2012年07月31日

波の音に癒された〜い!

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第66回目のテーマは…

「波の音に癒された〜い!」

今日は、パクスカで「海」をテーマにお届けしていますよね。
夏休みに、海に行った!もしくは、海にこれから行く!という人、
たくさんいらっしゃると思います。
波のゆったりした音を聞いていると、
何だかリラックスしてきますよね。
今日は、波音を使った音楽に注目したいと思います!

例えば、波音を使った曲はこんなものがあります…

<LIFE / キマグレン>
ベストアルバム収録の「LIFE」は、ゆったりした波の音からスタートします! 
そこからはじまる、情熱的なラテンビート
「夏が来た〜!!」って気分になりますよね。

<CATCH THE WAVE / Def Tech>
ウクレレと波の音の組合せが、いい感じですね〜。
ハワイアンで使われるウクレレが、もう音だけで
常夏のイメージを演出してくれます。

<LOVE LOVE LOVE / TRISTAN PRETTYMAN>
そして、波の音とサーフミュージックが合わないわけが無い!
ピーカンの真昼のビーチで聞くもよし。
サンセットにカクテルを飲みながら
ゆったり聴くのも最高ですね。

…などが上げられますね。
今回は波音を使った曲にフォーカスをあてていますが
今聞いた3組に共通するのは、実生活で「海」と関連があるアーティスト!
キマグレンの二人は、
逗子海岸で「音霊」というライブハウスを運営しているし、
Def Techの二人は、Shenさんがハワイ出身で、
Microさんは、サーファーでもあります。
そして、サーフミュージック女子代表TRISTAN PRETTYMANは、
サーフィンと音楽を楽しむ両親に育てられ、
少女時代は、典型的な南カリフォルニア・ガールとして過ごしたそう。

つまり、今紹介した波の音は
「海」が生活の一部になっているアーティストの名刺代わりとして、
「波の音」が使われているパターンです。

他にも「波の音」が使われているのは

<チャコの海岸物語 / サザン・オールスターズ>
これは、どちらかというと、
映像的な、演出効果をねらったものですね。
歌いだしに「海岸で若い二人が恋をする物語」とあるように、
カモメと波の音を聞かせて、
一気にその歌の歌詞の世界の中に
聴く人を引き込んでしまうという作戦です。

このように、アーティストのスタンスや楽曲の世界観を伝えるのに、
抜群の効果を発揮するのが「波音」

そもそも波の音にはどんな効果があるんでしょうか?
お答えします。

それは自然界のリズムです。
波は「満ち引き」をおだやかに繰り返します。
この「満ちては引いて」のリズムが、
癒しの効果を生むんですね。

けれども…なんか物足りないでしょう!
これが、「満ちては引いて」をくりかえすと
やった!あたかも、海辺にいる気分!
この地球の生むリズムを
僕たちのカラダとココロが求めているんですね。

よくマッサージやリラクゼーションに行くと
ボサノバのCDに波音をミックスして流していませんか?
あれは、「バカンスで海辺にいますよ〜」「リラックスしてくださいよ」
という処方箋なんですが、なんかイマイチリラックスできないのは僕だけ?
これにはわけがあるんですよ。

実際の自然界は波、風、鳥、自分身体の動く音、、、などなど
いろんなノイズがまじってそれらが、空気を振動して伝わって、ゆらぎのある
独特のリズムになっているんです。
録音された波の音だけを、CDで聞くのは
自然どころか、とても人工的なこと、というわけです。


(SITTIN’ON) THE DOCK OF THE BAY / OTIS REDDING

Otis-Redding.jpg

でも、自然の音だと思って聞いていても
意外に「作られた音」っていうこともあるんですよ〜
よく映画のメイキングで、職人気質の音効さんが
あずきを網の上で、さらさらならして波の満ち引きの音を
作っているのを観た事ありませんか?
あれこそが、職人さんが魂を込めて
空気を振動させて僕らに伝える
リアルミュージックなのかもしれませんね。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:34 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月30日

声などいらない!?インストパワー!

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第65回目のテーマは…

「声などいらない!?インストパワー!」

僕らが普段聞いている音楽に、
「歌詞」つまり、言葉にこめられた「言霊」は、
なくてはならない存在となっています。

僕にとって歌詞は大変重要で、
極上のメロディに極上の歌詞が乗った瞬間
「泣ける!」つぼが生まれると信じています。
だから、歌詞には、一倍こだわりますよ!


が、しかし!!!
今日の「FM KAMEDA」は、あえてその逆!(笑)
歌詞のない音楽。
そう、インストゥルメンタルの世界に注目しました!

インストゥルメンタル…
俗に「器楽曲」と言い、人の声を使わず、
楽器のみで演奏された曲のことですね。
そう。たとえば、バリー・ホワイトの「愛のテーマ」も
全米No1を獲ったインスト曲です。

皆さんは、インストというとどんな曲を思い浮かべますか?
例えば…

炎のランナー/ミッションインポッシブル
スター・ウォーズのテーマ/インディー・ジョーンズ/ニューシネマパラダイス


一般的にインストが使われることが多いのは、
映画やドラマなどのテーマやBGM。
インストミュージックは、楽器がメロディを奏でます。
ですから歌詞がありません。
これは言い換えると、
歌詞の描き出す情景描写に限定されない分だけ
聴く人に、自由なイメージが広がります。


これは裏を返せば、、
インストミュージックは歌詞がない分、
映像の中で邪魔にならない存在になれるということです。
BGM、バックグラウンドミュージックとはよく言ったもので
だから、インストは映画やTVといった映像のバックで、
雰囲気作りに役立つんですね。


energy flow/坂本龍一

わ、なつかしい!
この曲、大ヒットしましたね!
1999年、CM曲として使われた
この曲「energy flow」が収録された「ウラBTTB」は、
インストのシングルとしては初めて、
週間のオリコンチャート1位を記録したんですね。
でも、流石、坂本龍一さん、メロディが強烈に印象的です。

このように探してみると、実は世の中にはたくさんのインスト曲があります。
なぜ、インストが求められるのでしょうか?


・・・お答えしましょう!

そもそも、音楽を、ジャンルを超えて
大きくとらえると声も楽器の一部なんですね。
クラシックでも「器楽曲」や「歌曲」っていうでしょ。
僕らが普段聞いているロックやPOPやR&Bが
あまりにもボーカル中心に組み立てられているだけなのです。
なぜ、ボーカルが必要かというと、歌詞から伝わるパワーや、
歌い手から伝わるアーティストパワー
というものが現代のPOPミュージックには、
非常に重要な割合を占めているからです。

それから、スーパーでかかっている音楽もインストですよね。
歴代のヒット曲が、楽器のメロで演奏されています。
あれ、なぜインストだかわかりますか?
それは、お客さんを歌詞に集中させずに
買い物に集中させているんですね。
「めんつゆ」買いたいのに
「I want you!〜♪(ヘビーローテーション/AKB48)」って聞こえて来たら
次に何買うか忘れちゃうでしょ!


ところで、素晴らしいミュージシャンが演奏するインストには
ボーカルに負けない歌心があることも見逃せません。
あたかも、歌詞があるように聞こえます。
音楽は、それを奏でる人で決まります。
おなじ楽器でも、奏でる人が変わると、全く違った曲に聞こえますよ!

さあ、今日は、インストならではのかろやかな肌触りが、
まさにこの季節にぴったり!
海風がやさしく吹いてくるようです。
僕が小学生の時に夢中でヘビロテしていたインスト。


BREEZIN' / GEORGE BENSON

george benson.jpg


みなさんも、この夏、
インストミュージックでいろんな景色に思いをはせてみては!?


