2015年05月28日

クイズ!カメオネア〜ミュージシャンの意外な趣味SP〜

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第616回目のテーマは…

クイズ!カメオネア〜ミュージシャンの意外な趣味SP〜

====================

月に1度の恒例企画、「クイズカメオネア」。
あのミュージシャンの「意外な趣味」まつわるクイズを出題します!
例えば、今、飛ぶ鳥落とす勢いの、テイラースイフトの趣味はご存知ですか?
テイラーの趣味は…「スノードーム作り」!!
…か、かわいい!

こんな風に今日はミュージシャンの様々な趣味を通して、
別の顔、意外な一面を覗いてみませんか?

問題は3択です!
あなたは何問、正解できるかな?
早速、一問目いきますよ!
「クイズカメオネア〜ミュージシャンの意外な趣味SP」スタート!!!!!!

----------------------------

先月、12年振りとなるニューアルバム
「ザ・マジック・ウィップ」をリリースしたブラー。
フロントマンのデーモン・アルバーンの趣味は
次のうちのどれになるでしょうか?

A : サッカー

B : テニス

C : 卓球

ファイナルアンサー?

正解は…C : 卓球

はい、卓球なんですね。
「どこへ行くにも、卓球台が必要だ。大好きなんだ!
仕事しているとき、リラックスするのに役立つからね。」

ライブでちょっと長めのセットにして欲しいとお願いされたデーモンは、
"卓球台用意しといてくれれば、やってもいい"って答えた程、卓球好きだそうです。
なんと、オリンピックのユース・チームとトレーニングしたこともあるとか!

他のミュージシャンでいうと、ジェイク・バグも卓球好きで、
フェスのバックステージで卓球をやり過ぎて、他のアクトを見逃したとか。
デーモンとジェイク・バグ、UK同士の対戦したらどっちが勝つのかなあ??
さあ、次の問題です!

----------------------------

2問目、
ロックバンド「WEEZER」のちょっとオタクなボーカル、リヴァース・クオモ。
リヴァースの持つ、「乙女な趣味」は次のうちのどれになるでしょうか?

A : 編み物

B :  お菓子作り

C : スノードーム作り(え?まさかの…テイラーと一緒??)

正解はどれでしょうか?

ファイナルアンサー?

正解は…A編み物!!

ほんと〜!?
しかも、布団の中で編み物をするのが楽しみなんだって。
乙女!!

----------------------------

…あ、そういえば人の趣味についてあれこれ言ってますが、
僕、亀田誠治の趣味を暴露しますと…

(亀田さんの趣味について暫し熱くトーク)

「都市計画」

…はっ!!思わず熱くなって我を忘れてしまった。
さあ続いての問題いこう!

----------------------------

さあ、最後の問題です。
ラストは共通の「趣味」を持つ人たちの問題!
ニールヤング、ロッド・スチュワート、ブルース・スプリングスティーン…。
このレジェンド3人にはある共通の趣味があります。
それは次のうちのどれでしょうか??

A : 切手集め

B : 鉄道模型

C : バードウォッチング

正解はこの曲のあと!!

M. ハングリー・ハート / ブルース・スプリングスティーン

20150528_fmkameda.jpg

ファイナルアンサー?

正解は B : 鉄道模型

でした!

ブルース・スプリングスティーンはNMRA
(National Model Railroad Association:
アメリカの鉄道模型協会)のサイトに
「有名人の鉄道模型ファン」
として名前が挙げられています。

ロッド・スチュワートはツアーのバックステージでも
鉄道模型作りに励む程の入れ込みよう。
模型作りの前にはお酒も飲まないで、
「ワインを2杯くらい飲んでからなんてとても組み立てられないね。
いい出来上がりになるわけないよ」と語ります。

自宅には139平方メートルにもなる模型鉄道が設置されているらしく、
鉄道や駅作りのために1日4時間ほどそこで作業をするそうです。
(どんだけ広い家やねん!)

ニールヤングは「ライオネル鉄道模型」という会社の大株主で、
音にこだわるミュージシャンという特性を活かし、
ライオネル社製品の鉄道モデルの音響を
「よりリアルなもの」へと進化させたり、
ワイヤレスのコントローラーを発明して、
商品化していたりします。
超マニアックなナイス趣味だね!

いやいや、こうやってみてみると、みんな色々な趣味があるんですね。
その人が鳴らす音楽も、もちろんですが、
趣味は人柄を現すと思いませんか??

あなたはどんな趣味をお持ちですか??

「クイズカメオネア〜ミュージシャンの意外な趣味SP〜」
あなたは何問正解しましたか??

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」
来週もお楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 18:57 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年05月27日

櫻井哲夫さんを迎えて

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第615回目のテーマは…

櫻井哲夫さんを迎えて

====================

昨日は「THE ROAD TO THE BASS DAY」をお送りしましたが、今日もベース!
僕の大先輩であるアーティストをゲストにお迎えします、櫻井哲夫さんです!

-----------------------

亀田:カシオペアに始まり、様々な活動を経て
現在はソロ・アーティストとして活躍されている櫻井さん。
昨年、デビューして昨年35周年を迎えられました。
それを経て、本日、ニューアルバム「Nothin' but the Bass」をリリース!
なんとそのプロデュースを、亀田誠治が!

櫻井:画期的だよね!素晴らしい。

亀田:これはきっかけはJ-WAVEなんですよね!

櫻井:一年前にJ-WAVEの会議室で会ったんですよね。
亀田さんがFM KAMEDAの会議でいて、僕が別の収録で来てて、
で、亀田さんとすれ違ったんですけど、僕は面識が無かったから、
そのまま涼しく通り過ぎたんですよ。(笑)

亀田:僕は逃しませんでしたよ!いた!見つけた!!
尻尾を振るわんちゃんのようにキャンキャンキャンって
「櫻井哲夫さんですよね?僕、亀田と申します」って自己紹介してね。

櫻井:あれが初対面だもんね?

亀田:僕は35年前からずっと大好きで…去年お会いしたと思ったら、
なんと!アルバム作ることになっちゃった!

櫻井:早かったね。
夢のような亀田誠治さんと仕事ができて…

亀田:ほんとに先輩なんですから勘弁してください(笑)
汗かいてきましたよ…
僕は櫻井さんと仕事する時にとにかくベースという楽器、ベースを奏でる男が
いるということにフォーカスしたかったんです。
歌モノがいんじゃないとか、オリジナルがいんじゃないとかいろんな話をしてる中で、
いやまずはカバーがいんじゃないかとお話しさせて頂いたんですけど、
生意気言いましたよねほんとに。

櫻井:いやいや、名プロデューサーですよね。

亀田:最終的にハイかイイエにしか言えないところまで持ってくんですよね。(笑)

櫻井:いやいや、大したもんだと思いましたよ(笑)

亀田:で、曲の良さをベースでいいカバーにして、あとはベースがメロディーをとるだけで、
櫻井哲夫さんの人生が見えてくるようなアルバムを作りたかったんですよね。

櫻井:コンセプトがシンプルなんですよ。シンプルなところで、大切なとこはここだ!って
いうとこをブレないようにしていくんですね。いろいろやっていくと、あっこういう風に
しようと、こんなアイディアが溢れてきちゃうんですね。

亀田:櫻井さんの溢れっぷり、みなさんに聴かせたいですよ。
一つの種からいっぱい芽が出て、いっぱいアイディアが亀田さんこれどうですか?って
もうね(笑)

櫻井:そう我ながらね、とっちらかっちゃって…亀田さんも困ってましたね。(笑)

亀田:烏滸がましくも、これは違いますとボツにしてしまったりとか…
ほんとにすみません(笑)
ということで、今回のベース一色のアルバムから1曲お届けしたいんですけど…


櫻井:せっかくですから、亀田さんとのベースデュオの曲行きましょう!

M. FAKE / 櫻井哲夫

20150527_fmkameda.jpg

櫻井:楽しかったですね!

亀田:そうですね!いろんなアイディアを出し合って…

櫻井:同録じゃないんですよね。ちゃんと僕が亀田さんのカラオケを作って差し上げて!

亀田:ありがとうございます!ほんとはこちらが作らなきゃいけないのに(笑)

櫻井:で、亀田さんのパートはここですと仮メロを弾いて。

亀田:そう!仮亀田ってくらい哲夫さんが弾いてくださったんですよ!

