人生はシネマティック!2017年10月28日

なかなか心に残る秀作である。

第二次世界大戦中のロンドンを舞台に、
史実ダンケルクを元に創り上げられた
映画脚本家が主人公の(映画)映画だ。

戦時中に映画が課せられた重要な役割はプロパガンダ。
大勢の市民達に大スクリーンと通じて
国の正当性や戦況をさりげなく伝え戦意を高めるという、
国家戦略が当たり前のように行われていた時代だ。

主人公の主婦は自身の意思というより、
戦傷兵の夫の代わりに稼ぐために脚本家の助手になる。
そこから始まる物語は決して単純ではなく、
戦争がもたらす悲劇要素も多い。

ちなみに、脚本家を演じているのは
超イケメン俳優サム・クラフリン。
「あと1センチの恋」「世界一キライなあなたに」で
一躍人気者になったサム、
ここでは眼鏡に髭、七三分けの髪型と
イケメンを封じているのだが・・・
やっぱり超ハンサムは隠せないね。

本作の製作はBBC。
やっぱりなあ、と頷いてしまった。
そんなクオリティの高い
人生はシネマティック!
11月11日土曜日公開です。


staff| 15:35 | カテゴリー:

バックナンバー