2014年02月28日

超大型新人ダーティ・ループスのJ-meショーケース!

■J-WAVE SHOWCASE LIVE feat. DIRTY LOOPS
2014年2月25日(火)
会場:渋谷・Sound Museum VISION

LIVE:DIRTY LOOPS
MC:クリス・ペプラー

IMG_4864.jpg

IMG_4823.jpg

「音楽をやりたくなるか、止めたくなるか。」
全世界が注目するスウェーデン出身の超大型新人ダーティ・ループスの
日本で初となる貴重なパフォーマンスが、
J-WAVEのリスナーズ・コミュニティ「J-me」会員を迎えて行われました。

ヴォーカル&キーボードのJonah(ジョナ)、ベースのHenrik(ヘンリック)、
ドラムスのAaron(アーロン)の3人からなるダーティ・ループス。
スウェーデン王立音楽アカデミーへ進学した超エリートの彼らは、
実験的なサウンドを作ってネットから売りだし始める。

そのアレンジの斬新さと圧倒的なグルーヴ、ジョナの美しい声が瞬く間に話題となり、大御所プロデューサー=デイヴィッド・フォスターが1年近くかけて口説きおとし契約。現在までにアップしたミュージック・ビデオは1400万Viewを超え、世界待望のデビューアルバム『ダーティ・ループス』リリースに先がけた、貴重なショーケース。

類まれなテクニックとポップセンスを持ち合わせた超大型新人の、
21世紀のエナジーブースト・ロックを、
幸運なJ-meメンバー達が日本で初めて体験しました!

■セットリスト
1. Circus
2. Baby ※ジャスティン・ビーバー カヴァー
3. Rolling in the deep
4. Die for you
5. Lost in you
6. Wake me up ※Avicii カヴァー
7. Hit me
8. Don't stop the music
9. Automatic ※宇多田ヒカル カヴァー
10. Sexy girls

【DIRTY LOOPS・公式サイト】

【J-me 公式サイト】http://www.j-wave.co.jp/jlc/
※J-WAVE LISTENERS COMMUNITY <J-me>(ジェイミー)とは?
ソーシャルメディア時代の、全く新しいJ-WAVEのインターネット会員サービスです。
J-WAVEを聞きながらサイトにアクセスすればするほど、
ポイントが貯まって様々なサービスをご利用いただけます。
★ソーシャルメディアに連携!
facebook、twitter、mixi、Googleなどのアカウントでそのまま入会登録OK!
★J-WAVEサイトでポイントが貯まる!
サイト内の番組情報をソーシャルメディアに拡散するとポイントを獲得!
★ポイントが貯まると会員ランクがUP!
★J-WAVEサイトで様々なアクティビティに参加すると、
様々なバーチャルバッジをゲットできます。
★毎月限定イベントにご招待!
毎月音楽や映画などの様々な会員限定イベントが開催されます。
★もちろん、入会費は無料!ご入会はコチラから

jwave_0625_001_h.jpg

staff| 18:52 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント

2014年02月18日

アウスゲイル、貴重なショーケースLIVE!

■J-WAVE 「RENDEZ-VOUS」 SPECIAL SHOWCASE
feat. Àsgeir(アウスゲイル) at アイスランド大使館
2014年2月14日(金)
会場:アイスランド大使館(高輪)

LIVE:アウスゲイル
MC:レイチェル・チャン(J-WAVE「RENDEZ-VOUS」ナビゲーター)

IMG_0761.jpg

アイスランドから届けられた最高級の宝箱、Àsgeir(アウスゲイル)!
奇跡の歌声を持つ21歳の天才シンガー・ソングライターの、
J-WAVEリスナーをご招待して行われた貴重なスペシャルSHOWCASE LIVE!

IMG_0747.jpg

IMG_0741.jpg

IMG_0743.jpg

SET LIST
1.On that day
2.Going Home
3.Summer Guest
4.Was there nothing?(original ver.)
5.torrent(original ver.)
ENCORE
6.king and kross

IMG_0781.jpg

IMG_0784.jpg

IMG_0822.jpg

IMG_0807.jpg


Asgeir_a-sya.jpg

Asgeir_jake-sya.jpg
Àsgeir(アウスゲイル)
『In the Silence(イン・ザ・サイレンス)』
NOW ON SALE!
HSE-60172
税込価格:2,490円(税抜価格:2,371円)

staff| 21:06 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント

2014年02月18日

MISIA、オーケストラとのスペシャルLIVE、写真到着!

