2012年08月30日

夏の恋歌〜失恋編〜

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第84回目のテーマは…

「夏の恋歌〜失恋編〜」

昨日は〜実った編〜を盛大にお送りしたというのに
さっそく今日は〜失恋編〜。。。
出会いがあれば別れもある…それもまた人生です!
一夏の恋…なんて言うけど…
そんな夏の失恋ソング、集めてみました。
失恋した人、よ〜く聴け!
さあ、春夏秋冬がある日本のJ-POPは
夏の恋歌〜失恋編の宝庫です!

◆君がいた夏/MR.CHILDREN
◆ESPERANZA/西野カナ
◆ さよなら夏の日/山下達郎
◆自転車泥棒/ユニコーン
◆secret base〜君がくれたもの〜/ZONE
◆ 君がいない夏/DEEN
◆ 夏の終わり/森山直太朗

新旧たくさんの、夏の失恋曲があるでしょ。
洋楽だって負けていません!

◆you and your heart/Jack Johnson

波がかき消していく二人の思い出を歌っていますね。
さすが、ジャック・ジョンソン、
サーファー目線が夏の切なさを煽りますね。

◆想い出のサマー/ブライアン・アダムス

あの夏に戻りたい。
そんな永遠の別れを歌っています。
夏とともに去っていった恋の思い出は
全世界共通なんですね。

◆ON THE BEACH / CHRIS REA 
 
思い出のあの場所へ連れて行ってほしい 海辺を歩いて…
クリスレアの渋い声が響き渡る。大人の失恋ソング。

◆THE BOYS OF SUMMER/DON HENLEY
 
一人の女性との夏の恋。
あの日々は戻らないことは分かっているけど
彼女への気持ちを断ち切れない、男の失恋ソングですね。
クリス・レアもドン・ヘンリーも、ハスキー声が哀愁ただよわせますな。

◆FAREWELL MY SUMMER LOVE/MICHAEL JACKSON

歌いだしから「さようなら、一夏の恋、ガール、君を忘れない」
夏に旅行でやってきた彼女との一夏の恋を歌っています。
この場所を君が思い出す時、僕のことを思い出してくれるのだろうか…
マイケルの優しい思いが伝わる1曲。

夏の失恋ソングは、洋楽も邦楽も豊作!ね!
人の不幸を楽しんじゃいけませんが(笑)、
それだけ、
夏の終わりとともに終わってしまう恋が多いということ。
というか、夏に盛り上がり過ぎちゃったんじゃない?
みたいなところもあるかも!
昨日の成就編でも言いましたが、
そもそも、
心もカラダも開放的になる夏は、恋のチャンスがいっぱい!
実った恋の数の分だけ、
終わってしまう恋の歌もあるということです。
そして、そのあとやってくる秋の気配が
この恋のフィナーレを、
いい感じで演出してくれるんですね。
つまり、夏の失恋ソングは、
生まれるべくして生まれている!
誰もが共感できる環境設定が
てっぱんでそろっているんですね!

曲調としては、洋楽邦楽問わず、
やや、ミディアムやバラードものが圧倒的に多いです。
切ない歌詞を伝えるのに有効なんですね。
ちょっぴりマイナーコードも有効、だって秋はもうすぐそこ!
そして、夏の失恋歌にダントツに多いのが
フェイドアウトなんです。
フェイドアウトって分かりますか?
だんだんかすかになって、消えていく。
エンディングがなくて、かすかに消えていく。
このフェイドアウトが、
終わっていく恋の余韻に浸らせてくれるのです。

それではそんな中から僕が選ぶ1曲は… 

失ったものは、、友達、恋、命、
普遍的な喪失感を
夏の情景に乗せて歌う
大きな、大きなラブソングです。

M  Hello, my friend / 松任谷由実               

51WxqYxn86L._SL500_AA300_.jpg

悲しみと向き合っていくことによって
大切な人を失った喪失感をを癒してくれる
素晴らしい歌詞ですね。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

現在募集中!第一回亀田杯ベース選手権大会詳細はこちら

STAFF| 13:30 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月29日

夏の恋歌〜実った編〜

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第83回目のテーマは…

「夏の恋歌〜実った編〜」

8月ももうすぐ終わってしまいます。
みなさん、今年の夏はどーでしたか???
解放的になる夏。夏休みもあるし…
いろんな出会いがありますよね〜
今日は夏の初めに出会い、そして恋が実った…
そんな夏のハッピーソング、
夏の恋歌~実った編~を聞いてみましょう。

♪ 夏色/ゆず
夏休みの、学生カップルの情景が思い浮かぶ夏ソングの定番ですね。
誰もが通過して来た時代、日本の原風景を感じさせる歌詞がいいですね。
音数の少ない、フォーキーな演奏が、
さらにピュアな恋のイメージを絵日記のように瞬間パック! 

♪ 夏の大三角形/NICO TOUCHES THE WALLS
今年夏ソングの仲間入りを果たした、ニコのサマソン♪
「夏が僕を焦がすほど はしゃぐ君の笑い声で楽園に変わる いま時間よ…止まれ…」
くぅーっ。夏のマジックですよ。
こんなこと歌に乗せなきゃ言えませんよ。
ニコはap bank fesで観たけど、この曲、すごい盛り上がりでしたよ!

さて、時はさかのぼり、80年代になると…

♪ 世界でいちばん熱い夏/プリンセスプリンセス
今年3月、16年ぶりに復活!したプリプリですね。
夏の1曲としてもはずせない「世界でいちばん熱い夏」。
「Hold me tight,darling8月の風を抱きしめて
    Fly with me,darling飛び立つの ふたりのサヴァンナヘ」

で、締めは「世界でいちばん愛してる」ですよ。
どんだけ熱くするつもり〜!?
これでもかと、あおりますねー。ここまでくると恋愛応援ソングですね。

さらに、60年代にはこんな名曲も!

♪ 君といつまでも/加山雄三
幸せだなぁ…僕は君といる時が一番幸せなんだ。
僕は死ぬまで君を離さないぞ、いいだろう…

 
これぞ幸せ満開な1曲!
こんなこと、恥ずかしくて言えないよ?的な感じですね。
少なくとも、今の男子はここまで言わないだろう。
でもね、これ加山さん世代に聴いたことあるんですけど、
当時の男子も、ここまでは言わなかったらしいです。


夏は、心もカラダも開放的になります。
太陽、海、空、水着、肌、カラフルな小物が
恋愛のシステム環境設定を盛り上げるんですね。

つまりね、恋を叶えるためには何でもOK。
多少大胆なこと言っちゃっても許される空気感が
夏の恋歌にはあるんです。
つまり、このちょっとおおげさなくらいの告白ソングが、
夏の恋を実らせたい、という
みんなの気持ちの代弁者になってくれているんですね。 

ところで、夏の恋愛成就の曲は夏が始まる前、
6月頃にリリースされます。
つまりレコーディングしているのは、
桜の咲く頃、、3月4月頃だったりするんですね。
まだ、肌寒い季節に、夏のアツアツの恋の歌を作る。
これね、ほんと想像力がいりますよ。
アーティスト稼業もラクじゃない〜

今日選んだ1曲は… 
僕の夏の恋歌、実った編のベストソングです。

渚 / スピッツ

414W1KGB79L._SL500_AA300_.jpg

今まさに、叶いそうな恋。
でも、それがどこかで終わってしまうことも予感させる奥行きのある歌詞。
マサムネ君の紡ぎ出す世界は、本当に素晴らしいですね!
ところで、夏の恋…成就する秘訣は???
今日かけた曲で よ〜く予習しとけ〜

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:33 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月28日

なんでも答えます、音楽のギモン!

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第82回目のテーマは…

「なんでも答えます、音楽のギモン!」

普段皆さんからいただいている「音楽のギモン」、
しばらくお答えできていなかったので、
今日は久しぶりにお答えしていきました。

●ラジオネーム:つよたん
子どもがアコースティックギターを始めることになりました。
私はギターのことがわからず、
どのようなギターを購入すればいいのか分かりません。
(子供は11歳、小学五年生の女の子です)
ギターの選び方、値段やメーカーなど、教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

ご本人にやりたい気持ちがあるのなら、とにかく始めさせてあげてください。
お嬢ちゃんのカラダの大きさにもよりますが
11歳のお子さんなら、ちょっと大きいけど、
大人用の楽器でも構わないと思います。
アコースティックギターも、
鉄弦のフォークギターなのか、
ナイロン弦のクラッシックギターなのかで全然違うので、
何をやりたいか、よく聴いて買ったほうがいいと思います。

楽器がころがっている家は楽しいですよ。
僕も、母親が通販で買って弾いていたクラシックギターの低音弦で
自然にビートルズのベースラインを弾いていました。
小学校5年生の時です。楽しみですね。

もし、お嬢ちゃんがピアノなども習ったことがない楽器のビギナーだとしたら、
最初だけは、先生について習ってもいいかもしれませんね。
姿勢、チューニング、コードの押さえ方、何より合奏の歓びを味わえます。

値段もピンキリですが、安めの初心者モデルでもいいと思いますよ。
うまくなったら、きっとご自分で、新しいギター買いたい!って思いますから。


●ラジオネーム:トイレの亀様
なぜピアノには「白鍵」と「黒鍵」が有るんでしょうか?
Cメジャースケールは弾きやすいんですが
転調するとものすごく弾きづらいです。ギターに慣れるとなおさらです。
教えていただけますか?

