アメリカン・ハッスル2013年12月26日

旬な俳優が大挙出演した優秀監督作品。

それは出来を保証してくれる文言だ。
アメリカン・ハッスル」は
1970年代の実話ベースの破天荒な詐欺物語。

その出演陣は
クリスチャン・ベイル
「バットマン・シリーズ」のみならず、
本作と同監督作品「ザ・ファイター」で
アカデミー助演男優賞獲得!

ブラッドリー・クーパー
「ハングオーバー」のみならず、
本作と同監督作品「世界にひとつのプレイブック」で
アカデミー主演男優賞ノミネート!

ジェレミー・レナー
「ハート・ロッカー」「アベンジャーズ」「ボーン・レガシー」etc
「ザ・タウン」ではアカデミー助演男優賞ノミネート!

エイミー・アダムス
ディズニーの「魔法にかけられて」でのお姫様役から
アカデミー助演女優賞にノミネートされた
「ダウト〜あるカトリック学校で」「ザ・ファイター」と
正に演技派!

ジェニファー・ローレンス
彼女も本作と同監督作品「世界にひとつのプレイブック」で
アカデミー主演女優賞受賞!

さらにロバート・デ・ニーロがハマり役で怪演!

とこれだけでも保証付き。
そして監督・脚本はデヴィッド・O・ラッセルである。
ということでゴールデン・グローブ賞にも最多7部門にノミネートされている「アメリカン・ハッスル」。
1月31日(金)公開。
これはお薦めですよ。
面白かったので内容には触れません。

staff| 18:00 | カテゴリー:

ダラス・バイヤーズクラブ2013年12月04日

役者生命を賭けて勝負に出た映画。
そんな形容をされる名優達の代表作品に
間違いなく加えられるであろう本作「ダラス・バイヤーズクラブ」。
主役のマシュー・マコノヒーは21キロもの減量をして、
死期の迫った実話ベースのストーリーを演じ切った。

舞台は1980年代半ばのテキサス。
ロデオに興じる主人公はまさにヤリまくりの生活。
ある日ぶっ倒れて病院に担ぎ込まれ、
そこでHIV陽性・余命30日宣告をされてしまう。

まだまだエイズや同性愛者についての根拠無い噂話が蔓延していた時代。ましてやテキサスである。

ただの女好きな自堕落ストレート男が直面した病状に、
手のひらを返した周囲の仲間だったはずの連中。
彼らに悪態をつきながら生き延びる為の戦いが始まる・・・。
という導入部だ。

マシュー・マコノヒーはいわゆるイケメン俳優としてのラブコメ出演作も多く、一般的に演技派な印象は薄かった。
そんな彼の今後のイメージを決定づけると言って過言でない本作での挑戦は、早くも本年度アカデミー主演賞最有力とまで称賛される評価を得ており、確かに充分過ぎるほどの怪演振りである。

癖のある作品ではあるけれど、
見る価値は溢れるほどあります。
ダラス・バイヤーズクラブ
来年2月22日(土)公開です。

staff| 15:52 | カテゴリー:

ゼロ・グラビティ2013年12月03日

各方面で高い前評判どおりに
素晴らしい出来栄えの近未来宇宙モノだ。

これをみると自然に
宇宙ステーションに滞在中の若田光一さんを連想してしまう。
それだけ現実がSFの世界に近づいていると実感。

どうやって撮影したんだろう?とか
CGって凄い!とか
そういう雑念事を考えずに
純粋に宇宙に吸い込まれるように見ると
最高に怖くって最高に無重力感を体感出来て
感情移入できる快作です。

宇宙は 怖い・・・

ゼロ・グラビティ  12月13日公開です。

JP-Pub photomain-rev-GVTY.jpg

© 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

staff| 13:45 | カテゴリー:

バックナンバー