櫻井:それを亀田誠治にしてください!って言ったら見事にイントロとアウトロをちょっと長く
しちゃいましたってね

亀田:自分の見せ場、ちょっと長くしちゃいましたね(笑)
もう、プロデューサーなのか、ミュージシャンエゴも入ったりして…
でも、そういった意味ではほんとミュージシャンシップに溢れたアルバムを
今回作れたと思います。
ゲストもケンケンや…ボーカリストではshihoちゃん、それから土屋アンナちゃん…
みんな素晴らしいパフォーマンスをしてくれているんですが、
それ以外にも櫻井がベース一本ソロで弾いている楽曲もほんとカッコいいんです。

今回、ゲストボーカルがあったりゲストミュージシャンがいたりみたいな中で、
櫻井さんの中ですごい短期間でやったじゃないですか?どういう気持ちになりました?
打ち上げもせずここまできちゃいましたが…(笑)

櫻井:僕ね。やっていてこれ、ソロで12枚目なんですけど…初めてなんですよ。
プロデューサーにお願いして作ったのは、プロデューサーは音楽監督ですから、
最終的なディレクションやジャッジを亀田さんに委ねて、僕は野球部の選手みたいな
気持ちで毎日やっていたわけですよ。
でも、いろいろゲストのこととか、方向性とか打ち合わせは随分前から
やっていたんだけど録音から完成までが非常にタイトでほぼ、
自分のベースを録音するのが一日一曲みたいなペースでやって、亀田さんにジャッジ
してもらいながらやってたんですけど、すごい新鮮でした。監督をたてたことによって

亀田:僕やアーティストからでる意見を櫻井さんはちゃんと受け止めて…
櫻井さんのベースってすごいアグレッシブで構築された感じの一方で、
櫻井さんのベースの魅力って温かさだと思うんですよね。
そういう温かさは櫻井さんの人柄からでてきているんだなってことをすごい
強く感じました。
僕にベースを上手くなりたいって思わせてくれた恩師ですから、ほんとに
ありがとうございます。

20150527_tetsuosakurai.jpg

-----------------------

「FM KAMEDA」
今日は、櫻井哲夫さんをお迎えしました。
ありがとうございました。

櫻井哲夫
★ニューアルバム「Nothin' but the Bass」発売ソロライブ、全国各地で開催。
東京は、7月16日(木曜日) 目黒 BLIES ALLEY JAPAN
その他の公演など、詳しい情報は櫻井さんのオフィシャルサイトでチェック!

-----------------------

「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
明日は、クイズカメオネア!
音楽クイズでお楽しみください。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 17:21 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年05月26日

The Road To THE BASS DAY 〜「ベースの日」への道 <Guest : 山本修也>

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第614回目のテーマは…

The Road To THE BASS DAY 〜「ベースの日」への道<Guest : 山本修也>

====================

昨年、音楽クラウドファンディング「J-CROWD MUSIC」で
みなさんのご支援をいただき、めでたく
「11月11日をベースの日」に制定することができました。

そして、FM KAMEDAでは、11月11日に向けて毎月一度、
『The Road To THE BASS DAY〜「ベースの日」への道』と題して…
盛り上げていこうと思います。

今日はベースの日へ向けて、
一緒に盛り上げてくれる同士を増やしていきたいと思って、
"このゲスト"をお呼びしました。
前回はOKAMOTO'Sのハマくんがゲストだったけれど、
今日はもっと若いゲストですよ!

------------------------

山本:
こんにちは、山本修也です。
中学二年生のベーシストです。よろしくお願いします。

亀田:
聞いたかいみんな!
「中学二年生のベーシストです」って言ったでしょ!?
修也くんは僕が昨年開催した「第二回亀田杯 ベース選手権大会」で
見事グランプリを獲った、スーパーベーシストです!
ね?修也くん?
あの時はまだ中1でしょ?
ていうか、僕に応募のデモテープを送った時は小学6年生じゃない?

山本:
小6の冬頃です。

亀田:
(笑)
どんな演奏で大人の僕たちを魅了したか。
今日はベースも持ってきてもらっているので、
リスナーに腕前を披露してくれる??

<山本くんスーパーフリー演奏〜〜〜♪♪>

亀田:
すごーーい!!
すごすぎる!!!もう帰りたくなってきた!!!
相変わらず切れ味がイイネ!
今日は、そんな山本修也くんと一緒にベースの魅力について、
リスナーの皆さんに、一人でも多くのベースファンを増やしていこうという
機会にしたいと思います!
そもそも、修也くんがベースに興味を持ったのはいつなんですか?

山本:
9歳の頃なんですけど、5年前くらいですね。
父がギターをやっていて、父がバンドをやる課題曲を聴いているうちに
バンドに興味を持ってきて、バンドの基板を作っているベースに
興味を持ったのがキッカケですね。

亀田:
11月11日を「ベースの日」に制定した僕としては
涙が出そうなお話ですよ!
この間、街に出てアンケートを取ったら
「ベースって何のことだかわからない」とか
「ギターとどこが違うの?」って平気で言われちゃってさ!

山本:
よく言われます!

亀田:
でも修也くんは9歳には興味を持って!
練習って、一日どれくらいするの?

山本:
毎日2時間ちょいくらいですね。
弾かない日はないです!

亀田:
偉いなぁ…
練習するとき、アンプは鳴らしてるの?

山本:
アンプは鳴らしてますね。音量を絞って小さな音で。
鳴らした方が練習し易いので。

亀田:
というか、盛り上がるよね?
鳴らさないで弾くのも良いんだけど、力入っちゃったりして
バランスが崩れるからね。
学校の仲間とバンドを組んだりは??

山本:
バンドはしてません。
バンドまではいかないですね。

亀田:
そうか、みんな中2だとバンドまでいかないのか…
自分で練習したベースはどこで披露してるの??

山本:
ライヴとか…

亀田:
それは年上の方とバンドを組むってこと??

山本:
父とかとやったり、
ブログでお誘いを受けたりしたバンドとやったり…

亀田:
ちょっと待って!ブログでスカウトされちゃうの???

山本:
本当にありがたい話なんですけど、やりませんかって言われて(笑)

亀田:
でもそこに行って弾くんだ!すごいね!
相手が大人でも怖くない?

山本:
怖いんですけど…やるしかない、みたいな。

亀田:
ベース楽しいもんね!

山本:
楽しいです!

亀田:
実際ベースで音出すと、他のメンバーと会話出来たりするもんね?
今年、11月11日「ベースの日」辺りに
何か盛り上げるようなことをしたいんだけど、
修也くんも参加しようよ!

山本:
ぜひぜひ!やりたいです!

亀田:
やりたい!?
じゃあブログに依頼を書き込もうかな!
この辺りで、去年の「第二回亀田杯 ベース選手権大会」で
グランプリを獲って、一緒にレコーディングをしたんだよね?
その曲を聴いてみましょうか!
修也くんがこの曲の間奏でぶっ飛びのキレキレベースを披露してくれます!

M. 夢の終わりに / Do As Infinity

20150526_fmkameda2.jpg

亀田:
このレコーディングもすごかったなぁ。
あのソロパートも自分で考えたんだもんね?
Do As Infinityギター大渡亮くんなんか
呆然と立ち尽くしてたもん!

山本:
いやいやいやいや…

亀田:
でも、一生懸命やるのも
すごく素敵な姿だった。
「もう一回やらせてください!」って何回かやったもんね?

山本:
何回もやりました。
楽しかったです!

亀田:
修也くんって今はどんな音楽活動してるんですか?

山本:
セッションだったりバンドだったり、曲作りも最近は。

亀田:
曲作り…それはインストゥルメンタル?

山本:
インストです。ベースで作ります。

亀田:
ちょっとちょっと!それ出来たら聴かせて??

山本:
ぜひぜひ!ありがとうございます!

亀田:
自分の実の息子よりも小さい修也くんと
ベースを通じてこんなに話が弾むって、
やっぱりベースっていう楽器はとても魅力的な楽器だと思います!
ベースという楽器、存在をもっと知ってもらうために
『The Road To THE BASS DAY〜「ベースの日」への道』 、
今後も盛り上げていきたいと思います!
修也くん、ありがとうございました!

山本:
ありがとうございました!!

20150526_fmkameda.jpg

------------------------

「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」、
明日はまたまた偉大なベーシスト!
櫻井哲夫さんをお迎えして、
お送りいたします!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 15:04 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年05月25日

オバさんになってもかわらない!…森高千里

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第613回目のテーマは…

オバさんになってもかわらない!…森高千里

====================

今日のFM KAMEDAは、奇跡の40代!
森高千里さんに注目します!

森高さんは、1969年生まれの46歳!
80年代後半に歌手デビューを果たし、
その後、爆発的な人気を博しました!

彼女は2012年にデビュー25周年を迎え、再ブレイク
そして今年は、テレビの歌番組のMCに抜擢されるなど、
表舞台に帰ってきました!!

46歳になった今でも、驚きの美貌を維持し、
ファンの間からは
「とても子供がいるとは思えない!」
「見るたびに若返る奇跡の46歳!」
なんて言われています。

そして…森高さんの魅力は、多くの方達が
「ミニスカ美脚」と思っているでしょ!?

たしかに!
だが、しかし!
実は、森高さんのミュージシャン、
アーティストとしての魅力も見逃すわけにはいきません!
今日のFM KMAEDAでは、ミュ-ジシャン&アーティストとしての
森高千里さんに徹底フォーカスしていきます!