なぜに、ピアノには「白鍵」と「黒鍵」があるのか?
なかなか素朴な疑問です。実は僕、これ知っていました。お答えします。

ピアノの白鍵をナチュラルキー、黒鍵をシャープキーと呼びます。
早い話が、白鍵と黒鍵の色の違いはナチュラルとシャープの違いを
見やすく、わかりやすくするためです。
しかし、今の白鍵と黒鍵の並びにいたるまでに長いストーリーがあります。

もともとピアノは、ピアノの前身になるクラヴィコードという楽器があって
この楽器は、今の白鍵にあたる部分が木材が木目のままの茶色、
黒鍵にあたる部分が黒檀(エボニー)で出来ていました。
白黒ではなく、茶色と黒の組み合わせです。

それが、茶色と黒の色の差がわかりにくいということになって、
白い象牙(アイボリー)でできた鍵盤を、
茶色の木目の鍵盤の代わりに使い始めたのです。
黒鍵の黒檀(エボニー)はそのままです。
ここで今と同じ、白鍵と黒鍵の並びが誕生しました。

しかし、問題は、象牙(アイボリー)は丈夫だけど、値段が高い!
という問題がありました。
そりゃそうですよね。象のキバですからね。
というわけで、今度は象牙の部分を減らそうということで、
今まで象牙だった部分を、比較的安い黒檀(エボニー)に、
そして今まで黒鍵だった部分を白鍵に白黒逆転させたのです。
これは今のピアノの白黒が反転したものですね。

しかし、産業革命やフランス革命以後、
ピアノは近代ヨーロッパで富の象徴になりました。
象牙(アイボリー)をふんだんに使っているほうが
裕福だということでまたもや、白黒逆転!

現在の白鍵と黒鍵の並びになりましうた。
もうオセロゲームみたいですね。
それ以降は、樹脂などの発明もあり、
値段も手頃になって、今の白鍵と黒鍵の並びに落ち着いています。

たかが白鍵と黒鍵。この白黒の並びに
大きな歴史があるんですね。
黒檀(エボニー)の黒鍵と象牙(アイボーリ)の白鍵は、
時に黒人と白人に例えられ、人々の調和の象徴になっています。

M. Ebony and Ivory / Paul McCartney & Stevie Wonder

Ebony and Ivory.jpg


●ラジオネーム:ひろとし
亀田さんのこのコーナーは、私の好きな音楽をきちんと分析してくれて
私のようなものにも解りやすく丁寧に話してくださるので、
今J-WAVEの番組の中でも一番好きな番組です。

ちょっと意地悪な疑問ですが、
亀田さんでも嫌いなアーティストや音楽性の合わない人が
いると思うのですが、そのような方達とも仕事はされるのですか?
もし、されるのでしたら、どのような事に気をつけますか?
意地悪な疑問なのですが、
私も仕事上嫌いな人とも仕事をしなければなりません。
参考にさせてください。


はい、嫌いな人とどう向き合っていくか?という
かなりストレートな質問ですね。

僕の場合、嫌いなアーティストと仕事をしたことは一度もないです。
世の中うまくできていて、以心伝心、因果応報、
苦手な人からは、笑っちゃうくらいオファーが来ないんです。
音楽は人と人で奏でるもの。
お互いが人間的にうまくハモっていないと音楽もハモらないんですね。
しかも、作る場の空気が非常に濃く反映されるから、
僕が、嫌いな人と、嫌い嫌いオーラを出しながら作った音楽は
お客さんにも、マイナスの波動が行ってしまう。きっと醜いものだと思います。

だから、とにかく自分が大好きなアーティスト、大好きなミュージシャン
大好きなスタッフと大好きを、いっさいがっさいもりこんで
仕事をするようにしています。
そんな仲間が集まれば、少々のトラブルや嫌な事、
嫌な人が集まっても全然苦になりません。

でも、スタジオワークやツアーを長い間やっていると
たまに、大好きな人の、見なくてもいい面を見てしまうこともあります。
さて、そこでどう考えるか?
我も人の子、彼も人の子
その人間っぽさが、リアルな音楽の源になっているかもしれません。
そんなときは、僕なら、しれっと事態を収束させ
穏やかな空気で音楽がつくれるように雰囲気作りをします。
落ち着いて、笑顔で、解決策を提案するのです。

あ、それから、自分とやり方は違っても、いい仕事をする人もいます。
そういうときは認め合って仕事をしましょう。
一番ダメなのは、「あの人悪い人じゃないんだけど」と言いながら
他人の、失敗や嘘を見過ごすのはクリエイティブな仕事にとって、
一番悪い事ですよ!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:36 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月27日

亀田におまかせ!走る音楽!

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第81回目のテーマは…

「亀田におまかせ!走る音楽!」

ランニングといえば、そのランニングのお供に、
音楽を楽しんでいるという人、多いと思います。
※ただし、周りに注意しながら楽しんでくださいね。

さあ、今日は走る時に、
どんな音楽を聴きながら走るといいのか!?
それを解き明かしていきたいと思います!

ということで、「BEHIND THE MELODY」では初の試み!
今日は専門家の方にも、ご協力いただいて、探っていきます。
お話を伺ったのは、スポーツの動作について研究されている
東京大学 大学院教授【深代千之】さんです。
「走る」ことに対して、「音楽」はどんな影響を与えているんでしょうか?

トレッドミルというベルトコンベアの上で走るということを
男女10名ずつ同じペースで行いまして、
その時に音楽を聞く場合、聞かない場合ということと、
音楽を聞いても音楽のテンポが自分のピッチに合っている曲と
合っていない曲というのを色々比較して調べました。
そうすると音楽を聞くと、同じペースで走っているのに、
主観的な運動強度という指標が10%位下がるという結果がわかりました。
で、音楽を聞く中でも自分の走っているピッチに合う、テンポ合う音楽と、
自分のピッチに合わない音楽とを比較した時に、
快適度という指標がありまして、それで比較すると、
自分の走っているピッチに合っている音楽を聞くと、
さらに主観的運動強度が下がるという結果がわかりました。
なので、音楽を聞くこと自体でも、かなり楽に走れるということがあるんですが、
自分の走っているピッチに合った音楽だと
よりそれが効果的だということがわかったんですね。

要するに…

1)音楽を聞いて走ると、苦しさが減って楽に走れる。
2)そして、それが自分のピッチに合うテンポの音楽だと、さらに快適に走れる

ということなんですね!
これは、いいこと聴きましたよ!

ちなみに、走るピッチは、
1分間に何歩進めるか、という歩幅の数のことです。
その数は

◆お散歩くらいの「ウォーキング」だと…120歩くらい
◆ゆっくりと走る「ジョギング」だと…160歩くらい
◆普通に走る「ランニング」だと…180歩くらい

そして音楽のテンポはというと、
BPMで表されます。
「よくDJの人がそのビートのBPMいくつ?」
なんて言いますよね。
BPMはビート・パー・ミニット、つまり
1分間における拍の数です。
BPM=120と言えば、一分間に120拍進む、
テンポ(速さ)ということになります。

つまり、【深代】教授の説をまとめると
<「走る歩数」と「音楽のBPM」の両方の数字が、
ピタリ合っているときが、最も快適に走れる>

ということなんですね。

これって、簡単でしょ!
つまり、音楽のリズムに乗って走ればいいってことです。
ぼくらが日常生活の中で、いつもやっていることなんですよ。
クラブに行ってビートに合わせて踊るでしょ。
ライヴで曲に合わせて手拍子するでしょ。
これ、単純に、音楽のリズムにカラダの動きを
合わせているだけですものね。
ですから、音楽の一拍に歩数を合わせるのは
ごくごく自然で誰にでも出来る簡単なことなんですね。


では、走るピッチと音楽のBPMが合っていれば
それだけでいいのか、
「さらに快適に走るために、走る音楽に必要な要素とは何か!?」を
Avril Lavigne の「Girlfriend」をサンプルにして考えていきましょう。

「Girlfriend」のbpmは165 です。
まさにジョギング向けですよね

この「Girlfriend」のような
メジャーコードの明るいギターリフは、
「よし走るぞ!」って気持ちを倍増させますよね。

さらに、頭サビから入っている、手拍子は、
まるで僕らを「頑張れ!」と応援してくれているよう!
まさに、アヴリルちゃんが、
僕らのチアリーダーになっているんですね!

その他にも、歌詞というのも重要。
「Girlfriend」のポジティブな歌詞から
元気をもらって走っている人もたくさんいますよね。
イヤフォンの中から直接言葉で応援してくれるのですから
それはそれは心強いですよ。

さて、
「じゃあジョギングで走るのには
BPM=160のロックやエレクトロじゃなきゃいけないの!?」って考えると
ちょっと切ないですよね。
ここでいいこと教えてあげます!
BPM160を
倍のノリで大きく感じれば
BPM=80と同じことになります。

つまりBPM=80の曲でも
ジョギングにピッタリの曲というわけだ!
こうやって考えると 

走る音楽のセレクトの幅がぐっと広がります。

0827metlonome.JPG

↑↑↑↑↑↑↑↑↑
こちらは、亀田さん愛用のメトロノーム。
放送上では、このメトロノームを使用して、
BPMの変化を紹介しました!


さあ、僕がオススメする走る音楽は、、、
先ほどのアヴリルちゃんの「Girlfriend」と並んで
僕も愛用しているこの曲をきいてもらいましょう。
BPM=80をBPM=160に感じて聴いてください。

You give me something / James Morrison

james morrison.jpg


プレイリストに、自分の走るピッチと同じBPMだけでなく、
丁度半分のBPMの曲も交えて走ると
ランニングライフと音楽ライフの両方が充実して
とても快適ですよ!

