2010年04月26日

東京スカパラダイス体育館!

■東京スカパラダイスオーケストラ
"東京スカパラダイス体育館" 2010/04/24 15:00/16:00〜
会場:東京体育館(千駄ヶ谷)


これが東京スカパラダイス体育館、全景
スカパラ21周年へ、キックオフ!

■SET LIST
1. Boppin' Bunny
2. White Light
3. A Song for Athletes
4. WORLD SKA CRUISE
5. 明鏡止水
6. STORM RIDER
7. KinouKyouAshita -new horn arrangement-
8. Like Jazz On Fire
9. トーキョースカメドレー
a) Perfect Future
b) Taboo SKA
c) Manteca
d) L.O.V.E
e) FINGERTIPS
10. ずっと (Guest Vocal: Crystal Kay)
11. ONE EYED COBRA
12. 東雲25時
13. Juggling City
14. 太陽にお願い
15. 雨の軌跡
16. Boppin' Bunny again!
17. 流星とバラード (Guest Vocal: 奥田民生)
18. Just Say Yeah!
19. 愛の讃歌 (with String)
20. 君と僕 2010 (Guest Vocal: 斉藤和義)

Enc.
1. Pride of Lions
2. ジャングル・ブギ(Guest Vocal:Crystal Kay、奥田民生、斉藤和義)
※笠置シヅ子のカヴァー
3. DOWN BEAT STOMP

Enc.2
1. SKA ME CRAZY


入場時に配られた「Welcomeカード」

staff| 09:08 | カテゴリー:

2010年04月20日

キャロルキング/ジェイムステイラー公演 Photoアリ!

■CAROL KING / JAMES TAYLOR 
 TROUBADOUR REUNION

キャロル・キング(vo / pf)
ジェイムス・テイラー(vo / g)
ダニー・コーチマー(g)
ラス・カンケル(ds)
リー・スカラー(b)
ルビー・コンドール(key)
アンドレア・ゾン(cho / fiddle)
ケイト・マルコヴィッツ(cho)
アーノルド・マッカラー(cho)


photo by Yuki Kuroyanagi
 
■4/14(水) at 日本武道館 

セットリスト
第一部
01.Blossom 花(JT)
  (1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
02.So Far Away ソー・ファー・アウェイ (CK)
  (1971年『つづれおり』)
03.Machine Gun Kelly マシン・ガン・ケリー (JT)
   (1971年『マッド・スライド・スリム』)
04.Carolina In My Mind 思い出のキャロライナ(JT)
   (1968年『ジェイムス・テイラー 』)
05.Way Over Yonder ウェイ・オーヴァー・ヨンダー (CK)
  (1971年『つづれおり』)
06.Smackwater Jack スマックウォーター・ジャック(CK)
  (1971年『つづれおり』)
07.Country Road カントリー・ロード(JT)
  (1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
08.Sweet Seasons スウィート・シーズンズ(CK)
  (1971年『ミュージック』)
09.Your Smiling Face きみの笑顔(JT)
  (1977年『JT』)
10.Song Of Long Ago ソング・オブ・ロング・アゴー(CK)
  (1971年『キャロル・キング・ミュージック』)
11.Long Ago And Far Away 遠い昔 (JT)
   (1971年『マッド・スライド・スリム』)
12.Beautiful ビューティフル(CK)
(1971年『つづれおり』)
13.Shower The People 愛の恵みを(JT)
  (1976年『イン・ザ・ポケット』)
14.(You Make Me Feel Like) A Natural Woman ナチュラル・ウーマン(CK)
(1971年『つづれおり』)

第二部 
15.Copperline コッパーライン(JT)
(1991年『ニュー・ムーン・シャイン』)
16.Crying In The Rain クライング・イン・ザ・レイン(JT/CK)
   (CK:1983年『スピーディング・タイム』)
  (JT:アート・ガーファンクルと競演)
  (Original: 1962 The Everly Brothers)
17.Mexico あこがれのメキシコ(JT)
(1975年『ゴリラ』)
18.Sweet Baby Jamesスウィート・ベイビー・ジェイムス (JT)
(1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
19.Jazzman ジャズマン(CK)
  (1974年『喜びにつつまれて』)
20.Will You Love Me Tomorrow ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー(CK)
(1971年『つづれおり』)
21.Steamroller Blues スチームローラー (JT)
(1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
22.It's Too Late イッツ・トゥー・レイト(CK)
(CK:1971年『つづれおり』)
23.Fire And Rain ファイアー・アンド・レイン(JT)
(1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
24.I Feel The Earth Moveアイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ (CK)
(1971年『つづれおり』)
25.You've Got A Friend 君の友だち(JT/CK)
(CK:1971年『つづれおり』)
(JT:1971年『マッド・スライド・スリム』)