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:33 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月26日

RISING SUN ROCK FESTIVAL

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第64回目のテーマは…

「RISING SUN ROCK FESTIVAL」

ライジング・サン…
そうなんです、その名の通り、
オールナイトでライブフォーマンスが繰り広げられ
夜が明けて、朝日が昇るころのステージで
フィナーレを迎えるフェス。
それが「ライジング・サン・ロックフェスティバル」。
いや、僕も何度も行っていますが
朝日と共に爆音でライブを体験するなんて
…感動的ですよ。

このように、なんといっても、「ライジング」の一番のポイントは
日本初の本格的「オールナイト」野外フェスということにつきますね。
北海道、石狩湾をのぞむふ頭近くにある野外特設ステージで
1999年にスタートした「ライジング・サン・ロックフェスティバル」
今年は、8/10(金)、8/11(土)に開催される予定です。

広い広い会場の中にはテントサイトもあって、
いろんなライブが繰り広げられています。
北海道、石狩平野の広大な空の下で
それぞれのペースで、
のんびりと音楽を楽しむことができる素敵なフェスです。

また、「ライジング」は出演アーティストにも特徴があります。
「サマソニ」や「ロックインジャパンフェス」が
幅広いジャンルのJ-POPアーティストが出演するのに比べ
「ライジング」は、幅の広さだけではなく
そこに、奥行きと深みがあるというか、
ちょっと硬派な、個性的で、
こだわりがあるアーティストが出演するという印象がありますね。

今までにも、
矢沢永吉さんや山下達郎さんなど、通常はなかなかロックフェスに
出ないといわれている超大物が登場して、
永ちゃんや、達郎さんといった彼らにしか出せない、
「これぞ本物!」という、
伝説のステージを披露しています。


つまり、「ライジング」は
「ライジング・サン・ロックフェスティバル」というぐらいで、
「ロック」と掲げてはいるものの、
ここで、重要なのはサウンド的にロック、というだけではなく、
アーティストのアティチュード、
つまり「アーティストの生き様がロック!」 ということなんですね。

北海道という「地の利」も大きく作用していますよね。
いつも、僕言いますよね。
「ロックは北から!」
ロンドンやニューヨークと緯度を
同じくする北海道は、
日照時間、天候、気温、
どこかロッカーをロッカーたらしめる
自空気感があるんですよ。

さあ、今日はこれぞライジング的ロックといえそうな
このアーティストの曲を聴いてみましょう。


M.  あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう / 岡村靖幸   

61gpTwKcW0L._SL500_AA300_.jpg

北海道までいくということで
気持ちがど〜ンと開放的になるところもあります。
さっきのロックは北からと相まって、
だから、ダイナミックなステージになる。
バックステージでのBBQや石狩鍋
また食べたいよ!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:29 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月25日

FUJI ROCK FESTIVAL

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第63回目のテーマは…

「FUJI ROCK FESTIVAL」

はい、日本が世界に誇るロックフェス、それはフジロック!
こと「フジロック・フェスティバル」。
多くの海外アーティストにも認知されているフェスですね。

新潟県の苗場スキー場で3日間に渡って行われているフェスですが
そもそも、なぜ「フジロック」なのか? 
日本の象徴はフジヤマ?だから。。。!?

惜しい!
1997年、第一回目に開催されたフジロックの場所が
「山梨県の富士天神山スキー場」だったから、なんですね。
つまり富士山、フジヤマのふもとで行われたので
フジロックになったんですね。 若い人は知らないかな?

2年後の1999年からは
現在の苗場スキー場に場所を移して行われている「フジロック」。
今や伝統と安心のブランド、といった感じでしょうか?

では、どんだけフジロックが信頼のブランドか!?
ぼくと一緒に探っていきましょう。

やはり、「歴史」ですね。
積み重ねる事、初回の97年からなんと15年!
その間に数々の名パフォーマンスや、悪天候の中の力一杯の名LIVEなど、
たくさんのドラマを積み重ねている。
そのドラマが、フェスを磨いていくんです。伝説を生むんです。
その伝説が、次のフジロックに、
誰か「大物アーティストが出るのではないか?」
何か「すごいライブが観られるんじゃないか!?」
という、ワクワクする期待を生むんですよ。
こうなってくると、ワクワクドキドキの好循環!

フェスは続けることが肝心だといいます。
一度定着すると、アーティストからもお客さんからも
ぐんと支持率があがるんですね。
それにしても、15年間もフェスを続けるという事は大変なことです。
ホスピタリティーやステージ、自然環境への配慮も、
年々バージョンアップされています。
このたゆまぬ努力が伝統に磨きをかけるんです。

会場にいくと、グリーンステージ、ホワイトステージ、レッドステージ、
といった伝統のステージが、
アーティストとオーディエンスをあたたかく迎え入れてくれて、
あ〜、今年も来てよかった!と思うんですね。

夏のフジロックを目標に1年間頑張って働く! という人も多いと聞きますよ。
僕は、よく言うんです。「継続は力なり」。そして「継続は力を与えるなり。」
継続しているものは、その存在自体が多くの人に、勇気や夢を与えるんですね。

ところでフジロックの会場は苗場の大自然の中。
夏でも夜は冷えるし、山だけに雨が降る確率も多い!
山の天気は変わりやすいんですね。
そんな中、「どんな装備をして、自己責任でどれだけ楽しむことが出来るのか?」
こういったフェスへの「心構え」が浸透したのも、フジロックの功績です。
ここから、いわゆるフェスのアウトドア・ファッションなども生まれていきました。
まさに、日本の野外フェスのスタンダードですね。

今日聞いてもらうのは、今年のフジロックといえばこの人!

CREEP / RADIOHEAD

585.jpg

フジロック・フェスティバル、僕も出演したことがありますよ!
僕が出たのは、今から8年前。
今は無き東京事変のフェスデビューがフジロックの、ホワイトステージだったんです!

1万5千人の、お客さんを前に、コチラもテンションあがりましたよ。
山にこだまする、僕らのサウンドとお客さんの声援。
これが、アウトドアフェスの醍醐味ですね。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:31 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月24日

SUMMER SONIC

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第62回目のテーマは…

「SUMMER SONIC」

「夏フェス特集」二日目、
本日ピックアップしたのは「サマーソニック」です。

東京会場と大阪会場、
二つの会場で2日間に渡って行われる「SUMMER SONIC」、
出演するアーティストは
初日に東京か大阪のどちらかでライブをやったら
2日目はもう一つの会場へ移動…というパターンでやっています。

サマソニの特徴はなんといっても
「都会型のフェス」というところです。
都心から電車に乗って簡単に行ける距離ですし、
会場もQVCマリンフィールド(野球場)と幕張メッセですから、
お天気が崩れた場合も比較的安心してライブを見ることが出来ます。

だから会場には、
夏フェスっぽくない格好の人たちも結構いるんですよね(笑)
フジロックで観る、いわゆるトレッキグ系のフェス系ファッションではなくて、
もう、ワンピースに生足の女性だったり、
去年、X-JAPANが出た時にはあの黒ずくめのゴシック系がたくさんいたり、
ほんと、パーティーみたいで楽しい!


そして出演者の音楽ジャンルが幅広いのも、サマソニの特徴。
ロック系のみならず、
過去にはスティービー・ワンダーやビヨンセ、
ローリン・ヒルやアリシア・キーズ、JAY-Zなど
ソウルやヒップホップ系アーティストもたくさん出演していますよね。
都市型フェスの利点、つまり自然環境に縛られず、
「ロック」というカテゴライズを離れて
幕張メッセというインドアのハコをうまく利用した
巨大クラブといったイメージでステージを構成できるんですね。

また、音がいいんです。ちゃんとHIP HOPクラブの音がする!
これがね、「真夏の夜の夢」の感覚ってったらいいのかな
浮世離れできていいんですよ!

海外アーティストに加え
日本のアーティストもたくさん出るのも特徴で
B’ZやX-JAPANのようなフェスではなかなか見る事ができない大物、
さらに、今年はなんと!
【きゃりーぱみゅぱみゅ】や【ももクロ】まで出ちゃいます!
これは、今年のお客さんのファッションも見物ですよね。
きゃりーぱみゅぱみゅの、
そっくりさんが会場に何人もいるかもですね(笑)

GREEN DAY、KE$HA、Sigur Rós、ONE OK ROCK、Perfume、ももクロ…
洋楽、邦楽、個性溢れるアーティスト達
これらを一度に見ることが出来るのは、サマソニくらい。
会場が幕張メッセだけに、
「サマソニは音楽の見本市!」なのかもしれませんね。

あとは、ちょっと懐かしいアーティスト、
ベテラン・アーティストを見る事ができるのも「サマソニ」の楽しみ。 

例えば今年だと…
TEARS FOR FEARS
THE CARDIGANS
NEW ORDER などなど...

日本からはジュンスカが出ますよ!

Everybody wants to rule the world  /  TEARS FOR FEARS

Tears-For-Fears-Everybody.jpg

8/18(土),8/19(日)の2日間に渡って行われる「SUMMER SONIC」
フェスにいきたいけど、過酷な野外フェスはなぁ…
と足が遠のいてしまう音楽ファンも、いつものクラブ、ライブハウス感覚で
気軽に参加できる場を提供してくれているのが「サマソニ」なのかな?
フェス入門編としてもとても良いかもしれませんよ!