というわけで、音楽は、
走る肉体と走る気持ちを繋げてくれる、
ランニングの素晴らしいパートナーです。
しかも、景色や記憶をブレンドし、
目に映る風景以上の風景を映し出してくれる、
素晴らしいパートナー。
走る音楽。みなさんもお気に入りを探してみるといいかもね。


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:32 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月23日

アーティストが知りたい音楽のヒミツ”いきものがかり”編

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第80回目のテーマは…

「アーティストが知りたい“音楽のヒミツ”」

今週は4日間、日替わりで僕とゆかりのあるアーティストが登場して、
音楽の疑問をぶつけてくれます。
今日登場してくれたのは「いきものがかり」


(吉)亀田さん、そしてJ-WAVEをお聞きの皆さん、こんにちは。私たち…
(全員)いきものがかりです。
(吉)ボーカル吉岡聖恵です。
(水)ギターリーダー、水野良樹です。
(山)ギターハープ、山下穂尊です。
(水)いきものがかりです。お久しぶりです、亀田さん。
   亀田さんにはまさに直近でNHKの
   ロンドンオリンピック放送テーマソングになっている、
   「風が吹いている」という曲をプロデュースしていただきまして、
   非常に長い曲で、それをまとめ上げていただきました。
   もう何曲もやっていただいてるんですけども、
   いつも亀田さんの現場は楽しくて、
   楽しいんですけど、なかなか亀田さんが…
   なんていうんですかね、緊張感がありますよね。
   どうですか?スタジオ内で。
(山)すごく的確に指示をしてくれる感じがあって、
   整理されてやってると思います。
(水)いつも僕はドキドキしながら、スタジオにいる感じがしますけどね。
(吉)楽しいけど緊張感もある。
(水)そうそれが、すごく大事だなと思います。
(水)さぁ、今日は亀田さんに音楽の疑問をぶつけていいということで、
   ちょっと質問しようかなと思うんですけど、
   実は山下が8月27日で30歳に。
(山)30代に突入します。
(水)僕、水野もですね、もうちょっとで12月で30になります。
   ちょっといきものがかりは、年齢を経てきて、
   すごく変化ということに
   意識を向けることが多いんですけど、
   たとえば、亀田さんは20代の頃のご自分とか、30代の頃のご自分とか、
   今のアレンジだったり音楽だったり、
   自分のやっていることの変化っていうのを、
   どこに感じるのか?
(山)心持ちだったり、モチベーションというのは、聞いてみたいなと。
(吉)どのように進化されていっているのか?とか、まだこれからこの先は
   どんな風に進化していきたいとか、そういうことも聞きたいですね。
(水)これから亀田さんがどのようになっていくのか、
   ご自分でどのように考えられているのか、すごい興味がありますね。
   ぼくらからしたら、憧れの人じゃないですか。
   憧れの人の憧れってなんだろうって、感じもしますけど、
   そこらへんをお聞かせいただけたらうれしいなという風に思っております。
   以上いきものがかりでした。

● はい、なんだかスペシャルウイーク最終回は
 人生相談みたいな質問になってきました!
 「年齢によって、その都度、音楽に対する向き合い方が
 どのように変わってきたか?そして変わっていくか?」
 ということですね。これを、僕の30代の時をサンプリングして

・ ・・お答えしましょう!

僕の30代は、まずね、長男が生まれてパパになっていましたね。
これ案外大きいんですよ。
親は子供と一緒に育っていくんですね。
例えば、それまでは、朝までレコーディングした次の日は
昼までグーグー寝ていてもよかったわけ。
それが子供がいるとそうはいかない。
朝、いやおうなしに叩き起こされる。
たまの休みの日に旅行にいこうとする。
そうすると決まって、子供は熱を出したりする。
飛行機の中でもずっと泣きっぱで
成田とロスの間、ほとんど妻と交代で
だっこしながら機内を歩いていたりする。

こんなふうにね、
自分の思い通りにはならないことが
次から次へたくさん起きるようになる。
でも、自分で、手探りで解決していかなければならない。
これが、現場でのプロデューサーとしての
判断力や、行動力といった
基礎体力を作りましたね。

なんだかね、30代の頃は、
もうある程度アレンジャーとして
仕事もたくさんしていたんだけど、
どうも、自分のベースプレイがイマイチしっくりこなくて。
僕のベースの失敗のせいで
レコーディングが時間かかっちゃったりして
なんだか、いつも迷惑かけていて、、、
これじゃダメだと思って
基礎トレーニングをもう一度しっかりやり直したんです。

朝起きて、ベッドの上で2時間!ひたすらベースを練習をする。
この寝起きのα波が出ている無意識の状態で
楽器と戯れるのがいいんですよ。
楽器がまるで自分の手足になるんです。
昼間はスタジオに行って、仕事するんだけど
今度は、夜家に帰ってきてまた2時間!
とにかく、夢中でベースを練習したな。
これを30代に入って、2〜3年やったかな。
この時、作り直したベースプレイヤーとしての基礎が
自信になって今に繋がっています。

そうやって頑張っていたら、
不思議なもので
椎名林檎さんに出会うんです
僕が椎名林檎さんに出会ったのは33の時。
初めて僕のスタジオに遊びに来たときから
ビートルズと、マライヤ・キャリーと美空ひばりと、
サウンド・オブ・ミュージクと、カーディガンズを
全部カッコいい〜!って、
きゃあきゃあ言いながら無邪気に歌う彼女に会った時に、
それまで、僕の中にあった洋楽至上主義みたいなものが
急につまらなく思えて、
世の中には、良い音楽と悪い音楽しかないんだ。
って確信を持ちましたよ。

というわけで、30代とは、
それまで準備していたことが
花開く時代なのかも。
素晴らしい出会いがあり、自分一人の力ではなく、
誰かに助けられたり、誰かを助けたりして
前に進んでいくのが、30代だと思います。
誠実で一生懸命音楽を鳴らす
いきものがかりの30代も、きっと前途洋々だよ!

というわけで、今日は
僕が20代の時に夢中で聴いたアルバム
ムーンライダーズの
『Don’t Trust Over Thirty』(30歳以上の言う事を信じるなよ!)という
アルバムから、超カッコイ曲を聴いてください!

M.  9月の海はクラゲの海       /  ムーンライダーズ       

31XG260CQHL.jpg

夢って叶えた瞬間がゴールじゃないんですよね。
叶えるまでの時間に、新しい自分になる準備が出来ている。
だから、夢を叶えた瞬間に、そこに新しい自分がいる。
この新しい自分に逢いたくて
毎日音楽と戯れているんです!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:27 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月22日

アーティストが知りたい音楽のヒミツ”RHYMESTER”編

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第79回目のテーマは…

「アーティストが知りたい“音楽のヒミツ”」

今週は4日間、日替わりで僕とゆかりのあるアーティストが登場して、
音楽の疑問をぶつけてくれます。
今日登場してくれたのは「RHYMESTER」の
【DJ JIN】さん、【宇多丸】さん、【Mummy-D】さん。


【宇】亀田さんへの質問ということで、色々聞きたいことは山ほどあるんですけど。
【M】もうね、師匠は俺らからすると学校の先生みたいな、校長先生ですからね。
【宇】聞きたいことは山ほどあるんですけど、この質問一つにね、
絞るのに殴り合いの喧嘩をしまして。
【M】さっきね、よーやっとそれぞれ落ち着いてね、「まぁ仕事としてやりましょうよ」と。
【D】割りきってね、仕事として割り切って。

【M】質問はですね、「『音楽の今っぽさ』みたいなものを決めているものは何か?
要素は何か?」っていうのをちょっと聞きたいなと。
それって時代によって、ジャンルによって色々あると思うんですね。
例えば80年台だったら「このシンセの音が80年代っぽい」とか、
「このビートの音が80年代っぽい」とか。
あるいは時代によっては「BPMがこのくらいなのがその時代っぽい」とか。
いろんなその時その時で「今っぽさ」っていうのを
決める要素があると思うんですけど。
今この2012年現在は音楽の今っぽさを決めているのは
何だと亀田さんはお考えですか?と聞いてみたいと思います。
というのはですね、音楽像として例えば「70年代風の音楽をしているから古臭い」とか
「80年代風の何とかだから古臭い」とか「何とかだから新しい」とか。
そういう音楽像自体で新しい・古いがあんまり決められない時代というか。
【M】ついに何でもありになったとこあるよね。
【宇】そうそう、ホントの意味でなんでもありって状態になってる中で…
【M】でもやっぱりあるんだよね。
【宇】ある!そうなの!ジャンル問わず「こっちは同じ事やって今っぽいのに、
こっちは単に古臭い」その違いが出るのはなんでなんだろう。
というのをよくメンバー間でも話し合ってて。なので!
ぜひこれは亀田校長のお話を伺ってみたいと思った次第です!

いつのまにかに、僕は校長先生になっています。
殴り合いのケンカまでさせてしまい、すみません…
とりあえず仲良くやりましょうね!
RHYMESTERからの音楽の疑問は…「今っぽさとはいったい何なのか?」
核心をついた、いい質問ですね。

お答えしましょう!

「今っぽい」なんとも甘美な響きですね!
クリエイターなら、誰もが「今っぽい」って言われてみたいのではないかな、、、
でもね、気をつけなければいけないのは、このごろは「今っぽい」ものが多すぎて
あっというまに古くなっちゃう。
「今っぽい」の賞味期限がめちゃくちゃ短い。
「最新」がネットなどで手軽に複製されてしまう時代です。
だから、「今っぽさ」に憧れて、「今っぽさ」を追い求めると
その作品を出す頃には、one of themなものになって軽く流されてしまいます。

今までは、今、まさにブームになっているものが「今っぽさ」だったんだけど、
2012年、現在の「今っぽさ」はブームを追いかけずに
自分のスタイルで、ブレずにいることが「今っぽい」気がします。
それが、今っぽい音、フレーズ
たたずまいになっているのではないかな。

具体的には、ジャンルを問わず、生でも打ち込みでも、
手作り感のあるものは「今っぽさ」を感じますよね。
星野源ちゃんとか。一生懸命、その音楽のことを考えて自分のできることに、
正直に向き合っているアーティストは「今っぽい」です。

次に、何でもアリの歴史ですね。
そもそも、「何でもあり」になったのは、いつ頃からなんでしょう。
僕が思うに、RHYMESTERの得意技、HIPHOPが、
なんでもありを公認し、熟成しましたね。

80年代に打ち込みが登場して、
90年代にサンプリングが登場して、
湾岸戦争や、911や、地球温暖化や、震災、、
いろんな不都合を味わって行く中で
音楽はどんどん自由になっていきました。
サンプリングネタで古いのからひっぱってくるのもよし、
BAWDIESみたいに生演奏で古いのをひっぱってくるのもいる。
ここにきて、まさにジャストタイミング!
何でもアリを、楽しめる環境が育ったんですね。

いずれにせよ、新しく感じるのか、古くさく感じるのか
その分かれ目は、みんなとシェアしたい気持ちがあるかどうか、
ということだと思います。

たとえば、同じ70‘sを取り入れるにも、
「最近の音楽つまんないしょ。70‘sが一番でしょ!」っていう、
閉じた、自分中心の上から目線で音楽聴かされても、
やっぱり聴く方はつまんないと思うんです。
それよりも、「もう、何でもアリで、70‘sのこの感じ
めちゃいい感じだから、みんなに聴かせてあげたい!」っていう、
開いた、友達目線の音楽が楽しいですよね。
時代の空気感までシェアする気持ちがある音楽って、
やっぱり楽しくて、聴く人の幸せ感って変わってくると思うんです。

何でもアリなシーンの中で、
ブレない音楽性と意表をついたコラボで全世界でヒットした
この曲をお届けしました!