Encore

26.Up On The Roof アップ・オン・ザ・ルーフ(CK/JT)
(CK:1970年『ライター』)
(JT:1979年『フラッグ』)
27.How Sweet It Is (To Be Loved By You) 君の愛に包まれて (JT)
(1975年『ゴリラ』)
28.Locomotion ロコモーション (CK)
(Original:1962 リトル・エヴァ)


photo by Yuki Kuroyanagi

■4/16(金) at 日本武道館 

セットリスト
第一部
01. Blossom 花(JT)
(1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
02. So Far Away ソー・ファー・アウェイ(CK)
(1971年『つづれおり』)
03. Machine Gun Kelly マシン・ガン・ケリー (JT)
(1971年『マッド・スライド・スリム』)
04. Carolina In My Mind 思い出のキャロライナ(JT)
(1968年『ジェイムス・テイラー 』)
05. Way Over Yonder ウェイ・オーヴァー・ヨンダー (CK)
(1971年『つづれおり』)
06. Smackwater Jack スマックウォーター・ジャック(CK)
(1971年『つづれおり』)
07. Country Road カントリー・ロード(JT)
(1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
08. Sweet Seasons(CK) スウィート・シーズンズ(CK)
(1971年『ミュージック』)
09. Mexico あこがれのメキシコ(JT)
(1975年『ゴリラ』)
10. Song Of Long Ago ソング・オブ・ロング・アゴー(CK)
(1971年『キャロル・キング・ミュージック』)
11. Long Ago And Far Away 遠い昔 (JT)
(1971年『マッド・スライド・スリム』)
12. Beautiful ビューティフル(CK)
(1971年『つづれおり』)
13. Shower The People 愛の恵みを (JT)
(1976年『イン・ザ・ポケット』)
14. (You Make Me Feel Like) A Natural Woman ナチュラル・ウーマン(CK)
(1971年『つづれおり』)

第二部
15. Copperline コッパーライン (JT)
(1991年『ニュー・ムーン・シャイン』)
16. Crying In The Rain クライング・イン・ザ・レイン(JT/CK)
(CK:1983年『スピーディング・タイム』)
(JT:アート・ガーファンクルと競演)
(Original:1962 The Everly Brothers)
17. Hi-De-Ho (That Old Sweet Roll)ハイ・デ・ホー (CK)
  (1968年 ザ・シティ『夢語り』)
18. Sweet Baby James スウィート・ベイビー・ジェイムス(JT)
  (1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
19. Jazzman ジャズマン(CK)
  (1974年『喜びにつつまれて』)
20. Will You Love Me Tomorrow ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー(CK)
  (1971年『つづれおり』)
21. Steamroller Blues スチームローラー(JT)
  (1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
22. It's Too Late イッツ・トゥー・レイト(CK)
  (1971年『つづれおり』)
23. Fire And Rain ファイアー・アンド・レイン(JT)
  (1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
24. I Feel The Earth Move アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ(CK)
  (1971年『つづれおり』)
25. You've Got A Friend 君の友だち(JT/CK)
  (1971年『つづれおり』)
   (1971年『マッド・スライド・スリム』)

Encore

26. Up On The Roof アップ・オン・ザ・ルーフ(CK/JT)
   (1970年『ライター』)
   (1979年『フラッグ』)
27. How Sweet It Is (To Be Loved By You) 君の愛に包まれて (JT)
   (1975年『ゴリラ』)
28. Locomotion ロコモーション(CK)
    (Original:1962 リトル・エヴァ)


■4/17(土) at パシフィコ横浜国立大ホール[追加公演]

