トリプル9 裏切りのコード2016年05月27日

アトランタを舞台に悪人だらけ、しかし登場するのは大半が警察関係者という本作。緊張感は半端なく、クライムアクション好きには堪らない、特定の人にはマストな、個人的お薦め作である。

題名のトリプル9=999とは職務中の警官が撃たれた非常時に発せられる、警察にとって最悪のコード。これが出ると全員この事件解決に集中、他が手薄になってしまう。この盲点を悪用しようとする輩の抗争劇だ。

構図を簡単に言うと
元軍人と汚職警官達がロシアンマフィアに脅されて強盗を繰り返すのだが…。
つまり、悪のピラミッドの頂点は警官達をも支配しているという信じたくない世界を描いて行く。

ケイシー・アフレック、キウェテル・イジョフォー、ウッディ・ハレルソンetc近年スクリーン上でよく見る俳優多数のいわゆる群像劇。
中でも非常極まりないロシアンマフィアの女ボスをケイト・ウィンスレットが演じているのだが、あまりのワル振りに僕は彼女と気付かずにずーっと見ていた。
つまり個々の役者以上に全体が醸し出す背徳感が際立つ2時間、ヒリヒリするのである!

しっかし、
これが現実離れしていると思えないって辛いねえ。
みんな悪い・・・。

トリプル9 裏切りのコード
6月18日(土)公開です。

DSC_0007.jpg

staff| 15:51 | カテゴリー:

高台家の人々2016年05月24日

koudaisub1.jpg

人気コミックス待望の実写映画化!
綾瀬はるか主演、恋人役には斎藤工!!
大ヒット間違いなし 以上!!!
といった感の「高台家の人々」。

渋谷界隈には作品と街とのタイアップで、あちこちにビジュアルが露出されているのを見掛けた人も多いだろう。

口下手で不器用、妄想癖のある地味で冴えないOL女子。と、これ以上望めないキャラ設定の主人公。
そして人の心が読める名家のイケメンエリートという相手役。
これはもう典型的シンデレラ物語なのだ。

綾瀬はるか、斎藤工の他にも
大地真央、市村正親、塚地武雅、堀内敬子、シャーロット・ケイト・フォックスと達者な役者ぞろい。
さらに間宮祥太朗、坂口健太郎、大野拓朗と若手イケメン3名に水原希子、夏帆と今な美女も加わってスクリーンは美形大賑わい!!なのである。

それにしても
「とと姉ちゃん」の大地真央、大野拓朗、坂口健太郎、「マッサン」のシャーロット・ケイト・フォックスと本作の朝ドラ度は高い!
それだけ旬な俳優さん達が毎朝TVに出ているという事なんだよね。

こういうロマンティック・コメディ、見れば充分楽しめます。
食わず嫌いせず是非どうぞ。
高台家の人々
6月4日全国ロードショーです。

街中で綾瀬はるか風な清楚な女性を多く見かけるけれど、
綾瀬はるかはいないんだよな。

koudaisub2.jpg

koudaisub3.jpg

(C)2016 フジテレビジョン 東宝 集英社
(C)森本梢子/集英社

staff| 12:37 | カテゴリー:

マネーモンスター2016年05月20日

moneymonsterkanne.jpg

カンヌ映画祭でのスリー・ショットも話題の本作。
資料通りにハイライトを説明すれば、
名女優ジョディ・フォスターの4作目となる映画監督作で、
ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツが
「オーシャンズ12」以来11年ぶりに共演を果たした
リアルタイムサスペンス、だ。

ジョージ・クルーニー演じる主人公は
人気財テク情報テレビ番組「マネーモンスター」の司会者、
そしてジュリア・ロバーツはディレクター。

番組で伝えた情報が元で全財産を失った男が
生放送に乱入。拳銃を振りかざし番組をジャックする。

題材も含めて今どきな本作、
株に疎い僕でもなんとなくは判る財テク話で
テンポもよく進んで行く。

それにしても最近のジュリア・ロバーツは
美人のレッテルを捨てた役が続くね、それでも
ジュリア・ロバーツはジュリア・ロバーツだけど。

そして「監督」のジョディ・フォスター。
彼女はヒットTVシリーズ「ハウス・オブ・カード」でも
監督を務めており、何気に実績充分なことを知った。

娯楽作「マネーモンスター」は
6月10日(金)公開。

moneymonstersub1.jpg

moneymonstermain.jpg


staff| 11:11 | カテゴリー:

サウスポー2016年05月17日

southpawmain.jpg

「ロッキー」「明日のジョー」「ミリオンダラー・ベイビー」etc
ボクシングを題材にした物語には共通項があるけれど、
これもその一つに加わった秀作!!

ジェイク・ギレンホールが他ボクサー映画の主役達に負けない強靭な肉体をもって、不幸のどん底から這い上がろうと、もがき苦しむ2時間である。

主人公の周りには
最愛の家族、クセのあるトレーナー、
そしてライバル達に金の猛者!
本作も彼らの存在が主役の輝きと陰影を創り出していく。

何の為に苦行に耐えるのか?
何を賭けて戦うのか?
人間の目標とは何なのか?
ボクシング映画に共通する難題の数々に
本作も立ち向かうのである!!

ちなみに主人公はサウスポーではない。
そんな簡単なタイトルじゃなかった!

共演はレイチェル・マクアダムス、フォレスト・ウィテカー、
さらに人気ラッパーで今は実業家“50Cent”が重要な役を担っている。エミネムが企画発案者で主題曲をラップしている事も付け加えておこう。

サウスポー」は6月3日公開!
お薦めします

southpawsub2.jpg

southpawsub1.jpg
(C) 2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

staff| 16:49 | カテゴリー:

シング・ストリート 未来へのうた2016年05月11日

m0000000829.jpg

「Onceダブリンの街角で」「はじまりのうた」の
ジョン・カーニー監督最新作。
日本公開は上記に続いての3作目。

それにしても「はじまりのうた」は良い映画だったなあ、
とキーラ・ナイトレイを思い浮かべる。

ジョン・カーニーはアイルランド、ダブリン出身で
元々はミュージシャン。
そんな彼がストレートに作ったダブリン舞台の
青春バンド誕生物語だ。

1985年、大不況で天候まで曇りがちなダブリン。
14歳の主人公コナーは父親の失業がキッカケで荒れた公立学校に転校させられる。転校先ではイジメられ、家では両親が喧嘩ばかりで家庭崩壊寸前。
音楽マニアの兄のウンチクを聞きつつ音楽TV番組を見て現実逃避する日々を過ごしている。

ある日、大人びた年上美人に一目ぼれ!
彼女との会話に困って「僕のバンドのPVに出ない?」
と出まかせを口走る。
全くの音楽未経験のコナーは、
これをキッカケにバンドを組んで猛特訓の日々が始まったー。

と、まあ想像し易いスタートだけど、これが結構面白い。
それは過去作同様にミュージシャンだった監督の
音楽センスによるものだろう。

特に80年代のアイルランドの若者の音楽観が台詞として語られて、なかなかシニカルで面白い。
例えばデュラン・デュランについて沢山会話されるんだけど、彼等がアイルランドでも曲じゃあなくってルックスで主婦からも超人気だったって判ってニンマリしてしまった。
余談だけどデュラン・デュランのニック・ローズは超イケメンが理由でメンバーになったくらいだから、結成まで楽器をいじった事がなく、大ブレイク後もエアプレイヤーだったんだよな。

そんな事を思い出させてくれる音楽エピソードも散りばめられて気楽に見れる青春映画。
いわゆるパクリがどんな風に形になるかも描かれて笑ってしまった。

シング・ストリート 未来へのうた
7月9日(土)全国順次ロードショー
決して大作ではありませんから気軽にどうぞ。

m0000000829_sub2.jpg

m0000000829_sub1.jpg

© 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved

staff| 11:15 | カテゴリー:

ブルックリン2016年05月06日

Sub4_B_091_2K3A8183.jpg

さすが今年のアカデミー賞で
作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされた本作、
とても良く出来た純愛物語である。

時代は1950年代、今でもアイルランド系移民の多いニューヨークに渡った若き女性が主人公。
しかし、これは男性側からの純愛映画でもある。


アイルランドの小さな町とはあまりに違う
ニューヨーク・ブルックリン生活に戸惑う主人公。
そんな彼女にイタリア系移民との恋が
明るい光をもたらせるのだが、
突然の悲報でアイルランドに帰郷。
そんな彼女を待ち受けていたのは運命的な再会だった・・・。

と、様々な出来事に心を揺さぶられる主人公。
動揺する気持ちは見る側にも伝染して
先行きが不安になる中、ブレない純情男子二名。
果たして近くの80点か?遠くの100点か?

ということで主人公側の女性目線で見るか、
相手役達の男性目線で見るか、
物語の印象は大分変わるかもしれない。


主演はアイルランド人シアーシャ・ローナン。
『つぐない』『ラブリーボーン』『ハンナ』と
話題作への出演で印象深かった子役も22歳だ。

ブルックリン
7月1日(金)、全国ロードショーです。
こういう純愛モノ、良いもんだね!!

Sub1_B_002_2K3A2280.jpg

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.


staff| 11:19 | カテゴリー:

二ツ星の料理人2016年05月02日

hutatsubosimain.jpg


料理人やレストラン、食を題材にした作品は
いつの時代も多くの秀作を届けてくれる。

本作「二ツ星の料理人」も邦題どおりで
トラブルメーカーの元二ツ星シェフが、
ロンドンのフレンチレストランを舞台に、
三ツ星そして世界一のレストランを目指す
美食エンタテインメントだ。
(美食エンタテインメントってなかなか良いコピーだね)

主役はブラッドリー・クーパー。
『世界でひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル!』
『アメリカン・スナイパー』で3年連続アカデミー賞ノミネートと
すっかり演技派なブラッドリー・クーパーだが、
ここでは偏屈で超短気なダメ男を無理なく演じている。
なんでも実在のモデルがいるそうで、
どの世界も天才と変人は同意語なんだね。


さて僕がこの作品で一番興味をもったのは
監督ジョン・ウェルズだ。
彼はアメリカTVドラマ界の金字塔『ER 緊急救命室』を
プロデュースした実力派製作人で、
名前は良く知っていたのだが、
映画監督のイメージが正直無かった。

既に『8月の家族たち』等ヒット作も監督していて、
15年に及ぶ『ER 緊急救命室』製作の中心にいただけに、
作り手達には良い手本だろう。
本作でも場面転換等テレビ的な手法が垣間見えて
飽きさせずコンパクトな上がり具合は流石である。

大人の成長物語
二ツ星の料理人
6月11日(土)より全国ロードショーです。

hutatsubosisub2.jpg

hutatsubosisub1.jpg
(C)2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

staff| 13:53 | カテゴリー:

バックナンバー