2015年01月06日

【WORKER'S DELIGHT/株式会社2.5D】2015年1月5日

『WORKER'S DELIGHT』のコーナーでは、
J-WAVEの大学生・専門学校生コミュニティ・サークル
WACODES」が注目企業を取材。
社長や社員の方々のインタビューを通してその企業の魅力を紹介していきます!

今週は4日間、毎日クリエイティブ企業を特集します!
月曜日の初日にご紹介したのは『株式会社2.5D

WACODESメンバー、
立教大学 文学部 史学科 4年生の田中里奈さんがレポートしてくれました。
この「株式会社2.5D」は、新しい日本のポップカルチャーを
世界に発信していくソーシャルTV局「2.5D」を運営。
さらに渋谷PARCOのスタジオからライブストリーミングプログラムを発信しています。

今回、田中さんがお話を伺ったのは、トータル・ディレクターの比留間 太一さん。

2.5D2.JPG

〜レポートしてくれた田中さんの感想〜

初めてレポーターを務めさせていただくことになり緊張しつつ向かった先は、
普段からよく買い物に出掛ける渋谷 PARCO 内の2.5Dスタジオ!
トータル・ディレクターの比留間 太一さんが素敵な笑顔で迎えて下さり、
リラックスしてお話を伺うことができました。

2.5Dでは斬新なプロジェクトが日々アップされています。
そこには私たち視聴者が観るたびにドキドキし、
思わず参加したくなる仕掛け作りがあると感じていました。
なかでも個人的には世界初の MC バトルシステム『STREET CYPHER』の
クールな企画が気になっていました!

お話を伺わせていただくと、2.5D のベースには
比留間さんが大学時代から今もずっと続く『発信したい!』という
アツい気持ちがあることが分かり、感銘を受けました。
比留間さんのクリエイティブな発想やカルチャーに対する視点のお話は
大変勉強になり、自身もライフワークをみつけて行動していきたいと考えました。

文化的に歴史のある渋谷から、
2.5D によって新しいカルチャーシーンが発信されていくこと、これからも楽しみです!
2.5Dでは学生インターンの方々も多く活躍されているということで、
ぜひ私もインターンしてみたいと思いました。


田中さん、初取材お疲れ様でした!

THE HANGOUT staff| 00:45 | カテゴリー:WORKER'S DELIGHTWORKER'S DELIGHT