Payphone  / Maroon5 feat.KALIFA

uica-1062_01_l.jpg

ところで、ap bank fesで3年連続で共演しているんですけど、、
RHYMESTERのシェア感たらハンパないですよ。
なにしろ、JINさんのトラック、宇田丸さん、mummy Dのラップが
会場にいるお客さんの一人一人にまで届いていく。
まったくブレない存在感は2012年型ではないかな。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:32 | カテゴリー:

2012年08月21日

アーティストが知りたい音楽のヒミツ”Superfly 志帆さん”編

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第78回目のテーマは…

「アーティストが知りたい“音楽のヒミツ”」

今週は4日間、日替わりで僕とゆかりのあるアーティストが登場して、
音楽の疑問をぶつけてくれます。
今日登場してくれたのは「Superfly」の【志帆さん】!

「今日は亀田さんに音楽の質問をさせていただけるということで、
 Superflyから、一つ質問をさせていただきたいと思います。
 亀田さんが思う、素晴らしいアーティストとは、どんな人ですか?
 というのを質問させていただきたいと思います。
 亀田さんはたくさん色んなアーティストの方と、お仕事をされてると思うんですけど、
 どんなアーティストさんが、『うわぁ、この人ほんとすごいな』と
 感じられるのかなと思って、
 そういうのを純粋に聞いてみたいなと思って、質問させていただきました。
 よかったら、答えてください!Superflyでした。」

志帆ちゃんらしいパンチのある直球な質問をいただきました!
「うわぁ、この人ほんとすごいな、本物やな〜」と
感じるのはどんな時かということですね。

…お答えしましょう!

たとえば、ライブで、いつもラジオやCDで聴いている歌と、
全くおんなじ声がパーンと出て来た時、
この人すごいな!って思います。というか、感動します。
つまり、声の存在感です。
その人にしかだせない、唯一無二の声を持っていることは、すごい魅力です。
声だけは、どんなにがんばっても、機械で作りだせないですから。
ボーカロイドでさえ、もとになる生声のサンプルが必要ですからね。

二つ目は、そこにある音楽の種を育てて、
大きな花を咲かせることができるアーティスト。
同じ曲でも、歌い手によって、演奏や聞こえ方が全く変わってくる。
「あれ!?この曲こんなにいい曲だったんだ!」って思わせてくれた瞬間
「この人すごい!」って思います。

素晴らしいアーティストは、
メロディの良さや、歌詞のメッセージ、ミュージシャンの演奏を
どんどん増幅させる事ができるんですね。

三つ目は、夢を与え、夢を叶える歌が歌えるアーティスト、って素晴らしいと思います。
歌の上手さだけではなくて、その人の生き様が、
しっかり歌にこめられているかどうか、ってことじゃないかと思うんです。
よく、コンサート会場で一曲目から、感動しちゃって
ぐちゃぐちゃに泣いちゃっているお客さんいます。
これって、「目の前にSuperflyがいる!」
「志帆ちゃんがいつもCDで聴いてる歌を目の前で本当に歌っている!」
という、夢が現実になった、夢が叶った時に得られる感動なんですね。
この感動を与えられるアーティストは、すごいな!って思います。

最後に、ブレない心。
一緒にツアーをやったり、レコーディングをやっていると
調子のいい日、悪い日、天候や環境がいまいちな時、トラブルがおこってしまった時、
いろんなところに遭遇するの。
そんなときに、ブレずに、
いつものクオリティーで歌って、いつもと同じ感じでバーンって出来る
アーティストってすごい!と思う。
やっぱり、すごい!って思わせるアーティストには
人生をかけて音楽を伝えていく、「覚悟」がありますね。
どんなときも、魂こめて全力でやりきるアーティストって
本当に気持ちがいいです。

Always on your side  / Sheryl Crow & Sting
        
Sheryl Crow & Sting.bmp

考えてみれば素晴らしいアーティストにかこまれて
僕はいつも幸せです。
そしてSuperflyの志帆ちゃんも、間違いなく
これらの条件を満たしている「すごいぞ」アーティストですよ!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:37 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月20日

アーティストが知りたい音楽のヒミツ”サカナクション、山口一郎さん”編

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第77回目のテーマは…

「アーティストが知りたい“音楽のヒミツ”」

はい、この番組「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」では
ラジオの前のアナタから頂いた「音楽に関するギモン」を、募集していますが、
今日は… アーティストからの「音楽のギモン」に答えてみたいと思います。 

そして今週はスペシャル!
4日間、日替わりでアーティストが登場!
僕に疑問をぶつけてくれます。
初日に登場してくれるのは…サカナクション、ボーカルの山口一郎さん!


実は、亀田誠治と一郎君の間には、
たくさんの、共通のミュージシャン、スタッフがいるんです。
一郎君とも、いつも、ツイッターで会話しますよ。
一郎君は、繊細で素敵な言葉をつぶやくんです。

それでは… 【サカナクション】山口一郎君から届いた
音楽の疑問、さっそく聞いてみましょう。

亀田さんにお聞きしたいことなんですが、
今リスナーの皆さんは、よくデータで音楽を聞いている人が多いと思います。
圧縮された音源で音楽を聞いている人が多いと思うんですけども、
僕たちは音楽を制作するにあたって、
圧縮されて聞くことを意識して制作するべきかどうか…
僕は今回ドラマの主題歌だったり、CMタイアップ曲を作るという部分で、
テレビで流れた時にどう聞こえるかって部分を
マスタリングで意識したりはしてるんですけど、
音源をつくる上で、あまり圧縮されたことを意識して音楽をつくるって部分に、
あまり今のところ目を向けていなくて、
今後その辺を意識しなければいけないのかなっていうのを、
考えているタイミングなんですよね。
その辺亀田さんどう考えていらっしゃるのか、お聞きしたいなと思います。
よろしくお願いいたします。

サカナクション・山口一郎君からは、
音源の圧縮についての疑問をいただきました!

音楽にひたすらこだわる一郎君らしい、真摯な質問ですね。

・・・お答えしましょう!

●「音楽を圧縮する」。これはどういうことかというと…
 「圧縮」っていうのはね、例えば、携帯で写メを撮って、
そのまま送ろうとすると、重たくて送れないって経験、みんなもありますよね。
そのときに「サイズを縮小しますか?」って聞かれるでしょ。これが圧縮です。
インターネット上でデータをスイスイやり取りをするために、
狭い箱にたくさんの情報をぎゅっとつめこんでやりとりする。
音楽のファイルでも同じことが行われています。

一体どれくらいの圧縮が行われているかというと、
みんながダウンロードするMP3は、
CDクオリティーの(AIFFやWAVといった)
「非圧縮ファイル=44.1khz/16bit」に比べて、
約10分の1、もしくはそれ以下のサイズに圧縮されています。
例えば同じCDをパソコンに取り込んでMP3化したものと、
CDそのものを聴き比べると、その音質の差は歴然!
圧縮したものは、どうしても音が
「ごちゃごちゃした感じ」「遠い感じ」に聴こえてしまいます。
特に一郎君のようなアーティストには“耳の良い”人が多いから、
「配信音源の音質に馴染めない!」なんてなりがち...
でも、大丈夫!
この音質の格差は、配信用のマスタリングを施すことによって
ほとんど気にならないレベルにとどめることが可能になっています。
例えばコールド・プレイや、レディ・ガガ、ブラック・アイド・ピーズといった、
洋楽の大物アーティスト達は、
CDは今まで通りのCD用のマスタリング、
それとは別に、配信用音源には圧縮を前提としたマスタリングを行っています。

おもしろいのは、怪我の功名で、
中には、配信音源の存在感がCD音源迫力を凌ぐほどの作品も出てきています。
これはクリエイティブに使うと、面白い効果が得られるかもしれないよ。
逆に言うと「そこまでやるか!」を
やらないと行けない時期に来ているということです。
僕も両方やっています。一郎君、ここはがんばりましょう。
ましてやサカナクションは、今や日本を代表するアーティストです。
サカナが先頭を泳いで、
みんなに今の時代の「良い音」を聴かせてあげてください。

では、今日は
コールド・プレイがi-Tunes用に
マスタリングしなおした音源を聴いてもらいます。

Every teardrop is a waterfall / coldplay
        
coldplay.jpg

一方レコーディングスタジオの実作業において、
「配信を前提」にできることは“何も無い”というのが現状です。

ラジカセ、イヤフォン、カーステレオ...
ミックスダウンの時にあらゆるソースで周到にバランスをチェックしても、
リスナーがお好みのEQをi-podにかましていたらゲームセット!

というわけで、僕らは今まで通り「いい曲」を書いて、
「いい音」「いい演奏」をレコーディングするだけです。
ボーカルの息づかい、ピアノのペダルを踏む音、ギターの弦の擦れる音...
スタジオでは隅々まで聴こえるこれらの音を、
電車の中、雑踏の中で
周囲のノイズにかき消されること無く再生するのは大変困難なことです。

だからといって何一つ切り捨てることの出来ない音楽の真実。
いつの日か、完璧(に近い)な圧縮方法が開発されて、
完璧(に近い)ヘッドフォンやスピーカーが生き生きとした音を再生してくれる日が
来ることを夢みて、がんばっていこうね!一郎君!


