_0011_convert_20120830144208.jpgトラックには、7月にいわき市で行われた「第一回水風船大会」の際に描かれたイラストやメッセージが。
 

YSD_0079_convert_20120830144359.jpg写真展示が行われた郡山市富田町応急仮設住宅内にある、富岡町生活復興支援センター「おだがいさまセンター」で青木淑子さん(左)と吉田晶子さん(右)に仮設住宅でのみなさんの暮らしや故郷である富岡町への想いなどを伺う。


YSD_0160_convert_20120830144425.jpg郡山市での展示は「おだがいさまセンター」が主催したイベント「夏祭りin郡山」のなかで行われた。当日は富岡町の人たちが暮らす郡山市内の仮設住宅間をシャトルバスが運行し、久々となる町民の交流の場として多くの人で賑わった。

写真/安田菜津紀(studioAFTERMODE)

Heart to Heart STAFF| 14:46 | カテゴリー:TIME TABLE

2012年08月28日

J-WAVE TIME TABLE「HEART TO HEART〜WE ARE ONE〜」vol.12

HEART+TO+HEART_title_convert_20120806214148.png
J-WAVEの被災地支援プロジェクト「Heart to Heart」。
これまでさまざまな形の支援を展開してきましたが
2011年8月から、その一環として番組ガイド「TIME TABLE」でも
ナビゲーターが被災地に赴き、現地で感じた希望を伝えていく企画
「HEART TO HEART〜WE ARE ONE〜」を連載しています。


HEART.png

第12回は、被災地で花火を打ち上げるプロジェクト「LIGHT UP NIPPON」にフォーカス。
浦浜アリサが今年のメイン会場である宮城県気仙沼市を訪れ、その取り組みを取材しました。

※この内容は、「TIME TABLE」2012年8月号の内容を転載したものです。


1_YSD_0132_r2_convert_20120806213132.jpg今年のメイン会場となる気仙沼では、約60年の歴史を持つ航海の安全と大漁を祝う気仙沼地方最大のまつり「気仙沼みなとまつり」(昨年は震災で中止)と合同で開催される。


2_YSD_0043_r2_convert_20120806213059.jpg当日、縁日が行われるほか、怒髪天らによるライブも予定されている気仙沼小学校の校庭で、(左から)「LIGHT UP NIPPON」実行委員会の小林直仁さん、同副代表の湯川篤毅さん、同気仙沼担当の渡部“Betty”晃司さん、気仙沼にある磯屋水産の代表取締役 安藤竜司さんにお話を伺う。


 昨年に続き、今年も8月11日に東北から北関東にかけての太平洋沿岸で追悼と復興の祈りを込めて一斉に花火を打ち上げるプロジェクト「LIGHT UP NIPPON」が開催される。浦浜アリサは、今年のメイン会場となる宮城県気仙沼市を訪れた。
「震災の影響で各地が自粛ムードに包まれ、賛否両論あるなかで動き出したそうですが、やはりエンターテインメントは日々の辛い気持ちや大変なことを前に進む力に変えてくれるものだと思うんです。震災のことを忘れないという想いや被災された方への追悼の意味があるのはもちろんですが、開催される地域の方々が純粋なエンターテインメントとして『LIGHT UP NIPPON』を楽しめる日が1日でも早く来るといいなと心から願っています」
「LIGHT UP NIPPON」の開催費用は、一般の募金と協賛企業からの協賛金で賄われているが、意外にも開催地の方からの募金も多いという。
「いろいろとお話を伺ったなかで何よりもすごいと思ったのは、街の人たちをしっかり巻き込んでいること。発起人のひとりである湯川さんが仰っていた、ただ花火を打ち上げるだけが目的ではなく現地の人が中心となって運営していくことが大事、というお話はとくに印象的でした。それに加えて、今回、気仙沼の人たちと触れ合って、すでに地域に根付
いていると思えるほどに、多くの人たちがこのイベントを楽しみにしていることも伝わってきました。街を活性化させることが復興への一歩と考えると、とてもいい支援の形だなと思います」


3_YSD_0044_r2_convert_20120806213204.jpg7月7日、8日に東京ミッドタウンで開催された「LIGHT UP NIPPON七夕まつり」では、花火玉にメッセージを書き込むブースが設けられ、たくさんの人で賑わった。

4_YSD_0219_r2_convert_20120806213237.jpg気仙沼市鹿折地区の仮設市場 鹿折復幸マルシェ内の鹿折工房には、ポスターと募金箱が置かれている。地元の方がお金を入れることも多いといい、地域に受け入れられていることが感じられる。

