2015年03月31日

カメダは嘘を愛しすぎてる!!

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第586回目のテーマは…

カメダは嘘を愛しすぎてる!!

====================

「カノ嘘」。ならぬ「カメ嘘」。
亀田さん、それ言いたいだけでしょ…。
何て声が聴こえてきそうですが…

皆さん!明日4月1日は「エイプリール・フール」ですね。
さあ、FM KMAEDAを聞いて
今日のうちに「嘘」を見抜く力を養っていきましょう〜。
もう意味不明な特集になりそうですが、いやいや!
今回はちゃんと「嘘」と「J-POP」の関係を探っていきますよ!
意外にもこの「嘘」をモチーフにした曲が多いのってご存知でした?

---------------------

トータス松本「ブランコ」

「♪嘘は本気だから愛は本気だから…
たったそれだけの言い訳が宙ぶらりん」

愛する人に本気の嘘をついてしまったのでしょうか。
後悔しながらも絶対相手に愛される・頼られる男になるんだ!
と決意を新たにする心情が歌われています。

---------------------

西野カナ「SAKURA,I Love you?」

相手に「好きだ」という素直な気持ちを伝えられない、
ごまかしてしまう姿を、「♪嘘をついてるみたいね」と描写。
ケータイ世代の歌だべ!

---------------------

松任谷由実「最後の嘘」

「♪最後だけ本当の嘘をついてよ
きみが嫌いになったって…」

別れたけども想いを断ち切れない相手に
嘘でもいいから自分のことを嫌いと言ってくれ。と…。

せつない!

しかもそれを「最後の嘘」と表現するユーミン。

くー…せつない!

そして、最後の嘘と言えば!

---------------------

JUJU「さよならの代わりに」

その中にも「最後の嘘」というコトバが登場します。
「♪最後の嘘はやさしい嘘がいい…」
恋愛における「嘘」という存在、
本当にいろんな意味で私たちに届いてくる気がします。

と、こんなふうに「嘘」は実に歌詞の世界に深みを与えてくれます。
それは何故なのでしょうか?1曲聴いた後に考えていきましょう!

そして、こんな嘘ソングも!?

M. USO(Go Go FUNK) / スガシカオ

20150331_fmkameda.jpg

お送りしたのは…
スガシカオ「USO(Go Go FUNK)

「♪ウソ モテたくて ウソをつきました…」
そんな歌い出しから「ウソ」が何回も登場してくる曲!
日常に溢れるいろいろな「ウソ」が切り取ったように進み、
最後には「ウソは許さない」と結ばれる。
そこにスガシカオの鋭さがある??

---------------------

ということで、この「嘘」というコトバ、響き、存在。
J-POPにおいて、どうしてこんなにも重宝されるのでしょうか!?
お答えしましょう!

人はなぜ、嘘をつくのか?
正解を求めるのに何百年もかかりそうですが、
実は、歌の中で使われる嘘は、単純明快です。

嘘は、時に自分を守る為、時に相手を守るための、
行動の象徴として使われています。

そして、嘘は、ついた瞬間から相手にバレる時までの
「間」を必要とします。
その「間」はついた瞬間にバレてしまう、「一瞬」の場合もあれば、
一生かかってもバレないものもあります。

つまり、歌の中では、「嘘」をつくという描写によって、
スローモーションのように、
時間の流れをフリーズさせることができるんです。

ところで、
「嘘つき」はいけないとお父さん、お母さんに教えられ、
嘘はつくまいと思っているのに、ふと、魔が差して、
嘘をついてしまったことってありませんか?
相手に嘘をつくと自分がどんな気持ちになってしまうのか?
実は、こういった負の感情こそが、誰もがもっている気持ち。
つまり、歌の中では嘘という言葉をキッカケに、
心情をシェアしやすいのです。

こうやって考えてみると、

嘘は、ある意味、日本人ならではの
「おくゆかしさ」なのかもしれません。

本当のことをズバっていうと、相手を傷つけるのではないか?
という人を思いやる気持ち。
「嘘がバレた時」もっと、相手を傷つけるかもしれない。
でも、今は「嘘」をついたほうがマシ…
嘘はこのように、ループする気持ちを表現します。

時に残酷な現実世界において、
「嘘」が救いになることもあるのかもしれません。

また、歌の中で使われる嘘は、聴く人に
「あ、傷ついているのは、自分だけではないんだ…」

と教えてくれる存在にもなります。

つまり、歌の中の嘘は、聴く人の心も救うのです。

信じる気持ちからはじまった「愛」。
それを裏切る「嘘」。
「嘘」は歌の中で、ストーリーのドラマチックさを倍増させます。

そして、どんなに傷ついても
「嘘」を、はねのけて相手を信じる気持ち、
つまりピュアな「愛」の存在が、
素晴らしいラブソングから見えてきます!

さぁ、明日は「エイプリール・フール」!
いったいどんなサプライズの「嘘」が僕たちを楽しませてくれるのかな!?
でも、本当の嘘は歌の中だけにしてね…!

---------------------

「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
さぁ、そんな明日4月1日。FM KAMEDAは4年目に突入します!
いつもご愛聴ありがとうございます!
これからもいろんな企画や耳からウロコな特集で
音楽を楽しんでいきたいと思います〜。
ということで今年度もありがとうございました!
亀田誠治でした〜!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:41 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月30日

手書きにする?それともデータにする?アーティストの作詞術

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第585回目のテーマは…

手書きにする?それともデータにする?アーティストの作詞術

====================

今から157年前、1858年の今日、3月30日。
アメリカで「消しゴム付きエンピツ」が発明された日、だそうです。
何気ない発想だけど、スゴい「気づき」ですね〜
スタジオにいくと必ずある。黄色いボディに、レンガ色の消しゴム!
かっこいい!!!

ちなみに、僕は、お気に入りのシャーペン、使っています!0.9mm、芯はB

ところでリスナーの皆さんは、仕事のアイディアを練る時、
学校でレポート書くとき、何を使って書き始めますか?
まずはパソコンを開きますか?
それとも、エンピツやボールペン?
今の時代、みんなはどうなんだろう?
「手書き」でグリグリ書いている最中に、
ひらめくことって無いですか?

アーティストの場合、作曲や作詞の時に
「書く」という作業がありそうですが…
実は、そうでもなかったりするんです。

特に作曲については、譜面を書くことから入るアーティストは、
ほとんどいないんじゃないかな?
曲書くときは、作曲しながら、
いきなりレコーダーに録音しちゃったり、
歩きながら最高のメロディがひらめいた!
さあ、忘れたらたいへんだ!という時も
スマホのボイスレコーダーに吹き込んでおいたり、
やっぱり、感覚的にやりたいですもんね。
ちなみに、僕は枕元には、五線紙ノートとボールペンが置いてあります。
眠っている時って、何かアイディア湧いてくること多いんですよ!
僕は、これを「睡眠作戦!」と呼んでいます!
いいわけっぽいですね。
だって、夢の中で極上のメロディーを思いついたら
それをメモっておきたいですものね。

一方、作詞について…これは、人それぞれかも?
さあ、今日は歌詞をつくるぞ!!!ってなったら、
ノートを開いて書き始める人と、
スマホやパソコンに入力する人に
わかれるなー

--------------------------

手書きなのか? それともデータなのか?
そこから生まれる何かの違いがあるはずです!
僕がお仕事したアーティスト達で「手書き」の歌詞だった人は、

スピッツの草野マサムネくんは、手書き。
エレカシの宮本くんは、大学ノートに万年筆!

そんな手書きの人も、歌詞を書いている時には
手書きなのに、最終的に「できました!」という段階で
PCで打ち込んだものに清書する場合が多いです。

データだとスタッフやメンバーみんなで共有できるし便利ですよね。
というわけで、歌詞が出来上がった歌入れの現場は
100%パソコンで清書された、歌詞カードで、進みます。

ところが、このパソコンで打ち出された「歌詞カード」にも
実はアーティストのこだわりがあるんです。

印象的な「歌詞カード」といえば…
例えば椎名林檎さんは、「タテ書き」って本当ですか?
フォントも行書体や明朝体で、まるで小説を読んでいるよう。
歌入れの歌詞カードから、まさに林檎さんの世界です。

アジカンのゴッチも縦書きです。
ゴッチによると、
縦書きのほうが、歌うときに、気持ちが「入る」んですって。
人それぞれ、おもしろいですね。

さぁ、ここで1曲お送りした後、
僕が思う、「手書き・パソコン」の
良い点・悪い点、お話しましょう。

字がとてもキレイだった…

M. HAPPY DAYS / 大原櫻子

20150330_fmkameda.jpg

「手書き」のいいところ。
逆に「パソコン(データ)」の良いところは、

アーティストにとって、手書きの作業は、
楽器を弾くのによく似ています。

脳から手を伝わって、
それを鉛筆という楽器を使って言葉という音楽を鳴らす。

この音楽的でダイレクトなプロセスが、
今度は、「手書き」することで、
湧いてくる「創作意欲」につながっていくのです。

自分で字を書くということは
常に自分自身に向き合うということ。
自分自身をさらけだすということ。

「手書き」の場合は、言葉に書き記した時点で、
データではなく、作品なんです。

ですから、多くのアーティストが歌詞を生む時点では、
手書きだというのもうなずけますね。

一方、「パソコン」の利点は、編集作業?これも見逃せない!!!
コピペができる、パソコンは
作品の全体像を、客観的に把握するのがすごく便利。
設計図をどんどんバージョンアップすることができます。

今、自分がどこにいるのかがわかる。
つまり、パソコンにナビされているのです。

そして、キーボードで予測変換されることによって、
思いもよらぬ言葉が生まれてきたり!

検索することで、
新しい発見をしながら、言葉を生み出せたり!

まさに、パソコンという、
一人の構成作家さんがいるようなものですね。

こうやって考えてみると、手書き、データ、
の両方にいいところがあるんですね。

--------------------------

結局、手書きでも、データでも、歌詞を書いたアーティストの、
ねっこの部分、つまり「思い」の出発点は変わりません。

その出発点から生まれた、音楽の泉をどのようにして
みんなに伝えるか?
手書きにする?データにする?
その選択をするのもアーティスト自身!
ここから、個性的でカラフルな音楽が誕生するのかも!

--------------------------

「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
明日は、「ウソ」を歌った曲を集める特集、題して「亀ウソ」!
お楽しみに。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:35 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月26日

クイズ!カメオネア

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第584回目のテーマは…

クイズ!カメオネア

====================

月に1度の恒例企画、「クイズカメオネア」。
音楽にまつわる3択クイズを出題します!

クイズは3択です!
あなたは何問、正解できるかな?
早速、一問目いきますよ!
「クイズカメオネア」スタート!!!!!!

----------------------

さあ、1問目は先月行われたグラミー賞に関する問題。
最優秀アルバム賞に輝いたのはベックの6枚目のアルバム「モーニング・フェイズ」。
トロフィーを受け取るためにステージに立ったベックに驚きの出来事が起きました。
それは次のうちのどれでしょう?

A) トロフィーを落とした

B) マイクがOFFってた

C) カニエ・ウェストが追いかけてきた!

ファイナルアンサー?

正解は…

C) カニエ・ウェストが追いかけてきた!

そう、カニエ・ウェストに危うく邪魔されるところだったんです。
前にテイラー・スウィフトが受賞した際にマイクを取って、
「ビヨンセが受賞するべきだった!」
発言して非難されただけに、あわや大惨事か!!

カニエはアフター・パーティーで
「彼は賞をビヨンセに贈呈するべきだ」とボヤいていたそうです。
これに対してベックは大人な対応。
「僕も、ビヨンセが獲ると思っていた。
カニエのことは好きだし、すごい才能の持ち主だと思っている。」

これね、僕、今年グラミー見に行っていて
実は客席からこの様子見ていたんですけど、
なんせ、プレゼンテーターがプリンス。
受賞者がベック。
二人が小柄だから、カニエがボディーガードに見えちゃった!

----------------------

さあ、2問目です!

いよいよ来月、来日するポールマッカートニー。
ポールマッカートニーの名前に関するトリビアを知っていますか?
「Paul McCartney」なぜマッカートニーの「Mc」、Mが大文字なのに、
次の「c」は小文字でまた「C」が大文字。
普通は名前と苗字の頭文字のみ、大文字で表記しますが…あれあれ??
実はこの「McCartney」の「Mc」にはある意味が隠されているのですが…
その意味とは何でしょうか?

A) スコットランドの言葉で、指輪という意味

B) スコットランドの言葉で、誰々の息子という意味

C) musicianの略

正解は この曲のあと!