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:34 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月16日

キングオブロックンロール「エルヴィス・プレスリー」

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第76回目のテーマは…

「キングオブロックンロール・エルヴィスプレスリー」

35年前の今日、
1977年8月16日に亡くなったエルヴィス・プレスリー。
あの時のことはよく覚えていますよ。
僕が聴いていたラジオ番組全米TOP40で、
湯川れい子さんが、涙ながらにエルヴィスの死を悼んでいました。
今日は、42年という短く濃い人生を駆け抜けた
キング・オブ・ロックン・ロール
エルヴィス・プレスリーにフォーカスします!

全米と全英チャートでNo. 1シングルが18曲、
これまでに売り上げたレコード枚数は推定30億枚!

そして没後25年の2002年にリリースした、
ベストアルバム「エルヴィス30ナンバー・ワン・ヒッツ」

3193VPYN75L._SL500_AA300_.jpg
(これ、僕も持っています)は26カ国でNo.1を獲得し、
今もなお、その絶大な人気を誇るエルヴィス・プレスリー
そんな彼の凄さは、どこにあるのかな?

お答えしましょう!

彼の音楽の最大の特徴は、
「黒人音楽の影響を強く受けた、白人によるロックンロールを作り上げた。」
これにつきます。
50年代のアメリカは強く黒人差別が残っていました。
そんな中で、黒人R&Bやジャズとカントリーなどを
一気にミックスして、一夜にして若者が共鳴する新しい音楽を
作り出しちゃった。
ほんとうに、エジソンのような発明です。
まったく新しい、「ロックンロール」という音楽が誕生したのですから。

そして、それまでは、保守的なアメリカの社会に
「?」がついてしまうようなパフォーマンスを、
(腰をくねらせるパフォーマンスが卑猥だといわれたのです!)
その歌唱力と、ルックスと、パフォーマンスで
全部、「オッケー!」にしてしまったんです。
そして、イケメンだったプレスリーは、
一躍国民的スターに躍り出ます。
エルヴィスの登場は、ロックン・ロールが商業的に発展していく、
アメリカン・ミュージック・ビジネスの基礎を作ったんですね。

歌手としてのエルヴィスはもちろん、映画俳優としても
エンタテイメントの世界を切り開いていった功績も見逃せません。
60年代は映画俳優としての活動が多かったエルヴィス。
アーティストが歌唱だけではなく、俳優というパフォーマンスを通じ、
ハリウッドを中心として、お金がまわっていくという
ミュージックビジネスの仕組みを作ったのです。

70年代は、エルヴィスにとってつらい時期が続きます。
主にラスベガスなどのライブショーに、その活動の拠点を移していきます。
苦しい時期ですね。
ロックンロールの生みの親なのに、
ロックンロールは、モンスター化、細分化して
新しい音楽が次々と登場していきます。
でも、エルヴィスは、産声を上げた時のロックンロールの印象が強すぎて、
そこから抜け出せなかったのですね。

ところで、
エルヴィスの影響を受けたアーティストって、たくさんいるんですよ
THE BEATLESのジョンとポールもそうです。
黒人音楽を大胆に取り入れ、
オープンで、音楽的知識欲も旺盛で
革命的なエルヴィスは、
大西洋を渡って多くのUKアーティストに
ロックンロールのカッコよさを伝えたんですね。

では、今日は
エルヴィスに思いをこめて
この曲を聴きましょう。

M.   Love Me tender /    Elvis Presley  

51r8oHrAmqL._SL500_AA280_.jpg  

なんて美しい声なんでしょう!?
息づかいまで聞こえてきますね。
激しいセクシーなロックンロールから
こんなにも優しく甘いバラードまで
なんでもござれ、
あらためて、エルヴィス・プレスリーの偉大さ感じます。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:31 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月15日

元祖野外フェス ウッドストック!

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第75回目のテーマは…

「元祖野外フェス ウッドストック!」

ウッドストックとは、ニューヨーク州の郊外にある場所の名前、
そしてロックファンには、歴史的な音楽フェスティバルとしてお馴染みですよね。
この時の様子はドキュメンタリー映画にもなっているので
ご覧になった方も多いのではないですか?
僕らミュージシャンは、よく打ち上げの2次会のバーに行くと、
今でもよく見たりしますよ。

このフェスティバル「ウッドストック」が開かれたのが
1969年 8月15日、16日、17日の3日間でした。(今から43年前のことです。)
実際は住民の反対によって、ウッドストックの街から離れた
農場を舞台に繰り広げられたんですよ。

30万人とも50万人ともいわれる人が詰めかけたため、運営がその数に追いつかず、
食料や衛生面、ゴミなど、次々と問題が発生。
さらに雨にもたたられるなど、ハードな状況での開催となりました。

出演したアーティストは、
スライ&ザ・ファミリー・ストーン、
サンタナ、
ザ・フー、
ジョー・コッカー
ジェファーソン・エアプレイン、
ジャニス・ジョプリン、
クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングザ・バンド、
グレイトフル・デッド、
そしてジミ・ヘンドリックス…
 など。

それにしても、こんな状況の中、多くの人が集まり、音楽に何を求めたんでしょうか?

お答えしましょう!

1969年といえば、社会に対する不満、政治に対する不満、反戦運動などを歌う
ロックシンガー、フォークシンガーのメッセージが大量に発信されているのに比べて、
若者は、「ラブ&ピース」のメッセージを受け止める一方で、
同意する場所、共有する場所、発散する場所、が与えられていなかったのです。
いいですか、ネットとかtwitterとかの無い時代ですよ。
若者は与えられたメッセージをインプットするだけではなく、
アウトプットする場所が欲しかったのですね。

それには、「ロックフェス」という多数のアーティストが出演するライブが、
最適な場所であることは疑いの余地がありません。
まさに、若者達のラブ&ピースの象徴。
ユートピア&サンクチャリが、このウッドストックだったのです。

この1969年は、まさにロックフェス元年なんですね。
同じく69年には、イギリスのワイト島、
さらに翌年1970年には、
イギリスで「グラストンベリー・フェスティバル」がスタートしました。
「グラストンベリー・フェスティバル」は今でも開催されています。
ウッドストックからはじまった、野外ロックフェスがグラストンベリーにつながり、
それに改良に改良を重ねたものが、
フジロックをはじめ、僕らが楽しんでいるロックフェスといえるでしょう。

まさに、当時のロックカルチャーのシンボルになっているのですね。
その出演したアーティスト達の生き様と音楽と、素晴らしいアクトが
みんなの記憶に残っている。
二度と塗り替えられない記憶が、まさに「永遠」になったのですね。

今日は、ウッドストックの中でも
抜群のパフォーマンスを見せたアーティストの曲をお届け!

The Weight / THE BAND

510sg2+iT5L._SL500_AA300_.jpg

ちなみに、このフェスティバルは『ウッドストック』
というドキュメンタリー映画として公開されました。
マーティン・スコセッシが編集したこの映画は1970年に公開され、
アカデミー賞 ドキュメンタリーフィーチャーを受賞。
ザ・バンドは、このスコセッシとの出会いが、
音楽ドキュメント史上に燦然と輝く映画「ラスト・ワルツ」に繋がって行きます。
一期一会のパフォーマンスが永遠に繋がっていく。
音楽って素敵ですね。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:34 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月14日

夏こそ!レゲエ・ミュージック!

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第74回目のテーマは…

「夏こそ!レゲエ・ミュージック!」

今日はロックやソウルと並び、
世界で愛される音楽ジャンルの一つ「レゲエ」に注目します。

日本では、昔は「レゲエ」っていうと「夏」の音楽・・・ 
みたいなイメージもありました。
今では、誰もが知るスタイルの音楽ジャンルになりました。
90年代以降は、「三木道三」、「MINMI」や「湘南乃風」といった、
J-POP、J-HIPHOPにも導入され、
どんどん他の音楽との融合も進んでいますね。

レゲエが誕生したのは1960年代後半… 
皆さんご存知、ジャマイカで生まれました。
カリブ海に浮かぶ美しい島国ですね。
レゲエの生い立ちにはジャマイカの、この地の利が深くからんでいます。
ジャマイカは、もとはイギリス領。 今でも英連邦王国の一員ですね。
だから、イギリス文化の影響を強く受けています。
しかも、アメリカのラジオだけでなく、大西洋を越えて
イギリスからの音楽も自由にキャッチできたのです。
ジャマイカは、アメリカやイギリスの、ロックやリズム&ブルーズ、ジャズ、から
カリブのカリプソなど、様々な音楽が飛び交うクロスロードだったのですね。

そんな中で登場したヒーローが【ボブ・マーリー】!
彼の存在こそが、レゲエの代名詞です。
自国ジャマイカでの人気はもちろん、
海外に進出した彼らの人気がそれを物語っていますし、
たくさんのロック・レジェンドたちも
レゲエのリズムを取り入れたサウンドを発表しています。

例えば…
I SHOT THE SHERRIF / ERIC CLAPTON
HOTEL CALIFORNIA /EAGLES
ROXANNE / POLICE
 などなど

このような大物アーティストをはじめ
多くのアーティストが、ボブ・マーリーの登場とともに
レゲエのリズムを独自の解釈で取り入れたのです。

ところで、最大のギモン! なぜ「レゲエ」は、裏打ちのビート?
「僕の考え」をお答えします !

裏打ちのビートにアクセントがあると
表のビートすなわち、1拍目を、自分のカラダで
感じなければならなくなります。
「ウ、ッチャ /ウ、ッチャ」の「ウ」の部分を自分で
感じなければならないということです。

つまりレゲエは自分のカラダで能動的にリズムを感じていく。
自分参加型のグルーヴなのですね。
だからこそ、グルーヴを感じた瞬間
開放的な気分になれるのではないでしょうか?

