2011年12月27日

J-WAVE TIME TABLE「HEART TO HEART〜WE ARE ONE〜」vol.1

3.png

J-WAVEの被災地支援プロジェクト「Heart to Heart」。
これまでさまざまな形の支援を展開してきましたが
2011年8月から、その一環として番組ガイド「TIME TABLE」でも
ナビゲーターが被災地に赴き、現地で感じた希望を伝えていく企画
「HEART TO HEART〜WE ARE ONE〜」を連載しています。

5.png


第1回目は、ジョン・カビラが宮城県石巻市へ。
震災から約半年が経過していた8月に、彼が被災地で見つめたものとは?

※この内容は、「TIME TABLE」9月号の内容を転載したものです。

DSC_1003_convert_20111227165241.jpg

 今回、宮城県石巻市にある渡波小学校の避難所をはじめ、市内のさまざまな場所を訪れましたが、笑顔の人が多かったことがとても印象に残っています。決して楽観できる状況ではないはずなのに、しっかりと前を向いて歩き始めている方たちと触れ合うことができ、本当に心強く思いました。
 なかでも、避難所の責任者を務める高橋 誠さんがおっしゃっていた「津波にのまれて、その渦の中で一度失ったと覚悟した命がせっかく助かったんだから、どんなことでも一生懸命やろう」という言葉は忘れることができません。 石巻に限らず、被災地の多くはまだまだ支援の継続が必要だと思います。高橋さんも強調されていましたが、物資や労働力の支援だけでなく、これからは仮設住宅に住んでいる方などの心のケアを中心とした、人と人のつながりを強めるような支援が重要になってくるはずです。
 僕たちが今後やるべきことは、目を離さずに被災地の状況を伝え続けること。オンエアを通じて、必要な支援や長期的なサポートを呼びかけていくとともに、復興に向けてさらに強い気持ちで取り組んでいきたいとあらためて感じました。(談)


宮城県石巻市
宮城県の東部に位置する。3月に発生した東日本大震災では大津波による被害に見舞われた。2011年12月26日現在の被災状況は死者数3,280人、行方不明者数629人。避難所は10月11日、待機所は12月11日をもって、すべて閉鎖している。

Heart to Heart STAFF| 07:38 | カテゴリー:TIME TABLE