M. Mull of Kintyre / Paul McCartney

20150326_fmkameda.jpg

ファイナルアンサー?

正解は…

B) スコットランドの言葉で、誰々の息子という意味

「Mc」の意味は「〜の息子」という意味を持つスコットランドのゲール語という言語です。
つまり「McCartney」で「Cartaineyさんの息子」という意味がルーツの苗字なんです。
となると!あの、マクドナルドは「ドナルドの息子」という意味ですね。

はい、(A)の「指輪」は「リンゴスター」の「リンゴ="リング"」の芸名の由来。

(C)のMc=Mmusicianの略は全然違います。
じゃあMCハマーはミュージシャン・ハマーなのかって話w。
カメオネア勉強になるね!

ちなみに、僕、亀田誠治の誠治の由来は…
「誠をもって世を治める」
両親は僕に、世の中を治める政治家になってほしかったそう!
はい。完全に名前負け〜〜〜!

----------------------

さあ、最後の問題です。

「ミュージシャンと保険」について。
5月からここ日本を皮切りにワールドツアーをスタートするテイラースイフト。
先日、テイラーが体のある部分に多額な保険をかけたことで話題となりました。
テイラーは体のどの部分に保険をかけたのでしょうか??

A) 脚

B) 喉

C) 唇

正解はどれでしょうか??

ファイナルアンサー?

正解は…

A) 脚

でした!
テイラーが自分の脚にかけた額、なんと4000万ドル(約48億4000万円)!!
ぎょええ〜!!

でも、自分の体の一部に保険をかけているミュージシャンはけっこう多くて

ストーンズのキース・リチャーズは「手」に160万ドル(約1億9000万円)

キッスのジーンシモーンズは舌(べろ)に100万ドル(1億2000万円)

トム・ジョーンズは「胸毛」に保険をかけたい!と
世界的な保険会社ロイズに 相談したとか…。

保険って大事ですね。

----------------------

「クイズカメオネア」
あなたは何問正解しましたか??

さあ、来週のFMKAMEDAは
「手書にする?それともデータにする?歌詞に起こる作用」
に注目します!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 14:22 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月25日

HAPPY BIRTHDAY アレサ!

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第583回目のテーマは…

HAPPY BIRTHDAY アレサ!

====================

きょう3月25日は「クイーン・オブ・ソウル」、
アレサ・フランクリンの73回目の誕生日です。
おめでとうございます!

グラミー賞受賞20回
ローリング・ストーン誌の選ぶ、
歴史上最も偉大な100人のシンガーの第1位。
そして1987年にはロックの殿堂入りをした最初の女性として、
シンガーとしての名声をほとんど
手に入れてきたアレサ・フランクリン。
今日はそんな彼女の魅力をひも解いてゆきます。

1942年生まれの彼女は
牧師の父C.Lフランクリンと、
ゴスペルシンガーの母、バーバラの間に生まれます。
そんな少女時代のアレサの唯一の楽しみが、
教会の聖歌隊で歌うことでした。

彼女は12歳で早くも教会の聖歌隊のソロをとるようになり、
なんと、1961年には「ビリー・ホリデイ以来最高の歌手」という
鳴り物入りでコロンビア・レコードと専属契約を結びました。

しかし、60年代のはじめは、まだ黒人音楽が認められていない時代。
コンサートでも、黒人と白人の席が分けられていました。
そんな中で、アレサの路線を、ポップな白人好みのサウンドにしようとした
レコード会社の方針が裏目に出て、
まったく彼女のアルバムは売れませんでした。
ちなみに、シャウトやビブラートといった、アレサ十八番の
ボーカルスタイルも、白人向けのまっすぐなボーカルに矯正されたそうです。
辛い時代です。
ていうか、いいとこ伸ばさないで、
苦手なところアピールして売れるはずなかろうって話ですよね。

そんな、アレサに転機が訪れたのは、1967年。
アトランティック・レコードに移籍してからです。
アトランティック・レコードは、サザンソウルを中心とした、
ブラック・ミュージックの老舗として、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気レーベル!
そして、この時代はオーティス・レディングがブレイク。
まさにソウル全盛期のはじまり。
アレサはその勢いにのって、成功への道へ進んでゆきます。

アトランティック・レコードで、天性の才能を発揮し始めた、アレサは、
最初のシングル「貴方だけ愛して」が
いきなりトップ10ヒットとなったのをきっかけに、
ヒットを連発しました。

瞬く間に大成功を収めたアレサですが、
私生活は、けっして幸せではありませんでした。
マネージャーでもあった夫とは、夫のDVにより離婚。
さらに、アレサを育てた父、C.L.フランクリンは、
強盗に撃たれ、昏睡状態に。。

それに追い打ちをかけるように、
ディスコ・ブームによって、ソウルの時代はいっきに
終焉をむかえてしまいました。

幸せからも、時代からも見放されてしまった彼女は、
再びゴスペルの世界へと戻って行きました。

アレサにとって不遇の時代が続きましたが、1980年代半ばに、
プロデューサー、ナラダ・マイケル・ウォルデンの手によって、
「Freeway of Love」、
「I Knew You Were Waiting (For Me)」がヒット!
再び表舞台に戻ってきます!

2003年には一度、引退宣言もしましたが、
その後も活動を続けています!

では、アレサの魅力を紹介する前に、1曲おとどけしましょう!

M. ROLLING IN THE DEEP / アレサ・フランクリン

20150325_fmkameda.jpg

こうやって聞くと、
アデルはよほど、アレサの影響を受けていたんだなー、
ってことがわかりますよね!

このように、多くのアーティストに影響を与えた
アレサ・フランクリンの魅力とは!?

アレサ・フランクリンの一番の功績は、
黒人だけでなく、白人にも愛される、ソウルミュージックを、
ガチで歌った最初の女性スターであるということです。
サム・クックとオーティス・レディオング、そしてアレサ・フランクリン。
この3人が、束になって1960年代の初頭の、アメリカショウビズの世界に
ソウルミュージックの「歌力」のすばらしさを伝えました。

こ綺麗にまとまった、いいこちゃん的な、
万人向けのポップミュージックの枠に収まらない
魂の叫び!

この「歌力」と、ソウルフルなグルーブは、
エルヴィス・プレスリーや、ビートルズといった
ロックンロールのアーティストにも強い影響を与えました。

そして、他のソウルシンガーとの違うところは、
完璧なまでのゴスペルマナー。
幼いころから、教会でうたうことによって培われた
「歌」=「人生」という
そして才能だけでなく、鍛錬によって積み上げた、
シャウト、ビブラート、タメなどの完璧なR&Bのテクニック。
アレサの歌には、今の時代に受け継がれるR&Bボーカルの
基本マナー全てがつまっています。

多くのR&Bシンガーが、アレサの歌をお手本にしています。
影響を受けていない人はいないといっても過言ではありません。

今や、アレサ・フランクリンの歌そのものが、
R&Bボーカルの教科書なのです。

2014年に出たカバーアルバムは
どんな曲も、アレサが歌うと、
アレサの曲になってしうまうことを証明しました!
さあ、今日はアレサ・フランクリンの歌に
魂を揺さぶられてみてはいかがですか?

アレサ・フランクリン

------------------------

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」、
明日は、恒例企画、クイズ・カメオネアです!
お楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:42 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月24日

Guest : mito(クラムボン)

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第582回目のテーマは…

Guest : mito(クラムボン)

====================

今日は、この方をゲストにお迎えしています…
クラムボンのミトさんです!

ミト:
どうもです、ミトでございますー。

亀田:
ちょっとちょっと、久しぶりじゃないの?(笑)

ミト:
もうなんか…ワクワクします(笑)

亀田:
僕とミトくんは、2000年に一緒にアルバムを作ろうって話をして、
「サラウンド」っていう曲を一緒に作って、
一年がかりでアルバム『ドラマチック』を作ったんだよね。
あの時はすごく楽しかったよ!

ミト:
あの頃がなかったら、私たちはのたれていたと思います(笑)

亀田:
本当に良い時に出会って、ライヴまで一緒にやって駆け抜けたって感じがして、
あの頃は僕にとってっも貴重な経験になった!

ミト:
いつも言って頂いているのを何年か毎に拝見して、
胸いっぱいになるんですよ。

亀田:
そんなクラムボンは明日、ニューアルバム「trilogy」をリリース!
おめでとうございます!…5年ぶり?

ミト:
かといって、毎年何かを出しているはずなんです。
けど、オリジナル・アルバムを出すのに気付いたっら5年経っちゃったんですよね。

亀田:
クラムボンって音楽家の集合体じゃん?
それぞれが仕事したり、クラムボン自体が進化しているっていうか、
そういう課程を経ていたっていうこと?

ミト:
個人個人の仕事が増えてきたのは事実だったりして、
それこそ、デビュー前から亀田さんには言ったかもしれないですけど、
「作曲をやりたいしプロデュースもやってみたい」と…

亀田:
ずっと言ってた!
「もう出来てるじゃん!」って言ってたのに。

ミト:
いやあ、でも、その時はまだ畑を耕している段階で、
クワの持ち方もおぼつかないみたいな。
亀田さんとお仕事した後ですよ。
亀田さんの仕事見て「こうしなきゃ、ああしなきゃ」って徐々に芽生えて、
今2010年入ってから、そういうことがちゃんとあって。
もちろん、(原田)郁子や(伊藤)大助は別々に
クリエイティブな活躍をしていて、
大助なんて専門学校の先生ですからね。
郁子さんに至っては吉祥寺でカフェやってるんですから。
だから、究極の二毛作化が進んでいて。

亀田:
(笑)
でもわかる!
その二毛作をやっているからこそ、クラムボンの中では
「やりたいことができる」っていうか、そういう感じがするよ。

ミト:
事務所を立ち上げたのもスタジオを立ち上げたのも
結果的には活動をしやすくしたいためにやっているだけであって。
でも、それが出来るかもって思わせてくれたのは
やっぱり亀田さんと一緒にレコーディングした時の自由な感じというか。
スタジオで亀田さんと一緒にいて、僕らが思ったことを
「一回やってみようよ」ってトライできるあの環境が普通なんだって気付くまでに
すごく時間がかかったなと思って。
でもそれがあって、色んな可能性が引き継がれて
今ここに居るんだな…ってことを言いたかったんです!今日は!

亀田:
今日は良い会になってきたね(笑)
二毛作って言ってたけど、それぞれの個性をまとめているのは
ミトくんの楽曲やプロデュースワークだと思うけど…
大変?ていうか、どんな感じ?

ミト:
どうでしょうね…
バンド全部を俯瞰的に見れているとは思わない、
変な話、みんな家族だから好き嫌いじゃなくて、
しょうがなくなってきて、けどその「しょうがなく」が
すごく大きな固まりになって
どこにも代えがたいチカラになるじゃないですか。
お互い厳しかったりするし、わがままもいっぱい言ってると思ってるんですよ。
ただ、もう家族なので諦めているというか。
でもそれが大きな"何か"になっているのかなっていうくらい。
そういうのをパッケージすること…
そんなに多くの人数じゃないですから、
情報量無い中で詰め込むことっていうとそういう大きなチカラや音楽。
音楽だけは裏切られたことがないと思っている3人だから、
そこだけを頑張って詰め込んで
今ずっと、もんどり打ってる感じなのかもしれないです。

亀田:
明日出るアルバム『trilogy』から、
僕がキュンキュン来まくっている曲を聴いても良いですか?

M. Rough & Laugh / クラムボン

20150324_clammbon.jpg

亀田:
もうね、3人それぞれが歌ってるね!
これがクラムボンなんだよ!たまらないよ!

ミト:
そう言って頂けると嬉しいです。

亀田:
ミトくんと喋っていると、ジャンルを超えて音楽を捉えている。
けど絶対にポップな物を作りたいっていう気持ちに満ち溢れてるよね。

ミト:
実はそこからは離れたことは無いと思っていて。
どんなにノイジーな曲でもクラシカルでも、
人にインパクトが強ければ絶対にポップ・ミュージックになり得ると思ってるんです。
それを寄せ集めて、なおかつ、みんなが笑顔になる、
「音楽って楽しいじゃん」と思えるようになれれば何でも良いと思っていて。

亀田:
本当に続けてね?
そしてまたみんなで集まって…

ミト:
また何かやりたいです。呼んでください(笑)

亀田:
本当に!?もう15年経ったからね!
あれから僕ら、それぞれ自分たちの音楽を作って、
良い関係だよね?

ミト:
亀田さんの音楽は本当にリスペクトです。
いつでも亀田さんが近くに居てくれるのが有難いです。

亀田:
じゃあ、近いうちに何かやろう!
ということで、今日はクラムボンからミトさんをお迎えしました!