I can see clearly now / Jimmy Cliff

BOB.jpg

この曲は
真冬のオリンピックにボブスレーの選手を送り込む
映画「クールランニング」の主題歌にもなりましたね。

カリブの風が吹いてくるよう。
POPなアレンジがトッピングされ
レゲエも進化していることを感じます。
聴きやすいレゲエ入門編としてもおすすめ!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:33 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月13日

亀田流、J-WAVE HITの法則〜!

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第73回目のテーマは…

「亀田流、J-WAVE HITの法則〜!」

今日は、8.1.3でJ-WAVEの日。
朝から、ここJ-WAVEのいろんな番組でも、
スペシャル企画で盛り上がっています!
というわけで、FMカメダでもやっちゃいますよ。

自称J-WAVEヘビーリスナーの僕が、
その名も『J-WAVEヒットの法則』と題してお送りします!

さて、このJ-WAVEヒットとは何か!?
それは、J-WAVEの電波から流れてヒットしたもの。
もしくは、J-WAVEならではの匂いがするヒット曲のこと。

例えばこんなものがありますよ!

*ORINOCO FLOW / ENYA
*TELL ME WHERE YOU’RE GOING / SILJE
*I LOVE YOUR SMILE / SHANICE
*HOW CRAZY ARE YOU? / MEJA
*Virtual Insanity / Jamiroquai
*SHY GUY / DIANA KING

はい、何となーくJ-WAVEでよく聴いたなぁ。
そんな気がしませんか?
いわゆる、世の中の一般的なヒットチャートとは
ちょっと違う雰囲気で
新しい時代をきり開いていったJ-WAVEのヒット曲たち。

では、このJ-WAVEでヒットする曲には、何か法則があるのでしょうか?
・・・お答えしましょう!

1)J-WAVEは「東京のちょっといいこと」を象徴しています。

この「ちょっと」というのがポイントです。
「ちょっと」だから、リスナーのみなさんも手が届きそうな感じがするんですね。
音楽、ファッション、食、環境、、、
番組で取り上げる、あらゆるアイテムに、
J-WAVE流の、「東京のちょっといいこと」クオリティーというものが存在してるの。

そこには、リスナーのみなさんの
「こうありたい!」「これがほしい!」という、
いわゆる「wanna-be」がたくさんつまっているんですね。
J-WAVEでかかるJ-WAVE HITたちは、
その、「wanna-be」を実現するための、
サプリメントのように、東京で生きる人たちの背中を押してくれているのです。

2)バイリンガルであるナビゲーターの方々の個性も

大きく影響します。
J-WAVEの番組は、
日本の中の東京ではなくて、世界の中の東京」という
ブランディングがされているんですね。
そして、ここがポイント!
J-WAVEナビゲーターの方々は、
バイリンガルであっても、しっかりとした日本人の皮膚感覚を持っている。
つまり、外国人ナビゲーターが、外国語を交えてトークしていても
心は日本人なんです。
ここに、J-EWAVE HITの秘密があります!

世界とクロスオーバーする東京という街から
日本人の心でメッセージを発信する。

そうなってくると、おのずと音楽も、グローバルに通用する
キャッチーさが求められるし、J-POPも、それらの洋楽と並んでも
遜色無いサインドやクオリティーが求められる、
というわけなんですね。


3)J-WAVE HITは何よりも自由で、クリエイティブですよね。

たとえば、「パクスカ」ではブリティッシュ色、
「ランデブー」ではワールドミュージュック、
かと思えば「グルーヴラインZ」ではJ-POPから洋楽までを
リスナーと近い距離感で提供。
いずれの番組も、「音楽の個性」と「ナビゲーターの個性」
この二つの車輪で、地に足をつけてしっかり走っている。
だから「LIVE感がある」、「イキイキしている」
この感覚がブレないんですね。

では、今日聴いていただいたのは、
そんな、J-WAVE HITを代表するアーティスト。


It Doesn’t Stop / maia hirasawa

maia.png

どうです、wanna-beを感じるポジティブな音楽。
この「何か新しい登場感」と「理屈抜きで楽しめる」洋楽というのが
J-WAVE HITの基本ですね。
音楽と一緒。
ラジオはリスナーのみなさんと一緒に作り上げているんです。
もし、あなたがJ-WAVEでかかる音楽が
おしゃれだとか、かっこいいと感じるであれば、
それを聴くリスナーのみなさんもかっこいいということなんですよ!
これからも、J-WAVE HITからたくさんの素晴らしい音楽に出会えますように!


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:53 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月09日

FM KAMEDA 夏のサウンドトラック〜花火

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

今週はみんなの「夏」をバックアップして
時には盛り上げ、時には寄り添う? 
音楽のコンピレーションを、作っています。

題して… 

FM KAMEDA 夏のサウンドトラック!

日替わりテーマでシチュエーションを設定、
「海」、「祭り」、「山」と続きましたが、
最終日は…

「FM KAMEDA 夏のサウンドトラック〜花火」

hanabi.jpg

1曲目は…

♪1 花火 / AIKO
31FQZ5JNEXL._SL500_AA300_.jpg

夏の花火をJ-POPの中で、一躍有名にしたのはこの曲でしょう。
AIKO自身のブレイクともかぶって、
この曲は音楽ファンの心に強烈に焼き付いていますね。
花火と星座を結びつけたところがロマンチックです。
このaikoの感性は大きな共感を生みましたね。

♪2 FIREWORKS/KATY PERRY
41bP-KNXr+L._SL500_AA300_.jpg

花火にまつわる歌は、洋楽になると激減するんです。
面白いですね。これも桜ソングと同じですね。
これは、習慣の違いです。
海外において花火は、花火で季節を感じるというよりも、
イベントの一つのプログラムみたいなイメージ。
儚いものというよりは、派手にパーといこう!といったイメージです。
僕もNYのニューイヤーの、カウントダウンイベントで
花火が打ち上げられるのを見たことがあります。 
まさに「HAPPY NEW YEAR!」といった、華やかなお祝いの花火でした。   
そんな情景を、今をときめくKATY PERRYは、
彼女の目線で「あなたも花火のように花開くのよ」という
応援歌に仕上げています。

♪3 HANABI/Mr.children
51Pg4QFcxPL._SL500_AA300_.jpg

これこそ、花火ソングの代名詞ですね
素晴らしいイントロ。
「終わらないでくれ!」って思いますものね。
「もう一回 もう一回」この言葉を、このメロディに乗せて
繰り返し歌うところが凄い!
花火は、「想い」そして「願い」の象徴だということを
的確に歌い上げているんですね。
MR.CHILDRENの、バンドとしての積み重ねた時間が
説得力を与えています。 

♪4 少年時代/井上陽水
61PkdVz2U1L._SL500_AA300_.jpg

八月は 夢花火〜♪

たった2小節、たった一行の歌詞で
日本の夏の情景が
すべて語り尽くされている。
こんな歌は他にはありませんよ。
  
花火の歌というよりも
もはや、日本の夏歌の代表ですね。
誰もが記憶の中に持っている、夏の情景を、
裏切ることなく辿るから、
普遍ソングとして愛されているのですね。
そして、日本語の響きを大切にしているところが
春歌の代表・森山直太朗の「さくら=独唱」に
通じるところがあります。
ほら、やっぱり、花火は夏の桜だ!

♪5 若者のすべて/フジファブリック
41QgvwuvlGL._SL500_AA300_.jpg

タイトルに花火は出てこないけど、
花火という夏の風物詩が
僕たちの心に、どれほどおおきな彩りを与えてくれているか
繊細な感性で切り取った、
生きて行く力を与えてくれる1曲です。

「あの曲が良かった!」「気になる曲があった!」という方は、
ぜひご自分のライブラリーにプラスしていただきたいと思います。
そして、もしよかったらジャケット↓↓↓↓をダウンロードして、
FM KAMEDAコンピ作ってみてください!

hanabi.jpg

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:30 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月08日

FM KAMEDA 夏のサウンドトラック〜山

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

今週はみんなの「夏」をバックアップして
時には盛り上げ、時には寄り添う? 
音楽のコンピレーションを、作っています。

題して… 

FM KAMEDA 夏のサウンドトラック!

日替わりテーマでシチュエーションを設定、
「海」、「祭り」と続きましたが、
今日は…

「FM KAMEDA 夏のサウンドトラック〜山」

mountain.jpg

1曲目は…

♪1 BABY,I LOVE YOUR WAY / BIG MOUNTAIN
514CENGW3HL._SL500_AA300_ (1).jpg

いきなり反則ですが(笑)アーティスト名に「山」が入っていることでエントリー(笑)
でも、この曲、夏にぴったり!
レゲエのリズムと、だれにでも口ずさめるメロディが、
ドライビングミュージックにぴったり!だと思いませんか? 
「君の生き方が好き!」というラブソングとしての懐の深さもいいですね。

♪2 夏、ハイランドフォールズにて / BILLY JOEL
61I2uiUdbnL._SL500_AA300_.jpg 

NYから車で一時間くらいのところにある避暑地ハイランドフォールズ。
ハイランドフォールズには、陸軍士官学校ウエスト・ポイントがあります。
誰でも自由に見学できますよ。
映画「愛と青春の旅立ち」で、卒業式で帽子を空に向かって投げたあの学校です。

僕もビリーの曲のタイトルに惹かれて、ドライブにいきましたよ。
街の喧噪を離れてどんどん緑が深くなってくる。
この曲の流れるようなピアノを聴くと、今でも、ハイランドフォールズを流れる
ハドソン川の上流の夏色の景色が目に浮かびます。

NYからたったの1時間で、こんな自然にかこまれた美しい場所があるの?って感じ。
東京から富士山に行くくらいのイメージ。
クルマをしゅっと走らせ、この曲を流しながら、窓を開けて緑の匂いに包まれる。
そんな時間も素敵ですね。

♪3 晴れたらいいね / DREAMS COME TRUE
51lUN7wv3uL._SL500_AA300_.jpg

これは、まさに山登りに行く前のワクワク、ウキウキを歌った曲。
家族との思い出と、家族愛を軽やかに歌っているところが素敵。
ラブソングのテーマは男女の恋愛だけではないんですね。
家族で楽しめる、夏の歌!