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:33 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月23日

ap bank fes. !!

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第61回目のテーマは…

「ap bank fes. !!」

今週は4日間、日本の夏を盛り上げる音楽イベント、「夏フェス」に注目します。
そして、初日にピックアップするのは
僕も毎年BANK BAND の一員として参加している「ap bank fes.」!
今年も行ってきました!

ap bank fesも今年で8回目!
みなさんにも、ap bank fesといえば、
環境問題に向き合ったフェスというイメージが定着しているのではないかな。

このフェスの素晴らしいところは、
こういった社会貢献活動や環境への意識を出演者のみならず
フェスに参加するお客さんの多くが共有して理解しているところ!
音楽を通じて気持ちのいい空間、気持ちのいい未来を作っていく、
環境問題について思いをめぐらせる、、、
そんな、波動を共有しているところだと思います。


そうそう、apの特徴といえば、まだあった!
出演アーティストの誰もが、
お客さんの雰囲気がとてもあたたかい気持ちのいいフェスだと
口を揃えて言うところ。
ここは僕も自慢できます。
お客さん全体が、
フェス全体のコンセプトと雰囲気を楽しみに来ているので
どのアーティストや、どのバンドの時も、
「このアーティスト別にみなくていいや、、、」みたいな感じで
その場所を離れる人がいないんですね。
ずっとステージを楽しんでくれる。

しかも、ステージの外には
フードエリアやマーケットエリア、キャンプエリアがあり
その全てに、徹底した「エコ」の精神がおしつけがましくなく、貫かれていて
お客さんもみんなそれを守っている。
フェスにいながらにして、「エコ」を体感し、実践できるのです。


バックステージのホスピタリティーも充実です。
アーティストが交流できる空間になっていて、
みんなでご飯食べたり、くつろいだり、フットサルをしたり、、
これがアットホームでいい感じなんです。

フェスによっては、下手すると、
出番のギリギリ直前に現地に入って、
出番が終わったら、すぐに帰らなければいけない
アーティストもいたりする場合も多いのですが、
apのバックステージにはいつも、ゆったりとした時間が流れ
あたたかな交流の場になっています。

毎年多くのアーティストが出演する
ap bank fesですが、
その音楽的な特徴としては、よりすぐりのミュージシャン集団BANK BANDが、
出演アーティストのバックバンドを担当する
BANK BAND WITH GREAT ARTISTのコーナー。

キーボード:小林武史
ドラム:河村カースケ
ギター:小倉博和、
ベース:亀田誠治
サックス:山本拓夫

日本を代表するミュージシャンが、
ゲストであるGreat Artistの楽曲を、心を込めて演奏する。
しかももれなく、「ミスチルの櫻井君のコーラスとハモ付き!」
今年は初日に平井堅ちゃんも出演したのですが、
ミスチルの櫻井君にハモられた時は
「嬉しくて死ぬかと思った!」って言っていました。

BANK BANDが演奏する楽曲は、およそ70〜80曲。
毎年この時期は、僕の頭の中に、
70曲以上のJ-POPが暗記されているということになります。
ap bank fesは、僕のライフワークになっていて
毎年、夏がくるたびにap bank fesに育てられ、
成長させてもらっている自分を感じます。


さあ、今日はapといったらこのアーティスト!
この曲で、環境のこと、地球のことに思いを巡らせてください!


奏逢 〜Bank Bandのテーマ〜 / Bank Band

bank band.jpg

今年のapは、ap bank fes 12 Found For Japanとして
全ての収益が、昨年の東日本大震災の復興支援に寄付されることになっています。
しかも!
これまで【つま恋】のみで行われてきた「ap bank fes.」も 
今年はパワーアップ! 

すでに【つま恋】会場は終了しましたが
この後 8月4日(土) 5日(日)には、淡路島国営明石海峡公園で、
そして 8月18日(土)、19日(日)には、
国営みちのく杜の湖畔公園で開催します。

僕も全て参加します!


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:32 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月19日

「なんでも答えます、音楽のギモン!」

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第60回目のテーマは…

「なんでも答えます、音楽のギモン!」

はい、今日は、普段皆さんからいただいている
「音楽のギモン」にお答えしていきましょう。

それでは、さっそく1通目から。。。 

RN:さきょう
初歩的な質問で申し訳ございません。
「作曲」と「編曲」の境目はどの辺りなのでしょうか。
また、作曲者と編曲者とは、それぞれどこまでを担当するのでしょうか?

作曲と編曲の違いですね!
これはよく質問されるんです。
僕も親戚のおじちゃんおばちゃんに説明するのに
今でも苦労しますもん。
お答えします。 
一般的に作曲は主にメロディを作ることを指します。
とはいえ、ほとんどの曲はメロディに和音がついて
デモがあがってくるので、土台になる和音までは出来ています。
でも、これはまだ産声をあげたばかりの、
素っ裸の赤ちゃんの状態です。

そして、編曲は、その作曲された裸のメロディに
一番お似合いのお洋服を着せて、外に出すという仕事です。
イントロや間奏を考えるのも編曲の仕事。
ビートや楽器の編成を考えるのも編曲の仕事です。
編曲の方向性一つで、音楽の印象は大きく変わります。
バラードにだって、パンクにだって、
ジャズにだって、レゲエにだって出来るんです。

そして、編曲家に問われるのは
楽器の知識やレコーディング現場の実践的なノウハウなのですね。
これは、たくさんの経験を積むことによって
磨いていくしかないという、職人芸みたいなところがあります。
拘束時間も、朝までなんてこともありますし、
残業代も、もちろんでません(笑)
ですから、いいメロディを書くことに専念するために、
作曲はするけど、編曲にはタッチしない
という作曲家の方も結構いらっしゃいますよ。
逆に、作曲もして、アレンジもして、というアーティストの方は
本当に大変だと思います。
頭が下がります。
いずれにせよ、いいメロディが作曲され、
そのメロディがいい編曲によって
素晴らしい曲になっていくのが理想的ですね。

RN:孔
はじめまして!
いつも楽しく聴かせていただいています。
いろんな時代の曲を聴いていて疑問なのですが、
音作りやミックスの流行り廃りは
何がキッカケで起こっているのでしょうか?
例えば80年台っぽいスタァァァーンという
スネアの様に音色だけで時代を感じるサウンドって確実にあると思います。
ジャンルによってももちろん違うとは思いますが気になってしまいました。

最新の流行音はどこから始まるかということですね!
お答えします。

一番多いパターンとしては
デジタル録音機器や、エフェクター、プラグインといった
新しい機材の登場によっておこります。
その時代に開発された最新の録音機材が
アーティストの心をぐっと掴むと
みんな「かっこいい!」と思って使いたくなります。
これが時代の音になるんです。

もう一つは「新しいクリエイターの登場」です。
新しい才能のあるアーティストやプロデューサーなどが
今迄になかったタイプの音楽を作り上げた時、
他のアーティストもその音に続け!とばかりの勢いになって
同じようなサウンドが流行することがあります。

ただし、甘いものを食べ続けると、やがて
辛いものがたべたくなるように
あまりにも「時代の音」が流行すると、
やがてアーティストもそしてリスナーも飽きてしまうんです。
知能を持った人間は飽きっぽい動物です。
そこで、今度は今までに流行ったタイプと
違った機材を使って作品を作る。
もしくは温故知新。
今迄のスタンダードに立ち返って、新しい作品を作ってみる。

この繰り返しが過去何十年も繰り返されています。

では1980年代のパワーステーションスタジオの響きと
当時開発されたゲートリバーブが作り出すサウンドが印象的な
この曲を聴いて下さい。

M.  Adicted to Love /  Robert Permer 

61z8AlkthwL._SL500_AA300_.jpg               

RN:トンコトトン
いつも、FM KAMEDA楽しく聞かせてもらっています。
昔から、思っていたことなんですが、
レコーディングをしてCDになって、リスナーに音が届いているんですが、
プロデューサーがOKを出した音?というのは聞けないのでしょうか?
レコーダーなどで、何かしらの加工が加わって
僕たちの耳に届いていると思うので。
本当の音?を聞いてみたいです。

はい。 レコーディングの本当の音。アーティストが出している本当の音が
届いているのか!?私はそれが聴きたい!という質問ですね!
お答えします

結論からいうと、みなさんの手元に届いているのが
プロデューサーがOKを出した音です。
僕らはレコーディング中、何度も何度もOKを出します。

まずはドラムやベース、ギター、ピアノのオケを録っているときの、
ベストテイクに対してのOK!