■MISIA
星空のライヴ
-15th Celebration-
Hoshizora Symphony Orchestra

2014年
1月18日(土)、19日(日) 日本武道館
2月15日(土)、16日(日) 横浜アリーナ

*ライヴ写真は日本武道館公演のものです。
MISIA_LIVE_1.jpg

MISIA_LIVE_2.jpg

(公演が残っている為、SET LISTの公開は控えさせて頂きます。2/18)

■Member
Vo. MISIA
Key. 重実 徹
Ds. FUYU
Per. ASA-CHANG
B. SOKUSAI
G. 山口周平
Mp. 須藤 豪
Sax. 鈴木明男
Cho. Hanah spring
Cho. Lyn
Cho. KAORI

指揮:服部隆之
Strings:弦一徹ストリングス(総勢43名)

staff| 20:43 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント

2014年02月18日

J-me HOT VALENTINE'S PARTY〜黒沼英之

■J-me HOT VALENTINE'S PARTY feat. 黒沼英之
2014年2月13日(木)
会場:シェアードテラス 外苑いちょう並木

ゲストLIVE:黒沼英之
MC:板井麻衣子(J-WAVE「PARADISO」ナビゲーター)

s-P1050587.jpg

J-WAVEのリスナーズ・コミュニティ「J-me(ジェイミー)」会員の
オフィシャル・オフ会が、ヴァレンタイン・パーティとして開催。
話題のシンガー・ソングライター、黒沼英之さんのカフェライヴを中心に、
抽選によって当選されたラッキーなJ-me会員の皆様と、
美味しいお食事と飲み物、そして楽しいおしゃべりで過ごした、
真冬にあたたかいひとときでした。

s-P1050557.jpg

s-P1050570.jpg

■黒沼英之LIVE
SET LIST
1. ふたり
2. パラダイス
3. 心のかたち
4. 雨宿り
5. やさしい痛み

s-P1050593.jpg

s-P1050598.jpg

★【J-WAVE「PARADISO」(毎週金曜11:30〜16:00)番組サイト】http://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/index.html

【黒沼英之・公式サイト】

【J-me 公式サイト】http://www.j-wave.co.jp/jlc/
※J-WAVE LISTENERS COMMUNITY <J-me>(ジェイミー)とは?
ソーシャルメディア時代の、全く新しいJ-WAVEのインターネット会員サービスです。
J-WAVEを聞きながらサイトにアクセスすればするほど、
ポイントが貯まって様々なサービスをご利用いただけます。
★ソーシャルメディアに連携!
facebook、twitter、mixi、Googleなどのアカウントでそのまま入会登録OK!
★J-WAVEサイトでポイントが貯まる!
サイト内の番組情報をソーシャルメディアに拡散するとポイントを獲得!
★ポイントが貯まると会員ランクがUP!
★J-WAVEサイトで様々なアクティビティに参加すると、
様々なバーチャルバッジをゲットできます。
★毎月限定イベントにご招待!
毎月音楽や映画などの様々な会員限定イベントが開催されます。
★もちろん、入会費は無料!ご入会はコチラから

jwave_0625_001_h.jpg

staff| 20:03 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント

2014年02月07日

最強ロックプリンセス!アヴリル・ラヴィーン、来日公演!

■AVRIL LAVIGNE
JAPAN TOUR 2014

Photo by Yoshika Horita
AVRIL_2.4_BUDOKAN(c)Yoshika Horita_2 (1).jpg

■2014年2月1日(土) 新木場STUDIO COAST[追加公演]
*SET LIST
INTRO VIDEO
1. TAIKO
2. HELLO KITTY
3. GIRLFRIEND
4. ROCK N ROLL
5. DON'T TELL ME
6. HERE'S TO NEVER GROWING UP
7. ALWAYS GET WHAT I WANT
8. WISH YOU WERE HERE
9. LET ME GO
10. MY HAPPY ENDING
11. COMPLICATED
12. BAD GIRL
13. HE WASN'T
14. LOSING GRIP
15. SK8ER BOI
〜EN.
1. TAIKO
2. WHAT THE HELL
3. SMILE
4. I'M WITH YOU

Photo by Yoshika Horita
AVRIL_2.4_BUDOKAN(c)Yoshika Horita_2 (2).jpg

■2014年2月4日(火)、5日(水) 日本武道館
*SET LIST
INTRO VIDEO
1. TAIKO
2. HELLO KITTY
3. GIRLFRIEND
4. ROCK N ROLL
5. DON'T TELL ME
6. HERE'S TO NEVER GROWING UP
7. ALWAYS GET WHAT I WANT
8. HUSH HUSH
9. LET ME GO
10. MY HAPPY ENDING
11. COMPLICATED
12. BAD GIRL
13. HE WASN'T
14. LOSING GRIP
15. SK8ER BOI
〜EN.
1. TAIKO
2. WHAT THE HELL
3. SMILE
4. I'M WITH YOU

PRESS向け資料より
============================
聖地、武道館を巨大なライヴハウスに変えた、稀代のロック・プリンセス=アヴリル・ラヴィーン!
============================

 大阪のZepp Nambaに、東京の新木場スタジオコーストというレアなライヴハウスでの追加公演、続いて神奈川のパシフィコ横浜公演と、約2年ぶりとなる来日ツアーでソールド・アウトを連発しているアヴリル・ラヴィーン。次なるステージは、日本武道館2DAYSである。その初日を観たのだけれど、間違いなく過去最高で最強のライヴだった。

