2017年03月01日

亀田誠治と平井堅が音作りを語る<GUEST : 平井堅>Part.1

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第954回目のテーマは…

亀田誠治と平井堅が音作りを語る<GUEST : 平井堅>Part.1

====================

亀田:今日と明日の2日間は、この方と一緒にお送りします。

平井:平井堅です。宜しくお願い致します。

亀田:どうもお久しぶりですね。ラジオはね。

平井:そうですね!ラジオの前にもちろんお会いしてますけど。

亀田:平井堅さんは、今日、ニューシングル「僕の心をつくってよ」をリリースされました。

平井:呼んでいただいてありがとうございました!リリース日ですね。

亀田:ちなみにこの曲は、映画「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」の主題歌です。実はこの曲は僕と一緒に制作しました!

平井:そうです!ありがとうございました!

亀田:ドラえもんソング。歴代のいろんな楽曲やイメージがあると思います。今回「主題歌を書いてください」とオファーが来て、まずどう取り組んだのですか?

平井:まず驚いて、僕アニメーションのお話しをいただいたのが初めてなんです。平井堅とアニメって合わないと勝手に思っていて、それでお話し来てもちろんやりたいということで、さあやろうとなったんですけど、いざドラえもんにビビっちゃって。老若男女、特にちびっ子に大人気なので、ジメッとした歌ばっか歌ってるイメージがあって平井堅に。一生懸命元気な曲を作ろうと思って、最初アップテンポの"ひまわり"みたいな…あ、ひまわりって言ったら秦くんになっちゃうか!なんかこう元気な曲を書こうと思って、一生懸命書いていたんですけど、どうにもこうにも自分でしっくりこなくて、あれ?無理してるな?自分。と気づいて、逆に振れて書いたのがこの曲なんです。

亀田:打ち合わせの時に凄くアレンジのサウンドイメージに、物凄い例を出してきたじゃないですか。覚えてる?

平井:覚えてますよ。

亀田:映画「レヴェナント」の坂本龍一さんと2CELLOSのやっている、「僕の心をつくってよ」っていう本当にこの美しいピアノの旋律のバラードに、平井堅さんは僕に向かって「こういうチェロだけとかバッキング」みたいな。

平井:言いましたね。

亀田:俺もうビックリしちゃって!堅様?お気は確かですか?みたいな。ドラえもんですよ!って。

平井:そうですよね。

亀田:ぐらい衝撃で。でも今までの経験上、堅ちゃんは僕にサウンドプロデュースを頼む時に、必ず振り切った何かを提案してくるんですよ。

平井:何か打破したいと思っているんでしょうね。

亀田:きっとそういう強い曲に対して、平井堅っていうアーティストは、並々ならぬ自分の曲に対する愛情、そしてその裏返しがこのぐいっと攻めてくる感じを希望してくるのかな?と思いつつ。

平井:そうですね。あえて言いますけど、ポップマスターの亀田さんにあえてそれを投げかけて、そこをそういう手法で目指したいということなんだと思うんですけどね。

亀田:もう亀ちゃんあれですよ?平井堅の掌の上で…

平井:いやいやいやいや!一緒にもがいてくれますか?みたいな感じですけど。

亀田:これ、1回曲の感じを聴いてみましょうか。

平井:音数も極力少なくして。

M. 僕の心をつくってよ / 平井堅

20170301_fm2.jpg

亀田:今日リリースの平井堅さん、41枚目のニューシングル「僕の心をつくってよ」でした。ピアノ1本の弾き語りとトランペットだけ。

平井:サウンドプロデュース手がけてくださった亀田誠治にベースを弾かせないっていう、こんな贅沢な発注あるかってね。

亀田:僕らにとってはいい冒険をした感じがするね。のび太も冒険してたけど俺らも冒険したみたいな。

平井:そうですね。なんかもう思い切りが。

亀田:レコーディングしている時の風景とか堅ちゃんが汗だくになりながら。

平井:お互いね。

亀田:そう。平井堅さんも僕も一緒に汗っかきなんですよね!2人でスタジオの中でぽんぽん汗かいて、よく着替えるもんね!

平井:着替えます。めちゃめちゃ着替えます。

亀田:でも本当にもう1曲入魂で歌っているんだろうなっていうのは伝わってきたし、こんなにシンプルなサウンドなのに色んなトライをしたっていう。

平井:ピアノ1本でざっくりやろうっていうのではなく、さあどんな風にピアノ1本でやるかっていうのは凄く考えて話し合いましたし。

亀田:そうそう。それでピアノは全部書き譜で、全部のフレーズを僕が決めて。

平井:亀田さんが書いてる!っていう、ピアノの1フレーズ、1フレーズ。

亀田:そう。それでピアニストの斎藤有太くんに弾いてもらって。なんか思い出深いレコーディングになりました!

平井:本当に僕も凄く覚えています。1つ1つを。

亀田:実はこのシングル、初回限定盤、通常盤、期間限定生産盤と3パターンあって、ジャケットが全て違うんです。

平井:そうなんです。松尾潔がよくメールをくださるんですけど、「ジャケット見たよ!相変わらずこじらせてるね」ってメールが来て。

亀田:これはグッときますよ!グッとつかまれますよ確かに。

平井:この1日のためだけに、髪をオレンジにしたんですよ。本当おもちゃにされて。すぐ戻したんですけど。

亀田:でもオレンジって中々難しくない?

平井:大変です。金髪にしてそこからオレンジ入れて大変でしたね。

亀田:色抜いて大変でなんとかで大変で、大変やったわー!みたいな話。

平井:そんな関西弁で喋ってへんわ!

亀田:喋っとるやん!今思い出した!平井堅さんとのお話しは、まだまだ続く…ということで「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」明日も引き続き平井堅さんをゲストにお迎えします、平井さん、よろしくお願いします。

平井:宜しくお願いします。

20170301_fm1.jpg

【平井堅】
★今日ニューシングル「僕の心をつくってよ」リリース!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 15:09 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA


バックナンバー

カテゴリー