海よりもまだ深く2016年03月30日

m0000000822.jpg

個人的な去年のベストは『海街diary』。
その是枝裕和監督最新作が「海よりもまだ深く」。

資料通り書くと主人公は
「笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男」。
10年以上前に文学賞を1度とったきりの自称作家は、
言い訳ばかりで夢を見続け、
別れた元妻と息子の養育費も満足に払えない。
探偵事務所で際どい仕事をしつつ、
団地で独り暮らしの母を訪ねる時は金の無心、と
女性からは共感ゼロな文字通りのダメ中年。

しかし何故にこんな男の話かというと
「爐覆蠅燭った大人″になれなかった大人たちの物語」
だから。
阿部寛は「下町ロケット」等の好感度をかなぐり捨てる如く、
徹底的に不潔な中年を体現していて流石だ。

是枝裕和監督はある舞台あいさつで
「この主人公は自分自身に近い存在」
だというような発言をされていたが、
理想と現実の狭間で苦悩する多くの中年には
耳の痛い、しかし心に深く刻まれる台詞が多い。

共演は樹木希林、真木よう子、
さらに小林聡美、リリー・フランキー、
池松壮亮、橋爪功と強力!
なかでも樹木希林の演技を超えた演技は必見だ。

海よりもまだ深く
5月21日土曜日公開
主題歌と劇中音楽を手がけるのはハナレグミです。

m0000000822_sub1.jpg

staff| 11:03 | カテゴリー:

日本で一番悪い奴ら2016年03月28日

最近、黒川博行や浜田文人の
汚職、腐敗、半グレ、舎弟、裏切り、マル暴、etcの
言葉が躍る小説ばかり読んでいる僕には、
すごく関心があった映画「日本で一番悪い奴ら」。

キャッチコピーは
日本警察史上最大の不祥事。
いったい奴らは何をしたのか!?

実際に北海道警察で起こった事件を元に、
ある男の半端なく悪くて最低な
刑事生活26年間を描いている。

この原作は、その最悪な元刑事自身が書いた実録。
彼は現役警部だった2002年に覚醒剤使用で逮捕され
当然懲戒免職。
さらに銃刀法違反の罪も加わり9年の実刑を喰らうのだ。

2011年に出所後洗いざらい記した
暴力団と警察の癒着、点数稼ぎの検挙や、
ずさんな囮捜査etcの告白は文字通り衝撃的。

映画や小説の世界の誇張した創り事だと思っていたら
一部警察のリアルな姿だったとは・・・。
これは絶句するしかない。

主演の腐敗デカを演じるのは綾野剛。
綾野剛こそカメレオン俳優だと強く思わせる非道振り。
そして暴力団幹部役の中村獅童。
これはもう昭和ヤグザ映画から抜け出た如くの怪演。

さらに先輩刑事役のピエール瀧、
運び屋役のYOUNG DAIS、
盗難車バイヤー役に植野行雄(デニス)と
劇中でドンドン目つきが悪くなる面々が顔を揃えている。
監督は『凶悪』の白石和彌。
「正義の味方、悪を絶つ」という主人公の信念は
一体何だったんだろう・・・。

『日本で一番悪い奴』ではなく
日本で一番悪い奴ら』という題名が内容を主張しています。
6月25日全国公開です。

waruisub1.jpg
(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会


staff| 15:01 | カテゴリー:

世界から猫が消えたなら2016年03月18日

sekainekosub3.jpg

大人気の川村元気による原作。
既に文庫・コミックスで大ヒットしている作品の映画化は
ある意味とってもリスキーでチャレンジなのだろう。
それでも僕のように原作の事を全く知らずに
映画を見る人も勿論多い。

つまり前知識とかイメージを持たずに
まっさらな状態で見て
素直に良い映画だなあ、と思った。

舞台は函館。
佐藤健演じる主人公の「僕」は郵便配達人30歳。
病院で余命宣告され、気が動転。
当然の如く失意のどん底にいる。
そこに現れたドペンゲンガーな「悪魔」。
まさに悪魔の囁きに惑わされながら「僕」は・・・・・。

共演は「僕」の元恋人役で宮崎あおい。
父さん母さんが奥田瑛二と原田美枝子。
そして友人でビデオ屋の店員ツタヤが濱田岳。
と、少数精鋭の名優キャストで展開する本作、
基本は「愛する人々とのかけがえのない時間」だ。

改めて人は失ってから気付く事が多い。
それは電話だったり映画だったり猫だったりするのだが、
これ以上は言いません。

ちなみに試写室内涙ぐむ人多数だったなあ、
僕は泣かなかったけど、泣いたから秀作と言う訳ではない。
僕が泣かなかっただけで充分に秀作でした。

余談だけど若いイメージの宮崎あおいに安心。
最近は毎朝苦悩するお母さん「眉山はつ」だからね。

世界から猫が消えたなら
5月14日土曜日公開です。

sekainekosub1.jpg

(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会

staff| 15:25 | カテゴリー:

グランドフィナーレ2016年03月14日

m0000000814_sub1.jpg

とても質感のある、映画通を唸らせる作品だ。

タイトル通り、
人生の終末期をいかに過ごすか、という映画だが、
舞台はスイスの超高級リゾートホテル。
主人公達は指揮者に映画監督と
エンターテインメント業界の巨匠ふたり。
ゆえに悲壮感よりも
高級でエレガントな非日常を細部まで堪能できる。

演じるのはマイケル・ケインとハーヴェイ・カイテル。
さらにレイチェル・ワイズにポール・ダノ、ジェーン・フォンダと
鉄板な役者揃いで安心して劇にのめり込めるのだ。

そう、壮大な自然と建造物いうセットを使った演劇が
ゆったりと展開される贅沢な2時間である。

J-WAVEでは現在この作品の試写会企画をお届け中!
是非ご応募くださいね。

グランドフィナーレ
4月16日(土)公開です。

m0000000814.jpg

staff| 17:52 | カテゴリー:

カレーなる一族(仮)その22016年03月11日

まだまだ続く!

_C5A3181.jpg

_C5A3096.jpg

_P4_6245.jpg

_P4_6816.jpg

_P4_5927.jpg

_C5A3133.jpg

リーダーが宣言したとおり解散しません。
また近々お会いしましょう!!

staff| 14:38 | カテゴリー:

カレーなる一族(仮)その12016年03月11日

メンバー達と創り上げたライブは
瞬きする間に終わってしまったような感覚だけど、
素晴らしい写真の数々が、
あれは夢が実現したんだという事を伝えてくれる。

オフィシャルHPとは全て別カットで3/8をお見せします。

_C5A2721.jpg

_P4_5873.jpg

_P4_6531.jpg

_P4_6252.jpg

_P4_5850.jpg

_P4_6972.jpg

_P4_6909.jpg

staff| 14:24 | カテゴリー:

砂上の法廷2016年03月09日

m0000000812_sub2.jpg

「この結末、他言無用。」
このキャッチ・コピーだと
何も書かないほうが良いのかなあ、と思いつつ・・・。
キアヌ・リーヴス主演の法廷サスペンス。

共演のレニー・ゼルウィガーに気付かないくらい彼女は変貌していたが、美しく変貌だから良いんだろうなあ。いずれにしてもこの映画なかなか面白い。


Storyは・・・
大物弁護士が自宅で殺害され、
容疑者として逮捕されたのは、17歳の息子。
完全黙秘を続ける少年の弁護を引き受けたのが、
キアヌ演じる敏腕弁護士。
そして裁判は始まる・・・・・・・・。

書けるのはそこまで。
94分とコンパクトにまとめられた本作。
資料だと
『法廷の常識を覆す驚愕の結末、あなたに見破れるか−?』

僕は見破れませんでした。
砂上の法廷
3月25日(金)全国順次ロードショーです。

m0000000812.jpg
© 2015 WHOLE TRUTH PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


staff| 16:41 | カテゴリー:

開催迫る!BEAT PLANET LIVE2016年03月02日

bpl301.jpg

昨夜のリハーサル、全員本気、
そしてすっごく仲が良くって楽しかった!
この雰囲気を披露できるのは来週の火曜日です。

staff| 12:08 | カテゴリー:

バックナンバー