♪4 Climb every mountain /映画「サウンド・オブ・ミュージック」サントラより
021.jpg

家族と楽しめるといえば、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のサントラから
「すべてのやまに登れ」です。
オーストリアから山の尾根を超えて、スイスに入るラストのシーンで流れていましたね。
雄大なアルプスと、戦争から逃れたトラップ一家。

山を越えて 流れをわたり
虹をおって 夢をつかみなさい

なんて素晴らしい歌詞なんでしょう。
「海は渡る」しかし、「山は越える」というぐらいです。
海の歌の恋愛度数の高さと比べて、山の歌は、人生度数が高くて、
これまた味わい深いですね。

♪5 Let The River run / Carly Simon
515KTluEDtL._SL500_AA300_.jpg

89年に映画「Working Girl」の主題歌でアカデミー賞を取った名曲。
空に広がる歌声、地面に響きわたるドラムのビート、
大自然の雄大さが伝わってきます。
映画「Working Girl」はNYの大都会でくりひろげられる
キャリアウーマンの映画でしたが、
大都会と大自然、この振れ幅が大きければ大きい程
僕らは生きているって実感するのかな。
大都会だけでも窮屈だし、大自然だけでも退屈だ。
僕らにとってこのバランスが大切なんですね。

「あの曲が良かった!」「気になる曲があった!」という方は、
ぜひご自分のライブラリーにプラスしていただきたいと思います。
そして、もしよかったらジャケット↓↓↓↓をダウンロードして、
FM KAMEDAコンピ作ってみてください!
mountain.jpg

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:32 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月07日

FM KAMEDA 夏のサウンドトラック 〜祭り

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

まだまだ始まったばかりの「夏」。
この「夏」の季節をたっぷり楽しみ、
良い思い出を作るのに欠かせないのが、みんなも大好きな「音楽」なのでは?
そこで、今週はみんなの「夏」をバックアップする、
サウンドトラックを、僕、亀田がお手伝いしちゃいます。

題して… 

FM KAMEDA 夏のサウンドトラック!

8月6日から4日間、日替わりテーマでシチュエーションを設定、
4枚の夏のサントラを僕が選曲します。

今日は…

「FM KAMEDA 夏のサウンドトラック 〜祭り」

matsuri.jpg

では、さっそく1曲目からスタートです!


♪1 夏祭り / ジッタリンジン
jitta.jpg

やっぱり、この曲はどうしても外せないですね。

この曲は、メロディ、歌詞、アレンジ、
全てがザ・日本なんですね。
そう「メイド・イン・ジャパン」なんです。

四七抜きの和風マイナーのメロディ。
「花火」「浴衣」「金魚」「綿菓子」、、、
夏祭りにまつわるキーワードが満載の歌詞。
サウンドだって三味線みたいなリフを弾くギターも印象的。
ここがポイントです。
「メイド・イン・ジャパン」が、
あっちこっちに散りばめられている。
そして、叶わない恋を抱く「君」の存在。
情景も日本。心情もナデシコ。
日本の夏の情景を、ぜんぶひっくるめて
パっと絵に描いたらこんな感じなんでしょうね。

♪2 カーニバる? / ナオト・インティライミ
naoto.jpg
 
こちらは和製ラテン。
サンバとレゲエのミクスチャーですね。
この曲の素晴らしいところは、お祭りを恋愛の舞台にしないで
祭りの持っているポジティブな側面に注目して、
頑張っている人や落ち込んでいる人への、
応援歌として仕上げたところです。
つまり、お祭りの持っている「気」…「元気」に注目したんですね。

これも、バックパックひとつで28カ国を旅した、
「日いづる国のおまとゥり男」ナオトだからこその説得力。 
リアリティーが違いますね! 

♪3 ニライカナイ / COCCO
cocco.jpg

お祭りといっても、カーニバル的なお祭り騒ぎなサウンドばかりではありません。
祭祀(神のマツリゴト)としての祭りを、音楽の中に取り入れたのがこの曲です。
このように、お祭りを、祖先と繋がり、
自分の命が帰って行く場所としてとらえたCOCCO。
ふるさと沖縄への愛情、ふるさと地球への愛情が感じられますね。 
みなさんも、盆踊りの盆は、ご先祖様を迎える盆。
祖先との繋がりを考えてみるのもいいですね。 

♪4 神輿ロッカーズ feat. RHYMESTER / KICK THE CAN CREW
ktkc.jpg

ヒップホップは、元来「祭り」的要素が強い音楽です。
延々繰り返されるビートにのせて、音楽が止まる迄ずっと踊り続ける人達。
僕は、この神輿ロッカーズ聞いたとき、徳島の阿波踊りを思い出しますね。
「えらこちゃ、えらこちゃ、よ〜いよ〜いよ〜いよ〜い」の阿波踊り!
この曲は、もはやラップですもんね。
頭をカラッポにして、声をからして、踊り続ける。
音楽は大昔から繋がっているのです!
ここに新しい音楽が生まれ変わるヒントがあるかもしれませんね。

♪5 風になりたい / THE BOOM    
boom.jpeg

ここで歌われているのは無償の愛です。
幸せは、相手を思う小さな幸せから生まれる。
誰もがみんな繋がっていくんだというとても個人的な歌なのに、
まさに、お祭りの本質を歌っている素晴らしいメッセージソングだと思います。

今回はお祭りに注目してきましたがお祭りは、神と繋がり、
祖先と繋がり、そして、時代と繋がっていることがわかりますね。

この5曲が
みなさんの「夏」をますます盛り上げてくれますように!

「あの曲が良かった!」「気になる曲があった!」という方は、
ぜひご自分のライブラリーにプラスしていただきたいと思います。
そして、もしよかったらジャケット↓↓↓↓をダウンロードして、
FM KAMEDAコンピ作ってみてください!
matsuri.jpg

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:32 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月06日

FM KAMEDA 夏のサウンドトラック〜海 

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

まだまだ始まったばかりの「夏」。
この「夏」の季節をたっぷり楽しみ、
良い思い出を作るのに欠かせないのが、みんなも大好きな「音楽」なのでは?
そこで、今週はみんなの「夏」をバックアップする、
サウンドトラックを、僕、亀田がお手伝いしちゃいます。

題して… 

FM KAMEDA 夏のサウンドトラック!

今日から4日間、日替わりテーマでシチュエーションを設定、
4枚の夏のサントラを僕が選曲します。

今日は…

「FM KAMEDA 夏のサウンドトラック 〜海」

sea.jpg

では、さっそく1曲目からスタートです!


♪1 楽園ベイべー / RIP SLYME
rip slyme.jpg

サンバ調のラテンのリズムが、夏のドキドキ感を煽りますね。
PVの印象もあるけど、舞台はビーチリゾートのホテル!?
そんなところにいきたくなっちゃいますね。
RIP SLYMEが「夏の海」を取り上げると
メンバーそれぞれのキャラも相まって
どこか、やんちゃで、ボーイズ&ガールズの、恋愛ドラマのお膳立て十分!
しかも「楽園」というキーワードによって、ウハウハの開放感が増しますね。
あっぱれの確信犯!

♪2 WASTING TIME / JACK JOHNSON
jack johnson_wasting.jpg
 
レゲエ調のリズムが、心を和ませますね。
さっきの、RIP SLYMEのサンバもそうですが、
夏の海の曲には、サンバ、ボサノバ、レゲエといった
ラテンのリズムがとてもよく似合います。
これは、「海うた」の、てっぱんのリズムですね。
ましてや、歌っているのは、ご自身もサーファーのジャック・ションソン。
日照りのビーチでもいいけれど、
サンセットでカクテルでも一杯やりながら聴くのもピッタリではないかな。

♪3 BEACH BABY / THE FIRST CLASS
first  class.jpg

70年代に全米  位を記録したイギリスのバンド、
THE FIRST CLASSの「BEACH BABY」です。
甘酸っぱいメロディー、ビーチボーイズライクなコーラス
めくるめく転調、キラキラのアレンジ。
70年代のビーチボーイズのカリフォルニアサウンドを見事にオマージュした佳作です。
90年代にはBAHA MENというグループがカバーして話題になりました。

♪4 SPARKLE /山下達郎
yamashita.jpg

80年代のJ−POPシーンで、一世を風靡した夏アルバムから。
夏のJ-POPといえば達郎さんですね。
さわやかなギターカッティングからはじまる、
ドラマチックなイントロ、まさに夏のドラマが始まるようでしょ!
達郎さんの夏うたが、今の夏うたと明確に違う点は、
最近の夏うたは「夏の情景」よりも、「夏の心情」
つまり「あの娘にドキドキしてる」
「好かれたいからおしゃれする」みたいに、
自分の思いを伝えるラブソングになっているものが多いのですが、
達郎さんの歌は、もっと世代を問わず多くの人が感じられる
「夏」のスタンダードな風景を、研ぎすまされた言葉で
映像的に繰り広げられているところがPOPなんですね。
                            
こうやって聴いて行くと、
夏の「海うた」は
サウンドが「ラテン」や「海」を
感じさせるアレンジになっていることに気がつきます。
そして、その歌詞のポイントは
これから海で繰り広げられるドラマへの「期待感」。

もしくは、そこで繰り広げられたドラマが
夏とともに終わっていく時の「せつなさ」。
この2点に集約されます。
どれも素晴らしい曲たちですね。


♪5 真夏の果実/サザンオールスターズ    
southern all stars.jpg


日本の夏を彩ってきたこのアーティストの一曲。
イントロだけで「夏の終わり=恋の終わり」という
せつなさを見事に表現しています。
素晴らしいメロディ。歌詞。アレンジ。
この曲を初めて聞いたとき僕は
プロデューサーになろうと決心したんですよ。


この5曲が
みなさんの「夏」をますます盛り上げるといいなぁ〜!