セットリスト 
第一部
01.Blossom 花(JT)
  (1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
02.So Far Away ソー・ファー・アウェイ (CK)
  (1971年『つづれおり』)
03.Machine Gun Kelly マシン・ガン・ケリー (JT)
   (1971年『マッド・スライド・スリム』)
04.Carolina In My Mind 思い出のキャロライナ(JT)
   (1968年『ジェイムス・テイラー 』)
05.Way Over Yonder ウェイ・オーヴァー・ヨンダー (CK)
  (1971年『つづれおり』)
06.Smackwater Jack スマックウォーター・ジャック(CK)
  (1971年『つづれおり』)
07.Country Road カントリー・ロード(JT)
  (1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
08.Sweet Seasons スウィート・シーズンズ(CK)
  (1971年『ミュージック』)
09.Mexico あこがれのメキシコ(JT)
  (1975年『ゴリラ』)
10.Song Of Long Ago ソング・オブ・ロング・アゴー(CK)
  (1971年『キャロル・キング・ミュージック』)
11.Long Ago And Far Away 遠い昔 (JT)
   (1971年『マッド・スライド・スリム』)
12.Beautiful ビューティフル(CK)
  (1971年『つづれおり』)
13.Shower The People 愛の恵みを(JT)
  (1976年『イン・ザ・ポケット』)
14.(You Make Me Feel Like) A Natural Woman ナチュラル・ウーマン(CK)
  (1971年『つづれおり』)

第二部
15.Copperline コッパーライン(JT)
  (1991年『ニュー・ムーン・シャイン』)
16.Crying In The Rain クライング・イン・ザ・レイン(JT/CK)
   (CK:1983年『スピーディング・タイム』)
  (JT:アート・ガーファンクルと競演)
  (Original: 1962 The Everly Brothers)
17:Chains チェインズ(CK)
  (Original:1962 The Cookies)
  (Cover:Beatles『Please Please Me』)
18.Sweet Baby Jamesスウィート・ベイビー・ジェイムス (JT)
  (1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
19.Jazzman ジャズマン(CK)
   (1974年『喜びにつつまれて』)
20.Will You Love Me Tomorrow ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー(CK)
  (1971年『つづれおり』)
21.Steamroller Blues スチームローラー (JT)
  (1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
22.It's Too Late イッツ・トゥー・レイト(CK)
  (CK:1971年『つづれおり』)
23.Fire And Rain ファイアー・アンド・レイン(JT)
  (1970年『スウィート・ベイビー・ジェイムス』)
24.I Feel The Earth Moveアイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ (CK)
  (1971年『つづれおり』)
25.You've Got A Friend 君の友だち(JT/CK)
  (CK:1971年『つづれおり』)
  (JT:1971年『マッド・スライド・スリム』)

Encore

26.Up On The Roof アップ・オン・ザ・ルーフ(CK/JT)
(CK:1970年『ライター』)
(JT:1979年『フラッグ』)
27.How Sweet It Is (To Be Loved By You) 君の愛に包まれて (JT)
(1975年『ゴリラ』)
28 You Can Close Your Eyes/目を閉じてごらん (JT)
  (1971年『マッド・スライド・スリム』)
29.Locomotion ロコモーション (CK)
  (Original:1962 リトル・エヴァ)

staff| 02:54 | カテゴリー:

2010年04月19日

番組ライヴ"LIVE SUPERNOVA 50 DX"終了!

J-WAVE TOKYO REAL-EYES "LIVE SUPERNOVA 50 DX"
日時:2010年4月18日(日) 16:00 / 17:00
会場:Zepp Tokyo

出演:
ASIAN KUNG-FU GENERATION
Base Ball Bear
school food punishment
THE BAWDIES
MC:藤田琢己(J-WAVE「TOKYO REAL-EYES」ナビゲーター)

*リアルな音楽を紹介し続ける人気番組「TOKYO REAL-EYES」(毎週金曜24:00〜26:00)
の番組ライヴ・招待制イベント「LIVE SUPERNOVA」。
2005年5月よりほぼ毎月開催してきて、今回ついに50回目
今回は50回記念の拡大版として、券売制でZepp Tokyoで開催。
興奮と熱狂と感動の記念ライヴ!


Zepp Tokyoは興奮のるつぼ!

■まずは満員の場内に先制パンチをかましてくれたのは、THE BAWDIES!!

*SET LIST
1. I'ts Too Late
2. Hot Dog
3. Keep You Happy
4. Emotion Potion
5. I'm In Love With You
6. I'm A Love Man
7. Keep On Rockin'
8. You Gotta Dance


Vo.&BassのROYが吠える!


のっけから客席も大興奮!THE BAWDIES、見事なキレでした!

