打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?2017年08月08日

utiagehanabi2.jpg

「君の名は」の次は、といった期待感満載の本作。
ギリギリまで手を加えていたからか、
マスコミ試写も延期されていたが、
いよいよ来週公開ということで、
朝いちから満席の試写鑑賞完了!

原作が岩井俊二のファンタジー。
中学一年生の夏を舞台に
メインの声の出演が
広瀬すず、菅田将暉、宮野真守という力の入り様。

ただし、かなり空想的な展開で
ストーリーを追おうとしないほうが楽しめるタイプだな。
大人はともかく、今の中学生達がどういう感想をもつか、
それがとっても気になる作品である。

主題歌の「打上花火」DAOKO×米津玄師は
今どきで、ちょっとチェインスモーカーズな雰囲気で
こちらもヒットしそうです。
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
8月18日全国ロードショーです。

utiagenahabi1.jpg
(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会


staff| 19:13 | カテゴリー:

ダンケルク2017年08月07日

BB-T2-0051.jpg

全米だけでも2億ドル超えしそうな勢いで
世界的に大ヒットしている本作。

第二次大戦時の実話の映画化なのだが、
クリストファー・ノーラン監督の手に掛ると
バットマン3部作と同質な恐怖感を全面で感じる
まさにノーラン印な映画になった。

英国人ノーラン監督によって英国軍側の視線で描かれた本作。
先日公開になった「ハクソーリッジ」と共通するのは、
日本は敵国だったという事。
まあ本作には日本の影もないが、英仏軍をフランス最北部の都市ダンケルクまで追いつめていたのはドイツであり、当時の軍事目線で見れば日本の同盟国だった訳だ。

「ハクソーリッジ」では主人公達に感情移入する事が難しい程、
沖縄の日本兵達は史実として駆逐されていったのだが、
本作でもドイツ軍の残忍さを憎む程、
自己反省を求められているかの想いを抱いてしまった。

ちなみに出演俳優隊はハリー・スタイルズをはじめ、役者経験の浅い若者揃い。
それは実際に英国軍人の多くが新兵ばかりだったというダンケルクの戦いをリアルに再現しようとしたノーラン監督の考えがあったから。
イケメン揃いなのが映画的ではあるのだけれどね。

これを見て改めて戦争最前線に綺麗事は無く、
信義信条を主張する時間も無く、
過酷さと恐怖が支配する不毛地帯だと強く思う。
恐怖や嫌悪感という形での反戦を主張するノーランを支持したい。

ダンケルク
9月9日公開です。

BB-T2-0044.jpg

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

staff| 14:39 | カテゴリー:

50年後のボクたちは2017年08月04日

「スタンド・バイ・ミー」という金字塔があるからか、
中学生のひと夏の成長物語は名作率が高い。
多い分、類似作というかモチーフにパターンはそれほどない。

去年日本公開されて話題になった「グッバイ、サマー」は
フランスの14歳男子のひと夏の冒険と友情を描いていたが
本作はドイツの14歳男子物語。
作品資料に「放浪と成熟」という
見事なキャッチコピーが書かれているが、
テーマが同じだからアプローチが近いのは仕方ないか。

ただ、この映画も充分面白いのだ。
チェリーボーイの主人公と、大人びた不良友達、
そしてお決まりの無免許運転。
これは東西のコンビ刑事モノの如く
青春映画では定石なんだよな。

残念なのは本作「50年後のボクたちは」の
日本公開が9月だということ。
去年の「グッバイ、サマー」も9月だったけど、
今開いていたら中高生も飛び付くのにね。

「50年後のボクたちは」9月16日公開です。

DSC_0159.jpg

staff| 14:22 | カテゴリー:

僕のワンダフル・ライフ2017年08月03日

bokuwanmain.jpg

ラッセ・ハルストレム監督と言えば
「サイダーハウス・ルール」「ショコラ」
「砂漠でサーモン・フィッシング」
「マダム・マロリーと魔法のスパイス」etc
秀作を次々と送り出す名監督だが、
犬を題材にした名作も多々。

本作もまさに犬が主人公のお薦め作だ。
僕は犬を飼ったことないけれど、
毎朝「きょうのわんこ」を見るくらいだから犬派。
ただでさえオジサン達やおねえさん達は涙もろいのに
主人公いや主犬公?との笑いと感動の物語なもんだから、
それは間違いなく泣くよ。
というか現代人の心が砂漠化しているから
犬の力を借りるっていう事か。

純粋な心を思い出させてくれる「僕のワンダフル・ライフ」
9月29日(金)公開です。

bokuwansub2.jpg

staff| 13:42 | カテゴリー:

バックナンバー