ミト:
ありがとうございました!

20150324_mito.jpg

クラムボン

---------------------------

「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
明日は、ソウル・ディーバ、
アレサ・フランクリンの魅力についてお話します。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 22:07 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月23日

お天気とJ-POPの素敵な関係

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第581回目のテーマは…

お天気とJ-POPの素敵な関係

====================

今日、3月23日は「世界気象デー」。
世界の気象を監視するだけでなく
地球温暖化や、環境問題についても研究する
「世界気象機関(WMO)」の発足を祝う記念日です。

ところで、この「気象」…
つまり「お天気」をテーマにした「歌」って
たくさんありますよね。
そう。
お天気は、楽曲のテーマとして、
春夏秋冬のような「季節」と並ぶ便利な小道具になるんです。

ほら、たとえば、J-WAVEを聞いていても
雨の日は、なんとなく雨を思い浮かべるような曲や
雨の風景が歌われている曲がかかったり…
その反対に、晴れて、気温がグングン上がってきたら、
「強い日差し」を歌った曲が流れてきたり…
そんなことってあるでしょ?
ある、ある!
これ、ディレクターさんが選曲する上での
大切なテクニックなんですって!

そして、お天気のシーンは
J-POPの中でもたくさん歌われています。

例えば…

-----------------------

(♪ばらの花 / くるり)

♪雨降りの朝で 今日も会えないや なんとなく
でも少しほっとして 飲み干したジンジャーエール 気が抜けて

こんな歌い出しで始まる くるりの「ばらの花」
どんな風景が浮かんでくる? 主人公のどんな気持ちが伝わってくる?

-----------------------

(♪桜雨 / JUJU)

♪桜を濡らす やさしい雨が
私の頬を伝わってゆく
どうかこのまま降りやまないで
涙がかわくまでは もう少し この雨に打たれていたくて

こちらはJUJUさんの「桜雨」
冷たい雨と涙がまじりあっている、
とてもせつない心の動きが伝わってきますね。

-----------------------

(♪悲しいほどお天気 / 松任谷由実)

お天気ソングの女王!?
といえば、やっぱりユーミン!
雨の曲がタイトルに入った曲だけでも
「雨の街を」「12月の雨」
「雨のステイション」「天気雨」「冷たい雨」
「雨に消えたジョガー」「霧雨で見えない」
など、いっぱいあります!

雨以外にもいろんな「お天気」を歌っているユーミン、
いま流れているのは、「悲しいほどお天気」という曲。
美大に通っているころの思い出を書いたものだそうですが、
複雑な心の中をワンフレーズで表した
「悲しいほどお天気」という歌詞とタイトル!
ユーミンおそるべし!

-----------------------

(♪明日天気になれ / ハナレグミ)

ここでは雨の曲だけ並べてみましたが、
さらに冷たい雨もあれば、暖かい雨もあるし、
土砂降りもある。
もちろん、晴れの曲、曇りの曲、雪の曲…
それから、このハナレグミの曲みたいに
「明日天気になれ」と歌う曲もありますよ。

お天気のシーンって
ホントに歌の場面を演出する、便利な小道具ってことがわかりますね。

さぁ、ここでお送りするのは…

M. 晴れたらいいね / DREAMS COME TRUE

20150323_fmkameda.jpg

たとえば、僕はツイッターをやっていますが、
お天気にまつわるツイートって、たくさんリプライをもらいます。
たとえば、僕が、
「おはようございます。東京は青空」って飛ばすだけで、
「鹿児島も晴れてきました!」とか「名古屋は雪です!」
なんて、リプライがかえってくる。
これってね

日本中が、世界中が、「空」で繋がっていることの証明なんです。

お天気ワードが、聴く人を
「自分は一人じゃないんだ」「誰かとつながっているんだ」
という気持ちにさせてくれるんですね。

そして、お天気は、
毎日の生活の中で、感情の共通言語にもなります。
晴れた青空は、清々しくてポジティブ、
雨の日は、うっとうしくてネガティブ、
曇りは空は、なんとなくどんより、
このように、まっすぐに人々の気持ちにシンクロするのが「お天気」。

特に「雨」ってだいたい世界共通。
最強の感情表現お天気ワード!
「RAIN」のひとことで、おじいちゃん、おばあちゃんから
若者たちまでが、きっと同じイメージを共有できるはず。

それから、お天気には、「変わっていく」ありがたみがあります。

たとえば、「止まない雨なんてない…」って歌詞があったとしますよ。
これは、「止まない雨」という、
絶望的なネガティブなワードが、お天気の変化にシンクロして
希望を与えるポジティブな表現になっています。

変わりゆくお天気が、聴く人の気持ちの変化に、
そっとよりそってくれるんですね。

このように、天気がきっかけになるだけで
その歌は、聴く人にフレンドリーになる。

あ、これは、自分のこと、
自分にも起こることを歌っている歌だと
すっと、感情移入できるんですね。

みなさんの、大好きな曲の中にも
きっとお天気ワードが入っているはず。
そんな、お天気ワードをかみしめて、
曲にひたってみるのもいいですね!

-----------------------

「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
明日は、クラムボンのベーシスト、MITOさんとの音楽談義!
どうぞお楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 19:00 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月19日

The Road To THE BASS DAY〜「ベースの日」への道〜

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第580回目のテーマは…

The Road To THE BASS DAY〜「ベースの日」への道〜

====================

今日は3月19日。
語呂合わせでミュージック!
「音楽の日」でもあります。

誰もが自由な発想で音を奏でる。
それによって生まれる「音楽」にはいろんな種類があります。
僕らが、一番接する機会が多いのは、ポップミュージックですが、
クラシックもあれば、ジャズもある、パソコン一台で作るEDMだってあるし、
世界をみわたせば、そこら中に音楽があふれています。
中には、見たことも聞いたこともない、
僕らの知らない楽器だってあるかも知れません。
いやいや楽器を使わない音楽だってあります!

そんな中、僕亀田誠治の愛用する楽器と言えば…もちろん「ベース」。
そういえば、このFM KAMEDAでも、
事あるごとに「ベース」という楽器の素晴らしさをお話してきました。
たとえば…
僕自身、2012年、2014年には「亀田杯 ベース選手権」を開催。
ベースという楽器の魅力に焦点を当て、
音楽の楽しさと出会いが広がる場を作ってきましたよ。

ちなみに!去年の亀田杯グランプリ、山本修也くん13歳は、
僕プロデュースのDo As Infinityのレコーディングに参加!
プロのレコーディングに中一の男の子がベーシストとして参加する!
これだけでもワクワクしますよね。

( ♪夢の終わりに / Do As Infinity 山本修也くんのソロ )

すごいでしょ!修也くん。
未来を背負って立つミュージシャンに、
プロのレコーディング現場という、
「その先にある未来」を体験してもらおうという思いから
生まれた企画です。

-------------------------------

さらに、この番組「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」では昨年
J-WAVEの音楽クラウドファンディング「J-CROWD MUSIC」で
「11月11日をベースの日」に制定することができました。
1111を4本の弦に見立ててベースの日!ですよ!

これはリスナーの皆さんのご協力あってのこと!
ご支援ありがとうございました!

というわけで、昨年無事に記念日として制定された「ベースの日」。
今年は、さらに皆さんを巻き込んだ形で
「ベースという楽器の素晴らしさ」を
みんなでシェアする場にしたいと思います。

そして、そこに向けて今月から毎月一度、
『The Road To THE BASS DAY〜「ベースの日」への道』と題して…

「2015年11月11日 ベースの日」に向けて、

(1)面白いアイディアを膨らませたり
(2)ゲストを呼んでトークしたり、
(3)イベントへの出演をお願いしたり

そんな月イチ企画をお送りしていきます!
みなさんも、こんなゲスト呼んでほしい!
とか、なんでもリクエストしてくださいね!

第1回目の今回は…
あらためて「ベースについてどう思っていますか?」
という街頭インタビューを
スタッフが録ってきてくれたので、そちらに耳を傾けて
今後の傾向と対策を練っていきたいと思います。
ドキドキ!

その前に、ここで聴いてもらうのは…
僕がリスペクトするベーシストの一人、ネーザン・イースト。
去年の秋、この番組でインタビューした時に、
「ベースの日」のアイディアに賛同してくれました!

そんな彼のプレイを聴くことができるこの曲を!

M. Easy Lover(Duet With Phil Collins) / Philip Bailey

20150319_fmkameda.jpg

「FM KAMEDA」
今日は、『The Road To THE BASS DAY〜「ベースの日」への道』
と題してお送りしています。

それでは、ここで…
スタッフが街で聞いてきた街の声、お届けしましょう。
『ベースっていう楽器知っいてますか? ベースのイメージってどう?』
そんなことを聞いてみました。

-------------------------------

「ベースのイメージ…バンドの心臓じゃないですか?自分もバンドやってたんですけど、ベースが居なかった時にスタジオ入った時があって、やっぱり音がしっかりしないんで、居ないといけない存在じゃないかなと思ってます。」

「バンドでどういう役割を果たしているのかわからないんですけど、でも"低音なのかな?"っていうイメージはあります。ベースとギターの差がよくわからないです。」

「ベース…渋い感じ。裏方の美学的なイメージが格好良いです。」

「ベースは格好良いと思いますよ。ベースやってるんで(笑)。最初はギターやってたんですけど、ベースが居ないからベースをやり始めたみたいな。でもハマっちゃいましたね。音をつけるのが面白くて。」

「私は結構ベース好きですね。格好良いイメージ。無いと寂しいですよね。あと家の飼っている犬がベーシストの名前です。『ジャコ・パストリアス』という(笑)結構好きで、ジャコパスが。聴いているので。」

「あ、好きですよ!好きだけど地味(笑)集中しないとたまに聴こえなかったりするし(笑)。」

「ベースは…ベースの人だけバンドでやたらノリノリだなってイメージがあって。地味だからだと思います!地味だからこそ「俺が皆のリーダーやってくぜ」みたいな。"乗ってこい俺に!"みたいな感じがあると思います。」

「地味。わからないんですね…どれがベースだっていうのがあんまり。」

「土台。低音なんで。普通に聴いていると聴こえてこないです。」

「違いが全然知らないんですけど…ベースってどんなのだっけ?(だからわかんないよ!)(笑)」

-------------------------------

〜ベースという楽器、存在をもっと知ってもらうために
『The Road To THE BASS DAY〜「ベースの日」への道』
毎月1度お送りしていきます!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:24 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月18日

HAPPY BIRTHDAY 菅野よう子さん!

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第579回目のテーマは…

HAPPY BIRTHDAY 菅野よう子さん!

====================

今日、3月18日は、音楽家、菅野よう子さんの誕生日
おめでとうございます。

菅野よう子さん。みなさんご存知ですか?
日本を代表する作曲家、編曲家、音楽プロデューサーですよ。
これまでに手がけた、楽曲は1000曲以上手がけていると言われています!

音楽業界内では、その才能とシュアな仕事っぷりで、誰もが知る存在の
頼れる姉さん、菅野よう子さん!
活動の場が、CM、アニメ、ゲーム、ドラマ、映画音楽を主としていて、
それが、「知るヒトぞ知る…」と言う事になっているのかもしれないですね。

では、そんな菅野さんの、今までの功績を紹介してゆきましょう!

----------------------

彼女は、幼少時から音楽教室に通い、
作曲コンクールに出場するたびに賞を獲得!
幼くして、すでにその才能の片鱗を見せていたようです。

その後、早稲田大学入学後、1986年に、
ロックバンド「てつ100%」のキーボード担当としてデビュー。
バンドの半分以上の曲の作曲に携わりました。
さらに同時期にはおニャン子クラブの
バックバンドに参加していたそうですよ。

実は、ちょうどこの頃、
僕は菅野さんと一緒にバンドをやっているんです!
同世代の同級生。大学の学部も同じ。
一緒にスタジオ入ってバンド練したり、
ライブやったり、一緒に朝まで音楽談義したな〜

さて、その頃から菅野さんは、並行して、
シュミレーションゲームの傑作と言われる、
「信長の野望シリーズ」や、「大航海時代シリーズ」の
ゲーム音楽に携わっていました。

ここから作編曲家として認知され、
広告業界で多数のCMソングを作曲。
1998年には、サントリー「ビタミンウォーター」で
CM音楽賞の最高峰ともいえる
「三木鶏郎広告音楽賞」を受賞しました。

"何飲もうっかな?ビタミンウォーター♪"で、
出演は、菅野美穂さん。
(菅野つながり!覚えている方多いのでは…)
歌はクリスタル・ケイちゃん!