----------------------

…まず、最近のファンのみなさんはご存知ないかも知れないですが
彼女、ドラム、ベース、ギター、ピアノ…
といった大半の楽器が弾けるんです!

そう!森高千里さんは、マルチプレイヤーなんです!
なんで、もこの間のマルチプレイヤー特集の時に
取り上げなかったんだ!亀田くん!

その中でも絶賛されているのが、ドラムなんですね。

この泉谷しげるさんの「私には夢がある」に、
なんとドラマーとして参加!

タイトでいいドラムをたたいています!
どこか高橋幸宏さんのドラムを思い起こさせるんです。

日本を代表する、セッションドラマー、村上ポンタ秀一さんは
一般的なドラマーに比べて、正確なリズムをタイトに刻む
個性的な味のあるドラミングだと絶賛しています。

吉田拓郎さんも「そのへんのドラマーより全然上手い」
と評価しています!
泉谷さん、拓郎さん、ポンタさん!!!
ドラマーとしても、森高さんは、おじさんキラーですね!

そしてもう一つの魅力は、作詞のライティング能力
彼女の作った斬新な切り口の、個性的な歌詞は、
今までの音楽業界のアイドルの歌詞常識を覆したとも言われています。

では、きょうは、そんな森高さんの
破壊力抜群の作詞能力が発揮された曲を
お届けしましょう。

M. ミーハー / 森高千里

すごい歌!
歌の抑揚が、正確にコントロールされているところも森高節ですよね。
音程も、リズムもすごくいい。
これご本人、まちがいなく計算して歌っている!!!

こうやってアーティスト森高千里さんをみてみると、
美貌、美脚、どんな楽器も弾きこなすマルチな才能、安定した歌、

なんだか、今時のお人形さんのような、
アニメのキャラが、2次元から3次元のこの世に降臨して
歌っているような不思議な感じがしませんか!?

そうなんです。
森高千里さんは、ボーカロイドが登場する20年以上も前から、
森高千里という、まるで、アニメのキャラクターのような存在感で
多くのファンを虜にしたんです。

ママになっても、まだまだ、現役、森高千里さん
最近では、TOFUBEATSにフィーチャーされ、
新曲も楽しませてくれました。
TOFUBEATSは、森高さんの、最初のブレイク時期を
リアルタイムでは知らないそうですが、
彼女の楽曲は、やはり今聞いてもインパクトがあったといってます。

森高千里さん、46歳!
20年以上も前のアイドルがまだまだ現役で
美しい美貌のままで、キラキラ輝いているのはうれしいことですね!

それこそ、「ワタシがおばさんになっても」
「アナタがおじさんになっても」
まだいけるのよ!
これからなのよ!
とリアルタイム世代のエールになっているんですね!

森高千里さん、これからもキラキラがんばって下さい!

森高千里

----------------------

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」、
明日は、THE ROAD TO THE BASS DAYをお届けします!
お楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 21:10 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年05月21日

亀田リサーチ〜音楽ジャンルと寿命!

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか? 
僕と一緒に探っていきましょう!


第612回目のテーマは…

亀田リサーチ〜音楽ジャンルと寿命!

====================

はじまりました!新企画です!!
ぼく亀田誠治が、音楽の様々なNEWSやトピックを徹底的に掘り下げる
その名も、「亀田リサーチ!」

今回のテーマは、「音楽ジャンルと寿命!」ということなんですが…

これまでに、ジャニス・ジョップリン、
ニルヴァーナのカート・コバーン、ジム・モリソン、
ジミ・ヘンドリックス、そしてエイミー・ワインハウスと27歳という若さで
この世を去った伝説的ミュージシャンたちが、
アメリカで「27クラブ」と呼ばれているのは有名な話ですよね。

そんな中、アメリカのエンターテイメントサイトが、
音楽ジャンル別のミュージシャンの平均寿命をグラフで発表したんです!

このグラフは、アメリカ人アーティストの寿命と一般のアメリカ人の
寿命の違いをグラフで表したものです。
つまり、アーティストと、そうでない一般の方、
どっちが長生きして、どっちが早死にするのかが、一目瞭然でわかるのです!

このグラフによると、歴史が古いブルース、ジャズのアーティストは、
当時の一般アメリカ人平均寿命を大きく上回り、
長生きしていることがわかりました。

が、しかし!!!

ロックから、パンク、メタル、へと時代が移り変わるにつれ、
アーティストの平均寿命がどんどん短くなっていきます!!!
女性アーティストにいたっては、65歳から45歳まで、
20歳も平均寿命が下がっています!

そして、もっとも寿命が短いジャンルが、RAP、HIP-HOP!
なんと女性は平均寿命が35歳以下、
男性に至っては30歳以下となっています!
たしかに2PACやノートリアスB.I.Gなど、
絶頂期でお亡くなりになっている方が多い気がしません?
RAP、HIP-HOPアーティストは長生きできないのか!?

-------------------------

ジャズ、カントリー時代、ゴスペル時代のアーティストは、
当時の一般の方の平均寿命よりも長生き!

リズム・アンド・ブルース時代、フォーク時代、
この辺りから、アーティストは平均寿命を下回り、
ロック時代から、平均寿命が急降下!!!
有り得ないほど早死の方が増えていくのです!

ということで1曲お送りした後に、
なぜJAZZ、BLUES時代はアーティストが長生きし、
ROCK時代以降が早死が増えたのか?
を解明し…
そして、さらに亀田的視点から、
「アーティストの長生き術」をお送りしたいと思います。

それでは、アメリカの伝説「27クラブ」のアーティストから1曲。


M. Move Over / ジャニス・ジョップリン(Live ver.)

20150521_fmkameda.jpg

お送りしたのは、27歳の若さでこの世を去った
ジャニス・ジョップリンのMove Overでした。

さて、「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」。
今日は、亀田リサーチ〜音楽ジャンルと寿命!〜
ということでお送りしておりますが、
アーティストの方々が亡くなられた原因、つまり死因についても
分析しているデータがあります。それをみると…

BLUESやJAZZに関しては、「心臓関係」やガンが少し目立ちますが…
寿命を全うしてお亡くなりになられた方がほとんどです。

がしかし!!!PUNK、METAL、に関しては、30%〜36%「不慮の事故」がダントツ!
(交通事故、溺死、ドラッグなどなど)
そしてRAP、HIP-HOPに関しては、音楽的な時代背景もあるのか?
「他殺」がなんと50%を超えています!おそろし〜…。

ちなみに、RAP HIP HOPは、ジャンルが生まれてから、たかだか30年。
というわけで、最年長世代がまだ50台なんです。
統計が、まだ途中段階だから
寿命の数字が短めになってしまっているともいえますね。

さて、音楽とアメリカの時代背景が、
アーティストの死因に少なからず関係していると思います。

60年代以降の、ROCKミュージックを世界に拡散した
レコード産業の、ハンパない商業主義路線は
当時のアーティストの早死に拍車をかけていると思います。

もともと繊細な感性を持つアーティストは、
レコーディングとツアーに追われる毎日の中で
自分を失い、どんどん追い詰められていきます。
そして、体調を崩したり、時にアルコールやドラッグに走ったり、
死へのリスクがどんどん増えてしまう結果になりました。
(PUNK、METALなどビートが速いものはやはりしんどい??)

PUNKなどの、ラウドで攻撃的な音楽も
アーティストの心と体に、負担をかけているのかもしれません。
自分の気持ち、大衆の気持ちを代弁するために
体をはって戦った70年代のPUNKシーンのアーティストたちに
早死にが多いのも納得がいきます。

そして、70年代以降の音楽は、
エレクトリック、デジタルなどのテクノロジーの進化と
切っても切れない関係にあります。
この、機械的、電気的な環境が、人間の潜在能力を超えて
アーティストに負荷をかけてしまっているかもしれません。

人間ができる範囲の音楽をやっていたジャズやブルースの時代から
テクノロジーの力を借りて、
音楽を作り込むロックやHIP HOPの時代になってから
アーティストの寿命が短くなっていることが気になります。

一方、
ジャズやブルースはロービートな上、
ビートの中にスイングという揺らぎがある分、
音楽を奏でるという行為そのものに、浄化作用があるといえるかも。
そう、音楽自体が長生きの薬になっている。
(長生きの秘訣は、歳をとるたびにロービートがいいのか?)

こうやって考えると、
アーティストの長生きのキーワードは、

ロービート、スイング、アコースティック
ということが見えてきます。

同じことが、リスナーのみなさんにも言えるかもよ!
たしかに、ロービート、スイング、アコースティック
そんな、音楽は僕らを癒してくれますよね。

かといって、音楽は好き好き。
自分の大好きな音楽でエンジョイするのことが
一番の長生きの秘訣かも!