その次は、アーティストが歌入れした歌に対するOK!

今度は、それらの音をバランスをとって調整する
トラックダウンした音に対するOK!
そして、そのトラックダウンされた音が、
どんなメディアで聞かれても、いい音で聞かれるための
マスタリングという行程に対するOK!
さらに、さかのぼれば
曲のOK!歌詞のOK!といった、
レコーディングスタジオに入る前のOK!もたくさんあります。
あ、出前のメニューのOK!もあった(笑)

というわけで、みなさんの手元に届いている音は、
正真正銘、僕達プロデューサーのOK!の集大成!
少なくとも僕の作品は
安心のカメダ印。
OK!OK!大オッケーですから、どうぞご安心を!

もし、それでも、途中のアウトテイクを聴きたいというのならば、
それは、プロデューサーの僕がOKを出さないからダメーーー!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:25 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月18日

夏の代名詞! サーフミュージック!

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第59回目のテーマは…

「夏の代名詞! サーフミュージック!」

一昨日は、「海の日」でもありましたが、
これから、ますます海に行きたくなる季節がやってきます。
そんな季節にピッタリの音楽が「サーフミュージック」。

でも、ちょっと待ってください。 
ここ数年「サーフ系」「サーフミュージック」って言葉が良く使われますが…
一体どういった音楽のことを言うのでしょうか?
なぜ、サーフミュージックを聴いていると
気持ちがいいのか?気持ちが高まるのか?
そこにはどんな秘密があるのか?
・・・お答えしましょう!

実は、昔と今では「サーフミュージック」という概念 ・イメージが
随分違ってきます。
例えば、
<WIPE OUT / THE VENTURES>
エレキギターが迫ってくる感じのノリノリソング!
テンションが上がってきますねぇ! これが60年代サーフミュージック。
この定番を作ったのがベンチャーズなどの、ギターバンドですね。
なぜだか、このサウンドを聞くとサーファーが
大きな波に乗っている画が浮かんできます。
これは、当時の加山雄三さんの映画「エレキの若大将」などもそうですが
湘南や、高度成長期の自由な若者文化と密着していた、
サーフィンのイメージなんですね。
そう、そう、以前お話ししたBeach Boysが、
アメリカ若者文化を代表していたというところにシンクロしますね。

<SHINE / DONAVON FRANKENREITER>
こちらは先ほどまでのベンチャーズなどのサウンドとは
打って変って、癒し系の心地よい音楽ですねぇ!
まるで、アコギ1本持って、波打ち際の砂浜でポロ〜ンと弾いているみたい…。

そうなんです、
1990年以降、サーフミュージックは
それまでのサーフミュージックと大きくかわりました。
DONAVON FRANKENREITER、JACK JOHNSON、JASON MRAZ、
G.LOVE、DANIEL HO、JEFF PETERSON、COLBIE CAILLAT(コルビー・キャレイ)、
などのアーティストの作品が、
いわゆる「サーフミュージック」と言われるようになりました。
というのも、実際にサーファーとして活躍しているアーティストが多いんです。
JACK JOHNSON、
DONAVON FRANKENREITER(ドノヴァン・フランケンレイター)
なんかが代表的な例ですが、
自ら自然の中でオーガニックな生活をしているアーティストなんですね。

ベンチャーズやビーチボーイズは
若者文化の広告塔のように、サーフィンを通じて
若者文化の伝道師としての役割を演じていましたが
アーティスト自身はサーフィンには直結していないんですね。
どちらかといえば都会派野郎!(笑)

ところが、1990年代以降、環境のこと、地球の事などに
人間の目が行き渡るようになってきて、結局、サーフミュージックが、
「人」「自然」に直結したんですね。
カタチから入っていた60年代のサーフミュージックが
2000年代に入って、より自然の中に溶け込んだ音楽に
時間をかけて変わっていったのです。

今のサーフミュージックは使われる楽器も電気を使わずに、
風と戯れることの出来るアコギやウクレレなどに代わってとてもオーガニックです。
そう、海の家にいる気分!

昔のサーフミュージックは「都会で暮らしながら、海に遊びにいく」
というみんなと遊ぶ「娯楽」だったのが、
今のサーフミュージックは自然と調和した
自分らしい「生活」なんですね。
だからこそ、聞いている人も癒されるんですね。

I'm Yours / Jason Mraz

Jason-Mraz-Im-Yours.jpg

Jason Muraz、僕はap bank fesで共演してきましたよ。
ap bank fesの理念ともぴったり重なって、本当に素晴らしいステージでした。
サーフミュ−ジックは今、一番、静かにアツい音楽ですね!


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:35 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月17日

女性アスリート、後押しソング!

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第58回目のテーマは…

「女性アスリート、後押しソング!」

一年前の今日は、日本の女子スポーツにとって、
歴史的な一日でした!

ドイツで開催されていた、FIFA女子ワールドカップ決勝で、
なでしこジャパンが、アメリカをPK戦の末に下して、
優勝の栄冠を手にしました!!

あの日のことは、忘れようとしても忘れられない(笑)
感動しましたね〜!
僕は、丁度 ap bank fesの真っ最中で、
静岡県のつま恋のホテルの部屋で明け方まで応援しましたよ。

そんな、なでしこジャパンの彼女たちが、
大会中に聞いていた音楽も話題になりました。
さあ、というわけで、今日は、
女性アスリートを支えてきた、音楽に注目したいと思います!


ここで、ちょっと「歴代女性アスリート」が聞いていた
音楽をピック・アップしてみましょう。

●LOVE 2000 / hitomi
⇒2000年に開催されたシドニーオリンピック女子マラソンで、
優勝したマラソン選手のQちゃんこと高橋尚子さんが、
オリンピックのレース前に、この曲をヘッドホンで聴きながら踊っている姿、
ニュースでもよく流れていましたよね!

サビが底抜け明るいこの曲は、きっとリラックス&集中させてくれたはず。
だいたいマラソン選手は、この「LOVE 2000」のように
アップテンポの曲を選びますよね。
このリズムが、Qちゃんのマラソンのリズムと合っていたのでしょうか?

●I believe / 絢香
⇒フィギュアスケートの安藤美姫選手が、
2006年のトリノオリンピック出場時、
練習やウォーミングアップの時に聴いて、力づけられたという曲。
「自分を信じるから、前に進めて、色んなことができる気持ちにさせられ、
自分が失くしていたものを思い出させてくれた」
そんな風に、安藤選手、コメントされていたそうです。

僕は、フィギュアスケートが大好きでよく観るんですが、
選手がリンクに立って、演技を始める前の緊張感!
あれ、すごいですよね。
自分の前の選手が高得点をはじき出していたりしたら、
ものすごいプレッシャーだと思うんです。
トリプルアクセルとか、
失敗がつきまとう高度な技術が常に要求されるし、
まさに、自分自身と向き合う競技なんですね
そんな時に、 「信じることで全てが始まる気がするの」と、
自分を信じることの大切さを歌う絢香の歌詞が、
グッと来たんでしょうね。

●Brave / ナオト・インティライミ
なでしこジャパンの皆さんは、
去年のFIFA女子ワールドカップの大会中、
この曲をよく聞いていたそうです。
ロンドンオリンピックの代表にも選ばれた、
澤穂希(さわ・ほまれ)選手を始め、
当時のなでしこジャパンのメンバー皆で、この曲を聞いていたそうです。

さて、このBrave、どんな点が後押しソングなのか?
お答えしましょう!