■転換後、続いてはschool food punishmentが登場。
ダンス・ビートと独特の世界感をギターが刻む。

*SET LIST
1. future nova
2. you may crawl
3. light prayer
4. sea-through communication


ビートが響き、かつ歌声がしゃきっと立つ。照明も素晴らしい。


そのサウンドはしっかり響きわたり、
school food punishmentワールドを会場中に印象付けました。

■つづいては、Base Ball Bearが登場!
見よ、この熱いパフォーマンス!気合のステージ!

*SET LIST
1. Stairway Generation
2. 祭りのあと
3. change
4. ホワイトワイライト
5. ドラマチック
6. CRAZY FOR YOUの季節
7. LOVE MAETHEMATICS


nestにも('06)、AXでの拡大版('07)にも出演してくれた、
「TOKYO REAL-EYES」と縁の深いB.B.A.。


そしてZeppでの50DXにも欠かせない存在、
絶賛ツアー中ということもあって、アブラののった演奏で見事に会場を盛り上げてくれました!

■ラストは、いよいよASIAN KUNG-FU GENERATION!!
照明とドラム・ループのオープニングに、会場全体が至福の時につつまれます。

*SET LIST
1. 新世紀のラブソング
2. センスレス
3. アンダースタンド
4. 迷子犬と雨のビート
5. ブルートレイン
6. 惑星
7. マジックディスク
8. 振動覚
9. リライト
10. ソラニン

En.
1. 君という花


6月にリリースされる新アルバムのタイトル曲「マジックディスク」も本邦初披露。
新旧織り交ぜ、アジカン・ワールドにひきこまれます。
「リライト」〜M.C.のあと、「ソラニン」のイントロのギターが鳴ると
場内は「きたーっ」という雰囲気に。興奮とともに感動もおぼえました。


そして、ラストにアンコールに応えて「君という花」を。
その堂々たる演奏は、この日の出演者を代表して
アンコールに応えてくれているのを感じさせます。

M.C.も50回目。「TOKYO REAL-EYES」ナビゲーターの、
藤田琢己!!大活躍!

手にしているのは、番組でプレゼントする「出演者全員サイン入りギター」

転換中の来場者へのTシャツプレゼントでは客席に「バズーカ」も打ち込みました。


■この日のライヴの模様は、
4月23日(金)24:00〜J-WAVE「TOKYO REAL-EYES」
各アーティストのライヴ音源や楽屋インタビュー、そして詳細レポートをオンエアします。
ライヴ出演者のサイン入りTシャツやギターのプレゼントもあり!!
ぜひ、
http://www.j-wave.co.jp/original/realeyes/

ALL PHOTO by 上飯坂ハジメ

staff| 08:35 | カテゴリー:

2010年04月19日

LADY GAGA横浜アリーナ!ライヴ写真追加!

LADY GAGA
THE MONSTER BALL TOUR
2010年4月17日(土)・18日(日)横浜アリーナ


Photo:Miki Matsushima

Set List
ACT 1
M1. INTRO
M2. DANCE IN THE DARK
M3. GLITTER AND GREASE
M4. JUST DANCE
M5. BEAUTIFUL, DIRTY, RICH
M6. VANITY
M7. THE FAME

ACT 2
M8. LOVE GAME
M9. BOYS BOYS BOYS
M10. TELEPHONE
M11. BROWN EYES
M12. SPEECHLESS
M13. SO HAPPY I COULD DIE

ACT 3
M14. MONSTER
M15. TEETH
M16. ALEJANDRO
M17. POKERFACE

ACT 4
M18. PAPARAZZI
M19. BAD ROMANCE


Photo:Miki Matsushima

【新着ライヴ写真、下に追加します!】

Photo:Miki Matsushima


Photo:Miki Matsushima


staff| 01:55 | カテゴリー:

2010年04月16日

ジェフ・べック東京3公演レポート!

■JEFF BECK Live in JAPAN


Photo by Masayuki Noda

◎メンバー
●ジェフ・ベック(ギター)
●ナラダ・マイケル・ウォルデン(ドラム)
●ロンダ・スミス(ベース)
●ジェイソン・リベロ(キーボード)


Photo by Masayuki Noda

*SET LIST*
★LIVE@JCB HALL(2010年4月10日)