ということで、新企画亀田リサーチ〜音楽ジャンルと寿命!〜
今後も、気になる音楽NEWSがあれば、
バンバン、リサーチしていきたいと思います!

-------------------------

「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
来週の月曜日は、25th Anniversary 森高千里特集です。
どうぞお楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 14:17 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年05月20日

リズム感ってなんだ!?<Guest : ケント・モリ>

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第611回目のテーマは…

リズム感ってなんだ!?<Guest : ケント・モリ>

====================

音楽を構成する上で大事な要素のひとつ「リズム」。
例えばバンドだったら、メンバーのリズム感が揃ってないとカッコ悪いし、
単純なリズムでも強弱の付け方や、拍の取り方で、
その表情は変わってくる…
そんな「リズム」という事について、
今日はこの方と一緒に考えていきたいと思います。
ダンス・アーティスト、ケント・モリさんです!

-------------------------

亀田:
ケント・モリさん。あらためてご紹介するまでもないかと思いますが…。2008年、マドンナのワールドツアーの専属ダンサーに選ばれるなど、世界のトップアーティストとお仕事をなさっています。例えば、ニーヨ、アッシャー、クリス・ブラウン、シアラ、チャカ・カーンなど。そしてケント・モリさんと言えば、マイケル・ジャクソンにもダンスを認められ、「THIS IS IT」のオーディションに合格したものの、当時、マドンナの専属ダンサーだった為にそのタイミングでのマイケルとの仕事は断念…。そして、その後マイケルが亡くなってしまい、共演の夢は果たせなかった…というお話もあります。現在も国内外でダンス・アーティストとして活躍中のケント・モリさんです。

でね、音楽とダンスの共通言語であるリズムについてフォーカスして、お話伺いたんですが…。まずね、僕ら子供の頃からなんとなくね…日本人はリズム感が悪い、そーゆうことを言われ続けているんですよ。

ケント:
まぁ一言で、良い悪いって言うよりもリズム感はリズム感でいろいろタイプがあると思っていて、いったらグルーヴというか、アフリカンミュージックのグルーヴだったり、日本の三味線みたいなものだったり、やっぱり向き不向きというかその風情が全然違うじゃないですか?だから、タイプが違うというか一概にも日本人が悪いとは僕は、まったく思わなくて、逆に日本のトラディショナルなミュージックっていうのは、世界中の誰も真似できないリズムだったり、間であり雰囲気だったりするわけです。

亀田:
本場には本場の味があるんですね。ショウビズのダンスを極めるなら、アメリカンポップスの本場、アメリカでレッスンする必要があるかもしれませんが…。

ケント:
そーですね。でも僕は、レッスンや技術どーこうって言うよりも、もっとスピリチュアルな部分だと思っていて、精神性ってものが一番試されていて、だから寿司の握り方を海外で技術的にある程度学ぶにしても、やっぱ、ほんとの寿司屋の精神性っていうのは、日本の寿司屋じゃないと学べないと思ってて、そーゆう部分が滲みでて初めて音楽であり、エンターテイメントだと思うので、でも、リズム感っていうのは
そもそもなんですけど、僕はハートビートだと思っていて、人間みんな心臓を持っているじゃないですか、ここに心拍音があるわけで、そのハートビートがある時点で、リズム感がない人間はいないはずだと思うんです。だから一概に日本人がリズム感が悪いってことは、僕は絶対ないと思っています。

亀田:
例えば、10代とか今の子供達、新しい世代のリズムの捉え方、感覚、今流れている音楽にも実はあって、すごく整頓された編集によってね歌もピッチとかリズムとか抜群にいい音楽が世の中には流れているので、それを当たり前のように聴いていると、今の子達ってミュージシャンもリズム感が良くって、音程、ピッチも良かったりするんですよ。昔は、僕らは揺らいだ音楽を、ロック、ソウルにしてもコンピューター登場前の揺らいだ音楽で生きていたけど、今の若い世代のミュージシャンたちは揺らがないもの…それが当たり前と思っているので、そこに対するリズム感だったり、音感みたいなものは、すごくシャープで優れていたりするんですよ。

ケント:
僕は逆に捉えていて、そのある振り付けをパパッとある程度キャッチできるんですけど、僕は一番重要だと思っているのは自然の揺らぎ…海で同じ波なんてないじゃないですか。同じ波にいつも乗る練習をしていると、ある程度乗れるんですけど、その波その波は違って…そこはやっぱこの最近の音楽の…あまりに整えられすぎて、温度がだんだん薄れてきているというか、人間らしさが薄れてきている…ダンスっていうのは、言語でいうところの、最古の言語であって、それに魅力を感じる理由って人間である理由が体感できる瞬間であって、ほんとは他の何かであるコアな部分が薄れていっているところに対して、僕はもったいないというか、どうなんだろうなっていう部分が実はあります。

亀田:
僕も音楽を作っていてあります。こればっかりになってて大丈夫なのかなって…。人と人がぶつかりあって予定調和じゃない音楽が生まれてしまう喜びがダンスでもあると思うんですが…ぼくも音楽に関してはそう思うことがありますね。

ケント:
だから、ライブこそが全てと言うか、ほんとの音楽だったりリズムだったり、その感情ですよね、そこにしか宿っていないのかなっていう常日ごろ思っていたりしますね。

亀田:
じゃあ、ここでケントさんに音楽とダンスの接点ということで、曲を選んでいただきたいと思うんですけど、ケントさんが関わっているもので聴かせていただけないでしょうか?

ケント:
今のこの話をさせてもらったというところで、今回、自分がDVDをリリースさせてもらったときに、一番最初に DJの方と手掛けたぼくもアイディアをだしてやったSAKURAという曲を聴いてもらいたいと思います。

M. SAKURA / ケント・モリ

20150520_fmkameda.jpg

亀田:
ぼくね、このDVD観ましたけど素晴らしい…音楽とダンスがじゃれあっているというか…。

ケント:
初めてシテいただいた表現ですね。今回は、ジャネット・ジャクソンのプロデューサーとほんと一からボイスパーカッションから作っていって…なかなかダンサーって音を作ることがないじゃないですか…今回ゼロからやろうよっていうことで、ぼくも普段ボイスパーカッションをやるわけじゃないですけど、ただ自分がどういうリズムでどういう風に打ち込んでほしいかは分かるので…。ぼくは、ダンスっていうのは僕ら人間が言語を持つ前にある一番太古の言語だと思うんですね。見てわかるが故に世界中が繋がれるという意味で、ぼくは世界が一つになる上で、ダンスは欠かせない魔法だと思ってて、それを元にぼくは世界平和に繋がってくれたらな、全てが一つになってくれたらと思ってDVDタイトルを「1」と付けて、ぼく自身個人としても初DVDというわけで、20代最後のダンスをここで収録していて、そういう意味での第一歩、ダンス界にとってもなかなか前例がないので、第一歩であってほしいなという意味が…まあ、いろんな意味が掛け合わされての今回、「1」という…。

亀田:
何かしらの形で一緒にできるといいですね!

-------------------------

「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
今日は、ダンス・アーティスト、ケント・モリさんをお迎えして
『リズム』に関するお話、うかがいました。
ありがとうございました!

20150520_kentomori.jpg

ケント・モリ


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:41 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年05月19日

なんでも答えます、音楽のギモン! - "「倍音」って何ですか?"

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか? 
僕と一緒に探っていきましょう!


第610回目のテーマは…

なんでも答えます、音楽のギモン!

====================

今日は、普段皆さんからいただいている
「音楽のギモン」にお答えしていきましょう。

-------------------------
●ラジオネーム:モチくん

ずばり質問です。「倍音」って何ですか?以前、小室哲哉さんがオーディションの時はピッチやリズム感より「声の倍音を重要視する!」みたいなことをおっしゃっていました。楽器や歌声の話題になると、たまに出てくるこの「倍音」。なんか「スゲー音!」ってのはわかるんですが、具体的にはどのようなモノなんでしょうか?
-------------------------

きました!今話題の「倍音」!

先日、僕も、タモリさんや黒柳徹子さんは、
なにやら同じ倍音の声を持っているから
人気司会者になった、という記事を読んだばかりです。
今日は、この「倍音」について
亀田先生がみっちりと教えてあげます!

人間の耳は、ある音がなっている時「一つの音程」で音を感じます。
たとえば、ピアノで「ド」の音を
ポーンと弾けば「ド」の音が鳴りますよね。
歌でも、「ド」の音を歌えばドの音が聞こえます。

しかし、実は、この時に鳴っている音を分析すると、あら不思議!
鳴らしている「ド」の音程以外の音も同時になっているのです。
これが倍音です!

詳しく説明すると、
僕らの耳にはたしかに、ドレミの「ド」。

しかしこの「ド」の音には、実際に鳴らしている音(基音)の
2倍・3倍・4倍・5倍…の周波数を持った、すごく高い音が、
複雑に混ざり合って同時に鳴っているのです。
これが倍音です!