「Brave」は「輝く未来のために進もう」と歌う、
超ストレートなポジティブソングです!
中にはこのような、「ポジティブソング」に対して
「そこまでポジティブじゃなくていいんじゃない!?」
という考え方を持つ人もいると思います。
音楽は、感じ方はその人次第なので
それもでもいいのですが〜〜

しかし!後押しソングには、
細かい理屈はいらないんですね。
「勝たなければならない」というプレッシャーと戦っている
選手の気持ちと一緒になって、歩んでいってくれればいいのです。
つまりコ−チや監督が
外側から、実践的な声掛けをしてくれる存在だとしたら、
ポジティブソングは、選手の内側から、声掛けをしてくれて、
勇気を与えてくれる存在なのです。

極限の状態に置かれているアスリートにとって
心の奥からわき上がってくる
不安、恐怖、を「大丈夫、心配ないよ」と
声掛けしてくれるポジティブソングは
ある意味最高のパートナーなのですね。

そして、最近のポジティブソングは
「がんばれ!」とは言わない傾向があります。
「頑張れ!」とか、「あきらめないで!」
とかは、外から要求される言葉なので
極限にいる人にとってはかえってプレッシャーになるんです。
それよりも、ナオトは「Brave」の中で
「キミはキミのままでいいんだよ」という言葉で
「君」という存在を受け入れ、認めてあげている。
この「認める」という行為によって
アスリートはプレッシャーから解放されるんですね。

Brave / ナオト・インティライミ

NAOTO.jpg

明るく力強く歌う、ナオトの声もポイント!
絢香、hitomi、ナオト、、、
そもそも、歌い手本人にポジティブなパワーがないと
アスリートの心の奥までメッセージが伝わりませんもんね。


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:45 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月12日

アーティストが知りたい音楽のヒミツ”スキマスイッチ”編

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第57回目のテーマは…

「アーティストが知りたい“音楽のヒミツ”」

はい、この番組「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」では
ラジオの前のアナタから頂いた「音楽に関するギモン」を、募集していますが、
今日は… アーティストからの「音楽のギモン」に答えてみたいと思います。 

先週、BONNIE PINKのギモンに答えたばかりですが… 
(最近、おかげさまで「FM KAMEDA」も繁盛しております(笑))
本日、ギモンを投げかけてくれるのは、スキマスッチ!

profile_image_sukimaswitch.jpg

いつもセルフプロデュースで
シンタ君とタクヤ君の二人で
手作りで音楽を作っていくところが素晴らしい。
デビューのころから応援していて、
フェスでいっしょに演奏したり
彼らの楽曲にベースで参加したりもしていますよ。

●それでは…スキマスイッチから届いた音楽の疑問、
さっそく聞いてみましょう。

大:音楽の疑問、という事で、
  僕らも亀田さんにギモンをぶつけてみたいと思います。
常:そうですね、いろいろと考えて作ってますからね〜
大:ま、僕たちは全部二人で作って、
  曲を作ると話し合うのが「キー決め」ですよね。
常:声の高さと言うかね、この曲に合った声の高さなのかどうか?
  これ結構迷ったりしますから。
大:僕らは結構、一番トップの音(ここまで出るぞ!)っていう
  ギリギリに合わせることが多い…
常:特に昔なんか「限界に挑戦!」みたいなね?
大:そうですね、最近はそれが少しだけ
  「ちょっと低い方がこの曲合うんじゃないかとか?」
  など考えるようになってきましたが。。。
常:あとフラットやシャープの付くキーで
  「悲しくなったり」「悲しくなかったり」するみたいですが… 
大:「響き」や「曲の聞こえ方」がね。 
  そういうことがあるって言いますよね?
  亀田さんはプロデュースしたり音楽活動をする中で
  「キー決め」はどういう風にしているんでしょうか? 
  それを教えていただけたらと思います。
  というわけで、スキマスイッチでした。 
常:どうも!

さすがスキマスイッチ!
もう完全にプロデューサー目線ですね!
楽曲を作る時の「キー決め」についての疑問、いただきました!
 
それでは、さっそく・・・お答えしましょう!

僕の場合楽曲のキーは、
とにかく、ボーカルの、声の旨味成分と
ボーカルスキルを最大限に発揮できるキー、を選びます。
つまりボーカリストが
余裕を持って、自分の歌を歌えるキーを探します。
リスナーのみなさんも、カラオケで失敗するのは
キー選びですよね。
自分にあっていないキー、
やたら高いキーや、やたら低いキーを選んで
みんな「あたし、うまく歌えない!」って言ってる。

ボーカリストの旨味成分は人によって様々です。
高いところに旨味成分がある人もいれば
中音域にある人、低音にある人もいる。
ま、そこらへんは、
その人の今までの作品を聞けばすぐ分かるけれども、
ここで大事なのは、歌詞との兼ね合いなんですね。
この歌詞は、どんな雰囲気で歌いたいか。
どんなキーだと、言葉のニュアンスが自然に出せるか。
といったことは凄く大切です。

もう一つ、ボーカリストの今のモード(気分)も見逃せません。
何故か高いところに行きたがっていたら、その理由を話し合う。
「ギリギリまで託して、ひたむきなギリギリ感を出したい」
までは理解できても、
聴く人が2回目を聴きたくなくなってしまうような
too muchなギリギリ感はよくないですからね。

そして、もう一つの質問!
キーによっての、楽曲の雰囲気の違いって、
いったい、どれくらい出るものなんでしょう?

たしかに、ドレミではじまるキーがCの曲は、
みんな子供のときから、音楽の授業ですりこまれているキーなので、
ぱっと聴きの馴染みが、とてもよかったりします。

フラット系のキーは「暗い」
シャープ系のキーは「明るい」
とかいいますよね。
僕は、みんなが言うほど気にしません。
それよりもボーカルにとって最適なキーを優先します。
つまり、僕の場合、
すべての規準はボーカルにあるということになります。

ちなみに、いわゆるギター系の作曲者は
CやDやEやGやAなどの
ギターで押さえやすい、シャープ系のキーが多いですよね。
それにくらべて、鍵盤で作曲する人は
どんなフラット系のキーにも自由自在に行かれる方が多いようです。
そういえばスティービー・ワンダーのキーなんて黒鍵だらけですもんね。

これが、あの独特の
ファンキーな雰囲気を醸し出しているんですね。

では、今日はこの曲にはこのキーしかないだろうという
ファンキーなチューンを聞きましょう。

M.  Sir Duke  /  Stevie Wonder 

619W4MPC8SL._SL500_AA300_.jpg           

この曲はキーがBなんです、
ベースやギターで弾くのはちょっと難しいんだけど、
逆に、半音上のCになった時のイメージが全く湧かない。
明るくなるけど、きっとさっぱりしちゃうはず、、、
それくらい、スティービーの歌と鍵盤と
ブラスセクションが一体となった演奏になっています。
キーって案外大切。
音楽ってほんとうに無限大ですね!


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:15 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月11日

ジョージ・ガーシュウィンの魅力

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第56回目のテーマは…

「ジョージ・ガーシュウィンの魅力」

ジョージ・ガーシュウィンは、偉大な作曲家です。
「20世紀のアメリカ音楽を作った人物!」といっても過言ではないですよ。
「アイ•ガット•リズム」や「ラプソディ・イン•ブルー」といった曲のメロディーは
誰でも一度は耳にしたことがあるのでは?
そんなガーシュインが、38歳という若さで亡くなったのが1937年の7月11日。
今日はジョージ・ガーシュウィンの命日なんです。

さあ、今日は、ジョージ・ガーシュウィンの功績をたたえ
その音楽の魅力に触れてみたいと思います。

ジョージ・ガーシュウィンは、1898年、ニューヨーク生まれ。
少年時代からピアノを学び、作曲家をめざし、ハイスクールを中退した後、
音楽出版社のピアニストになってポピュラー音楽を研究、念願の作曲家になりました。

ガーシュインは「仕事をしながら」「時代の温度感」を学びました。
この「仕事をしながら」というのがポイントです。
第一次世界大戦や世界恐慌の渦に巻き込まれた時代の中で、
ミュージカルや歌曲を書き下ろしていったガーシュインは、
人々が「今」どんな音楽を必要としているか、
そして、音楽が「今」どんな役割を果たしているかをリアルに肌で感じることができた。
そして、その肌で感じたリアルな気持ちを
その都度メロディに託していったんですね。その数およそ600曲!

