ロック・オブ・エイジズ2012年06月28日

JP-Pub photosub2-ROA.jpg

例えるならば『80年代クラシック・ロック版グリー』といったところか。

元々はブロードウェイで上演され、
トニー賞等のノミネートも含めて話題になった
ヒット・ミュージカル「ロック・オブ・エイジズ」の最新映画版だ。

ナイト・レンジャー、デイブ・リー・ロス、ジョーン・ジェット、フォリナー、ジャーニー、スターシップ、ボン・ジョヴィ、ホワイトスネイク、デフ・レパード、パット・ベネター、クォーターフラッシュ、エクストリーム、REOスピードワゴン、ポイズン、ツイステッド・シスター、そしてガンズ・アンド・ローゼズ etc
懐かしの80’Sほぼアメリカン・ロック・ヒッツが
キャスト達によって溢れ出るように熱唱される、
まるでナツメロ・キャリオケイな本作。

舞台は1987年ハリウッドの架空のライブハウス。
そこでスターを夢見る若い男女と
トム・クルーズ扮するカリスマ・ロックスターが中心になって織りなされる
成人に成り切れない大人達の青春ミュージカルである。

といっても爽やかさの代わりに猥雑さが充満、
トム・クルーズもマジで野卑なロックスターを演じ切っていて
エロエロだし、熱唱まで吹き替え無しで披露するのだが、
想像以上に上手くって思わず含み笑いしてしまう。

他にアレック・ボールドウィン、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、
ポール・ジアマッティ、さらにメアリー・J・ブライジまでが
クラシック・ロックを歌いまくる本作。
きっとアメリカの劇場では観客も一緒に歌うんだろうなあ。

もう一人超目立つ登場人物がいて
英国コメディアンのラッセル・ブランド。
彼はケイティ・ペリーの元夫で、
まだ夫婦だった昨年、ケイティ・ペリーの来日公演時に
成田空港で入国拒否されてニュースにもなった男である。
他の有名キャストの上をいく「お調子者振り」はインパクト大!

と、主役の若い二人以上に周りが本気でバカやってる本作、
僕は曲もリアルタイムで聴いていたから
かなりニヤケて楽しみました。

9月21日公開です。お忘れなく。

JP-Pub photosub1-ROA.jpg

© 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

STAFF| 10:14 | カテゴリー:

BRAVE HEARTS 海猿2012年06月25日

僕は大ヒット・シリーズ「海猿」を今まで1作も見たことが無かった。
確か前作がラスト・完結編と言っていたので機会を逸したはずが・・・。

伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲 里依紗、伊原剛志、時任三郎etc
さらに僕は「ハングリー」でファンになった三浦翔平も含めて
人気俳優が大挙して出演している本作「BRAVE HEARTS 海猿」。

映画はファンにはお馴染み、
『海上保安官・仙崎大輔(伊藤英明)は
長年のバディ・吉岡(佐藤隆太)とともに、
最高レベルのレスキュー能力を持つ特殊救難隊の一員として、
海難救助の最前線にいた・・・。』 
と始まる。

『そんな彼らの前に、大事故が発生。
誰もが予想だにしていない事態が待ち受けていた…。』
ということで、
中身は見てのお楽しみだが、
初めて「海猿」を見た僕にも設定は優しく、そして易しく、
充分にハラハラドキドキの1時間56分を過ごせた。
日本のパニック・アクション映画も凄いレベルまで来たなあ、
と素直に感心したし、絶好の夏休み映画として大ヒットするのだろう。

本作には震災後の日本に向けたメッセージがあり、
それがタイトル「BRAVE HEARTS」に込められている事が
見てよくわかりました。

7月13日(金)全国ロードショーです。

(C)2012 F/R/P/T/S/A/FNS

staff| 07:45 | カテゴリー:

二つの映画祭、開催中2012年06月22日

今週二つの国際映画祭が同時開催中。
ひとつはショートショート・フィルム・フェスティバル
我らが別所哲也さんが主宰して14回目の今年も、世界中から厳選された正にノンジャンルの短編作品をまとめて上映中。
ノンジャンルと言いつつ、各作品の作風に充分配慮されたプログラミングは流石である。
今日からの週末は表参道ヒルズ内のイベント会場「スペースオー」がメイン・スクリーン。
サッカー・ファンなら土曜11:15AMからのサッカー短編特集「FOOOTBALL」プログラムを見て世界のサッカー観を体感。夜はスタジアムでJリーグ観戦、というか贔屓チームを熱烈応援。そして深夜にユーロをTVで・・・、とサッカー漬けの週末もいいかもしれない。

そしてもう一つ、超オススメ映画祭が。
フランス映画祭は今年が20TH ANNIVERSARY!昨夜から有楽町朝日ホールで開幕した。
その開会セレモニーとオープニング作品「最強のふたり」を鑑賞させてもらったのだが、「最強のふたり」は素晴らしい!の一言に尽きる。この作品については改めて書きます。
さて今年のフランス映画祭は出品作関連の来日ゲスト多数で、上映後のティーチインも充実。
昨夜も「最強のふたり」の二人の監督によるトークはウィットに富んでいて興味深かった。
本当の「ビハインド・ザ・スクリーン」も満喫出来る映画祭は大切です。

ということで週末お時間ある方は二つの映画祭に是非ご参加ください。

staff| 01:38 | カテゴリー:

