2012年01月26日

J-WAVE TIME TABLE「HEART TO HEART〜WE ARE ONE〜」vol.5

HEART%20TO%20HEART_title.png

J-WAVEの被災地支援プロジェクト「Heart to Heart」。
これまでさまざまな形の支援を展開してきましたが
2011年8月から、その一環として番組ガイド「TIME TABLE」でも
ナビゲーターが被災地に赴き、現地で感じた希望を伝えていく企画
「HEART TO HEART〜WE ARE ONE〜」を連載しています。

HEART%20TO%20HEART_vol5_.png

第5回目は、「PARADISO」ナビゲーターの板井麻衣子が北茨城市へ。
被災地の方との対話を通じて、あらためて感じたこととは?

※この内容は、「TIME TABLE」2012年1月号の内容を転載したものです。

DSC_0012.JPG
もとは岡倉天心の住居敷地だった「茨城大学五浦美術文化研究所」から北を見つめる。岬をはさんで対岸に見えるのは福島県いわき市。

YSD_0130.JPG
「北茨城市商工観光課」の長谷川幸生さん(左)、「北茨城市観光協会」の篠原裕治さん(中)、「大津町商店会」の村山 功さん(右)。大津港で北茨城市の現状と今後について伺う。

  今回、板井麻衣子が訪れた茨城県北茨城市。一見するかぎり、震災による爪痕はほとんど残されていない。
「 漁港の再開にはまだ時間がかかるそうですが、街中はほぼ復旧しているように感じました」
 だが、震災以降、福島第一原子力発電所の事故による風評被害で、北茨城市の漁業や観光業は大きなダメージを受けている。
「 街として、ツライ状況だろうと思っていたのですが、北茨城市役所の清水さんをはじめ、お話を伺った現地のみなさんが笑顔でしっかり前を向いていたことに驚きました。しかも、震災をマイナスに捉えずに、街の文化財などを有効利用した新たな街づくりを視野に入れているポジティブさはとても魅力的だと思います」
 童謡作家として知られる野口雨情の生家の活用や、震災の津波で消失してしまった明治期の美術指導者・岡倉天心が設計した六角堂の再建など、復興に向けたさまざまな計画があるそう。
「 お会いしたそれぞれの方が街の未来について、愛を持って明るくお話しされていたのがとても印象的でした。そういった街の人たちが持つ魅力を幅広く伝えていくことこそが、風評被害に惑わされず行ってみよう、と人の心を動かすきっかけになるのかもしれません」
 もちろん、その街の名物や見どころ、現状などを伝えるのも大切なこと。「でも、そこに面白い人がいる、会いたい人がいるということの方が、現地へ足を運ぶ原動力になるはず。私自身、パワフルな彼らに会うために、また近々、北茨城市を訪れたいと思います」

YSD_0234.JPG
「茨城大学五浦美術文化研究所」内にあり、津波で流出した岡倉天心設計の「六角堂」跡地。3月末の竣工に向け、できるかぎりの復元に取り組んでいる。

YSD_0047.JPG
津波による被害を受けた大津港。大型漁船は海中のがれきなどで入港できないため八戸や銚子などで操業しているものの、漁協をはじめ町の経済に大きな影響を与えている。

YSD_0288.JPG
震災以前は、大きな岩と小さな岩が2つ並んだ観光スポットだった二ツ島。津波の影響で大きな岩が変形しただけでなく、小さな岩は姿を消してしまった。

茨城県北茨城市
茨城県北東部に位置し、福島県いわき市と隣接している。東日本大震災では大津波によって漁港が被害を受けたほか、一部損壊を含め、全戸数の半分近くの約8,400戸が被災。原発事故の風評被害もあり、漁業や宿泊施設などに影響が出ている。1月26日現在、死者数8人。

写真/安田菜津紀(studioAFTERMODE)

Heart to Heart STAFF| 11:47 | カテゴリー:TIME TABLE


バックナンバー

カテゴリー