数々の名曲を残したガーシュウィンですが、
その代表曲はなんといっても「ラプソディ・イン・ブルー」。
1924年に初演された「ラプソディ・イン・ブルー」で
ガーシュインは、それまで、お互い相容れなかったクラシックとジャズを、
ミュージカルというエンタテイメントを通じて、一瞬にして融合させてしまったのです。

これはノーベル賞ものの発明です!
それまでジャズは、パブやダンスホールやストリートで演奏される
黒人による黒人のための音楽だったのですね。
ところが、ガーシュインのこの「ラプソディ•イン•ブルー」の登場で
ジャズはクラシックのように、白人の前で、コンサートホールで堂々と
演奏される音楽として認められたのです。

ジャズの「感性」と、クラシックの「知性」を合体させて
オーケストラの楽器にジャズやブルーズのフレーズを弾かせて
悲しみ、憂鬱、歓び、といったソウル(魂)を表現させた。
今では、当たり前のようにポップミュージックで使われる
ストリングスやブラスなどのオーケストラの楽器。
この、融合のきっかけを作ったのが
ガーシュインの楽曲というわけなんです。
激動の時代を全力で生き抜いたガーシュウィンは
憂鬱な気分はどこまでも憂鬱に、開放的な気分はどこまでも開放的に。
時代のムードを的確に繊細に、作品に反映させていったのですね。
これがガーシュインの音楽が今でも多くの人に愛される理由です。
どの時代にも通じる光と陰がメロディの中に
ふんだんに盛り込まれているんです。

今日は、そんなガーシュインが思いを込めたメロディを
現代の歌姫が体当たりでカバーした曲をお届けしました。

Someone to Watch Over Me /  Amy Winehouse

528.jpg

凄い曲、凄い歌ですね。
80年の歳月を経てガーシュインとAmy Winehouse の魂と魂が
響きあっているのがわかります。

残念ながらAmy Winehouseもこの世を去ってしまいましたが、
ガーシュインのメロディは、きっとこれからも多くの人に歌い継がれていくでしょう。


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:30 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月10日

頭を使うな、身体を使え!〜口笛編

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第55回目のテーマは前回に引き続き…

「頭を使うな、身体を使え!〜口笛編」

昨日の「手拍子」からハードル上がりましたね。。。
というわけで、今日の「頭を使うな、身体を使え!」は「口笛編」です。

世界中で愛される、坂本九さんの名曲「上を向いて歩こう」でも
口笛が使われていますが、
その口笛パートを聞いた時に皆さんはどんな風に感じたでしょうか?
今日は、この「口笛が音楽にもたらす効果」について
お話ししましょう。

まずは、いくつかある「口笛ソング」の例を上げてみましょう…

【DON’T WORRY BE HAPPY / BOBBY McFERRIN】
この曲は誰もが楽しい気分になりますね!
ボビー・マクファーリンの「DON’T WORRY BE HAPPY」。
全ての声と口笛をボビーが一人で担当、しかもどれもすごい上手!
「一人でできるもん!」の世界ですね。
思わず口笛を吹きたくなっちゃう… 
そんな「ウキウキ系口笛ソング」の決定版です。

【STRANGER / BILLY JOEL】 
「マスター、あちらの女性に僕から1杯…」 
みたいな小芝居を思わずしたくなる?
アーバンな? 都会の夜を演出するこの場合の「口笛」。
「孤独」を演出する小道具ですね。
さきほどのボビー・マクファーリンと同じ「口笛」なのに… 全然違うでしょ?

【夕陽のガンマン(エンリオ・モリコーネ)】
こちらは、さらにドラマチックですよ。
1960年代のイタリア映画、
あのクリント・イーストウッドが主演している「夕陽のガンマン」。
こちらの音楽は、
映画音楽の巨匠、【エンリオ・モリコーネ】が担当しています。
イーストウッド扮する寡黙で凄腕のガンマンが吹く口笛。
間違いなく「哀愁系口笛ソング」です。
映画の雰囲気が一発で伝わってくるような
素晴らしい楽曲ですね。

【口笛吹きと犬】
ウキウキ系の口笛ソングですね。運動会でもお馴染みのこの曲は
アメリカのトロンボーン奏者、アーサー・プライヤーという人が作った
「口笛吹きと犬」という曲。
実は、この曲小さい時から何百回も聞いているけど
このタイトル、僕も今回始めて知りました!

・・といった感じで、いろんな口笛ソングがありますが…
口笛は大きく、「ウキウキ系」「哀愁系」の二つにわかれるようですね。

口笛は、声についで
人間が自分の身体でメロディを奏でることのできる
唯一の音程楽器です。ボーカリストが間奏でも吹けるので
即戦力抜群ですよね。

そして、みなさんも経験あると思いますが
口笛って、一人で吹くものなんですね。
口笛で合唱する人、ハモる人、あんまりいない(笑)

口笛は
しかも、歌詞がない分、
感情に直結した表現になるわけです。

なにかいいことがあって、ついつい口笛で大好きな曲を吹いてしまう。
なんか、悲しいことがあって、ついつい口笛を、闇に響かせてしまう。
理由がシンプル。そんな、感情直結型の楽器なんですね。

これら口笛のアナログ感はシンセでは、なかなか再現できないのです。
人の息加減、唇加減、など身体のカタチに大きく影響されるからなんですね。

だからこそ、人力が一番効くんですね。

Young Folk / Peter Bjorn &John

pbj_youngfolks_1.jpg

のっけから口笛の醸し出す
怪しい空気がこの曲の、最大のキャッチになっています。

これはノーベル賞的口笛の発明ですね!
上手過ぎない口笛、めちゃくちゃリアルですね。
自分でもできそうですもの。
やっぱり、手作りでシンプルな音楽は聴く人のハートに刺さります!

さあ、みなさん!「頭を使うな、身体をつかえ!」

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:33 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月09日

頭を使うな、身体を使え!〜手拍子編

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第54回目のテーマは…

「頭を使うな、身体を使え!」

CLAP YOUR HANDS EVERYBODY!!
YEAH!! 我ながら月曜日からノリノリですね!

CLAP YOUR HANDS=手拍子
誰もが音楽に参加できるいちばんシンプルな楽器、「手拍子」。
例えばちびっこが初めて音楽に触れる時、
手拍子でタンタン♪とリズムをとる。

ライブで、さあみなさんご一緒に! と、会場全体で手拍子をとる。
アンコールのときもそうですね。
どこからとなく手拍子が聞こえてきて、それが一つになって大合奏になる。
音楽というくくりではなく、
人間がコミュニケーションをとる最も手っ取り早い方法、
それはこの手拍子かもしれません。

さて、皆さんが普段聞いている音楽の中にも
この「手拍子」を効果的に使っている曲がたくさんあるんです。


【WE WILL ROCK YOU / QUEEN】
ドンドン・パッ! ドンドン・パッ!
これは世界中の人が刻めるビートですね。
クイーンの「WE WILL ROCK YOU」。

アガりますね。スポーティーですね。
カーっと!思わず戦闘態勢になりますよね。
キックのドンドンがハートの鼓動で
クラップは「GO!」という「気合い」って感じですね。


【プライベート・アイズ / ダリル・ホール&ジョン・オーツ】
こちらは手拍子のパターンがちょっと難しくなりましたよ!
ホール&オーツの大ヒット曲「プライベート・アイズ」。

これは、日本人にも馴染みのある合いの手パターンです。
歌と組み合わさってキャッチーになりますよね。

アイドルのコンサートに行くとBメロで、
「チャン、チャ、チャン、フゥ!」てあるでしょ。
これは、あのパターンですね。

【SINGLE LADIES / BEYONCE】
う〜ん、カッコいい!
ビヨンセの「SINGLE LADIES」ですね。
ハンドクラップは一定のパターンでループされ1曲通してビートを刻んで、
曲のグルーブを出していますね。

フラメンコなんかに通じる異国情緒を醸し出す。
情熱的なダンスの高揚感をあおります。

【ネイティブダンサー / サカナクション】
こちらはサカナクションの「ネイティブダンサー」。
ライブでは、この曲のハンドクラップを
ファンのみんなでやるのが恒例だそうです。
知っているファンにとっては
「きたきたこの曲! オレ完璧にクラップ叩けるぜぇ〜」となるわけですね。
これってちょっとした優越感?
ファンを参加させて、盛り上がるパターンにも、ハンドクラップは有効な武器ですね。


・・・といった感じで、ハンドクラップ=手拍子を使った曲、
いろいろなパターンであるんです。


手拍子は、人間が生まれつきもっている
「声」という「メロディ楽器」にならぶ
人間が生まれつきもっている、一番シンプルな「リズム楽器」なんです。

そもそも手拍子は元来 「思いを伝える」
ポジティブな行為です。

たとえば
素晴らしいパフォーマンスには拍手喝采をしますよね。

神様にお参りをするときも
手をパンパン(二拝二拍手一拝)と叩きます。
このような、日常生活の習慣からすりこまれているので
音楽に手拍子が入ってくると
誰もがポジティブな気持ちになるんです。
ところで、手拍子にもいろいろあって
コンピューターで入れる打ち込みのクラップ
フラメンコや民族音楽からサンプリングしてきたもの
バンドメンバーで自力で手を叩くアナログ感あふれる手拍子

それぞれが、いい味を出すんです。
僕はどれもよく使いますよ。

さあ、今日は
一曲通してクラップがたのしめる最高にキュートな曲。


Where Did Our Love Go / The Suprems

the supremes2.jpg

クラップだけでなく、足踏みまで入った総力戦ですね。
失いかけた恋人を思うちょっと切ない気持ち。
不安な気持ちを胸に街をずんずん歩いていくような様子が
いい感じで伝わってきます。
こちらは、マシンやサンプリングなどなかった時代なので
間違いなく人力ですね。
手はれたやろな!