デンジャラス・ラン2012年06月18日

例えば近作で「外事警察」「裏切りのサーカス」さらに「ハンナ」「SP」等のバイオレンス・アクションがお気に入りなら。
そしてデンゼル・ワシントン主演作の中で「トレーニング・デイ」「マイ・ボディガード」「アメリカン・ギャングスター」等がお気に入りだった人は、
必ず見るべき作品である。
相当ハードでバイオレンスに満ちている事を前提で、映画としての完成度は高く、とても面白い作品だ「デンジャラス・ラン」は。

原題は「SAFEHOUSE」 隠れ家、アジトといった意味。
南アフリカにあるアメリカCIAのアジトを舞台に、
国際指名手配犯を狙う面々の、
凄まじい追跡・襲撃・裏切り・脱出劇etcがぎっしりと詰まった1時間55分。最後の最後まで先の読めない展開で飽きることはない。

それにしてもデンゼル・ワシントンの出演作は秀作確率が実に高い。
作品資料には「スベらない男」とあるが、正にその通り。
僕もそれを信じて見に行って期待通りだった、といえる。

最近のアメリカ映画のヒット作は
リメイクやSFやアメコミが幅を利かせているから
本作のような悪人キャラクターだらけのオリジナル脚本モノは
貴重な作品で、繰り返すが好きな方は絶対見たほうがいい。

公開はかなり先、9月7日(金)です。お忘れなく!

(C)2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.


staff| 01:00 | カテゴリー:

アメイジング・スパイダーマン2012年06月14日

嬉しい誤算、とっても面白かった本作、
アメイジング・スパイダーマン」。
昨日六本木ヒルズで行われたワールド・ムレミアで見た僕の、
率直な感想だ。ホント面白い。

これは過去のスパイダーマン・シリーズとは関係ない、
まったく新しい「スパイダーマン」であり、
当然キャストも一新されている。

主役はアンドリュー・ガーフィールド( 28歳)。
あの「ソーシャル・ネットワーク」の準主役で馴染みだろう。
そしてヒロインは彼と私生活でも交際中のエマ・ストーン( 23歳)。
「ヘルプ〜心がつなぐストーリー」での主演が記憶に新しい。

この二人が高校生役を演じているのだが、
例えば「GLEE」と同じく、役者の実年齢など関係ないのが
アメリカの学園モノたる処だ。

プレミアから僅か10日、来週6月23日(土)には
日本で世界最速3D限定先行上映!ということなので、
詳しい内容は書きません、是非体感してください。

そして3Dに対してネガティブな僕も
本作で3Dシステムの進化の速さを実感。
入場口で渡されたオモチャのようなスパイダーマン3Dメガネが
抜群に効力を発揮するので、
最後まで無理なく3D映像を堪能しました!!

写真上2点
©2012 Columbia Pictures Industries, Inc. MARVEL, and all Marvel characters including the Spider-Man character ™ & ©2012 Marvel Characters, Inc. All Rights Reserved.

staff| 01:24 | カテゴリー:

次が勝負!2012年06月09日

昨夜も行ってきました、さいたまスタジアム。

テンション上がる試合前!

そして大勢のカメラマンが記念撮影!

圧勝ムードの中、我らが中村憲剛が途中出場!!!

ワールドカップ最終予選で、こんな大勝は記憶にないけれど、
最後まで手を抜かず攻め続けた日本代表。
来週火曜日のアウェイ・オーストラリア戦も絶対に勝利してくれるだろう!

STAFF| 05:26 | カテゴリー:

アベンジャーズ2012年06月05日

これを鉄板と呼ぶのだろう。
全米では様々な歴代興行記録を更新中の
最強アメコミ娯楽映画「アベンジャーズ」。

僕はラゾーナ川崎内109シネマズのIMAXシアターでの
内覧3D試写で見たのだが、
理屈抜きで2時間半を楽しめる正に今どきな大作だ。

日本公開は8月ということで内容には触れないが、
アメコミに詳しくない僕も存分に堪能したことはお伝えしておこう。
そして作品同様にIMAXシアターの凄さを同時に体験出来たので、
そっちについて少し。

メガネ愛用者の僕は3Dに対して正直後ろ向きで、
メガネonメガネが辛かったりする。
しかし、IMAXで使用する3Dメガネはグレードも高く、
二重メガネの違和感も少ない(ないとは言いませんけどね)。
そして何よりIMAXは上映環境が抜群で、
画質も音響も、更には3Dも迫力が他と格段に違う。
過去にもIMAXで数本見た記憶はあるのだが、
最新テクを駆使した最新作だからこそ、この迫力体験は
語らずにいられない!
せっかく見るのだから、より良い条件のシアターを選ぶことを
改めてお勧めします。

「アベンジャーズ」は
8月17日(金)2D/3Dロードショーです。


© 2011 MVLFFLLC. TM & © 2011 Marvel. All Rights Reserved.

STAFF| 01:48 | カテゴリー:

日本代表!2012年06月04日

昨夜の感動・興奮は分かち合わないとね!
と、心底思わせてくれるSAMURAI BLUE!
日本の想いをひとつにしてくれる彼らは宝です。
欲を言えば中村憲剛を使ってほしいけど、
その機会は必ず訪れるだろう!

金曜日も我らが代表を応援します!!


STAFF| 11:19 | カテゴリー:

バックナンバー