では、この倍数の音どうなっているか聞いてみましょう。

(♪基音=C3)
これが、もとの音です。

(♪2倍音=2倍の周波数の音=C4)
これはオクターブ上の音ですね。

(♪3倍音=3倍の周波数の音=G4)
これはオクターブと5度上の音ですね

(♪4倍音=4倍の周波数の音=C5)
これは2オクターブ上の音ですね

(♪5倍音=5倍の周波数の音=E4)
これは2オクターブと長3度上の音ですね

これが6倍以降も果てしなく続いていくわけです。

こんな感じで、僕らは常に、
もっとも強く鳴っている音に、
かすかに鳴っている倍音をトッピングされた音を
聞いているんです。

だから、人の声も含まれる倍音の成分や、
バランスによってそれぞれの声に違いが出てくる。
つまり、どんな種類の倍音が含まれるかによって、
声の印象が変わってくるのです。

小室さんは、この声質、声の印象、のことを
ざっくりと「倍音」とおっしゃっていたのではないかな?

さあ、今日は、そんな声の「倍音の女王様」この人の
歌をきいてみましょう。

M. Loving You / ミニー・リパートン

20150516_fmkameda.jpg

ちなみに、先ほど紹介した2倍、3倍、4倍、と整数で割り切れる倍数の倍音を
「整数次倍音」と呼び、この「整数次倍音」がバランスよく含まれている声は
雑味成分が少ないため、美しく、艶があって、通りがよく、
一般的には「美しい声」とか「いい声」とよばれています。 

また、整数で割り切れない倍音を
「非整数次倍音」とよび、雑音や、金属的な音などに含まれています。
シンバルなどのシャンシャンした音もこれにはいります。

これは一般的には、耳障りな音と呼ばれていますが、

ロックミュージュックでは欠かせない音色ですよね。
実際の歌声には、2倍音4倍音といった「整数次倍音」だけでなく
喉自体がなっている音、息の音、その時の体の鳴り、など
いろんな音の倍音が混じっている。
ハスキーなボーカルには「非整数次倍音」がたっぷりふくまれています。
ギターもそう、実際の弾いている音には
弦とピックが擦れる音、ボディーの振動など
たくさんの基音があって、それぞれが倍音を出している。

つまり、つきつめると、
"倍音のない音は無い"ということ!
倍音が音楽を豊かに、
そして、個性的な歌声や音色を奏でている
と言ってもよいのではないかな!

-------------------------

この番組「BEHIND THE MELODY」では
ラジオの前のアナタから、
音楽に関するギモンを引き続きお待ちしています。
どんなに基本的なギモンでもOKです!
僕に聞きたいギモンは、この番組
「BEHIND THE MELODY」のホームページから
送ってください!

『BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA』。
来週もお楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 15:43 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年05月18日

音楽仕事百科【ライブを盛り上げる"映像の職人"】<Guest : 千田(株)コマデン>

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第609回目のテーマは…

音楽仕事百科【ライブを盛り上げる"映像の職人"】<Guest : 千田(株)コマデン>

====================

久々にFM KAMEDA、新企画がスタートします!
様々な専門職の方々、プロフェッショナルの力で成り立っている音楽業界。
ラジオ局のスタッフ、レコード会社のスタッフ、
コンサートに関わるスタッフ…様々ですが、
実際はどんな事をやっているのか? その仕事にどんな情熱を傾けているのか?
音楽業界の数ある、お仕事を「FM KAMEDA」が紹介してゆきます!

さて、この新シリーズ、記念すべき第1弾は!

『ライブを盛り上げる"映像の職人"』

華やかなコンサートを、さらに彩る、視覚的な演出…
たとえば「照明」などは、
その存在として皆さん思い浮かぶところだと思いますが、
今日は、最近のコンサートに欠かせない、もうひとつの視覚効果、
「映像」のプロをスタジオにお招きしています。
ライブやコンサートの演出をサポートする会社、
コマデンの千田さんです!
よろしくお願いします。

---------------------------

亀田:千田さんは最近では、ミスターチルドレンやサカナクションのツアー、
そして、我々タートルズジャパンの映像を手掛けていらっしゃいます。
千田さんの映像は本当に凄くて、あまりにもこれは素敵なお仕事だと思って
今回、新企画のトップバッターとしてお呼びいたしました。
千田さんのお仕事を分かりやすく言うと、映像制作とお呼びすればいんですか?
具体的にお仕事の内容を教えていただけますか?

千田:コンサートなどで大きな映像装置が設置されていることが、最近、多いんですが、
そこの中に流れる映像を作る仕事になります。
亀田:いろんなデザインや風景やアニメーション、歌詞が出てきたりとか、、
あの映像ですね?
コンサートに流れる映像を作るお仕事。
例えば、この間、一緒にやったタートルズジャパンのツアーの時には
本当に様々な映像の仕掛けをしていただいて、歌詞はでてくる、
あとは本当に色味が混ざった電飾的な、、スクリーン自体がLEDになっている!
基本的なことを聞きまましょう!LEDとは?

千田:LEDとは光の素子ですね、電気を通すと各色に光る、赤、青、緑に光る、ちっちゃな
電球みたいなものがありまして、それが様々に点滅することで、映像に見えてくる。

亀田:なるほどね!これね、こういったコンサートに使う映像って音楽と見事にシンクロしてる
じゃないですか?
あれっていうのは、コンピューターに打ち込んで同期映像になっているんですか?

千田:同期している場合もありますが、ミュージシャンさんと一緒に一個一個叩いて出している
場合が多いですね。

亀田:叩くって、音楽に合わせてボタンを押す。これって楽器みたいですね?

千田:そうですね。音楽ゲームをイメージしてもらうと分かりやすいですが、4小節後に
このボタンを押してみたいに次々押していく、それが結構多いですね?

亀田:多いってことは、そっちの方がいいってことですか?

千田:そうですね。照明さんも叩いて出しているんですね。そう考えると、この方法が
ベストなんですよね。

亀田;すごい!照明と映像でバンドを組んでいるようですね!PAも含めてそうですね!

千田:そうですね。おこがましいですが、僕もバンドメンバーの一員になったつもりで
やっています。

亀田:嬉しいですね!
それでは、ここで1曲はさんで
引き続き千田さんにお話しをうかがいます。

M. AB LOVE LOVE / THE TURTLES JAPAN

20150518_fmkameda01.jpg

亀田:お送りしているのは、THE TURTLES JAPAN「AB LOVE LOVE」です。
この曲の映像、ほんとすごいんですよ!
ほんと無理な注文をしてしまってアブラカタブラの文字をいろんな字体で出してくれって!
あれ、すごい良かったですよ。お客さんもみんな歌ってくれて。

千田:あのタイミングでだして、バシッて決まると気持ちいいんですよね。

亀田:あれも手で出しているんだよね!お客さんと同じ気持ちでやってくれてるんだよね。
実際、お客さんの熱狂の渦に巻き込まれていくとアドリブじゃないですけど、
ここで新しいアイディアが生まれていくっていうか、、
僕なんかはしょっちゅうそういうことをしちゃんですけど、ありますか?

千田:やったことあります。(笑)

亀田:ハハハ。告白だ!

千田:むちゃくちゃやったことありますね、今日のノリはこっちじゃないと思って。

亀田:ほんとライブなんですね!
千田さんは、どんな瞬間にこの仕事のやりがいを感じたりします?

千田:一般的な映像の仕事っていうのが画面を挟んだ向こう側にいることが多いんですね。
ただ僕らがやっているライブの後ろにある映像っていうのは生のお客さん向けて、
その場で見てもらう仕事なんですね。
すぐお客さんの反応が分かる。なかなかこういう映像の仕事ってないんですよ。
そこで一番やりがいを感じることが多いですね。

亀田:ほんとに恐れ入ります。僕たちミュージシャンがコンサートの演出、映像に
支えられているのを、今回、勉強させていただきました。
見る人に夢を与えるだけでなく、今、ステージでなにが起きているのか?
アーティストが何を伝えたいのか?
音楽の本質を引き出してくれるっていうのは、この映像のパートかもしれませんね。
もう一人のメンバーなんですね。
千田さんありがとうございました。


「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
今日は、「音楽仕事百貨」と題して、映像制作のプロフェッショナル、
株式会社コマデンの千田さんにお話しをうかがいました。

20150518_fmkameda02.jpg

株式会社コマデン

---------------------------

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」、
明日は、恒例企画、リスナーの疑問をお届けします! お楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 19:24 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年05月14日

名画の影にこの人あり!ジョン・ウィリアムズ!

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第608回目のテーマは…

名画の影にこの人あり!ジョン・ウィリアムズ!

====================

数々の名画の音楽を手掛け、
作品にさらなる感動をもたらす音楽家、ジョン・ウィリアムズ。
アカデミー賞でのノミネートは50回近くにのぼります!

