この国の空2015年05月26日

konokunisub1.jpg

終戦70周年記念作品というクレジットが付いた本作。
キャッチコピーは
「私は愛も知らずに、空襲で死ぬのでしょうか」
この言葉は
19歳の主人公、里子の心情であり、
二階堂ふみが大きな存在感と共に演じ表現し切っている。


舞台は1945年、終戦間近の東京。
戦争の極限状態の中
杉並の住宅地に暮らす母親(工藤夕貴)と里子19歳。
そして空襲で焼け出され転がり込んできた伯母(冨田靖子)。

隣家には妻子を疎開させて男一人東京で暮らす
銀行支店長(長谷川博己)が・・・。

戦時中でも、いや、戦時中だからこそ、
愛欲に飢えた男女の心理状態や言動を
映画はジリジリと描いて行く。

見事な人間ドラマであると同時に本作は
僅か70年前の東京人の暮らしぶりが
どれだけ現在と違うかを写してくれるのだが、
それはとってもリアルで、
自分たちの祖父母が生きた時代を再認識させてくれる。
ああ、とっても大変だったんだねえ・・・、と。

そして二階堂ふみ演じる主人公が決して特異ではなく、
当たり前の若者だっただけなのだ、と気付くだろう。

憎むべきは戦争だが、それは人間の業である。
言葉の問題だけかもしれないが、
終戦ではなく敗戦と現実をシビアに受け入れていたら
今の日本は変わっていただろうか・・・。

この国の空
8月8日(土)より全国公開です。

konokunimain.jpg

©2015「この国の空」製作委員会

staff| 17:06 | カテゴリー:

アリスのままで2015年05月18日

stillalicemain.jpg

ジュリアン・ムーアが本年度アカデミー賞で主演女優賞を
獲得したことで特に注目度が上がった本作。

認知症で苦しむ多くの方とその家族や周囲の人々の
心の内を代弁してくれる秀作であり、まっすぐな映画である。

認知症の約6割が、アルツハイマー病が原因と言われ、
そのうち40才から65才までに発症した場合を
若年性アルツハイマー病と呼ぶそうだ。

本作の主人公アリスは50才の高名な言語学者。
自身の異変に気付き受診したところ
若年性アルツハイマー病を宣告されてしまう。

ここからが深刻な出来事の連続で、
どんどん変わっていく自分を止められない主人公、
そして戸惑う家族、それぞれの葛藤は
多くの見る人が他人事とは思えない現実。

ゆえに出口や飛び級の解決方法は提示されないが、
想いを共有出来る事での連帯感を与えてくれる。
こういう真面目な映画があることに勇気づけられる人は想像以上に多いはずだ。

アリスのままで
6月27日(土)公開。
見ましょう。

stillalicesub.jpg

staff| 15:11 | カテゴリー:

ロックスター2015年05月15日

僕にとっての日本のロックスターは3人。

吉井和哉、チバユウスケ、浅井健一。

吉井和哉は今週ツアーのNHKホール公演初日に行った。
これはいつも通り、期待を超える素晴らしさで
興奮が半端無く、いっぱい書きたいが
まだツアー中だから我慢我慢・・・。

そして奇跡のようなイベントが決定!
チバユウスケと浅井健一が同じステージに立つ!!

金曜深夜のプログラム
J-WAVE TOKYO REAL-EYESの定例イベントの拡大版!
6月7日日曜日、
ロックの殿堂 日比谷野音!!
The Birthdayとしてチバユウスケ、
SHERBETSとして浅井健一、
そしてWHITE ASH、
個人的に愛するLEGO BIG MORLと全4組が出演。

これはもう、行くしかない!!!!!

staff| 14:12 | カテゴリー:

海街diary2015年05月11日

見終わった後の余韻が心地良い
とっても素敵な映画だ。

人としての生き方、生き様、所作、配慮 といった
無意識の中での美学を
四人姉妹を通じ、移り行く四季に乗せて表現した
見事な2時間8分。
万人にお薦めしたい。

原作は多くのマンガ賞を受賞した、
吉田秋生のベストセラーコミック。
これを是枝裕和監督が映画化。
主人公の四姉妹は長女・綾瀬はるか、次女・長澤まさみ、
三女・夏帆、そして異母妹の四女・広瀬すず。
まあ現実に こんな美人姉妹って稀有だけどね。

物語は・・・
鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。
十五年前、父は家族を捨て、母も再婚して家を去っている。
父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。
一人気丈に振る舞う中学生のすずに長女は思わず声をかけ
鎌倉で四人一緒に暮らすことになる・・・。
と始まる。

この四人姉妹の描き方が秀逸で
性格も好みも立振る舞いも四様。
ゆえに見る側は四人の誰かに感情移入し易く、
オッサンの僕も自然と話の中に入り込んで行った。

そして四姉妹や登場人物達に起こる出来事には
人として当たり前の悩み苦しみを伴うけれど
決して大袈裟なモノは無く、あくまで日常なのだ。

まっすぐで素直で駆け引きなどしない。
とっても羨ましく、それでも自身と重ね合う事も多い。

他に出演は大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮、
風吹ジュ ン、リリー・フランキー、樹木希林と、
凄すぎる共演陣の確かな演技には唸るばかり。
その中でさらに光る四女役、広瀬すずの存在感!
エネファームのTVCFと同一人物とは思えない!!

一人一人が主人公の日々の中で
それぞれが想いを抱えながら生活して、
愛憎を超えて成長していく一年間の物語。
是非見てください。


海街diary
6月13日(土)公開です。


umimatimain.jpg
(C)2015吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

staff| 14:42 | カテゴリー:

新宿スワン2015年05月08日

なにかと話題の「新宿スワン」。
好みが分かれるタイプの作品だが
僕は娯楽作として充分に楽しめた。

舞台は新宿歌舞伎町。
底辺からのし上がろうとリスクを負う男達の話だ。
その仕事はスカウト。
キャバクラ、風俗、引抜き、裏切り、暴力なんでもあり。
刹那的にジェットコースター人生を選ぶ面々を
豪華キャストが彩っている。

なんといっても主役の綾野剛。
そしてライバルの山田孝之。
この二人の対比が凄くって
対立構造を一層盛り上げる。

伊勢谷友介は大河ドラマでの吉田松陰とのギャップが大きくって、役者やのう、と唸らせるし、
沢尻エリカと山田優はただの美人さんではない事を証明してくれる。

褒めすぎ?まあ漫画が原作だから過激さ極端さはあるし、
しかし多少のデフォルメはあっても、
リアルにこういう世界を生きる人々がいるから
傍観者としては面白いんだろうな。
僕は絶対に彼等と混じりたくないけどね。

5月30日(土)公開。
男子に薦めます。

swan_main.jpg

staff| 13:46 | カテゴリー:

今月は試写会4件!2015年05月01日

5月になりました。
そして今月は4本の新作の試写会を行います。
それぞれ個性的な作品揃い。
内3本はこのブログでも紹介しています。

是非ご応募ください。
作品は開催順に以下です!!


新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-

ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜

靴職人と魔法のミシン

グッド・ストライプス

staff| 18:53 | カテゴリー:

バックナンバー