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:37 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月05日

アーティストが知りたい“音楽のヒミツ”BONNIE PINK編

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第53回目のテーマは…

「アーティストが知りたい“音楽のヒミツ”」

はい、この番組「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」では
ラジオの前のアナタから「音楽に関するギモン」を、募集していますが、
今日は…BONNIE PINKの「音楽のギモン」に答えてみたいと思います。 

MACHINONAMAE_Main_641KB.jpg

2006年のap bank fesで初めてお会いして、
その後何度か共演しました。
あとはライブを観に行ったら、隣がBONNIE PINKだったり。
音楽の話は全然しないで、
断捨離の話とかで盛り上がることもあります。 

<BONNIE PINKの疑問>
 私は音楽理論というものを全然勉強しないままに、
 この世界に突入したタイプの人間なんですが、
 亀田さんみたいに、経験も知識も豊富なプロデューサーさんがですね、
 こういった自己流のというか、独自の道を行っているアーティストを
 プロデュースするということになった時に、
 きっとどこかで意見がぶつかったりすることがあると思うんですけど、
 そういう時にどうやって間をとるのか、
 どこで良しとするのかっていう判断基準というかですね、
 そこのライン、線引きを教えてほしいなって思いました。
 ちなみに、私はプロデューサーさんとぶつかるとしたら、
 コード感、和声感なんですけど、
 どうも和音のボイシングがちょっと変わるだけで、、
 すごく違和感を覚えてオリジナルに戻してくれって
 言っちゃったりすることがあるんですけど、
 そうやってぶつかった時に何をよしとして、どこでおしまいにするのか、
 亀田さんなりの経験を教えていただけるとうれしいです!
 ちなみに亀田さんから見て、BONNIE PINKの音楽って、
 一言で説明するとしたら、どういう音楽って形容されますか?
 私自身も自分で自分の音楽を説明したいんですけど、
 それがどうしても自分でできなくて困っているので、
 是非客観的な亀田さんの意見を教えてください。

クレバーでスマートな
BONNIE PINKらしい質問ですね。
アーティストとプロデューサーの関係について
聞いてみたいということですね。

・・・お答えしましょう!

ぼくの場合は、すごくシンプルです。
僕は、基本的に「アーティストが発信するサインが正しい」
というところから始めるんですね。
ですから、曲のいいところは全部残します。

BONNIE PINKの作るような
自作自演の曲の場合、
ご本人の頭の中で鳴っている
明確な音があるはずなんです。
そして、プロデューサーはその明確な音を見抜いて
具体化するお手伝いをするんです。
どうやったら120%伝える事ができるかに集中します。

そのとき大切なのが、
アーティストとプロデューサーである僕が、
お互い、鏡になるように心がけます。
アーティストは、僕という鏡に映った、自分を観て
自分の音楽が「あ、こんな風に聞こえてるんだ!」って
気づくように。

そして、その鏡に映ったイメージが
明確でなく、ぼんやりとしたものだったら
僕の経験値と、僕の中の何万曲もの
音楽ライブラリーと照らし合わせて、
それをくっきりとした解像度で
焼き付けてあげる。

あ、それから、タイアップやコラボなどで
僕とアーティスト以外に、第三者の提案が入る時には、
その提案と本人のイメージの
MAXの接点を見つけ出して
素敵な化学反応を起こし、
その曲が一生モノで愛されるような方向性を
導きだしていく。そんな感じです。

コードについてもよくわかります。
僕の場合は、基本コードはいじりません。
原曲のままです。
テンションコードにして
リハーモナイズして(コードを別のものに置き換えて)
後から薬を盛るよりは、
初期衝動を強調した方が、長い効き目がありますからね。
「知識」や「経験」が「直感」を凌駕することはできないんです。
素晴らしいアーティストと、素晴らしい曲を目の前にして
コードの一個や二個、僕の思い通りにしたところで何も変わりません。

もちろん、レコーディングでギターやベースといた生楽器が、
やんちゃしてかっこいい響きになったらそれは、
即採用しますけど(笑)
これも「感覚」ですね。

というわけで、僕の場合、
「よし、ダメ」の規準は

『この線をこえると
音楽の流れがぼんやりする、、、
この線をこえると
聴く人がその曲についていけなくなる、、、』

といった
この2点に集約されます。
そういうときは、よりシンプルなものを提案することはあります。
クインシーも言っていました。
「迷ったら音楽に聴け!」

そして、「BONNIE PINK」の音楽を一言で表すと…
BONNIE PINKの音楽です。
唯一無二、孤高の存在。
素晴らしいじゃないですか!
誰にも似てないって最高の褒め言葉ですよ。
本当の意味での、オルタナティブ。
僕は、BONNIE PINKが
ジャンルで語れないところ、
他のアーティストと群れないところが大好きです。
さあ、今日はBONNIE PINKの
プロデュースにも関わっている
トーレ・ヨハンソンのプロデューした
この曲を聴いてください。

M.     「Carnival」      /    The Cardigans  

41PE3RBCZJL._SL500_AA300_.jpg     

あ、それから、ご自身の音楽を
自分で説明できなくても、全然問題ありませんよ!
だって、芸人がネタやってて
「ここ笑うところです」っていったら興ざめしますよね。
アーティストは、全てを音楽で表現できればいいのだと思います!


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:10 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月04日

音楽から見えるアメリカの風景

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第52回目のテーマは…

「音楽から見えるアメリカの風景」

今日7月4日は「アメリカ独立記念日〜INDEPENDENCE DAY」ですね。
アメリカでは、この「独立記念日」を毎年盛大に祝い
各地でパレードやお祭りが開催されます。

今や世界の大国となったアメリカ。
音楽の世界でも、世界中からたくさんの才能が集まって、
毎日のように新しい音楽が生まれてくるアメリカ。
でも、一方、アメリカは、頑なに伝統的なスタイルを
守っている国でもあります。
そんな今日は「音楽から見えるアメリカの風景」というテーマでお届けします!

,海鵑併駑舛!!!
「もしもアメリカが新たな国歌を採用するならば誰に作ってほしいか?」という調査。
アメリカCBSテレビの番組「60MINUTES」と
雑誌「VANITY FAIR」が共同で行ったものだそうです。

その結果は、
1位は22%の人がブルース・スプリングスティーン。 
2位は19%でカントリー・シンガーのドリー・パートン。 
続いてスティービー・ワンダー、
ボブ・ディラン…作曲家のジョン・ウィリアムスと続いています。

ヒットチャートを、R&B、HIPHOPという
ブラックミュージックが席巻しているのにも関わらず
こと、国のことになると、カントリーやフォークロック畑の根強い支持!
こんな事からも頑で、保守的なアメリカ像が…見えてきませんか?

△修鵑淵▲瓮螢という国を歌った曲いろいろあるんです!
フォーク、ソウル、カントリー、ヒップホップ…
様々なジャンルのアーティストが、
アメリカへの想いを歌詞に乗せています。
アメリカの原風景を歌っているもの、
アメリカの強さを讃えているものから、
社会問題を皮肉っているものまで、、
いろんな「アメリカ」の歌があります。

◎Simon & Garfunkel『America,』・・・原風景

◎James Brown『LIVING IN AMERICA』・・・讃歌

◎Celine Dion『God Bless America』・・・讃歌

◎Prince『America』・・・問題提起

そして、アラスカ、ハワイまで、大都市から大自然。
あまりにも広くて多様な人々とその暮らし。
その日常に音楽が溢れている国アメリカの側面にも注目です。
たとえば、ラジオ局の数などでいうと
FM局の数は、日本のおよそ30倍!
アメリカの日常にどれだけ、音楽が溢れているかがわかりますね。

ところで、そんなアメリカという国は
大西洋をはさんだ、UKのバンドの目にはどんな風に映っていたのか?