そして、ジョン・ウィリアムズの作っている音楽
「映画音楽」は、きっとあなたも聞いたことがあるはず!

例えば、どんな作品があるのか、振り返ってみると…

------------------------

<ジョーズのテーマ>
1975年、世界中を恐怖に陥れた作品「ジョーズ」。
いまだに怖い場面を演出する時やコントなどでも使われます。
このメロディは入り口の、たったの2音だけで「恐怖」を表現しています。

迫り来る「恐怖」のゾワゾワ感を表現した発明品だ!

------------------------

<未知との遭遇>
♪タン ティン タン ティン タン〜
この音階だけで誰も知らない未知の領域、
「未知との遭遇」を表現してしまったジョン・ウィリアムズ。

このメロディーもたった5つの音で「未来」を表現した発明品だ!

宇宙とのコンタクトを描いた1977年の作品ですが、
この年公開された、SF映画の金字塔"と呼ばれるアノ作品でも
ジョン・ウィリアムズは音楽を手掛けています!
もちろん何の映画だかおわかりですよね?答えは後ほど…。

------------------------

<E.T.のテーマ>
愛、希望、勇気、夢…
いろんなものを見るモノに教えてくれる作品「E.T.」。
このテーマ曲もジョン・ウィリアムズなんですね。
この名曲、アカデミー賞、
さらにグラミー賞でも「作曲賞」を受賞しています。

------------------------

このほか、インディ・ジョーンズ、レイダース、
ジュラシックパーク、ハリーポッターなど
名作の印象的な映画音楽を多数手がけている
ジョン・ウィリアムズ。

なぜ、彼の映画音楽はこんなに愛されるのか?
1曲お送りした後でお話ししましょう。

僕も大好き!「スターウォーズ」。
今年12月には新作も公開ということで、今から楽しみ!
ここJ-WAVEでも盛り上がっていますよね。
このテーマ曲もあまりにも有名ですね。

M. スター・ウォーズ メインタイトル / ジョン・ウイリアムズ

20150514_fmkameda.jpg

「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」今日は
「名画の影にこの人あり!ジョン・ウィリアムズ」
と題してお送りしています。

ジョン・ウィリアムズの音楽は、
なぜこんなに愛されるのでしょうか?

お答えしましょう!

たとえば、スター・ウォーズでは
ジョン・ウイリアムズは映画のすべての音楽を、
作曲しています。
これは、映画のストーリーにマッチした音楽を
書き下ろしているということです。

たとえば2001年宇宙の旅は、
クラシックの名曲を集めて音楽を作っています。
ストーリーに合う音楽を、ありものの曲から選んでいる。
でも、スター・ウォーズでは、この逆!!
ストーリに沿って、映像に合う音楽を、
毎回手作りで仕立てているわけです。

しかも、ジョン・ウイリアムズの音楽は
決してでしゃばりません!
映画をみている人は、
決して音楽に耳が引っ張られるのではなく、
目の前で繰り広げられている、
映画そのものに感情移入できるのです。

ジョン・ウイリアムズは、
音楽で映画をアシストしているんですね。

これは、こうとも言えますよ!

ジョン・ウイリアムズは、目にみえない「音」で
映画の背景を作っているのです。

------------------------

ところで、ジョン・ウイリアムズは
オーケストラのアレンジまで手掛けています。
ベートベンやバッハのようなクラシックの大作曲家と同じく、
鳴っている全ての楽器が、メロディを奏でているのです。

スターウォーズのテーマ一つとっても、
ホーンからはじまり、ストリングスなどの様々な楽器が
時に、主役になったり、脇役になったり、
リズムセクションのような背景になったり、
くりかえされる主題(テーマ)をもとに、
ストーリーが展開していくことがわかります。

自分でアレンジまでてがけるため、
楽器のキャスティングが明確なんです。

これって、ほら、映画そのものと似ていませんか?
ジョージ・ルーカス曰く…
「ジョンとの仕事は楽だ。考えを伝え、
映画のカットを見せればいいのさ
それだけで彼は見事に仕上げてくれる。」

映画を理解した上で、映画の一番近いところで
作曲、アレンジをしているから
「絵」とのマッチングもパーフェクト、また
また、よくできた映画の脚本に沿って作られた音楽なので
「音」にとっても、一コマ一コマ流れるように進んでいくのです。

一方、ジョン・ウィリアムズご本人も…
「音楽は私たちの感情を豊かにする。音楽によってシーンが盛り上がり、
キャラクターに感情移入しやすくなる。作品に深みが増すんだ。」
と語っています。

こうやって、オーケストラを縦横無尽に操って
その曲の主題=「テーマ」を様々に変化させながら音楽が進んで行く。

しかも、宇宙もの、ヒューマンドラマ、SF…
すべて生のオーケストラのサウンドで奏でられています。
基本的に、シンセサイザーのような
時代の音を使ったりすることもありません。
でも、普通が一番難しい!

わかりやすいメロディ、素晴らしいオーケストレーション。
ジョン・ウイリアムズの音楽は、映画音楽という形で発信されている
現代のクラシック音楽と呼びたくなってきます。

さあ、今日は、スター・ウォーズをきかっけに
ジョン・ウイリアムズの作る映画音楽を
掘り下げてみるのも楽しいかも!

------------------------

「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
来週月曜日は、僕ら音楽業界で働く人々、
そして、そのお仕事を紹介する新シリーズがスタート!お楽しみに。
ここまでのお相手は亀田誠治でした。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:34 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年05月13日

音楽と犬

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第607回目のテーマは…

音楽と犬

====================

きょうは、人と最も身近な動物、犬にフォーカスします。

諸説ありますが、犬と人間が接近して、
生活空間が重なり合うようになったのは
およそ、15000年以上前ともいわれています。

その後、犬は、人間と一緒に暮らすようになり、
狩りの手伝い、番犬としてなど、
人々の生活をサポートするようになってゆきました。

そして現在、は、家族の一員として
人間の暮らしの中でなくてはならない存在になってきています。
その他にも救助活動や介助などといった人間のサポートで活躍し、
そしてなにより癒しを与えてくれていますね!

きょうのFM KAMEDAでは
では、そんな仲良し動物「犬」を人間が歌った曲を紹介してゆきます!

---------------------

【忘れないよ / 青山テルマ】
忠犬ハチ公をテーマにした映画「HACHI 約束の犬」の主題歌ですね!

---------------------

【LALALA feat,若旦那 / 加藤ミリヤ】
ミリヤさんの飼っていた、チワワのLALAちゃんを想って作った曲です。
若旦那が、犬の気持ちを唄い、
ミリヤちゃんが飼い主の気持ちを歌っています。

---------------------

【君が教えてくれるもの / 槇原敬之】
実は、恋の歌ではなく、犬が大好きな槇原敬之が、
犬と一緒に暮らしていくうちに感じたことを綴ったものです。
いつのまにか忘れてしまった大事なことを思い出させてくれる歌です。

---------------------

【コロ / CRAZY KEN BAND】
両親が離婚して、おばあちゃんの家にいた犬を歌った曲です。
なにもできない犬だけど、かわいい犬だったと歌っていますね

---------------------

【PAUL / 平井堅】
平井堅さん自身が飼っていた犬が死んでしまった時に
哀悼の念を込めて作ったのだとか。

---------------------

では、数多く歌われている犬ソングですが、
アーティストはいったいなぜ、犬ソングをうたい、
その曲には、どんな意味が込められているのでしょうか?
そんな疑問にお答えする前に、1曲

M. 空と君のあいだに / 中島みゆき

20150513_fmkameda.jpg

泣けますね〜!この曲の主人公は、実は犬なんですよ!
では、犬ソングの魅力をひもといてゆきたいと思います!!

犬は、「空と君の間に」の歌詞からも読み取れるように、
人間に対して忠誠心がある。

まず、「空と君の間に」を聞いて、泣けてしまった人!
はい!正解ですよ!
だって、このワンちゃんのご主人様に対する、まっすぐな「愛」のは、
まさに「無償の愛」だと思いませんか?
ここでは、相手のことを「思う」という気持ちが、見事に描かれています。
実際の人間社会では、この「思い」が届かなかったり、
裏切られたり、さまざまなことが起こるので、
この「空と君との間に」で歌われているような、
「無償の愛」の存在を知ると僕らは
無条件に感動してしまうのですね。

ところで、みなさんも犬に、
思わず語りかけていることってありませんか?
「あら、どうちたの〜?」とか…
犬にしてみれば、ぜんぜん「どうもしてないんすけど…」
みたいな状況だとしても(笑)、犬は、
いつも人間の話を、まっすぐな目で、
黙って聞いてくれます。

「かなしいことがあったとき」
「うれしいことがあったとき」
「悩み事があって、答えがだせない時、
YesなのかNoなのか?GoなのかStopなのか?」

僕ら人間は、犬に語りかけることによって、
落ち込んでいる気持ちが晴れたり、
答えを、自分自身で出せるんです。

僕たちが犬に(ペットに)「癒される」
最大の理由はここにあるんです!

犬は、僕たち人間が、ちょっと心が弱った時の、
最大の理解者なんです。
だからこそ、音楽の中でも、ペットは特別な友達、
大切なパートナーになって僕たちのことを勇気づけてくるのです。

また、最近では、アーティストがSNSなどで
犬などのペットの写真をあげると、
ファンの方の反応が大きいんだそうです!

ペットを無条件に可愛がる姿から、
アーティストの素顔が見えてくる。
だって、アーティストが、ペットという
「良き理解者」に心を開いているのですから!
どんなに有名なセレブ、たとえテレビ中の人であっても、
素顔は、「いい人!」という証明写真になりますね!

人間にとって、犬はいつでも寄り添ってくれる近い存在であることから
犬の曲ができることがある。

ところで、犬はインドアだけでなく、アウトドアでも活躍します。
アウトドアを共有できるということは、
空とつながることができるということ。

つまり、僕たち人間と「同じ空」を見ているということは、
人間目線に立てるということ。
犬は、僕たちの日常に、しっかり寄り添っている証になるんですね。
だから、ペットの中でも犬は、多くの歌に取り上げられるんだワン!

-------------------------

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」、
明日は、スターウォーズと音楽です。
お楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 17:10 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年05月12日

キレイになりたい!〜なぜアーティストはますます美しくなるのか?〜

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第606回目のテーマは…

キレイになりたい!〜なぜアーティストはますます美しくなるのか?〜

====================

ミュージシャンはデビューした当初は原石。
そこから、数年経つと特に女の子は
「キレイになった!」「アーティストっぽくなった」
「垢抜けた」など言われますね。
ミュージシャンのプロ意識とも言えるかもしれません。

今日のFM KAMEDAは…
なぜアーティストは音楽の成長曲線とともに
美 -BEAUTY- の成長曲線もアップするのか?
ミュージシャンがどんどんキレイになってゆく理由は何故か?
と言った方が良いのかな??
そこに迫りたいと思います!

では、活動経歴とともにキレイになってゆくアーティスト!
どんな人たちがいるのでしょうか?

------------------------

アメリカの歌姫、テイラースイフト。
デビュー当時のテイラーは17歳!
もちろん、もともと美人ミュージシャンではありますが、
音楽もファッションもカントリー路線だった
当時に比べると、25歳の現在は
もっともっと洗礼されていっているイメージですよね。

美の秘訣について、テイラーは基本的にヘルシーな食事をしているそうですが、
週末だけは大好きなクッキーやアイスクリームも食べるそうで、太らないコツについては
「朝、たくさん食べるの。そして夜はあまり食べないようにしているわ。」
と語っています。ジムで運動もたくさんするそうです。

亀田、見習います!

------------------------

ビヨンセももちろん、デスティニーズ・チャイルド時代からキレイですが、
出産後も今も相変わらず、いやますます美しくなってゆきます。
しかし、その裏には人並み外れた努力が…
もともと太りやすい体質のビヨンセは
出産後もワークアウトを続け、必死にスタイルをキープ。
あの美貌は努力を重ねた結果でもあるんですね。

亀田、見習います!

------------------------

椎名林檎さん。
自分の世界をより深く表現し、自分をより魅力的に見せるには、
どういうビジュアルにすれば良いかを、
つねに追求されているアーティストの一人ではないでしょうか?
しかも、そのビジュアルが、ご自身がやっている
「音楽」と「矛盾」しないところも魅力です!
年を重ねて「キレイ」になる。
きっと、そんなところも、世の中の女性達の憧れになるのかもしれません。

亀田、見習います!

------------------------

では、アーティスト達はどうしてより美しく成長してゆくのでしょうか?
一曲聞いて頂いて、お答えしましょう!

この人もデビューから、ものすごいスピードでキレイ街道突っ走っています!

M. Baby I / Ariana Grande

20150512_fmkameda.jpg

さて、ますます美しくなってゆくミュージシャン達。
デビュー当時から今まで、美しさが
より引き立ってゆく理由はどこにあるのでしょうか?

アーティストはプロのメイクやスタイリストそして、
カメラマンに毎日のように被写体として撮られます。
この日々の積み重ねが、次はもっとキレイに映ろうとか、
太っちゃダメとか、この角度がカワイイ、など、
「自分のキレイ」が、さまざまなデータとして蓄積されます。

つまり、自分が出た雑誌や映像から、
自分の「キレイ」を日々学習しているんです!

特にデビュー当時は、この露出が頻繁に行われます。
ヒットすればさらに頻繁に人前に出るようになる。
こうやって、自分磨きがつねに行われるという好循環が、
短期間で、「キレイ」になるという現象を生むんです!

とはいえ、プロのメイクさんたちの手が入っただけでは、
ファンを圧倒するようなビューティーは生まれません!
これは、よく言われることですが、
「見られてキレイになる」ということの本当の答えは、
メイクやスタイルといった外見のビジュアル面だけでなく、
見られているという意識によって、
礼儀や作法などの内面の美も磨かれていくからです。
どの世界でも、キレイな人は、
びっくりするほど、感じの良い人ばかりです!

というわけで、ビューティーの絶対値は、
プロのスタッフと自分自身の努力で磨かれていくんですね!

それから!気をつけないといけないのが、時代の流行もあるのかも?
70年代や80年代の、昔の写真をみたら、流行も違うし
ビックりするくらい野暮ったくみえることもありますよね。

今や、アーティストも自撮りをする時代、
2010年代、今のSNSの中心になっている、
自撮りやセルフィーは、
自分で自分の「キレイ」や「カワイイ」を
見つけて撮るので、なんとなく
みんな同じような角度や表情をしています。

つまり、今の時代、プロの手の入っていないビューティーも
その人の「顔」になっているのです。
中には自分の決め顏を分かっている人も!

これも、あと、何年かたったら、
「2010年代っぽい感じのキレイ〜!」
なんて言われちゃうのかもよ!

----------------------------

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」、
明日は、「音楽と犬」!!(なんじゃそりゃ!?)
みなさん、どうぞお楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 18:36 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年05月11日

亀田文庫『SWITCH5月号 特集ジャズタモリ』

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第605回目のテーマは…

亀田文庫『SWITCH5月号 特集ジャズタモリ』

====================

亀田文庫の文庫は、学級文庫の文庫!
ミュージシャンが奏でる音楽を聴いて、感動するのと同じように
素敵な言葉を読んで感動する…
そう、思いを伝えるという意味では、
「音楽」と「文学」はとても似ていると思います。

一冊の本から、素晴らしい言葉をご紹介する「亀田文庫」。
僕の書斎にある「亀田文庫」から、ご紹介したいと思うのですが…
今回は、少し趣向を変えて 一冊の雑誌をピックアップ、
その雑誌とは、『SWITCH5月号 特集ジャズタモリ』!

20150511_fmkameda_book.jpg

音楽好き、いやタモリさん好きの間では
早い段階で話題になっていましたが…
あのタモリさんがこよなく愛するJAZZを語った
雑誌SWITCHの特集「ジャズタモリ」。
もちろん僕もすぐに買って熟読しました!

タモリさんとは、Mステに出る時に
何度かご一緒したことがあるんですけど、
タモリさんが、そこにいるだけで、
場がフワっとあったまるんです。
そして、その場だけでなく、
テレビの向こうのお茶の間でテレビを見ている人たちが
バッチリ、安心してリラックスできる
「気の流れ」を作っているんです。
いったい、タモリさんは、
どんな魔法を使っていらっしゃるのか?
この「ジャズタモリ」を読んでいると
少しわかったような気がします。

--------------------

そもそも、実はタモリさんの芸能界での歴史って
亀少年が洋楽に目覚め、
ラジオに夢中になった時代と重なる部分が…

僕がラジオに夢中になった1976年頃、
ちょうどタモリさんが、ラジオの深夜放送に登場しました。
ハナモゲラ語、形態模写、同時通訳、中洲産業大学…
何をとっても、「笑い」のコンセプトが新しい!
全米TOP40に夢中で、洋楽を聴くためにハマったラジオが
いつのまにか、水曜の深夜だけは、
タモリさんのラジオを夢中で聞いていました。

10代の亀少年の心を解放してくれたのが
タモリさんのラジオだったんです。

僕が早稲田大学に進学を決めたのも
タモリさんが早稲田の出身だと聞いたからです。
「早稲田って面白い人が集まるんだ!」
ただそれだけの理由です。
こうやって、僕の青春の ものさしの大部分は、
「タモリさん」基準で測られていきました。

--------------------

そんな大尊敬! 大リスペクトするタモリさんがJAZZを語った
SWITCHの特集「ジャズタモリ」。
そこから僕、亀田誠治が感じたこととは?
1曲お送りした後でお話ししましょう。