----------------------

さて、様々なジャンルで活躍する、音楽家、
菅野さんの重要な仕事に一つに、
アニメのサントラがあります。
1994年にアニメ「マクロスプラス」のサウンドトラックを担当。
このサントラは、アニメサントラの音楽性を高め、
アニメサントラの音楽をクオリティと流れを
変えたともいわれています。

この作品を手がけた事で、
数多くのフォローワー生まれました。

・ラスマス・フェイバー
・パット・メセニー
・俳優の小栗旬さん

多くのミュージシャンやアーティストが、
アニメやゲームの音楽を通じて、
菅野よう子さんのファンになり、
彼女に仕事を依頼するようになります。


そして、最近では、NHK朝の連続テレビ小説
「ごちそうさん」のサントラを手がけたり
SMAP、今井美樹、坂本真綾、小泉今日子、
Crystal Kay、T.M Revolution、湯川潮音、
元ちとせなど、数多くのアーティストのプロデュースもしています!

では、菅野さんの魅力を紹介する前に、1曲おとどけしましょう!
(選曲理由を)彼女プロデュースの作品です。

M. YET / クラムボン

20150318_fmkameda.jpg

実は、僕、亀田誠治は、作品上で
菅野よう子さんとたくさん共演しているんです。
たとえば、映画「ハチクロ」で使われたスピッツの「魔法のコトバ」
この曲は僕のプロデュースなんですが、
映画の中で使われる音楽(劇伴)を、菅野さんが担当しています。
つまり、「魔法のコトバ」も菅野よう子アレンジできけるわけ!

その音楽はいつも素晴らしく、仕事はいつもパーフェクト!
原曲の良さを100倍にも生かした、素敵なアレンジになっているんです。

菅野さんは、
CMでも、映画音楽でも、ゲーム音楽でも、すべての仕事に対して、

相手が何を求めているのかを理解して、
それを的確に「音」に変換する能力、
つまり「音楽の読解力」がずば抜けているんです。

つまり、楽曲の一番美味しいところを見つけ出し、
素敵な盛り付けをしてくれるプロデューサーなんです。

CMやTV、映画の劇伴、どれをとっても
クライアントからの、注文の多い仕事です。
菅野さんの、最大の強みは、
このタフなというフィールドで鍛えられた
確かな経験と腕。これに尽きます。

たとえば、CMは15秒の中で、
音楽のドラマをつくり出さなければなりません。
しかも、主役は商品です。
映画もそう。120分の中に、
たくさんの音楽をちらばめなければなりません。
しかし主役は映画です。

こうやって、つねに、様々な主役に向き合って、
主役が引き立つベストな状態を、音楽でサポートする。
こんな芸当ができる菅野さんを、心からリスペクトしています!

----------------------

そんな、菅野さんは、とてもおちゃめで、ポワっとしていて
でも、頭の回転がよくて、スタジオですれちがうたび、
「また、亀ちゃんの曲、オケにアレンジしておいたよ〜ん」
なんて、教えてくれます。

こうやって、菅野さんが関わっているだけで、
我々は安心できるわけです。
これって、一流プロデューサーの証ですよね。

菅野よう子さん。お誕生日おめでとうございます!
これからも日本の音楽を土台でささえる、
素晴らしい活躍をしてくれると思います!

同級生の僕も、頑張る〜〜!!!

------------------------

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」、
明日は、Road to The Bass Day〜ベースの日への道!
お楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:19 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月17日

"お笑い"から見えた!J-POPの魅力!(Guest : 馬と魚)

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第578回目のテーマは…

"お笑い"から見えた!J-POPの魅力!(Guest : 馬と魚)

====================

今日の「FM KAMEDA」では、
「お笑い」を通してJ-POPの魅力を探ると、そこには
いったい何が見えるのか!?
そんなテーマでお届けします!
そこで!スタジオにお迎えしたのはこの方です!

馬と魚:
どうもー!ピン芸人の馬と魚です!
よろしくお願いしま〜す!

亀田:
馬と魚さん、桃太郎の持ちネタがあるとか…?

馬と魚:
そうなんです。
「このアーティストが"桃太郎"をテーマに曲を作ったら
こんなメロディーになるんじゃないか」と勝手に想像して、
曲を作ることが出来るんです。
例えば、シンガー・ソングライターのaikoさんが
桃太郎をテーマに曲を作ったらこんな曲になるんじゃないかというのを
想像して作ってきました。
たぶん、aikoさんは鬼退治に一緒に行きたいのに
桃太郎に置いて行かれてしまうという切ない曲になると思います。

(♪aikoさんが桃太郎をテーマに曲を作ったら)

馬と魚:
こんな感じございます!

亀田:
すごい!aikoよりaikoっぽい!!
他にも色んな方のネタが有るとか!?
もう一個二個聞いても良いですか?

馬と魚:
良いですか?
コブクロさんがもしも桃太郎をテーマに曲を作ったら
たぶんこんな曲になると思います。

(♪コブクロさんが桃太郎をテーマに曲を作ったら)

亀田:
(笑)
すごい!!入る瞬間の小渕くんの溜め!!
もう一人もう一人!!

馬と魚:
良いですか?
じゃあASIAN KUNG-FU GENERATIONさんが
桃太郎をテーマに曲を作ったら
たぶんこんな曲になります。
聞いてください、アジカンで「桃太郎」

(♪アジカンが桃太郎をテーマに曲を作ったら)

亀田:
(笑)
すごい!!!
馬と魚さんのネタって、歌のモノマネじゃないですよね?
その曲のコード感だったり、アーティストの癖だったり
ビブラートとか…どうやって研究しているんですか?

馬と魚:
それぞれ全部違うんですよね。
aikoさんはコードのモノマネだったり、
でもコブクロさんは声真似。

亀田:
でも、アジカンはそうだったけど、
ギターがオープンコードに行くじゃん?
そのエモ感!すごいと思って!!

馬と魚:
ありがとうございます!!
まさか亀田誠治さんにそんなこと言われるなんて…!

亀田:
ディテールまで細かく音楽を聞いている!
やっぱり、そのアーティストさんが好きなの?

馬と魚:
好きじゃないと出来ないですね。
その人になりたいとか、そういう感覚があるのかもしれないです。

亀田:
馬と魚さん、aikoさんになりたい?(笑)

馬と魚:
なりたいです!
しかもこれ、aikoさんから公認を頂いていまして。
aikoさんが出られた番組にゲストで呼んでいただいて、
その後ライヴにも呼んで頂いたんですよ。
その時、僕は観覧だったんですけど。
そしたら、
「馬と魚くんって人が、こういう曲を歌ってるんだよ」って言って、
さっき僕が弾いた曲を実際にaikoさんが歌ってくれたんです!
その時は号泣しました。

亀田:
号泣!!
aikoちゃんにも認定されたわけじゃないですか。
…僕からも認定されたくない?

馬と魚:
されたいですぅ!

亀田:
(笑)
亀田誠治に向けた妄想ソングをここで披露して頂けると
もしかしたらハンコが押されて亀田認定!

馬と魚:
えー!!
今度から言っていいんですか?
僕、特技がありまして。
さっきの"妄想作曲"以外にも、
"勝手に思い出を想像して泣ける歌にする"っていうのがあるんです。
「もしかして僕が亀田誠治と物凄く仲が良かったら
こんなエピソードがあるんじゃないかな」というのを
パッと想像して即興で歌に出来ます。

亀田:
ちょっと…聴かせて頂いても良いですか?

馬と魚:
OKです!
では聴いてください。
タイトルは、今日初対面なんですけど…

M. 亀田さん ありがとう (STUDIO LIVE) / 馬と魚

20150317_fmkameda_02.jpg

亀田:
(笑)
すごい!

馬と魚:
もしかして…

亀田:
公認です!

馬と魚:
やったー!!

亀田:
まず、収録が始まる前に「馬と魚さん、なんて呼ばれてるの?」なんて会話して。
「馬ちゃんとか、魚ちゃんです」って、
「そうなんだ、でもラジオで僕がいうと馴れ馴れしいよね?」
なんて言ったのがもうネタになってる!
あと、僕の小学校時代に過ごした大阪のことも全部入っていて…

馬と魚:
これは僕の妄想、理想です。

亀田:
ちなみに、どれくらいの芸歴というか、音楽経験なんですか?

馬と魚:
芸歴は3年目です。
音楽経験は、中学3年生くらいからやっているので、
10年くらいですかね。

亀田:
その時はバンド?

馬と魚:
コピーバンドを。
ナンバーガールとか、すごい好きで。
「ハッ!ダッ!ハッウーゥ!」って(笑)

亀田:
やるやる(笑)
なんでも出てくるね!!
そういうことをやって、これをお笑いのネタに取り入れようと?

馬と魚:
そうですね、けど行き着くのが遅かったんですけど。
横山ホットブラザーズ師匠に憧れたというのもあるんですが、
大衆的なお笑いを作れれば良いなと思って、
ドンドンマニアックな方に寄って行ってしまったんですけど。

亀田:
こうやってトピックにするJ-POPがあるじゃないですか。
J-POP全体としたら、どういう所に魅力があると思います?

馬と魚:
J-POPの魅力は…やっぱり…
感動させることが出来る…。涙、ですかね…。

亀田:
すごいですね、今の「感動」までの間と「涙」までの間(笑)
なるほど!

馬と魚:
それは芸人には出来ないことなので。

亀田:
そんなことはないと思いますけど、
芸人さんが僕らに与えてくれる生きるヒントやエネルギーは、
いっぱいくれていると思うんです。
すごく頂いています。
自分も、「一発で聴いて泣ける歌を作りたい」といつも考えてるので、
僕も励みになりました!
馬と魚さんは大阪をベースに活動していますが、
今後の活動の予定があれば教えてください!

馬と魚:
3月20日に【マキタスポーツEXPO2015】というのが渋谷でありまして、
沢山のアーティストが出られる中でネタをさせていただけるので、
ぜひとも、お越しください。

亀田:
今日はゲストにお笑い芸人の「馬と魚さん」をお迎えしました。
どうも、ありがとうございました!

馬と魚:
ありがとうございました!!

20150317_fmkameda_01.jpg

-----------------------------

「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
明日は、音楽家、菅野よう子さんの世界に迫ります!お楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 15:47 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月16日

速すぎる音楽!

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第577回目のテーマは…

速すぎる音楽!

====================

(♪17TH CENTURY CHICKEN PICKIN'/INPELLITERI)

は、はやい!何という速さ!
へヴィメタルバンド「インぺリテリ」のギタリスト、クリス・インぺリテリ!
この超絶のテク!どうだっ!

いや〜、早弾きって!なんでこんなにテンションがあがるんだろう?
聞いてるみんなも無条件でテンション上がりますよね!?

特にギター少年は、一度はこの速弾きに憧れる時代があるもの!
(僕は挫折した組ですw)
今日のFM KAMEDAでは、「速い音楽」を集めてみました!
疾風怒涛!
「とんでもなく速い演奏をあつめたので」
みんなしっかりついて来てね!
まずはギネス記録を持つギタリストだっ!

----------------------

(♪The Flight of the Bumblebee/Tiago Della Vega)

(笑)!なんだこれは!
もはや音がギュルギュルの世界(笑)!
これはブラジルのギタリスト、チアゴ・デラ・ヴェガ!
名実共に世界最速の速弾野郎!
その速さはBPM320!(1秒間に5.3音を鳴らしている状態)
しかも彼は自らの持つ「ギター速弾き」のギネス記録を
自ら更新しているというツワモノ(笑)

速さの格言
「敵は自分の中にある!」

----------------------

続いてはベース界から!
しかも、今、大注目される日本の若手ベース"速弾きスト"だ!

(♪prestissimo/IKUO)

おおー!これもすごいぞ!

日本のベーシスト、IKUOさん!
J-POP、ロック、フュージョン、アニメまで
幅広いジャンルで引っ張りだこベーシスト!
このベースソロはIKUOさんのソロアルバム
「RED ZONE」に収録されている1曲なんですが、
いったいどうなってんの?というサウンド!
しかもテクニックだけでなく、ファンク的な味わいもたっぷり!
すごすぎる〜〜〜

----------------------

さぁ、続いては、「速いドラム」だっ!

(♪Arrogance and the Loss of Human Dignity / Slaughterbox)

(笑)!確かに速いドラムだっ!
でも、口で言えるよ!
「ドロロロロロロロ!」
どんなに早くても、口で言えるのが、ドラムの楽しいところ!