1 エタニティズ・ブレス (ETERNITY'S BREATH)
2 ストレイタス(STRATUS)
3 レッド・ブーツ(LED BOOTS) 
 <‘76 『ワイアード』収録曲>
4 コーパス・クライステイ・キャロル (CORPUS CHRISTI Carol)
5 JB/NMW shred
6 ハンマーヘッド(HAMMERHEAD)
 <最新作『エモーション・アンド・コモーション』収録曲>
7 MNA NA EIREANN
8 bass solo
9 ピープル・ゲット・レディ(PEOPLE GET READY)   
 <‘85 『フラッシュ』収録曲>
10 ローリン・アンド・タンブリン(ROLLIN&TUMBLIN)   
 <‘01 『ユー・ハッド・イット・カミング』収録曲> 
11 ネヴァー・アローン(NEVER ALONE)    
 <最新作 『エモーション・アンド・コモーション』収録曲>
12 ビッグ・ブロック(BIG BLOCK)        
 <‘89 『ギター・ショップ』収録曲>
13虹の彼方に(OVER THE RAIBOW) 
 <最新作 『エモーション・アンド・コモーション』収録曲>
14 ブラスト・フロム・ジ・イースト(BLAST FROM THE EAST)
 <‘99 『フー・エルス』収録曲>
15 エンジェル(フットステップス) ANGEL(FOOTSTEPS) 
 <‘99 『フー・エルス』収録曲>
16 ダーティー・マインド (DIRTY MIND) 
 <‘01 『ユー・ハッド・イット・カミング』収録曲> 
17 ブラシ・ウィズ・ザ・ブルース (BRUSH WITH THE BLUES) 
 <‘99 『フー・エルス』収録曲>
18 アイ・ウォント・テイク・ユー・ハイヤー(I WANT TAKE YOU HIGHER)
 <スライ&ザ・ファミリー・ストーンのカヴァー>
19 ア・デイ・イン・ザ・ライフ(A DAY IN THE LIFE) 
 <ビートルズのカヴァー>

(Encore1)
1ハウ・ハイ・ザ・ムーン(HOW HIGH THE MOON) 
<2009年に亡くなったレス・ポールへのトリビュートとして、
レス・ポールの代表曲. イメルダ・メイ(録音)による
ヴォーカルをフィーチャー、この曲のみ黒のレス・ポールを使用>
2誰も寝てはならぬ(NESSUN DORMA)   
 <最新作『エモーション・アンド・コモーション』収録曲>

(Encore2)
1 哀しみの恋人達 (CAUSE WE’VE ENDED AS LOVERS)   
 <‘75 『ブロウ・バイ・ブロウ』収録曲>


Photo by Masayuki Noda

★LIVE@東京国際フォーラム (2010年4月12日)

1 エタニティズ・ブレス (ETERNITY'S BREATH)
2 ストレイタス(STRATUS)
3 レッド・ブーツ(LED BOOTS) 
 <‘76 『ワイアード』収録曲>
4 コーパス・クライステイ・キャロル (CORPUS CHRISTI Carol)
5 JB/NMW shred
6 ハンマーヘッド(HAMMERHEAD)
 <最新作『エモーション・アンド・コモーション』収録曲>
7 MNA NA EIREANN
8 bass solo
9 ピープル・ゲット・レディ(PEOPLE GET READY)   
 <‘85 『フラッシュ』収録曲>
10 ローリン・アンド・タンブリン(ROLLIN&TUMBLIN)   
 <‘01 『ユー・ハッド・イット・カミング』収録曲> 
11 ネヴァー・アローン(NEVER ALONE)    
 <最新作 『エモーション・アンド・コモーション』収録曲>
12 ビッグ・ブロック(BIG BLOCK)        
 <‘89 『ギター・ショップ』収録曲>
13虹の彼方に(OVER THE RAIBOW) 
 <最新作 『エモーション・アンド・コモーション』収録曲>
14 ブラスト・フロム・ジ・イースト(BLAST FROM THE EAST)
 <‘99 『フー・エルス』収録曲>
15 エンジェル(フットステップス) ANGEL(FOOTSTEPS) 
 <‘99 『フー・エルス』収録曲>
16 ダーティー・マインド (DIRTY MIND) 
 <‘01 『ユー・ハッド・イット・カミング』収録曲> 
17 ブラシ・ウィズ・ザ・ブルース (BRUSH WITH THE BLUES) 
 <‘99 『フー・エルス』収録曲>
18 アイ・ウォント・テイク・ユー・ハイヤー(I WANT TAKE YOU HIGHER)
 <スライ&ザ・ファミリー・ストーンのカヴァー>
19 ア・デイ・イン・ザ・ライフ(A DAY IN THE LIFE) 
 <ビートルズのカヴァー>

(Encore)
1ハウ・ハイ・ザ・ムーン(HOW HIGH THE MOON) 
<2009年に亡くなったレス・ポールへのトリビュートとして、
レス・ポールの代表曲. イメルダ・メイ(録音)による
ヴォーカルをフィーチャー、この曲のみ黒のレス・ポールを使用>
2誰も寝てはならぬ(NESSUN DORMA)   
 <最新作『エモーション・アンド・コモーション』収録曲>


Photo by Masayuki Noda

★LIVE@東京国際フォーラム (2010年4月13日)

1 エタニティズ・ブレス (ETERNITY'S BREATH)
2 ストレイタス(STRATUS)
3 レッド・ブーツ(LED BOOTS) 
 <‘76 『ワイアード』収録曲>
4 コーパス・クライステイ・キャロル (CORPUS CHRISTI Carol)
5 JB/NMW shred
6 ハンマーヘッド(HAMMERHEAD)
 <最新作『エモーション・アンド・コモーション』収録曲>
7 MNA NA EIREANN
8 bass solo
9 ピープル・ゲット・レディ(PEOPLE GET READY)   
 <‘85 『フラッシュ』収録曲>
10 ローリン・アンド・タンブリン(ROLLIN&TUMBLIN)   
 <‘01 『ユー・ハッド・イット・カミング』収録曲> 
11 ネヴァー・アローン(NEVER ALONE)    
 <最新作 『エモーション・アンド・コモーション』収録曲>
12 ビッグ・ブロック(BIG BLOCK)        
 <‘89 『ギター・ショップ』収録曲>
13虹の彼方に(OVER THE RAIBOW) 
 <最新作 『エモーション・アンド・コモーション』収録曲>
14 ブラスト・フロム・ジ・イースト(BLAST FROM THE EAST)
 <‘99 『フー・エルス』収録曲>
15 エンジェル(フットステップス) ANGEL(FOOTSTEPS) 
 <‘99 『フー・エルス』収録曲>
16 ダーティー・マインド (DIRTY MIND) 
 <‘01 『ユー・ハッド・イット・カミング』収録曲> 
17 ブラシ・ウィズ・ザ・ブルース (BRUSH WITH THE BLUES) 
 <‘99 『フー・エルス』収録曲>
18 アイ・ウォント・テイク・ユー・ハイヤー(I WANT TAKE YOU HIGHER)
 <スライ&ザ・ファミリー・ストーンのカヴァー>
19 ア・デイ・イン・ザ・ライフ(A DAY IN THE LIFE) 
 <ビートルズのカヴァー>

(Encore1)
1ハウ・ハイ・ザ・ムーン(HOW HIGH THE MOON) 
<2009年に亡くなったレス・ポールへのトリビュートとして、
レス・ポールの代表曲. イメルダ・メイ(録音)による
ヴォーカルをフィーチャー、この曲のみ黒のレス・ポールを使用>
2誰も寝てはならぬ(NESSUN DORMA)   
 <最新作『エモーション・アンド・コモーション』収録曲>

(Encore2)
1 哀しみの恋人達 (CAUSE WE’VE ENDED AS LOVERS)   
 <‘75 『ブロウ・バイ・ブロウ』収録曲>


Photo by Masayuki Noda

staff| 04:20 | カテゴリー:

2010年04月15日

ジェイミー・カラム東京2公演セットリスト

JAMIE CULLUM
THE PURSUIT WORLD TOUR 2010 IN JAPAN

4/7(水)JCBホール
Don’t Stop The Music
All Over It Now
20 Something
Get Your Way
Love Ain’t Gonna Let You Down
You & Me Are Gone
Frontin’ (Solo)
Mind Trick
Just One Of Those Things
I Get Along Without You Very Well
High & Dry
Music Is Through
These Are The Days
Wind Cries Mary
Cry Me A River (In Audience)
Mix Tape
---------------
But For Now (Solo)

4/8(木)ZEPP TOKYO
Don’t Stop The Music
All Over It Now
Just One Of Those Things
Get Your Way
Wheels
What A Difference A Day Makes (Trio)
Frontin’ (Solo)
Photograph
You & Me Are Gone
Mind Trick
Music Is Through
These Are The Days
I Get A Kick (JC & Chris)
Everyone’s Lonely These Days (Solo)
Gran Torino
Cry Me A River (Acoustic)
Mix Tape
---------------
London Skies (Solo)

JAMIE CULLUM


staff| 02:09 | カテゴリー:


バックナンバー

カテゴリー