M. 武蔵と小次郎 Part4 アフリカ民族音楽"ソバヤ" / タモリ

「FM KAMEDA」、今日は「亀田文庫の特別編」、
SWITCH5月号の「ジャズタモリ」をピックアップしています。

タモリさんの感性って、ブッとんでいるけど、
人を決して、不快にさせないところがすごいんです。
ちゃんと調和がとれている。
調和、つまりハーモニーをとりながら、番組を回していく。
いろんな人の発言から、見えてくるタモリさん像は、
気配り、忍耐、おもてなし、を全網羅した上でのタモリワールドです。
そこが、ものすごく、日本人っぽいんです。
日本人の僕らが、日々吸い込んでいる
空気の濃さ、薄さがわかっている。

だからこそ、「いいとも」や
「ミュージック・ステーション」のような
国民的お茶の間番組から、
「タモリ倶楽部」や「ブラタモリ」のような
マニアックな番組まで、同じラインで楽しませてくれる。
このバランス感覚が素晴らしいんです。
常に「タモリさんクオリティー」の
品質管理が行き届いているんです。

お昼の生バラエティ番組「笑っていいとも」を
32年間(!)も、続けられたタモリさん。
これって『結局「生」で勝負している!』ってことなんですよ。
長年勉強してきた、知識と経験をフルに使って
相手の出方に、瞬時に反応したり、ハモったり、

何が飛び出してきても、
「今、そこに起こっていることを」楽しむことができる。
これはまさに、JAZZでいうところのアドリブです。

しっかりした「タモリ」さんという自分を持ちながら、
さりげなく、ゲストの「いいとこ」を
しっかり引き出してくれるのも、その余裕があってこそ。
そんなところがジャズなんです!

しかも、コミュニケーションのいたるところにクスクス笑える、
「とんち」が効いている!
これは、タモリさんが超Hipである証です。

はい!もう間違いない!
つまりタモリさんの存在そのものがJAZZなんです!
ジャンルが特定できないのも
タモリさんの最大の魅力ではないでしょうか?
タレント?司会者?俳優?ラジオパーソナリティ?ミュージシャン?
何をやっても、「タモリさん」なのがすごい!
あらゆることに自然体で交わり、
ご自身の持っている、知識や経験をオープンにして
誰にでも伝えていく。
そして、ミュージック・ステーションでご一緒するたびに思うのは、
常に若手に心と耳を開いていらっしゃるところです。
多くのミュージシャンや役者さん、タレントさんが、
直接的に、間接的に「タモリイズム」を引き継いでいるのです。
その「タモリイズム」を引き継いだ人が、
またそれを後輩に伝授していく。
こんなに素敵な循環を作られているのは、
タモリさんしかいませんよ。

これって、もしかしたら、日本のショウビズの中で、
タモリさんは、クインシー・ジョーンズのような存在だと思うんです。
ほら!やっぱりジャズだ!

「亀田文庫」、今回はちょっと趣向を変えて雑誌から…
SWITCH5月号の「ジャズタモリ」をピックアップしました。
トランペットを持ったタモリさんの写真も素敵です!

20150511_fmkameda.jpg

--------------------

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」、
明日は、なぜアーティストは、音楽の成長曲線とともに
美 -BEAUTY- の成長曲線もアップするのか?
というちょっとキケンなお話です!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:31 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年05月07日

亀田誠治の略していいとも!

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第604回目のテーマは…

亀田誠治の略していいとも!

====================

略していいとも…どこかで聞いたことのあるタイトルですが…
今回は、世に溢れる略語の中から、
音楽業界で使用される略語にフォーカス!
リスナーのみなさんとお勉強していきたいと思います。

------------------------

僕の名前は、亀田誠一!23歳
音楽業界に憧れ、自分で言うのはなんですが、
見事、この春からライブイベント制作会社に就職!
日々、先輩たちにアドバイスを頂きながら、
自分の成長を毎日実感している!

・・・・・・

亀田:はぁ〜はぁ〜…弁当30個買ってきました

先輩:おっ!亀、おせーな!とりあえず弁当食ったら、リハなんだけどさぁ、
ギターがインフルエンザらしくて、控え室に「トラ」いるから、呼んできてくれよ。

亀田:ととととっと…「虎」?
首輪…付いてますよね?

先輩:元パンクスらしいから、付いてんじゃないか?早く呼んでこいよ!!

亀田:先輩…つっ連れてきました…

(ガオー)

先輩:ぎゃーーーーーー!それ本物の虎だろ!!!!!!!

------------------------
略していいとも!亀田誠治です。
ここでいう「トラ」とは、エキストラの略語です。
日本語でいうと「臨時の代役」ということです。
ギターがインフルエンザでこれないから、「トラ」を呼んだ。
そう代わりになる「臨時の」エキストラを呼んだということなんですね!
ちなみに、「リハ」は「リハーサル」。つまり練習の略ね。
つまり、「リハーサルのエキストラ」は略語にすると、「リハトラ」!
誠一くん、音楽業界は略語が多いから頑張ってね!
------------------------

亀田:いや〜お腹いっぱい。うまかった〜

先輩:おい亀!いつまで弁当食ってんだ!はやくそこバミれよ!

亀田:(バミル…やばい…わかならい…
バミ…バーミ…バーミヤン?
そうか、バーミヤンで弁当買ってこいってことか〜!!)
曽澤先輩!冗談ツイキーすっよ!さっき弁当食べたばっかりじゃないっすか!
バーミヤンって、食い過ぎっすよ!はっははははは!

------------------------
略していいとも!亀田誠治です。
ここでいう「バミる」とは、舞台用語で、「場を見る」の略語。
そこから、転じて、
ステージでも歌手の立ち位置、ミュージシャンの立ち位置に、
あらかじめガムテープなどでマークをつけておくことをいいます。
つまり、暗いステージでも、
「バミられた」ところに立てば、照明がしっかりあたり、
見た目も整然としてかっこよくみえるというわけ!
------------------------

先輩:あっ!涼子ちゃん!
涼子:ソザワく〜ん♪今から、ご飯でも行かない?
先輩:もちろんいいよ!おい亀!この機材バラしといてくれる?おれデートだから。
亀田:バラすって、やばくないっすか?
先輩:やばくないよ!おれがデートから帰るまでにバラしとけよ!
涼子:早く行こうよ〜。
・・・・・・
先輩: …いや〜涼子ちゃん。かわいかった〜
おっ亀!悪いな一人でいい思いして、それよりバラシ…
なんだよこれ!!!!
機材バラバラじゃないかよ!!!!!

亀田:ええ!「バラせ」って…

------------------------
略していいとも!亀田誠治です。
ここでいう「バラシ」とは、撤収の略語です。
「片付ける」の意味で、決して機材をバラバラにしてはいけません!
------------------------

M. U Can't Touch This / MC Hammer

20150507_fmkameda.jpg

お送りしたのは、MC Hammerの「U Can't Touch This」でした。
ちなみに、MCは司会進行役という意味の
Master of Ceremoniesを表す略語ですが、
HIP HOPではさらにそれに、Microphone Controller
という意味が当てはめられました。
これは、略語から略語が生まれたという、ややこしいパターン。
誠一くんがんばって!

さて、「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」。
今日は、略していいとも!と題して、
音楽業界の略語をご紹介しましたが…

そもそも略語は なんで存在するの?お答えしましょう!

略するって、もちろん短くすることによってスピードアップもされますが、
たとえば、リハーサルをリハと略したところで
ほんのちょっとの時間短縮にしかならないですよね。

実は、略語は、究極の「婉曲法」なんです。
ズバっていうと、ちょっとまずい。
角が立ったりする。
そんな言葉を略して短くして伝える。
言葉を暗号化して、意味をにじませているんですね。

たとえばエキストラのトラは、
エキストラと言っちゃうと、「臨時の代役」みたいな
固い意味になっちゃうところを、うまくなじませる効果がある。
「臨時の代役できました亀田です!」
よりも「トラの亀田です!」と言ったほうが、とっつきやすい。

バラす、バミる、トラもそう、
この、暗号のような「略語」は、
同じ職業についている人同士にしか通じません。
つまり、使う言葉にスペシャリティを与えて、
同じ現場で働いている感。
同じ方向に向かっている感、つまり、
団結感を生み出しているんです。
ある意味、若者が、自分たちでしかわからない
スラングを使うのと同じですよね。

ですから、ミュージシャンやスタッフ
たくさんの人が関わる音楽業界はもちろん、
どんな仕事にも、この略語が存在し、
仕事の潤滑油になっていることは間違いないですね。

さあ、「略していいとも!」
みんなもぜひ略語を活用して、素敵な毎日を!

ということで、亀田誠治の略していいとも!でした!

------------------------

「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
来週の月曜日は、「いいとも」繋がりで"あの人"にまつわるお話です。
どうぞお楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 14:40 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA


バックナンバー

カテゴリー