「あの曲が良かった!」「気になる曲があった!」という方は、
ぜひご自分のライブラリーにプラスしていただきたいと思います。
そして、もしよかったらジャケット↓↓↓↓をダウンロードして、
FM KAMEDAコンピ作ってみてください!
sea.jpg

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:32 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月02日

恐怖を感じるサウンド

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第68回目のテーマは…

「恐怖を感じるサウンド」

はい、今日のパクスカは「信じられない夏の出来事」、
いろいろと紹介しているようですね。

皆さんからは、稲川淳二さんもビックリの
怖〜い話なども寄せられているようですが、
今日はこの「恐怖」に関して、
サウンド面から考えてみたいと思います。
(あ、でも、僕が怖い話をするわけじゃないから、
ラジオはそのままでお願いしますよ。)

まず、人間が「恐怖」を感じるのは、どんな時でしょうか? 

たとえば
*見たことも無いモノを見た時、聞いたことも無い音を聞いた時
*なにかに追われている、
 どこからか見られている… などの感覚を味わった時
*闇の中に投げ出されたとき、上下左右など方向感覚を失った時

それはすべて「わからない」「しらない」。
つまり予備知識がないから怖いんです。
身の危険から自分を守る、防衛本能が働くんですね。

まぁ、一番わかりやすいのがホラー映画だったりしますが…
ここで、名作ホラー映画のサウンド、
ちょっと聞いてみましょうか?

♪サスペリアのテーマ
 こちらは1977年に公開され、
 大ヒットしたイタリアのホラー映画「サスペリア」。
 音楽を担当しているのは、
 同じくイタリアのプログレッシブ・バンド、ゴブリンです。
 どこかファンタジーの香りがするオルゴールのような旋律の奥から
 絞り出すようなうめき声がループする… 
 わかりきった展開だけど、やっぱり怖い!
 ちなみにこの映画「サスペリア」、
 日本公開の際のキャッチフレーズ
 「決して、ひとりでは見ないでください」。
 が大流行しました。

♪オーメンから「悪魔の嵐」
 こちらもクラシックな作品、
 「オーメン」から「悪魔の嵐」というタイトルが付けられたナンバー。
 1976年、こちらはアメリカで制作されたホラー映画。
 悪魔の子“ダミアン”を巡る奇妙な出来事が恐怖をあおる名作ですね。
 「666」 って数字が並ぶとちょっとゾワゾワするのは僕らの世代!?
 サウンドの方は全体手に歌がフィーチャーされ、
 そこにオーケストラの楽器が絡むクラシックなスタイルです。

♪RING 〜「MAIN TITLE OF THE RING」
 でました、日本ホラー代表! 「リング」です。
 この一部分を聞いただけでも、
 映画を見た人には色々なシーンが浮かび上がってきます。
 日本で大ヒットした後、
 アメリカでリメイク版が上映されるほど話題になりました。
 不協和音、闇から響くコーラス、迫ってくるようなオーケストラ…
 ホラーなサウンドを作るお手本、教科書のような作品です。

♪SAWから「X MARKS THE SPOT」 
 こちらは近年増えている新しいタイプの恐怖映画
 「SAW」のサウンドトラックから…
 このタイプの映画、「ソリッドシチュエーション」 
 なんて呼ばれていたりもするようですが、
 視覚的、というよりも精神的にジワジワくる感じでしょうか。
 音楽の方もニュータイプ!
 マリリン・マンソンや
 ナイン・インチ・ネイルズの音楽制作に携わり、
 一時期ナイン・インチ・ネイルズにはメンバーとしても在籍した
 チャールズ・クロウザーという人が音楽を担当しています。
 デジタルなビート、最新のエレクトロ機材を使った
 気持ちが追いつめられるような音の洪水!
 “恐怖をかりたてるサウンド”ですね。

と、いうわけで…
「恐怖を駆り立てるサウンド」いくつか聞いていただきました。
まとめると?


●不協和音普通のPOPミュージックでは
 使われないような響きのコードが使われています。
 特に半音で音をぶつけていくと
 文字通り、音が調和しないので、
 不気味でいやな気持ちになります。
 これが、ホラーの基本、不協和音です!

● 同じ音の繰り返し (ミニマルなフレーズ、ジワジワ怖い…)
 ミニマルミュージクといいます。
 永遠にそこから抜け出せないような恐怖感を覚えます。
 繰り返し、同じ音を聞かされると、閉塞感を覚えて
 息苦しくなるんですね。
 そこを聴覚的にねらった効果!

● 人の声、なにか生き物の声
 「うらめしや〜」とはよくいったもので、
 本来聞こえないところに
 人の声がきこえると、本当に怖いですよね。
 よく、「3分03秒あたりで人の声がする。呪われた曲だ!」なんて
 都市伝説あったりしませんでした?

●意外に怖いのが「無音」
 無音からバーンとか、無音からむせび泣く声…
 みたいなのはイヤですよね?

それらを「音量の強弱」や「不快な音程」、
または音程すらない「音」として構成することで、恐怖感を煽る… 
そんな演出をするわけです。
とにかく、人の聴覚ってそれくらい敏感なんです。
ちなみに、どれだけ視覚に持っていかれているか!
アーティストは、よく、自分の録音したテイクを聞くとき
目をつぶります。
それは耳からの情報に集中したいからです。
お化け屋敷に入ると真っ暗です。
あれ怖いですよね。
そのとき、僕らは手から手探りで入ってくる情報と、
耳から入ってくる音の情報に集中しているんですね。
お化け屋敷のアトラクションが、
触らせる、聞かせる、に集中してるのは、そのためですよ。

さて今日は、「恐怖を感じるサウンド」ながら
楽曲としても完成度が高い!
このナンバーを聞いてください。
1973年、映画「エクソシスト」のテーマ曲としても使われました。

TUBULAR BELLS / MIKE OLDFIELD

51w1gXarVvL._SL500_AA300_.jpg

音楽自体が怖いというよりも
なにか、怖い事が起りそうな気がする
ところがこの曲のすごいところです。
不協和音と、くりかえされるリズムが
いやなこと予兆を表現しているんですね。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:30 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年08月01日

叫べ〜〜夏こそシャウト!!!

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第67回目のテーマは…

「叫べ〜〜夏こそシャウト!!!」

今日のパクスカのテーマは「ROCK IN THE SUMMER真夏のロック宣言!」
8月がついにスタートしました!
暑い夏にカレーが食べたくなるように暑い夏こそ熱くなろう!!!
シャウトが印象的なロックナンバーを聞いて
みんなで真夏のロック宣言しちゃいましょう!!!

声を出すって気持ちのいいもんです。声は、呼吸なんです。
声を出すことによって、深い呼吸が行われるんですね。だから、身体にいい。
医学的には、声の一歩手前のため息でさえ、人間を解放する効果があるそうです。
だからこそ、大声でシャウトすることは最大のストレス発散手段です。
シャウト…叫ぶ!!!
モヤモヤした思い、つのるイライラ、、
あ〜いっそ全部吐き出したい!

でも、日常生活の中でシャウトするって
とっても恥ずかしいですよね。
ていうか街中で、僕が急にシャウトしたら、
みんなビックリして、警察来きちゃいますよ。
せめてカラオケボックスか、、

だからこそ、僕らは、音楽を聴き、音楽を歌い、
ボーカルという音楽のスペシャリストにシャウト係を一任するんですね。
シャウトは僕らの「思い」の代弁なんです。
その気持ちの爆発が上手いボーカルのよく伸びるシャウトでキマルと
自分の気持ちまでスッキリする。
自分の思いがかなった気がするんですね。


さて、シャウトが入ることによって
曲はどんな風に変わるのでしょうか?
シャウトが効いている曲をいくつか聞いてみましょう!

<NINE LIVES/AEROSMITH>
猫のシャウトから〜の〜スティーブンタイラーのシャウト!
AEROSMITHはやっぱりはずせませんね。
アッパーな曲からバラードな曲までいろんなところに
シャウトが使用されています。だって口でかいもん!

<WELCOME TO THE JUNGLE/GUNS N’ ROSES>
アクセルローズのハイトーンシャウトもはずせない!
典型的なメタル声ですね。
ギターと対決する声…お疲れさんです!

<SUMMERTIME/JANIS JOPLIN>
唯一無二のハスキーボイス、誰もが手に入れたい声の持ち主ジャニス。
バラードをシャウトし、身を削って声を搾り出す感じがリアリティがありますね。


日本だと…

<HOTDOG/THE BAWDIES>
彼らが影響を受けたアーティストの遺伝子がぎゅーっと詰まった1曲。
冒頭からシャウト!真ん中もシャウト!最後までシャウト!
3分の曲の間に26回のシャウトがっ!!!これギネスいけるんじゃない?

<KIMOCHI-EEE/RCサクセション>
音楽がなくても耳をすませば、「アゥ」っていうシャウトが聞こえてきそう!
清志郎さんの曲にもたくさんシャウトが入ってますね。
のっけから高まる気持ちをシャウトで表現する。バンドを乗せる、聴き手を引き込む。
まさにシャウトは、音楽の司令塔だということを、清志郎さんが証明していますね。

それではそんな中から亀田誠治が選ぶ1曲は…
50年経っても色あせないシャウト!
ロックンロールは心とカラダを
解放させる最良の処方箋だということを教えてくれます。


TWIST AND SHOUT / THE BEATLES

61FrBWZfZuL._SL500_AA300_.jpg

ジョンのシャウトかっこいいですね〜。もう、肉体と精神の一部になっている!
そんな僕、亀田は、シャウトできないんです。のどが弱いんですね、、、
ガラスのノドなんです(笑)

その分ベースでシャウトするから許して頂戴!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:32 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA