めぐり逢わせのお弁当2014年06月25日

心の奥深くで静かに感じ入る秀作。
個人的にかなりやられました。


インド・ムンバイが舞台の本作、
原題は「The Lunchbox」。
邦題からも察するようにお弁当箱が『主役』。
現地で100年以上前から定着している弁当配達システムの、
600万分の1の確率でしか起こらないはずの誤配送が生んだ
他人同士の不思議な交流を描いた105分だ。

このシステム、5000人もの弁当配達人達が
20万個!の「出来立てのお弁当」を家庭や弁当屋から
オフィスに届ける、というもの。
映画の冒頭でどのように配達しているか
分かり易く描いてくれるのだが、
これがビックリするほどアナログな作業。
それも食べ終わったカラの弁当箱をオフィスから回収、
各家庭に戻すまでが役割だからハードルはかなり高い。

映画はそんなシステムを上手に使いながら
愛妻弁当の作り手と
誤配送のお陰でそれを美味しく食べる中年男に
接点を作っている・・・。
それ以上はネタ明かしになるので控えるが、
インドだろうと日本だろうと
人々が抱く不安や孤独感は共通なんだと
本作でも思った。

秀作です。是非見てください。
めぐり逢わせのお弁当
8月9日公開です。

20140625_144051.jpg

staff| 14:53 | カテゴリー:

サッカーは続く2014年06月25日

我々の代表の
今回のワールド・カップは終わりだが、
サッカーは続いて行く。
僕に出来る事は応援する事だ、今後もずっと。

491677777KT00091_Japan_v_Co.jpg

491677777KT00095_Japan_v_Co.jpg

staff| 10:07 | カテゴリー:

サンシャイン 歌声が響く街2014年06月24日

本作と全く関係ないんだけれど
シンプル・マインズというバンドをご存じだろうか?
スコットランド出身で
80年代には世界的大ヒットも飛ばして
今なお活動するロック・バンドだ。

かなり以前にサンフランシスコまで
彼等のライブを取材しに行った事がある。
演奏後ライブハウスのバーで
ビールを奢ってもらって雑談したんだけれど、
彼らの英語の訛りは、
英語初級の僕でも分かるくらい凄くって、
周囲のアメリカ人と別の言語かと思うくらい
聴き取り難かった事を覚えている。

あとスコットランドというと中村俊輔がプレーしていた
セルティックが日本では聴き馴染みあるだろうが、
イングランドと比べると未知な印象が強い。


そんなスコットランドの田舎町を舞台に作られた
ミュージカル映画が「サンシャイン 歌声が響く街」。
ロイヤル・スコットランド連隊から除隊して
故郷の町リースに若者二人が帰ってくるところから
物語は始まるのだが、
人々の生活はどことなく日本と似ていて、
なんだか邦画と同じ庶民な味わいを感じさせるのだ。

ある意味万国共通のテーマを元に進む家族物語。
近々J-WAVEでも試写会を開催するので
チェックしていてください。

サンシャイン 歌声が響く街
8月1日(金)公開です。

m0000000742_pos.jpg

staff| 10:50 | カテゴリー:

円陣2014年06月23日

次は円陣ちゃんと組もう!

491718023KT00039_Japan_v_Gr.jpg

staff| 12:07 | カテゴリー:

勝ったチームが強い2014年06月19日

サッカーは選手の名前で出来るほど
甘い勝負ではない。
改めて今朝思い知りました。
茫然とするイニエスタ・・・。
そしてシャビは本当に移籍してしまうのだろうか?
スペインというか、バルサの時代は終わるのか?

491714365KT00071_Spain_v_Ch.jpg

staff| 10:44 | カテゴリー:

ドロー2014年06月18日

ブラジルでも勝てない事もある。
というか、メキシコは強い。
ロンドン・オリンピックでの快進撃は本物だったなあ。

だからワールド・カップは面白い!!
491717997KT00038_Brazil_v_M.jpg

staff| 10:52 | カテゴリー:

この試写会、是非!!2014年06月16日

J-WAVE BEAT PLANET SPECIAL PREVIEW 
黄金のメロディ マッスル・ショールズ
募集始まりました。

音楽ファン必見です。
是非ご応募ください!

1406_melody02.jpg
ある意味、この写真のおっさんが
米英のポピュラー・ミュージックを大きく変えた、
といっても過言ではないでしょう!!

staff| 14:10 | カテゴリー:

次戦は!2014年06月16日

こんなシーンをもっと見たい!

491712799KT00063_Cote_D_Ivo.jpg

がんばれ僕らの代表!!!

staff| 12:11 | カテゴリー:

やっぱりミドルシュート2014年06月13日

始まったワールド・カップ。
決定力の話によくなるけれど、
今朝の試合を見ても
ミドルシュートを決められるフォワード大事です。

ということは、大久保しかないでしょう!!
日曜日、川崎魂込めて大久保を、
そして我々の代表、日本代表を信じます。

490296685KT00040_Brazil_v_C.jpg

staff| 11:15 | カテゴリー:

オール・ユー・ニード・イズ・キル2014年06月11日

JP-Pub photosub6-EOT.jpg

トム・クルーズはアクション俳優だという事を
再確認させてくれる本作。
そして流石に外さない、面白いSFである。

話は近未来、エイリアンと対峙する地球防衛軍の中で
実戦経験ゼロのアメリカ軍少佐という設定のトム。
まるでゲームのようにリロードを繰り返し
少しずつ進んで行くストーリーは
完全にトム・クルーズを引立たせる為のものだが、
彼はスターだから当然で、違和感など無い。

共演はイギリス人女優エミリー・ブラント。
有名な過去作といえば「プラダを着た悪魔」の
嫌味なアシスタント役。
ここでは一転して鍛え抜かれた女性戦士で
笑わないアスリート的ヒロイン振りは凛々しい!

いずれにしても
典型的トム・クルーズ映画であり、
年齢を感じさせない暴れっぷりを存分に堪能できる
娯楽作品「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。
7月4日公開です。

JP-Pub photosub1-rev-EOT.jpg
Copyright: © 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BMI)LIMITED

staff| 18:30 | カテゴリー:

クライマー パタゴニアの彼方へ2014年06月10日

こんな無茶をする人達がいるんだなあ、と
見ながら呆れるとともに
映像に吸い込まれる恐怖を抱く程の
凄いドキュメンタリーだ。

南米アルゼンチンとチリに跨るパタゴニア。
そこに存在する断崖絶壁を絵に描いたような、
3,102メートルの自然の産物
鋭鋒「セロトーレ」に、
命綱と素手だけで登ろうとする男達の
挑戦の日々をドキュメントした作品。

映画が気付かせてくれるのは
登るのはカメラマン達も同様だ、という事。
勿論カメラマンも登山の達人だし、
彼等は器具も使うというものの、
巨大なアイスピックのような岩山登りに変わりはない。


登山には全くの素人な僕は
フリークライミングにも様々な定義・ルールがある事も
教えられたのだが、
その暗黙も含めたルールを破って登頂しても
失格者=負け犬の烙印を押されるほど
愛好家達の視線は厳しい。

いかにして彼らが挑戦していくか
最後までハラハラドキドキの103分。
これは絶対大きなスクリーンで体感したほうが良い!

かなり先8月30日公開の
クライマー パタゴニアの彼方へ
覚えておいてください。


staff| 11:27 | カテゴリー:

バックナンバー