5_l_132_convert_20120806213257.jpg昨年の「LIGHT UP NIPPON」にて、岩手県大槌町で打ち上げられた花火。昨年は全会場で計23,200発の花火が打ち上げられ、来場者は42,000人にのぼった。

LIGHT UP NIPPON
東日本大震災の追悼と復興への願いを込めて、毎年8月11日に各被災地で花火を同時に打ち上げるプロジェクト。昨年は10ヵ所で行われ、今年はメイン会場の気仙沼市をはじめとする14ヵ所での開催が予定されている。昨年の開催までの模様を追ったドキュメンタリー映画『LIGHT UP NIPPON 〜日本を照らした、奇跡の花火〜』のDVDも発売中。この売り上げの一部は開催費用に充てられる。lightupnippon.jp


写真/安田菜津紀(studioAFTERMODE)

Heart to Heart STAFF| 17:33 | カテゴリー:TIME TABLE

2012年08月08日

J-WAVE Heart to Heart 2012 活動報告

120808hth.jpg

東日本大震災発生から2回目の夏を迎えています。
震災直後からリスナーのみなさんには物資支援やボランティア活動、義援金への協力など温かいご支援。・ご協力をいただき本当にありがとうござます。
J-WAVEでは「Heat to Heart」を合言葉に被災地の方や復興活動のサポートをしている皆さんとの繋がりあいを今も続けてきています。平日のニュース情報ワイド「JAM THE WORLD」では復興のためにアクションする人たちを毎日紹介したり、毎月被災地をJ-WAVEナビゲータが訪ねJ-WAVEタイムテーブル上で被災地の今をお伝えする企画なども継続しています。

そんな活動の中である日、私達は一枚の写真を預かりました。
それは福島第1原発のすぐ近くにある富岡町に咲く美しい桜の写真。
でも、それは僕らいつも見ているような町の写真とは違い、そこに暮らす人は誰もいない、がらんどうの街に咲く桜の記録でした。

この写真をきっかけに私たちはいろいろな話を聴くことができました。
桜で町おこしをしようと考えていたこと、住民の方はいわき市や郡山市そして県外へ避難していて町の住民はバラバラになっていること。
今年は町の夏祭りを郡山で行うということ・・・。

写真を撮ってきた いわき市地域活性化団体MUSUBUの宮本さんとこの写真をどういう形で伝えて行けばよいかを考えるうちに、バラバラになってしまっている 富岡町のみなさんに観てもらうためにトラックによる移動写真展を開催しようということになりました。

8月11日に郡山市の応急仮設住宅地域で行なわれる富岡町復興支援センター主催の夏祭り&盆踊りイベントをスタートに福島県内で巡回展を始めます。
今回もJ-WAVE Heart to Heartのパートナーでもあるウィンローダーさんに移動写真展に使用するトラックとドライバーのご協力をお願いすることになりました。

尚、この活動の模様は9月9日(日)22:00〜「J-WAVE PLUS」にて特番として報告する予定です。




【J-WAVE Heart to Heart「桜の森 夜の森」移動写真展開催日程】
(写真展観覧は全て無料です)

2012年08月11日(土)12:00〜20:00 福島県郡山市
場所:福島県郡山市富田町応急仮設住宅
  (福島県郡山市富田町字若宮前32(仮設住宅地内))
主催:「おたがいさまセンター」(富岡町復興支援センター)

2012年08月25日(土)12:00-21:00 福島県福島市
場所:福島競馬場 馬場内広場 (福島県福島市松浪町9-23)
出演者:GAKU-MC/Candle JUNE 他 /入場無料
主催「ふくしまアカリトライブ」実行委員会

2012年08月26日(日)10:00-13:00 / 14:00-17:00 福島県いわき市
場所:福島県いわき市 泉玉露応急仮設住宅 / アクアマリンパーク
10:00-13:00泉玉露応急仮設住宅駐車場 (福島県いわき市泉玉露2丁目10-1)
14:00-17:00 アクアマリンパーク (福島県いわき市小名浜辰巳町43−9)


MUSUBUでは企画実施のためのカンパを募集しています
<<プロジェクト支援金受付口座>>

郵便局(ゆうちょ銀行)
加入者名:地域活性プロジェクトMUSUBU
店名:八二八(ハチニハチ)
店番:828
預金種目:普通預金
口座番号:2228686
詳細はこちら

主催:福島県いわき市地域活性プロジェクトMUSUBU / J-WAVE 81.3FM
撮影:白井亮
ビジュアルデザイン:渡辺俊太郎(BLUE BIRD d.)
協力:ウィンローダ/原田大輔/富岡町復興支援センター「おたがいさまセンター」/富岡インサイド

blog MASTER| 15:03 | カテゴリー:


バックナンバー

カテゴリー