2006年にイギリスのバンド、RAZORLIGHTがリリースした
ズバリなタイトルの曲をお届けしました!

AMERICA / RAZORLIGHT

41R2NB6BTPL._SL500_AA300_.jpg
















美しい曲ですね。
UKから見たアメリカ像がドキュメンタリーフィルムみたいに
伝わってきますよね。

決して、きれいごとだけでは語れないアメリカという国。
問題を抱え、それでも前に歩んで行くアメリカという国。
今日7月4日は、ナイスワン!な音楽を聞きながら
そんなアメリカについてちょこっと思いを馳せてみるのもいいかもしれません。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:31 | カテゴリー:

2012年07月03日

SINGIN’ IN THE RAIN 〜雨に唄えば

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第51回目のテーマは…

「SINGIN’ IN THE RAIN 〜雨に唄えば」

空模様やお天気って、多少ニュアンスは違えども、
誰もが気持ちを共感できる小道具なんですね。
今日はそんな雨を、僕と一緒に掘り下げてみました。

「雨」と「晴れ」
日常生活で気持ちの良いお天気といえば
間違いなく「晴れ」ですよね。
でも、音楽の中で歌詞の中で、圧倒的に使われるのは「雨」です。
なぜでしょう?

お答えします!

雨は、悲しみや、切なさ、
ちょっと沈んだ気持ちを表現するのに最適な小道具です。
なぜなら、晴れよりも、雨の方が「気持ちいい!」と思う人は少ないからです。

もちろん、恵みの雨が「ありがたい」という状況もたくさんありますよ。
でも、低気圧が空気を押し下げて、どんよりした空、じめじめした空気、
蒸し暑かったり、底冷えしたり、傘を用意したり、
「雨」がネガティブな方に気持ちをひっぱることは間違いないですよね。


一方、「雨」には悲しみや、苦しさを洗い流すリセット効果もあるんです。
「やまない雨はない」とか「雨降って地固まる」っていうでしょう!?
経験上人はこの感覚を、無意識のうちに感じとっているのです。
つまり、雨は、その存在自体は「ネガティブ」であるけど、
それと同時に、その向こうにある「ポジティブ」な
未来を予感させているのです。
つまり「雨」という情景描写には、その向こうに「希望」が見えているんですね。

こうやって考えると「雨」が、どれほど、僕らの日常生活の
アクセントになっているかがわかりますね。

ちなみに例を幾つか上げてみると…

●RHYTHM OF THE RAIN / カスケーズ
イントロから雷が鳴り響くカスケーズの名曲「リズム・オブ・ザ・レイン」。

●RAINDROPS KEEP FALLIN’ ON MY HEAD / B.J.トーマス
映画「明日に向かって撃て」の挿入歌ですね。
バート・バカラックの素敵なメロディですね。
雨なのになぜか楽しげ・・・
やがて「晴れの日はやってくる」という
希望を見せてくれる歌ですね。

● I LIKE CHOPIN (雨音はショパンの調べ)/ガゼボ
もの憂げで、退廃的な雨のサンプル曲。
[Rainy days never say goodbye]という歌詞が印象的です。
日本ではユーミンが「雨音はショパンの調べ」というタイトルで日本語詞をつけて、
小林麻美さんがカバーして大ヒットしましたね。
バブルの頃は、雨もなんだかゴージャスな恋愛の小道具になったんですね。

●WHY DOES IT RAIN ON ME / TRAVIS
パクスカっぽいのも1曲選んでおきましょう。
TRAVISの「WHY DOES IT RAIN ON ME」。
スコットランドのバンドだけあって、
ほら、「UK特集」でお話しした「晴天率」の低い国UK!のこと覚えています1?
ちょっとジメっとした感じが、この曲に出ていませんか?
「なんでいつも僕の上だけ雨が降るの?」 
その1フレーズが印象的。主人公の気持ちが分かっちゃう感じがしませんか?


いかがでしょう?
これ、日本の曲も入れるとい〜っぱいあるのです。
特に演歌の雨率なんか凄く高い!
なので、今回はあえて洋楽だけにしました。
みなさん、それぞれ好きな雨の曲、忘れられない雨の曲、あるんじゃないですか?


Umbrella / Rihanna feat.JAY-Z

rihannafeatjzumbrella.jpg


あなたは私の傘の下にいればいい… 
なんて素敵な言葉でしょう!
これって男子も、女子も使える恋のテクニック!?


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:34 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA

2012年07月02日

奇跡のアンサンブル、レッド・ツェッペリン!

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第50回目のテーマは…

「奇跡のアンサンブル、レッド・ツェッペリン!」


70年代のロックシーンを駆け抜けた伝説のバンド、レッド・ツェッペリン。
このバンド名であるツェッペリンとは飛行船の事。
そして、1900年の7月2日は
ドイツで飛行船「ツェッペリン号」が初飛行をした日、なんだそうです。

というわけで
今日は偉大なるロックバンド、
レッド・ツェッペリンについてお話しようと思います。


ツェッペリンといえば超個性派ぞろいのメンバーが集まっています。
ギターのジミー・ペイジ
ドラムのジョン・ボーナム
ベースのジョン・ポール・ジョーンズ
ボーカルのロバート・プラント
そんな縦横無尽、変幻自在にいきかうプレイヤーの中で、
どうして奇跡のアンサンブルが成立したのか!?

お答えしましょう!

ツェッペリンのサウンドを色付けているのは
ジミー・ペイジの弾く緻密で印象的なギターアンサンブル!
そして、暴力的ともいえる、ジョン・ボーナムのドカドカドラム!
この2人の奏でる超個性的なプレイですよね。
もう、ロックファン、ミュージシャンにはたまらないんです。

普通だったら、ありあまる才能がぶつかりあい空中分解してしまいそうな
この相反する二つのギターとドラムなんですが、
これを、しなやかにつないでいるのが、
ジョン・ポール・ジョーンズのベースなんですね。
ジョン・ポール・ジョーンズのベースが
鋭利なギターリフと暴れるドラムの接着剤になっている。
「おいおいボンゾのドラムどこまでいっちゃうの!?」何て時も
しっかりとリズムとボトムをキープして
ギターやボーカルが乗りやすい体制を作ってくれる。
だから、どんなに複雑なことをやっても
レッド・ツェッペリンのアンサンブルは破綻しないんですね。
僕もベースを弾きますが、
このジョン・ポール・ジョーンズが教えてくれた
「ベースは接着剤」という役割、
いつも意識していますよ。


そして、ジョン・ポール・ジョーンズがまとめたバンドの音を、
ロバート・プラントの宇宙にまで届くハイトーンボイスが
さらにパワフルにジャンプアップさせているんですね。
奇跡のアンサンブルの仕上げ係を
ロバート・プラントのボーカルがやってくれているのです。

一方、彼らのアンサンブルを成り立たせた裏には、
レコーディング技術の進歩があったことを見逃せません。
8トラックから16トラックにレコーダーが改良され、
大幅にレコーディング技術が上がった(60年代終わりから)70年代、
彼らはレコーディングスタジオにこもり、
音の図太さをパッケージし、
エフェクトなどトリッキーなサウンドを表現することに成功しています。
しかも、ツェッペリンの強みは、それらがライブで再現可能だったことです。
決して破綻しない奇跡のアンサンブルがあるからですね。

そして何よりもレッド・ツェッペリンを支えていたものは「絆」。
メンバー同士の信頼、尊重、敬愛、といったミュージシャンズマナーが
いつもそこにあったんですね。
ですから、
1980年、ドラムのジョン・ボーナムがこの世を去った後、
誰もジョン・ボーナムの代わりになれなかった…
素晴らしいバンドは、メンバー一人かけたら、
もうそのバンドの音は成立しないのです。
ジョン・ボーナムのドラムはジョン・ボーナムでしかだせなかった。
この4人でしか出せない音。
まさに「奇跡のアンサンブル」を自ら理解していたんですね。


Immigrant song / Led Zeppelin

led zeppe.jpg

この曲のおかげで僕は
入試の時immigrantとemigrantという
高校生で習うような単語が出て来たけど、ビビらなかったぞ!
レッド・ツェッペリンは受験勉強にもよく効く!!
ありがとう!レッド・ツェッペリン!


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから“音楽に関するギモン”をお待ちしています。
コチラ」からお願いします。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:28 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA