家族はつらいよ2015年12月22日

kazokumain.jpg

年の暮には明るい邦画が良いよなあ・・・と思い、
山田洋次監督最新作「家族はつらいよ」を見た。

まさに王道を行く日本の家族喜劇。
橋爪功 吉行和子 西村雅彦 夏川結衣
中嶋朋子 林家正蔵 妻夫木聡 蒼井優
小林稔侍 風吹ジュン 他とキャストも上々。

さらに音楽は久石譲。ポスター、ロゴは横尾忠則。
つまりは最高の布陣ということだ。

三世代同居の家長、
結婚50年を迎えようとする夫婦の離婚騒動の顛末を
気分は「こたつみかん」で楽しみました。

家族はつらいよ
2016年3月12日 全国ロードショーです。

kazokusub1.jpg

(C)2016「家族はつらいよ」製作委員会

staff| 18:53 | カテゴリー:

STARWARS フォースの覚醒2015年12月21日

僕も公開初日、初回から遅れること45分、
午後7時15分の回で見た!

試写に行くときも、
いつも資料は見ずにいきなり見るようにしているけれど
本作も全く前知識なしで見たかったから。

早くみんな見てください。
そしてスターウォーズ話をしよう!!

とりあえずメインビジュアルはアップしときます。

New_Main-EP7_IA_179458.jpg

staff| 16:10 | カテゴリー:

J-WAVE LIVE WINTER2015年12月16日

すでにオフィシャルHPで日曜日の模様は公開しましたが、
コラボでの別テイクの写真をお届けします!

_V0O0839.jpg
安藤裕子とスキマスイッチ

_V0O1502.jpg
スキマスイッチと藤井フミヤ

_47R1294.jpg
宮本笑里と羽毛田丈史

_V0O3377.jpg
クリスタルケイ、川畑要、藤井フミヤ

素晴らしいライブの音源は
12月24日クリスマス・イブの夜10時から2時間特番でOA!!
是非お聴きください。

Photo by Tsukasa Miyoshi [ Showcase ]

staff| 16:35 | カテゴリー:

BEAT PLANET LIVE20162015年12月14日

IMG_1308.jpg

J-WAVEで多くのライブを担当してきたが、
これはその中でも特別中の特別!

トライセラトップスはデビュー翌年1998年からの付き合い。
彼等がナビゲートしていた番組出演者達でおこなった
ZEPPでのJ-WAVE ACROSS THE VIEW LIVE 2000が
実はJ-WAVE LIVEの原型だったのだ。
最高な3人組!

レミオロメンはインディーズ時代に下北沢のライブハウスで見て一発で気に入って、
2003年当時トライセラトップスとGRAPVINEでやった
J-WAVE GROOVE LINE LIVEのオープニングアクトで
出演してもらってからずーっとの付き合い。
休止中の今も藤巻君前田君神宮司君への想いは1ミリも変わらない。

K君は2005年11月「Only Human」リリース時にJ-WAVEリスナーさん向けプレミアム・ライブをやらせてもらい、その実力に驚き、それ以来地方公演も見に行くくらいの間柄。
終演後の楽屋はミュージシャンに限らず例えばサッカー選手とかプロフェッショナルな人達で混雑する程K君のファンはすごく多い。まあ僕が一番のファンだと思うけどね。

三浦大知君は2009年にJ-WAVE YEAR END SPECIAL LIVE DAICHI MIURAを開催させてもらってからのすっごく深い仲。年々彼への期待は大きくなり続け、とっても頼りにしている男である。若くして代々木やオーチャードホール等J-WAVEイベントの常連だ。

そんな特別な4組が一夜限りでバンドを組む!
これは夢の実現だ!

先日12/10には揃ってBEAT PLANETにゲスト出演。
その後彼等とライブの中味についての充実のミーティングを実施!
その時の模様をどうぞ!

IMG_1270.jpg

IMG_1290.jpg

BEAT PLANET LIVE2016
〜Featuring Special Band TRICERATOPS K 藤巻亮太 三浦大知〜
お陰さまで大反響!チケット完売必至、お早めに。


staff| 17:40 | カテゴリー:

ザ・リバー・ボックス/ブルース・スプリングスティーン2015年12月07日

ブルース・スプリングスティーンに会った事がある。
1995年リリースのアコースティック・アルバム
「ザ・ゴースト・オブ・トム・ジョード」の全米ツアーを
大雪のボストンまで取材に行った時のことだ。

終演後、「あなた達は日本から来たの?」と
ふいに声を掛けてきた見知らぬ女史がマネージャーさん。
ライブを見れただけでも幸せだったのに、
「会って行く?」と魔法のような導きに従って
狭い楽屋に案内されると、
そこにブルース・スプリングスティーンが座っていた・・・。

夢のような体験って時間が経つ程、
出来事の大きさを実感するもんだな、と心底思う。
会話したのが3分だったのか5分だったのか、
あまりに突然の事なのに、とっても冷静に会話できたことが
今となっては不思議でならない。
その時のブルース・スプリングスティーンの
紳士で柔らかな物腰は一生忘れない。


そんなブルース・スプリングスティーン
1980年リリースされた代表作「ザ・リバー」が
ボックスセット化されて今月リリースされる。
そのプロモーション・イベントが週末あり、
参加させていただいた。

今の彼が当時を振り返り、アコギ弾語りを交えて
回顧していく1時間のインタビュー作品。
そしてリリース当時のツアーからの完全未発表映像。
これを大音量で鑑賞させてもらったのだが、
改めて「ザ・リバー」という作品の素晴らしさに触れて
熱い気持ちになった。

正直かなり高価なボックスセットだが、
内容は文句なし!
そしてリリース元のソニー・ミュージックジャパン担当氏の
緻密でプロフェッショナルな仕事振りが滲む一級品である。

これはお薦めです。

theriverindex.jpg

staff| 13:46 | カテゴリー:

シーズンズ 2万年の地球旅行2015年12月02日

自然界をテーマにしたドキュメンタリーに外し無し!
と、今回も唸らせてくれる本作。
動物達の知っているようで知らない生態の数々は
改めて弱肉強食の世界を思い知らせてくれる。

と、ここまでなら いつも通りの作品だが、
日本語版のナレーションは
笑福亭鶴瓶と木村文乃。
そう、あの鶴瓶さんが、
普段と変わらぬテンションで動物界をナビゲートするという
賭けに出たのである、本作は!

僕は「鶴瓶の家族に乾杯」「A-STUDIO」を録画して欠かさず見ている鶴瓶ファンなのでハッキリ言って贔屓目だが、とっても柔らかく温かいナレーションのお陰で、優しい気持ちで試写を見終えた。

ちなみに木村文乃は「サイレーン」での安否が気になって、
早く来週放送分を見たい!!

いずれにしてもお薦め作
シーズンズ 2万年の地球旅行
一人でも、二人でも、家族連れでも
どんな関係でも人数でも楽しめます。
1月15日金曜日公開!

動物に教えられる事って多いです。

m0000000804_pos.jpg

staff| 16:40 | カテゴリー:

バックナンバー