 さかのぼること11年。デビュー翌年の2003年に行われたアヴリル・ラヴィーン初来日公演の会場が、いきなりの武道館だったことを、ご記憶のファンも多いだろう。しかも、ゴブとシンプル・プランという、同郷カナダの先輩バンド2組をサポート・アクトに従えた、17歳にして大物感たっぷりの公演だった。ちなみにその時のツアー・タイトルが、“Try To Shut Me Up Tour”。「私を黙らせてみなさいよ」ってわけだ。思えば、確かに当時のアヴリルは、夢多き10代の女の子的な感じで接することをきっぱり拒絶するような、ヒリヒリした空気を放っていたし、言いたいことは臆せずにはっきり言う頑強さを持っていた。そしてそんな真っ直ぐさが、大きな魅力でもあった。

 では、現在のアヴリルはどうか。基本的には何も変わっちゃいない。ただ、そこに大人の女性としての分別や寛容さが加わったため、かつてのような尖り方をしなくても、彼女は自分であり続けることができるのだ。男目線で見ても、実にカッコいい生きざまだし、だからこそ同性からの支持も絶えないのだろう。本人が意識しているかどうかは別として、やっぱりアヴリルの根底に流れているスピリットは、パンクなんだと思う。

 さて、今回のツアーは、通算5枚目のアルバム『アヴリル・ラヴィーン』を携えてのもの。 前作のツアーでは、「ワット・ザ・ヘル」での和太鼓との共演で驚かせたアヴリルだったが、今回はオープニングのフラッシュバック映像に続いて、なんとその和太鼓からライヴがスタート。彼女は再び、和太鼓パフォーマンス集団<無限-MUGEN->を迎えていたのだ。雄々しく勇壮なビートが、武道館に響き渡る。そのまま和太鼓を入れたバンド編成で繰り出されたのが、「ハローキティ」。登場したアヴリルは、キティがたくさんあしらわれたドレス姿で、♪カ・カ・カ・カワイイ!♪とキュートかつシャープなラップ・ヴォーカルで魅せる。そこから続けざまに「ガールフレンド」へ。ぎっしり埋まった会場は、冒頭から怒涛の盛り上がりだ。瞬時に黒のノースリーブとレギンスに着替え、ヒット・シングルの「ロックンロール」や「ネヴァー・グローイング・アップ」、ボートラ曲ながら最高のポップ・パンク「アイ・オールウェイズ・ゲット・ワット・アイ・ウォント」などキラー・アンセムの連打で、何度もクライマックスを迎えた前半戦。そのステージングは、凄まじくロックだった。ぐっとラウドになったバンド演奏に乗せて、まだこんなに伸びしろがあったのかと唖然とするほど、パワーも深みも格段に増したヴォーカルを炸裂させる。客席にマイクを向けてのコール&レスポンスや、「もっともっと!」「歌って!」と煽るパフォーマンスも含め、こんなにもロックに振り切れたアヴリル・ラヴィーンは見たことがない。

 そして、「ハッシュ・ハッシュ」「レット・ミー・ゴー」「マイ・ハッピー・エンディング」などのバラードと、デビュー作の1曲目を飾った「ルージング・グリップ」や「バッド・ガール」(悪魔コスチューム&バックにマリリン・マンソンの映像)といったヘヴィ・チューン、さらには鉄板の「コンプリケイテッド」「スケ8ター・ボーイ」で歓喜のフィナーレを迎えた後半戦。ここでの彼女は、乱暴な表現で恐縮だけれど、凄まじくオンナだった。こんなにも女性としての哀切を、激しい情念を、セクシーさを体現したアヴリル・ラヴィーンも見たことがない……というか初めてだ。

 アンコールでは、もう1度<無限-MUGEN->が登場しての「ワット・ザ・ヘル」でパーティ・ハードし、「アイム・ウィズ・ユー」の大合唱で熱い余韻を残して終幕。ライヴ・アクトとしての飛躍的な進化が刻み込まれた、特濃の90分だった。デビューから12年、今年で30歳、人妻。アヴリル・ラヴィーンの本当の旬は、これからなのかもしれない。(鈴木宏和)

AvrilLavigne_J.jpg
最新アルバム 『アヴリル・ラヴィーン』 絶賛発売中!!
大ヒット・シングル「ロックンロール」「レット・ミー・ゴー」収録!
(¥2,310(税込) EICP-1588 解説・歌詞・対訳付)
*通算5作目にして堂々のセルフ・タイトル・アルバム!
ロック・プリンセス=アヴリル・ラヴィーンの11年の美しき進化を随所に堪能できる最高傑作!これぞまさしく、純度100%のアヴリル・ラヴィーン!
*日本盤ボーナス・トラック『ワンピース フィルム ゼット』のW主題歌“バッド・レピュテーション” “ハウ・ユー・リマインド・ミー”収録!

staff| 20:29 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント

2014年02月03日

J-me meets ジェイミー・カラム!

■JAMIE CULLUM
2014年1月29日(水)、30日(木)
渋谷・Bunkamuraオーチャードホール

【特写!】ジェイミー・カラムとJ-me!夢の!?競演!
J+J.JPG

logo-2.jpg

staff| 22:48 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント


バックナンバー

カテゴリー