カリフォルニアのメタルバンド、スローターボックス!
メンバーは2人のギターとドラムの3人のベースレスバンド。
(こんだけドラムが暴れればベースいらんわな)
しかも、この超絶早弾きドラマーがボーカルを兼ねているそう!
ひょえ〜、どんだけ忙しいミュージックライフだっつうの!
ドラムは足と手を同時に動かすから、
速さを追及するにはやわらかな筋肉と体力も必要になりそう。

----------------------

ちなみに!世界記録という意味での世界最速ドラマーは、
カナダ人のドラマー、トム・グロセットさんという人物!
1分間にドラムを1208連打!(1秒間におよそ20連打!)
(もはや町工場にある機械が動いているような音!)

いやー、「速い」って何だかすごい世界なんですね。
人間の限界を自ら超えていく!
そこに、もはやひとつの美学がある!

はい…
何だかこういうBGMがいつもより落ち着いて、まったり聴こえますね(笑)

さて、ここまでギター、ベース、ドラムのパートを「速い!」という
視点から見てきましたが、その「速さ」に何故人は魅せられるのか?
1曲お送りした後考えてみましょう!

M. TEEN TOWN / WEATHER REPORT

20150316_fmkameda.jpg

亀少年が高校時代に夢中になってコピーした
ジャコ・パストリアスの早弾き!
昔はこのプレイも早弾きっていわれていたんですよ。
スポーツと同じく
ミュージシャンのフィジカルも
時代とともに進化していくんですね。
さて、今日は「速すぎる音楽」というテーマでお届けしていますが、
人は、なぜ「早弾き」に魅せられるのでしょうか?

速い技術があることで伝わる世界がある。

人間だれしも
興奮すると心臓の鼓動が早くなります。
そして早口になりますよね。
そうなんです!

「速さ」は、ずばり「気持ちの高まり」なんです。

速いプレイは、アーティストの気持ちの高まりを
ストレートに表現してくれます。
そして、それを聞くリスナーも気持ちがワクワク高まります。

そして、音楽的な高まりも見逃せません。
速弾きパートは、たとえばギターソロなら、必ず一番盛り上がるところにきます。
とことん速弾きをかまして、「どや顔」を決める。
ミュージシャンにとって、日々の鍛錬と音楽人生の花が咲く瞬間ですね。

ましてや、リスナーのみなさんが
「このプレイどうやっているんだろう?」という
「速弾き」を実際目にした時の「感動」といったら!!!
だって、音楽で「未知との遭遇」ができるのです。
「こんな音楽今まできいたことがない!こんなプレイ今まで見たこともない!」
「速弾き」は、そんな、新しい音楽体験に直結しているのです。

----------------------

一方、ハードロックバンドやへヴィメタルなど見られる、
華やかな速弾きは、少年たちの心を鷲掴みにする効果があります。

「スピード狂」っていますよね。
速いクルマに憧れたり、
ジェットコースターのような乗り物に快感を覚えるような…
スピードは、一歩間違えば危険をともなうもの。
でも、

この「危険なスピード」を音楽で表現すれば、
「スリリング」ということばに変換されます。

誰も傷つけずに、安全に、スリル満点な時間を味わえる。
それが、楽器の速弾きです。
しかも、アーティストは、

「速弾き」によってアマチュアの方が
到底できない世界に連れていってくれる。
夢を叶えてくれるのです。

----------------------

●ミュージシャンの個性を形作るひとつの要素になる?

とはいえ、速弾きは
ある程度まで練習をくりかえしていくと、その人の限界が見えてきます。
僕も、ベーシストとして、速弾きをめざすのを「とっくの昔」にあきらめましたw。
それでも、ゆったりしたフレーズの中に、駆け抜けるフレーズを入れてみたり、
緩急をつける工夫をしています。

この「緩急」、つまり「緊張と緩和」が、音楽ではとても大切です。
なぜなら、僕らの毎日がこの「緊張と緩和」の繰り返しだからです。

ですから、速弾きだけのプレイをずっとみせつけられても、
聴く人の心はつかめません。
「速弾き」を得意とする、素晴らしいアーティストは、
ゆったりとしたフレーズ、速いフレーズ、美しい旋律、
それらをくまなく使って、音楽を表現していますよ。

さあ、いろんなこと言ってきましたが、
やっぱり、「速弾き」って無条件にかっこいい!
もしかしたら、「速弾き」って、人類の楽器への挑戦なのかも?(限界への挑戦)
アーティストの細胞の隅々にある、飽くなき楽器上達願望の
DNAにすりこまれているのかも!

----------------------

「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
明日は、"お笑いから見えてくるJ-POP"と題して、
よしもとの芸人、「馬と魚」をお迎えします。お楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 16:38 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月12日

カメダトラベル〜北陸新幹線 編〜

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第576回目のテーマは…

カメダトラベル〜北陸新幹線 編〜

====================

カメダトラベル、KTB(K-カメダ、TB―トラベル)へようこそ!
いよいよ明後日14日、北陸新幹線 東京−富山・金沢間が開業となります。

北陸地方がますます賑わいを増すでしょうね。
皆さんは北陸新幹線でどこへ遊びにいきたいですか?
温泉やグルメも良いけど、 FM KAMEDAでは
「音楽」もしっかり押さえておきましょう。
本日のカメダトラベルは北陸新幹線の経路をなぞりながら
北陸出身のアーティストをピックアップしてゆきますよ〜。

では、準備はよろしいですか??

出発進行〜!

---------------------

「新潟」

「東京」を出発し、長野を抜け、新潟県に入ります。
まさに日本の米所。
温泉スポット、スキー場で賑わい、
日本最大のロックフェス「FUJIROCK」が行われる新潟。
ある意味、日本の音楽の聖地ですよ!

北陸新幹線の新潟県内の停車駅は
「上越妙高駅」と「糸魚川」。

さて、「新潟」出身のアーティストといえば…

・関口和之(サザンオールスターズのベース)阿賀野市
・難波章浩(Hi-STANDARD:なんちゃん!)新潟市
・スネオヘアー:長岡市
・Hilcrhyme:新潟市
・小林幸子:新潟市
・三波春夫:長岡市

など。
バラエティあふれるアーティストを生んでいます。

北陸新幹線が通るのは新潟の西南の部分。
ちょうど山と海が交わる、自然豊かな、風光明媚なポイントです。
妙高高原のスキー場は学生時代よく行ったなあ。
新しいところでは、「糸魚川」に寄ったら、
新B級グルメ「ブラック焼きそば」もぜひご笑味あれ!
ブラック麺のブラックは新鮮なイカ墨のブラックですからね!

---------------------

「富山

さあ、続いては「富山」です。
世界遺産の五箇山合掌集落、絶景の立山連峰。
「ほたるいか」をはじめ、富山湾で取れる海の幸も楽しめます。

停車駅は「黒部字奈月温泉」「富山」「新高岡」

富山県出身のアーティストは…

・千葉はな(羊毛とおはなのはなちゃん)
・中村達也(ドラマー、ブランキー)
・原信夫(ジャズメン。日本のビッグバンドの草分け!)

達也さんのかっこいい暴れ太鼓は、日本海に弾ける荒波のよう!
原信夫さんのダイナミックなアンサンブルも、
この富山の地に育てられたのかも!

亀田車掌から「富山」の思い出やオススメを一言!
さっきから、くいもんづくめですけど、ホタルイカは最高!
それから、ラーメン「富山ブラック」はクセになる!
東京事変のツアーときには、「昼ブラックいく?」、
それとも「夜ブラックいく?」
みたいなノリで食べまくっていました!

---------------------

「石川」

そして、いよいよ終点「金沢〜金沢〜」
「加賀百万石」前田家の城下町として知られる石川県。
日本三名園の「兼六園、「金沢城」、
輪島塗などの伝統工芸も石川だね。

石川県出身のアーティストは…

・浅川マキ:白山市(旧美川町)
・井上あずみ(となりのトトロ主題歌):金沢市
・capsule(中田ヤスタカ・こしじまとしこ) 金沢駅の発車メロディを制作しています。
・加藤慎一(フジファブリック):金沢市

日本のロック黎明期を60年代にきりひらいた浅川さん、
2000年に入り新しいJ-POPの形を見つけた、中田ヤスタカさん、
個性豊かなアーティストを生み出した石川は、さすが加賀百万石!

亀田車掌のオススメスッポットは…

コンサートがよく行われる本多の森ホールのおとなりは「兼六園」!
ここは、ミュージシャンお気に入りの散歩スポット。
コンサート前にお散歩しながら、
茶店ですする甘酒とお饅頭が美味いぞよ♪


M. Feel Again / capsule

20150312_fmkameda.jpg

---------------------

「福井県」

おっとっと!!終点は金沢だけど、
もちろん福井県も忘れていませんよ!
せっかくだから福井にも足を伸ばしてみてはどうですか?
金沢から先、「敦賀」までの開業は2022年度になりますが、
福井もしっかり押さえておかなくちゃ!!

福井県は、なんと!都道府県別「幸福度指数」ランキング一位!
まさに、幸せの故郷=福井!福井の福は幸福の福なのかー!

福井出身のミュージシャンといえば…

・川本真琴:福井市
・SUPER BUTTER DOG(福井バンド!)
・竹内朋康(ギター)マボロシ、鯖江市
・池田貴史(キーボード)レキシ、100s:鯖江市
・沢田周一(ドラム)
・SOIL&"PIMP"SESSIONS 社長(アジテーター!):坂井市
・Salley 上口浩平(ギター)
そして!
・五木ひろし(三方郡美浜町)

福井も、個性あふれるミュージシャンがいっぱい!
さすが、幸福県。ミュージシャンからもやさしさ滲み出ていますね。
さあ、北陸の都道府県出身アーティストをチェックして来ましたが…

北陸新幹線開通により音楽業界にどんな影響が…?

実は、北陸新幹線の開業は、
我々音楽業界に大きな影響を及ぼすのです!!!
北陸は、海の幸、山の幸、とにかく「メシ」がうまいんです。
ライブをやったあとの打ち上げに
最も"美味しいご褒美"をいただけるのが、北陸なんですね。

が、しかし!北陸新幹線ができたら、
東京からの日帰りが可能になっちゃうんです!
ライブあとに新幹線飛び乗り〜〜〜いやだ〜〜〜
おそろしや〜、イベンターの皆様!
どうか「金沢」日帰りだけは勘弁してくだされ〜!!!

さて、そんな事情はおいといて、
今回の旅を通してみえてきた北陸のパワーをまとめましょう!

北陸出身のアーティストは、
深い雪をつきやぶって芽吹いてくる春の草のようです。
芯があって、力強い。
古くは三波春夫さん、浅川マキさん、中田ヤスタカさん、
日本の音楽の重要人物となっていく方が、たくさんいらっしゃいます。
どことなく、日本人のワビサビも
しっかりわかっていらっしゃっているような。

さあ、北陸新幹線開業!
何よりも、新幹線の開業によって、人と人がつながり、
新しい「場」がうまれると思います。
たとえば、今年6月には、金沢で
「ミリオンロックフェス」が開催されます。
こんな風に、新たな音楽の出会いを体験するチャンスが増えるかも?

早く乗りたいな〜北陸新幹線、
プチ鉄ちゃんの亀少年としては、
毎日、時刻表を眺めてニヤニヤしている次第です!

「カメダトラベル〜北陸新幹線編〜」
ご乗車頂き…ありがとうございました〜〜。

---------------------

KTBいかがでしたか?

来週月曜日のFM KAMEDAは…
まだまだ引っ張る「北陸新幹線」!!
新幹線のように「速すぎるる音楽」を特集します!!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:12 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月11日

写真家・石井麻木さんを迎えて(Guest : 石井麻木)

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第575回目のテーマは…

写真家・石井麻木さんを迎えて(Guest : 石井麻木)

====================

3月11日。
東日本大震災から今日で4年が経ちました。
みなさんは、今日という日をどんな想いで迎えていらっしゃいますか?

ここからは、写真家の石井麻木さんをお迎えして、
僕、亀田誠治、そして石井麻木さんが感じることをお話していきます。

石井さんよろしくお願いします。

石井:
よろしくお願いします。

亀田:
石井麻木さんは毎年個展をひらくほか、
詩と写真での連載、CDジャケットや本の表紙、
映画のスチール写真、ミュージシャンのライブ写真、
アーティスト写真などを手掛けるほか
東日本大震災直後から東北に通い続け、現地の状況を写し続けています。

石井さんの見る、東北の現状はどんな感じですか?

石井:
放射能被害、風評被害、復興格差があって…
毎月東北を訪れるんですが、毎月変わる物と4年間変わらないものがあると感じています。

亀田:
「月命日」には毎月必ず東北に行かれているんですよね?

石井:
仮設住宅に住む方々からの、
「毎月11日には1人で過ごしたくない」という声を聞いてから、
少しでも一緒に居られたらと、必ず11日かその前後には行っています。

亀田:
しかもその時は、自分1人の運転で!
これは僕らミュージシャンの間でいつも話題なんですけど。

石井:
毎回通う片道3〜4時間運転していくのがすごく大事な時間で。
それまでの事を考えたり振り返ったり、
様々な想いが巡ったりして…

亀田:
でも、国道●号線から向こうから石井麻木が来て
こっちから細美武士が来て二人すれ違った!とか。

石井:
よくあるんです(笑)
やっぱり通われている方が沢山いて、
通っている方と向かう場所が大体同じだったりするので。

亀田:
『3.11からの手紙/音の声』という写真集を出されていて、
この写真展を去年の11月に渋谷のタワーレコードで開催していて
最終日にどうしても見たくて駆け込んだらクロージングイベントをやっていて。
写真をじっくり見て、添えられているすごく良い言葉に「じーん」としていたら
「亀田さーん」って声がかかって。(笑)

石井:
見つけてしまいました(笑)

亀田:
そこで僕もトークイベントに参加したっていう(笑)
でも、その時に一番印象に残っているのは、
震災直後にカメラで収めることもすごく怖かったっていう…

石井:
すごく怖かったです。
カメラが暴力というか、武器に感じていたので。
震災で何もかも失ってしまった方たちが身一つで避難所に避難してきていて。
そんな姿にいきなりカメラを向けることは暴力以外の
何物でもないと思っていたので。
最初は隠し持って水や食べ物を届けるのが精一杯だったんですけど、
ある時、向こうから「とにかく写して欲しい。この現状を伝えて欲しい」という声が届いてから
「写すべきものもあるんだ」と思って、写せるようになっていきました。

M. Two Shot / The Human Beats

20150311_fmkameda.jpg

亀田:
これから僕たちが東北に向けて、何をしてゆくことが大事なことになっていくんだろう?

石井:
まだ今、9割は復興していないのに、
9割の人は「復興をした」と思ってしまっている現状。
それでも遠く離れた地でも現地を思い続けて
何かしら行動したり想ったり、何かを届けたりしている人もいる。
続けることは一番大変なんですけど、
一番大切なことだと思っていて。
心を寄せ続ける…現地にいけなくてもその場所でできる事って
必ずあるんですよね。
4年経った今だからこそ出来ることもたくさんあって…
関心を持ち続けることが一番大事だと私は思います。

亀田:
「想いはあるけど何も出来ない」と思ってしまっている人も
いっぱい居るかもしれないけど、
やっぱり想いを寄せることが大事…

石井:
どんな形でも良いので、想い、関心を持ち続ける。
それが巡り巡って誰かの支えになったり笑顔になっているのを見てきているので。
大事なことだと思います。

亀田:
石井さんが写真家として今後どんなことをやっていこうと思っています?

石井:
通い続けて見つめ続けたいという想いと、
毎月東北へ行く度に、そこに暮らす方々の暮らしから
色々な物を教えて頂いているんです。
なので、知ることをやめないでいたい。
悲しいこと、喜び、憤り、不安からも目を逸らさないでドンドン知っていきたい。
私が知ったら、写真を通じて少しでも他の人が知って貰えたら。
発信していきたい、続けていきたいです。

亀田:
僕も一緒に…
石井さんは写真、僕は音楽で、
一緒に何か出来ると…やっていこうね。

石井:
ご一緒させていただけたら嬉しいです!

亀田:
ラジオを聞いているみなさんも、想いを寄せて、
ちょっとずつでも前に進んでいくことが…

石井:
すごく大事だと思います。

亀田:
今日は、写真家の石井麻木さんをお迎えして、お話を伺いました。
どうもありがとうございました!

石井:
ありがとうございました!

石井麻木


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 12:52 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月10日

愛の使者 〜ジャクソン・ブラウン!

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第574回目のテーマは…

愛の使者 〜ジャクソン・ブラウン!

====================

昨日月曜日からジャパン・ツアーがスタートしたアメリカを代表する
シンガー・ソング・ライター、ジャクソン・ブラウン。
東京は、今週水曜日〜金曜日までの3日間、
渋谷オーチャードホールでのライブを控えています。

デビューから40年以上たった今もなお多くのファンを魅了し続ける
(僕もその一人です)
その魅力はどこにあるのか?
お話したいと思います。

1960年代から音楽活動をスタートし、
リンダ・ロンシュタッドやバーズへの楽曲提供の後
1972年には自らがシンガー・ソング・ライターとして
アルバム・デビューしたジャクソン・ブラウン。

今バックに流れている「ドクター・マイ・アイズ」や
イーグルスのグレン・フライと共作した「テイク・イット・イージー」など
ウエストコースト・サウンドの代名詞とも言える名曲をヒットさせています。

その後も「プリテンダー」「孤独なランナー」「ホールド・アウト」などを
たてつづけに、チャートに送り込んだジャクソン・ブラウンでしたが、
私生活では愛する妻を失う…という
辛い別れも経験しています。

初期のころは、プライベートな愛の歌を多く歌っていた彼も、
年を重ねるとともに、社会でおこる不条理な事や
世界で繰り返される戦争について、
など政治的なこをテーマに歌うようになっていきました。
まさに伝道師のような存在?

そんなジャクソン・ブラウンの歌は
国境を越えて世界へ広がっていくのですが…
その話をする前に、ここで1曲聴きましょう!

邦題は「孤独なランナー」
14歳の亀少年の心を鷲掴みにした曲です。

M. Running on empty / Jackson Brown

20150310_fmkameda.jpg

日本にも多くのファンを持つジャクソン・ブラウン。
おそらく今回のライブでも、胸を熱くしながらステージを見つめる人が
会場をいっぱいにすると思います。
日本のアーティストの中にも
ジャクソン・ブラウンのファンは多く、例えば浜田省吾さん。

事務所の名前、そして80年代にツアーをともにしたバンドの名前も
ジャクソン・ブラウンの曲のタイトルから拝借しちゃったほど!
様々な愛を歌い、環境問題、人間の正義を歌う
浜田さんのソングライターとしての姿勢も
ジャクソン・ブラウンからの影響だということを、
ご本人がおっしゃっています。

ジャクソン・ブラウンの歌は、なぜこんなにも愛され続けるのか?

ジャクソン・ブラウンは心の襞を描き、そして社会の矛盾を憂う
吟遊詩人のよう。
素晴らしいソングライティング能力はいうまでもなく、
その誠実な人柄で、多くのアーティストに信頼され、
イーグルスや、 CSNYなど、ウエストコーストミュージシャンたちと
束になって、時代をつくりあげました。

先日もグラミー賞の前夜祭、
「ミュージック・ケアーズ パーソン オブ ジ イヤー」の
「ボブ・ディラントリビュート」で
一曲歌った、ジャクソン・ブラウン。
その歌声は心の奥まで染み入るものでした。

誰の心にも届く歌? その理由は?
憂と翳りのある声は、聴く人を歌詞の世界に引き込みます。

たとえば、今から30年以上前、14歳の亀少年は、英語が聞き取れなくても
「running on empty」(孤独なランナー)という言葉に「打ち震え」
自分の人生に投影して、哲学していました。
なんと、勉強机の上にこの「孤独なランナー」
という言葉を書き記していたほどです。

このように、聴く人に、人生を考えさせる
"きっかけ"を教えてくれるのが、ジャクソン・ブラウンの音楽。
元気の出る音楽、ワクワクする音楽、そんな音楽とは、
違うベクトルで、聴く人に生きていく光を与えてくれる音楽なのです。

昨年リリースした最新アルバム「Standing In The Breach」では
2010年、ハイチを襲った大地震を受けて書いた曲、
サーファーでもある彼自身が
海洋汚染からインスパイアされて書いた曲、など
今の社会が抱える問題にも、真正面から向き合っています。
戦い続ける!走り続ける!ジャクソン・ブラウンのライブ、
今回見ることができる方、ぜひ楽しんで来てください!

ジャクソン・ブラウン

-------------------------------

「FM KAMEDA」、明日3/11は… 東日本大震災から4年。
東北を、日本を、撮り続けている写真家の石井麻木さんを
ゲストにお迎えしてお話を聞きます。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:14 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月09日

高層ビルから見えるストーリー

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第573回目のテーマは…

高層ビルから見えるストーリー

====================

今日の「BEAT PLANET」は、虎ノ門ヒルズからの放送。
僕も去年3月、まだ建築中の虎ノ門ヒルズを取材して、
ビルの下を通る新しい道路、環状二号線
新橋〜虎ノ門間を歩くウォーキング・イベントに
サッシャと一緒に参加しました。
そして、完成した虎ノ門ヒルズ!
今では、東京の新しいランドマークとして、
街の風景に溶け込み始めています。

そこで、今日は…

街にそびえるランドマーク、高層ビルを
アーティストはどんな風に描いてきたのか?

お話してみたいと思います。

---------------------

たとえば、現在公開中の映画「アニー」。
マンハッタンの超高層ビルのペントハウスに住む、
ジェイミー・フォックス扮する市長候補が、
施設で暮らす女の子アニーと出会い、一緒に暮らし始める…
そんなところからスタートするストーリーですが、
超高層ビルのペントハウスというシチュエーションが
まさに、トップランナーのセレブな生活、一般ピーポーの
「憧れ・夢」のようなものをダイレクトに伝えてくれます。

歌の舞台にもたびたび登場するニューヨーク。
マンハッタン、高層ビル群…この摩天楼。Skyscraperが、
名曲「AUTUMN IN NEW YORK」にもうたわれています。

♪ ビルの谷底を動く着飾った人々や、
頭上の光る雲を眺めると、「ただいま」って気分。

そこに高層ビルがあるだけで、
生きている人の生活が見えてくる、
様々な人の、様々な生活が見えてくる。
高層ビルは、歌の中で、
素晴らしい場面を作ってくれるんですね。

---------------------

(♪A HEART IN NEW YORK / ART GARFUNKEL)

こちらはサイモン&ガーファンクルの
アート・ガーファンクルの
「ハート・イン・ニューヨーク」。

♪ ニューヨーク この町を空から訪れれば
目に入る高層ビルの群れ…

誰もが共感できる眼下に広がる飛行機からの風景、
地上から空に一番近い場所は、
実は空に向かって伸びる高層ビルです。
そして、その下にある様々な出来事。
やっぱりこの街が好きなんだ、
という気持ちが溢れ、歌われています。

---------------------

(♪BGM: BREAKAWAY / KELLY CLARKSON)

こちらは、ケリー・クラークソンの
2004年のヒット曲「BREAKAWAY」。
小さな街で育った主人公が都会への憧れ・チャンスを掴むため
今の自分と葛藤する...そんなことを歌った曲ですが、
この歌詞の中にも

♪ 何百階ものフロアがあるビル
回転ドアがクルクル回る

なんていう表現があります。
これって、まさに超高層ビルってことですが、
回転ドアがクルクル回る
てところが、素晴らしい描写ですよね。
期待と不安が入り混じった感情を
うまく表現していますね。

---------------------

では、ここで1曲聴いていただきましょう。
JAY-Zがニューヨークへのアンセムとして発表したナンバー、
アリシア・キーズをフィーチャーしています。
「エンパイア・ステイト・オブ・マインド」

M. EMPIRE STATE OF MIND / JAY-Z feat. ALICIA KEYS

20150309_fmkameda.jpg

さまざまな、高層ビルから見える風景を
ピックアップしてきましたが、それらは、
歌のシチュエーションとしてどんな効果があるのでしょうか?

空高くそびえ立つ高層ビルは、確かに背が高いけど、
しっかりと地面に、地球に根を下ろしています。
つまり、僕たち人間と同じ土地に根付きながら、
夢、憧れ、希望を象徴しているのです。

これが、月や火星にまでいってしまうと、
なかなか叶えられない「未来型の夢」になっちゃう
んだけど、超高層ビルが僕らにもたらしてくれる夢は、
僕らが今すぐに手に入れることので
きる今「現在進行形の夢」なんです。

そして、高層階から見下ろす街並み、
街行く人、車、ジオラマのような風景は
小さく、ゆっくりと動く、音のない世界。
窓越しに、「自分もさっきまであの一員だったか」
と気付くと、たとえば、大自然や宇宙の中で
ちっぽけな自分を感じるのと同じように、
様々な感情を抱え生きている日常が、
ちっぽけな存在に思えてきます。

こうやって、高層ビルからみえる景色は
自分に向き合う、癒しの貴重な時間を
演出してくれるのです。
仕事、頑張っている人には、
高層ビルから見える風景は
自分へのご褒美に思えてくるかも!

悩んでいる人にとっては、
浮世から離れた高層ビルの中にいると、
それがちっぽけな悩みに思えてくるだろうし、

恋愛中のアツアツカップルは、
今世界にいるのは自分たち二人だけに思えて
盛り上がるかも!!

こうやって、高層ビルから見える風景は、
僕らが思い描く、理想の人生の風景そのもの!

アーティストにとって絶好のドラマを演出する
シチュエーションといえるのでしょう。

日本でも高層ビルのある風景が増えてきました。
2020年の東京オリンピックに向けて、
この風景はさらに加速していくでしょう。
虎ノ門ヒルズもそうですが、
古くからあるもの、今、そして未来、
高層ビルがある風景はそれらが集まる、
まさにクロスロードと言えるのではないでしょうか。
これから、まさに、新しい世代のクリエイターが
ニューヨークの摩天楼ではなく、
東京の街、東京の高層ビルから見える風景を
繊細に切り取って、
たくさんのストーリーが生まれていくのではないかな!?

---------------------

FM KAMEDA明日は
現在来日中! ジャクソンブラウンの魅力に迫ります。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:13 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月05日

なんでも答えます、音楽のギモン!

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第572回目のテーマは…

なんでも答えます、音楽のギモン!

====================

はい、今日は、普段皆さんからいただいている
「音楽のギモン」にお答えしていきましょう。

---------------------------
●ラジオネーム:しましま

私はまったく楽器の演奏とかをしないので、超基本的すぎるギモンかもしれませんが…、ライブのときとかに、演奏する人たちがつけているイヤフォンは、どんな役割があるのですか?イーグルスのDVDでは、みんなイヤフォンはつけていませんでした。あれがないとどうなっちゃうのかな〜と、ライブを聴きながらたまに思うんです。それから、ライブでいろんなスタッフさんが関わっていると思うのですが、その方たちがどんなお仕事をしているのかも興味があります。よろしくお願いします。
---------------------------

しましまさんからは、
ライブのときにミュージシャンが付けている
イヤフォン、あれは一体何か!?
どんなスタッフが関わっているのかという質問!
お答えしましょう!

あのイヤフォンは、通称イヤモニと呼ばれています。
イヤモニは、イヤーモニターの略。
2000年前後から急速に発達しました。
それまでは、ステージ上でミュージシャンは
通称「ころがしモニター」と呼ばれている黒い箱型のスピーカーを
足元において、他のメンバーの音を聞いて演奏していました。

この何十年来愛されてきた「ころがしモニター」、
でも「ころがし」だとステージ上に置く個数に限りがあるし、
マイクに「ころがし」からの音が「かぶって」(まじって)どうしても
分離の悪い音になってしまう。
だったら、いっそ、耳の中にいれてしまったら便利なんじゃない?
という発想で生まれたのがイヤモニというわけです。

さあ、今日は僕がイヤモニの「ここが便利!」を教えてあげます!

(1)ステージ上どこでもいける!
モニター環境は耳の中ですから、
ミュージシャンはステージ上、縦横無尽にどこでも動くことができます。
センターステージはもちろん、ワイヤレスの電波がとどくところなら
客席まで降りていっても大丈夫!

(2)自分の好みのバランスをつくることができる!
ミュージシャンは、イヤモニの中で自分の好みのバランスを
思いのままにカスタマイズできます。
特に、ボーカリストは、ギターアンプやドラムなどの生音の爆音を
聞かずにイヤモニの中の音をきけばいいので、
耳が疲れず、自分の理想のモニター環境を作ることができるので
喉への負担も大幅に減りました。

(3)お客さんにクリアな音を届けることが可能に!
イヤモニを使う場合、ステージ上では、「ころがし」から音が出ていないので
余分な音が大幅に削減され、
お客さんにクリアで分離のよい音を届けることが可能になりました。
最近では、アンプもシミュレーターで生音を出さなかったりするので
ステージ上で聞こえているのは、生ドラムや生ギター、生ピアノだけということも!
イヤモニの中の音をきかないと、
一体なんの曲をやっているのかわからないという珍現象も!

(4)コンピューターと仲良し
イヤモニの中で、クリック(テンポキープのためのメトロノーム)を聞けるので
コンピューターから出てくる音と同期することがいとも簡単になりました。
昔は、ドラムの人だけヘッドフォンつけて、
テンポキープしていたけど、
いまではイヤモニの中から
メンバー全員がクリックを聞くことができます。

(5)ウラワザ
イヤモニの中に、1234のカウントや、
「次でラストのサビ!」といったナビゲーション情報を入れることもできます。
僕なんか、ライブのMC(トーク)でついついしゃべりすぎちゃうんですがw
舞台監督さんから、耳の中で「早く次の曲行って!」なんて怒られたりしています。
イヤモニがまるで指揮者のようですね。

(6)ファション
アーティストはいろんな色を選び、デコったりして、
自分専用のイヤモニを作っていますよね。
あれはね、一個一個「耳型」をとって
自分の耳にフィットするように作られているんですよ。
僕は、なぜか耳の中が太ったりやせたりするので、
毎年作り変えています!

image1.jpg

image4.jpg

さあ、イヤモニ「あるある」はここまで。
一曲聴いた後に、ライブでどんな音響スタッフが関わっているか?
お答えしましょう!

M. つけまつける / きゃりーぱみゅぱみゅ

20150305_fmkameda.jpg

コンサートでの音響スタッフは、

「お客さんが聞く、ステージの外の音をコントロールするチーム」と
「ステージの中の音をコントロールするチーム」

の二つのチームに分かれます。

今日のメインテーマのイヤモニの中のバランスをとってくれるのは、
ステージの中の音をコントロールするチームになりますね。
そう!「モニターエンジニア」と呼ばれる人です。
彼らは通常ステージの袖(横)に陣取って、
ミュージシャン一人一人に曲ごとに完璧なバランスを作ってくれます。
最近ではバランスをコンピューターで制御するので、データをセーブすれば
どの会場に行ってもバランスの再現性があるのでたいへん効率的です。
ミュージシャンの気持ち、その場の空気、電波の状況のなど
総合的に判断して、的確な対処をしてくれる
頼もしいスタッフです。

一方、そのミュージシャンの素晴らしい演奏を
お客さんに届けるのが、
ハウスエンジニアとよばれる人。
アリーナや客席の真ん中で、ミキサー卓を操作している人たち。。
見たことあるでしょ!?
ハウスエンジニアになるには、数多くの経験とスキル、実績が求められます。
それこそ、見習い、アシスタント、モニターエンジニアなどをを経て、
それはそれは、長い道のりです。本当にいつもありがとう!

最近では、あのミキサー卓もデジタル化されコンピューター制御になって
再現性があるので、ホールによって微調整すればよいだけ。
環境に応じてクリアな音質を届けることが可能になりました。
ライブでも我々は、テクノロジーの発達の恩恵をうけているんですね!

ちなみに、山下達郎さんはデジタルのミキサーの音になじめず、
アナログの卓を毎回手動でコントロールしています。
そうやって生まれる手作りの音楽も素晴らしいですよ。

どんなに機械が発達しても
最後は、それを奏でるミュージシャンとスタッフの
腕とハート!

だからライブはこんなに面白いんですね!

---------------------------

さて…この番組「BEHIND THE MELODY」では
ラジオの前のアナタから、音楽に関するギモンを引き続きお待ちしています。
どんなに基本的なギモンでもOKです!
僕に聞きたいギモンは、この番組「BEHIND THE MELODY」のホームページから
送ってください!

『BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA』。
来週もお楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:11 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月04日

ミュージシャンのファッション事情

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第571回目のテーマは…

ミュージシャンのファッション事情

====================

きょう、3月4日は、「3と4」
でミシンの日。
ミシンといえば、洋服を作るにはかかせない道具ですよね!
と言うワケで、きょうのFM KAMDAは
ミュージシャンのファッション事情を、
僕、亀田誠治が探ってゆきます。

いま、バックでながれているのは、きゃりーぱみゅぱみゅ。
まさに、誰もが認めるファッションリーダー!
青文字系のファッションモデルとしても活躍していますが、
その斬新な衣装はとってもキュート。
しかもインパクト大!

彼女のファッションへのこだわりは、
ご存知、今のクールジャパンのキーワード。
まさに「カワイイ」!!!
ご自身の言葉によると、
「きゃりーぱみゅぱみゅ」のファッション、コンセプトは
「グロい、ホラーのような、ちょっときもちわるい要素のあるかわいさ」。
だそうです。

ようするに「げげっ」と、ちょっと気持ち悪いものを
「カワイイ」にミックスすることによって
きゃりーちゃんの世界が出来上がっているんですね。

-------------------------

続いて、忌野清志郎さん。
日本で最初に、ミュージシャンの衣装の概念を覆した
アーティストではないでしょうか?
デヴィッド・ボウイ等のグラムロック一派や
ミック・ジャガーの影響でメイクを始め、
またパンク・ファッションの影響で
パンクヘアにカットしたことから、
独特の奇抜な風貌になったといわれています。

また、小学校時代はあだ名が「画伯」だったという、清志郎さん。
子供のころから絵を描くのが大好きだったそうです。
そんなアート的なところも、
彼のファッションのルーツではないでしょうか?

いつか、清志郎さんは、自分はこの衣装を着て
このメイクをすることによって
はじめて、忌野清志郎になれる。
忌野清志郎というスイッチが入る!
とおっしゃっていました。

衣装の効果って大切なんですね。

-------------------------

そして、椎名林檎さん。
彼女も忘れてはいけません。
独特の楽曲やそのライフスタイル、
そして毎度くるくる変わるファッションコンセプト、
時に奇抜、時に清楚、時に色っぽく?
林檎さんのファッションには
魅了されますよね。

僕も、椎名さんのソロの時代、
東京事変でもライブを一緒にやっていますが、
衣装のアイディアはすべて椎名さんから発信されます!
白衣だとか、和服だとか、ミュージカル風だとか、
それらの意見を聞いて、スタイリストさんが
一つ一つ手作りで作るのですから、
そりゃ強いオリジナリティになりますよね。
自分のこだわりを、音楽だけでなく、
ヴィジュアルにもくまなく反映しているんです!
それが見事なまでの椎名ブランドになっています。

-------------------------

こちらは、ビシっとスーツを纏う、
オシャレバンドTHE BAWDIESです。
スリムで、長身の4人が、細身のスーツを着たら…
そりゃ、似合いますわ!!!

そんな彼らのスーツや、衣装は、すべて、
anglasadのテーラーメイドなんです。
こだわっていますね!

ほ〜ら!THE BAWDIESも手作りだ!
しかも、彼らの楽曲の持つ時代感と、
衣装の持つ時代感がぴったりリンクしていますよね!
ヘアスタイルと、衣装…
なんかビートルズを彷彿させるイメージもありませんか?

リスペクトするルーツミュージックと、
そのルーツミュージックが持つファッション。
この両面を取り入れることによって、
音楽と時代、切っても切れない関係です。
ファッションによって、「音楽」だけでなく
「時代」の空気感をも表現できる。
このアーティストは「何をやりたいのか」
ということが、くっきり際立ってくるんですね。

では、ここで1曲、お届けしましょう!

M. KICKS / THE BAWDIES

20150304_fmkameda.jpg

こうやって考えてみると、ミュージシャンにとっての
ON STAGEでのファッションは
おしゃれとか、かっこよさとか、
セレブリティの証というたよりも

自分たちの音楽を伝えるための
大切な手段になっていることがわかります。

時に、ミュージシャンは楽曲ごとに、
ファッションイメージを変えることがあります。
いいかえれば、楽曲や作品によって、
ファッションをがらりと変えることによって、
新しい一面が引き出されるのです。
今日のパーティージーンズでいくのか?スーツでいくのか?
僕らが、毎日の生活の中で、
TPOによってファッションを切り替えるように、
スポーツ選手が試合になるとユニフォームを着るように
アーティストにとっても、
自分に新しいファッションを纏うことによって
お客さんに今までにない世界を見せることができるし、
本人も、自分で気付かなかった、
表現のスイッチを入れることができるのです。

だからこそ、ヒットしているアーティストは、
ファッションのイメージと、音楽が見事なほどにリンクしています。
音楽という耳から入ってくる情報を、
ファッションという目から入ってくる情報が
後押ししてくれるのですね。

ミュージシャンにとって、
ファッションは文字のないテロップなのかもしれません!

さあ、みなさんも、
大好きなアーティストのファッションだけでなく、
ファッションに込めたメッセージに注目してみると
もっと音楽が楽しくなるかも!!!

-------------------------

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」、
明日は、恒例企画「リスナーの疑問」をお届けします!
お楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:12 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月03日

ひなまつり記念!次世代ガールズパワーを探る!(Guest : 水曜日のカンパネラ/コムアイ)

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第570回目のテーマは…

ひなまつり記念!次世代ガールズパワーを探る!(Guest : 水曜日のカンパネラ/コムアイ)

====================

今日は、「ひなまつり」。
女の子のすこやかな成長を祈る桃の節句。
女性の皆さ〜ん、雛人形は飾っていますか!?
(はーい はーい わらわらわらわら…)

今日の「FM KAMEDA」は、
そんな「ひなまつり」を記念し次世代のガールズパワーを感じる、
注目のアーティストをお迎えしてお届けしていきたいと思います!
スタジオには、「水曜日のカンパネラ」!

コムアイ:
コムアイです、こんにちはー。

亀田:
こんにちはー!
ひな祭りに来ちゃいましたよ!
桃の節供ならぬ、「桃太郎」を独自の解釈で楽曲にも!

コムアイ:
曲の中では"太郎少年"って呼んでるんですけど、
ゲーム好きの、ちょっと捻くれた小学校6年生くらいの少年で、
世の中のことをちょっとわかってきて生意気になっている子が主人公なんです。
桃太郎って、イメージで云うと「良い奴」じゃないですか。
それを崩したいって思っていて…
他の曲だと「ドラキュラ」っていう曲があって、
バンパイアは悪者のイメージだから、あえて曲の中で可愛くして…
逆にしたいんですよね。

亀田:
水曜日のカンパネラの曲って、基本そういう精神が貫かれていません?(笑)
コムアイさんのラップと相まって、ストーリーが一言一句聞こえてくるんですよね。
これが水曜日のカンパネラのすごいところだと思っていて。

コムアイ:
ありがとうございます。
ラップっていうか、本当に最初は歌を歌ってたんですけど、
そもそも歌を歌いたくて始めたっていうよりも、誘われて…
このプロジェクトに関わりたかったんだけど
他に関わる術がなかったんです。
デザインとか出来るわけでもないし、スタイリストとかメイクでも無いから、
どうしようかなと思って、
「とりあえず歌え」って言われて歌っていたら、
こんな感じでアルバムが出ちゃった(笑)みたいな。
そういう感じで始まったんで、今でもボーカルに自信があるとか
そんなこと思ってなくて…

亀田:
いやいやいやいやいやいや!
めっちゃ届いてますよ!

コムアイ:
もしかしたら、世の中にこれだけ自信がない歌い手が
居なかったからかもしれないですね(笑)

亀田:
無欲の勝利みたいな!(笑)

コムアイ:
そこまで行かないですけど、
これで行けるところまで行きたいなと思ってます。

亀田:
でも、さっきの歌詞の部分といい、全て違和感から飛び込んでくるメッセージ、
そこが水曜日のカンパネラが、
我々の心を掴んで離さない魅力じゃないですか?

コムアイ:
水曜日のカンパネラは3人でやっているんですけど、
3人共、かなりのへそ曲がりなんですよ。
そこでは、3人の意見がすごく合っていて。

亀田:
へそ曲がり同士は3人集まると、
一周して意見が合い始めるんだ!(笑)

コムアイ:
「表が何か」がその場で一致すれば、やりたいことも大体定まっていて。
例えば、私はすごい音楽が好きで、色んな音楽を知っていて、
って始めたわけじゃないから…
世の中の音楽が溢れすぎているような気がしたんですよ。
「こんなにバンド居なくて良いじゃん!」とか、
「もう東京事変聴けば良いじゃん!」みたいな。

亀田:
「ありがとうございます」と
「痛てててて…」の両方が来ましたけどそうですね、ホントに思います(笑)

コムアイ:
思っちゃったりするんですよ!
「影響されすぎちゃってる」と思うことが多くて、
その一般人的な感覚を忘れないで、ずっと音楽をやっていきたいなって気がしていて。
だからかも知れないですね、印象に残って
「今まで無かった物を残そう」って気持ちは3人共すごく強くて。
へそ曲がり発信なんですけど、最終的には楽しいことだけやりたいから。

亀田:
素晴らしい。
ということで、そんな水曜日のカンパネラの音楽を
ここで一曲聴いてみたいと思うんですけど…何にしましょうか。

コムアイ:
ひな壇にバーって、ひな祭りのお人形が並んでいるイメージとかぶるのが
バスガイドの曲なんですけど、
<ジャンヌ・ダルクがもしバスガイドだったら>っていう曲なんですけど(笑)
バスガイドの私がドンドン増殖していくっていうMVで、
雛人形と被ったので、その曲を聴いていただこうかと思います。

M. ジャンヌ・ダルク / 水曜日のカンパネラ

20150303_fmkameda.jpg

水曜日のカンパネラ『ジャンヌダルク』(YouTube)

亀田:
こういうサウンド感や、歌われている内容はライブではどう展開するんですか?

コムアイ:
私、楽器もやらないし、トラック流すだけなんで、カラオケ状態で、
間奏とかすごい暇なんですよね。

亀田:
手持ち無沙汰?(笑)

コムアイ:
手持ち無沙汰ですよ!(笑)
だから、ちょっとずつ演出をするようになって…
お客さんの「こういう風に入場してくるんだろうな」っていう気持ちを想像して
裏切ってやるって演出してますね。
まず、幕が開いて、ステージに光が差して、
皆の後ろから出てくるみたいな(笑)

亀田:
ライブはそんな感じでいつもやってるんですか!?
もう何を信じればいいんだ!みたいな(笑)
楽しいですね!!

コムアイ:
楽しいですよ!
あと、セットは全部手作りなので、基本ダンボールです(笑)

亀田:
その手作り感と、さっきからコムアイさんがおっしゃってる
「私はこうしたいから」っていうアイディアを、感覚的にやっているのが
女性っぽいかも。

コムアイ:
それはかなり女性っぽいと思います。
自分で「良い」「嫌だ」の理由がわからないんです。
で、一週間くらい後になって理由がわかったりする(笑)

亀田:
男子は先に理由を考えちゃうんですよ。
答えを導くために、途中の答えをしっかり出さないといけないので
男子はすごい時間がかかるんだけど、
女子のアーティストはそこを感覚でやるから
一気に何段飛びもできるんですよね。

コムアイ:
そうですね!
その代わり伝わらなかったりして(笑)

亀田:
(笑)
でも、水曜日のカンパネラの場合は良い状況かも!

コムアイ:
そういえば今度、新しいMVが出るんですよ!
3月7日にまたyoutubeにアップするんですけど、
新曲なのでぜひ観て欲しい。

亀田:
その曲はアルバムに入っていく感じ?

コムアイ:
今、ちょうどレコーディングが終わったくらいのところで…
まだちょっと詳しくは言えないんですけど。

亀田:
これは楽しみだね!
作品上の世界も楽しみだけど、
なんと4月5日には東京ドームシティホールで開催の
「BEAT PLANET LIVE vol.2」に出演!
THE BAWDIES、チャットモンチー、パスピエ、OKAMOTO'Sと一緒に!

コムアイ:
すごい光栄です。
一番下っ端なんで…頑張らないと…!

亀田:
さっきの「Do It Yourself」で作った舞台装置を使いまくって
大暴れしてください!
ということで、今日はひな祭りということで
「水曜のカンパネラ」からコムアイさんをお迎えして
色んなお話を伺いました。
でも、今日わかった!
女子は強い!!恐れ入りました!
ありがとうございました!

コムアイ:
ありがとうございました!

水曜日のカンパネラ

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:13 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2015年03月02日

表現者、ルー・リード

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか?
僕と一緒に探っていきましょう!


第569回目のテーマは…

表現者、ルー・リード

====================

ルー・リード。
1965年結成のバンド、
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのメンバーとして登場、
その後孤高のソロ・アーティストとして活躍。
アメリカ、ニューヨーク出身、3月2日生まれの彼は
残念ながら一昨年2013年に亡くなりました。

というわけで、今日は、ルー・リードの生誕の日。
改めてその功績、素晴らしさに触れてみたいと思います。

「バナナ」の絵のアルバム・ジャケットで知られる
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのファースト・アルバム
「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」。
ルー・リードの音楽キャリアはここからスタートしました。

アンディ・ウォーホルの描いたこのバナナの
アルバム・ジャケットみんなも見覚えあるでしょ?
今でもTシャツになったり、パロディーになったり、
数多くのアーティストが「cool」=「かっこいい」の象徴として
取り入れていますよね。

当時、アートの世界に旋風を巻き起こしていた
アンディ・ウォーホルのバックアップによりデビューしたわけですが、
表現方法を巡ってアンディや他のメンバーと衝突たえず、
ルー・リードは、5年ほどでバンドを離れ、
ソロ・アーティストとなります。

実験的な要素も取り入れた
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの作品は、
実は、当時はなかなか受け入れられず、
否定され、後に再評価されたのです。
ルー・リード自身、インタビューで
「ロックンロールソングを高めたかった。
自分たちのサウンドが最高だと思ってやっていた」
そんな趣旨のことを語っています。

---------------------

ソロ・アーティストになった後も、
「サウンド」や「歌詞」のすみずみにいたるまで
「表現へのこだわり」は尽きることがありませんでした。
シンプルなロック・ソングを中心に
多く作品を発表したルー・リードでしたが
長い活動の中では大胆なチャレンジとして
ほとんど実験音楽のようなアルバムも作っています。
1975年の「METAL MACHINE MUSIC」では賛否両論を呼びました。

ヒット曲を連発するタイプのアーティストではないものの
数多くのアーティストからリスペクトされ、
後々まで大きな影響力を及ぼしたその理由はどこにあったのか?
1曲お送りした後で、お話していきましょう。

実はかなりキワドイ歌詞にも関わらず、ヒットした名曲中の名曲です。
1972年に発表した「TRANSFORMER」というアルバムから。

M. WALK ON THE WILD SIDE / LOU REED

20150302_kameda.jpg

この曲では、1970年代前半にして、ラップのような歌いっぷりで
社会問題を淡々と歌ったルー・リード。
ルー・リードの作品の中では、闇の中に、
一筋の光の差し込んでくるようなサウンドが印象的です。
ウッドベースとエレキベースのコンビネーション、
印象的なTu Tu lu Tulu Tu Tu luのテーマ。
今聞いても、キレキッレですね。

---------------------

90年代になると、U2がライブツアーで
ルー・リードの曲「サテライト・オブ・ラブ」をカバー、
ルー・リードはステージにも登場し、
若い音楽ファンに再びその名前が知られることに。
後輩のリスペクトによって、
ようやく、ルー・リードに時代が追いついた感じ。

さらにイギリスを中心に大ヒットした映画
「トレインスポッティング」では
70年代の曲「PERFECT DAY」が使われ、これまた再評価。
ルー・リードの音楽が、音楽以外の多くのクリエイターから
支持されていることがわかります。

そういえば、キャリアの後期、2011年には、
あのヘビーメタルバンド、メタリカとアルバムを作り、
世間を驚かせました。
いつも、期待を超えるアプローチをする。

ルー・リードは、天の邪鬼の天才です!

---------------------

ルー・リードの作品がなぜ愛され続けるのか…

流行りのサウンド、流行りのロック、
ルー・リードはつねにメインストリームと
は距離をおいて走り続けました。

何よりも他のアーティストと違ったのは、
音楽からヒントを得るのではなく
文学やアートから種をもらいその種を育てたところにあります。

多くのアーティストの創作の思考回路が、
ルーツミュージックにインスパイアされることと
ねじれの位置にあるような創作方法。

巷のロックミュージックが、
どんどん商業化され、大きくなっていくことをこばむように
新しい音楽の実験を「表現」として発信しつづけました。
ここに他の誰でもない、
ルー・リードの音楽というものの源泉があるのです。
その、アーティストとしてのぶれないスタンスが
「cool」なロックとして
時代を超えて多くの人を魅了するのですね。

ルー・リードの生き様は
多くのアーティストの背中を押し、
その音楽は、
多くのリスナーの心の中で響くのです!

---------------------

「FM KAMEDA」、明日は… ひな祭り!
ということで、素敵なガールズゲストをお迎えしてお送りします!
お楽しみに。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:14 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA


バックナンバー

カテゴリー