レミオロメン ツアー中!2010年09月30日

春に始まったレミオロメンの全国ツアー
季節を二つ跨いで続行中。
昨夜は大宮ソニックシティーホールで34本目!だった。
まだまだ30本余りあるので詳細こそ書かないけれど、
秋になって秋の歌も加えられた2時間半。
ホントに良いツアーをやっていると実感。
あの歌のオーディエンスとの大合唱に、
またまた涙…。おっさんも泣かされるのだ。

それでも開演前にベース前田君からは
「エイミー・ワインハウスのライブDVDが凄く良かったから見てください。」
なんて薦められたり、三人三様で
楽屋の彼等は実にリラックス&マイペース。

デビュー10周年を迎えて記念CDも限定リリース。
今日がその受け付け締め切りだそうです。

staff| 01:39 | カテゴリー:

SP 野望篇2010年09月29日

いつだったか、ここ六本木ヒルズで
岡准が映画のロケをやっていて、それはもう大掛かり!
六本木ヒルズアリーナは
エキストラと見物人でゴッタ返していたのだが、
それが本作「SP 野望篇」のオープニング・シーンだったんだな。

岡田准一、堤真一が主演して
連続テレビドラマとして放送されていた「SP」。
その続編というか、2本まとめて作られた映画版の
1本目がこの「SP 野望篇」。
ファイナル?となる2本目「革命篇」は来春公開が既に発表されていて、
その予告編で本作は終わるのだが、
本気でこの娯楽アクション映画は面白い!!

僕はテレビ版を全く見ていなかったのに
何の問題も無くストーリーを理解出来て、すぐに溶け込み、
そしてスピード感溢れるノンストップ・アクションを見ているうちに
あっという間に「つづく・・・」なのだ。

岡准がこんなにまでアクション俳優としてやっていたことを知らなかったが、
そうとう本格的なトレーニングを積んだんだろうなあ、
と思わせる動きに、背広越しにも判るマッチョなボディ(CGじゃないよね?)。
たまにJ-WAVEで見かける穏やかなイメージとは対極にある役柄を
見事演じ切っている。

さらに主要な共演者に真木よう子、香川照之 と
「龍馬伝」で毎週見ている役者さんがいたので不思議な感じ。
しかし流石に演技は徹底していて
一流カメレオン俳優達と呼ぶに相応しい。

これを見てしまったら、早く次を見たくてしょうがなくなった。

SP 野望篇」10月30日全国公開!
J-WAVEで試写会予定ありです。HPチェックしておいてください。


staff| 02:51 | カテゴリー:

雷桜2010年09月28日

最近の邦画、時代劇が凄く増えた。
理由は色々あるだろう。
その一つが、今を舞台に物語ると、
現代人の人付合いやら対人関係やらの複雑さゆえに
純愛モノや人情物が不自然に映ってしまうから、ということ。

これは邦画に限らず欧米、
特にヨーロッパ映画にも当てはまる事だろう。

ということでロメオとジュリエット的な本作「雷桜」が
江戸時代を舞台に作られたのにも頷ける。

主演は僕も大ファンの若手二人。
岡田将生は「悪人」での
超自己中なボンボンが似合い過ぎるくらいで、
あんな嫌われ役もキチンとやるんだな、と感心したのだが、
本作でも、言葉を選ばず表現するならば
世間知らずのバカ殿 と言われても仕方ない若殿役だ。

そして蒼井優。
「龍馬伝」の芸者役も素晴らしいし、
ここでの彼女の泣き顔には 惚れてまうやろ と呟いてしまう。


将軍家に生まれ、心に病を抱えた若殿(岡田将生)。
そして山で生まれ育った野性の娘(蒼井優)。
豊かな自然の中で出会った二人の禁じられた愛の行方を
小出恵介、時任三郎、池畑慎之介(ピーター)他の共演陣と彩って行くのだが、
加えて柄本明・宮崎美子が「悪人」に続き岡田将生と共に出演し、
かなり重要な役を担っている。

まあ突っ込みたくなる処も満載なのだが、
そこは贔屓の二人が主演なので許してもらって
たまには親子で映画館に行くのも有じゃあないですか?
美しい風景の中、ゆっくりと進む2時間13分。

10月22日(金)全国ロードショーです。   

写真2点とも(C)2010「雷桜」製作委員会

staff| 00:36 | カテゴリー:

メタリカ2010年09月27日

100926_191242.jpg

ライオンズが負けてホークスの優勝が決まった頃
僕は さいたまスーパーアリーナ にいたのだが、
週末のそこは高校の運動部室内のように汗臭かった。

男性率8割!
黒いTシャツ率7割!
ビールを求める長蛇の列・列!
そして それを上回る男子トイレの列・列・列!!!
猛者は両手にビールを抱えながら用を足していたりして、
久々に「人の言うことは絶対に聞かん!」男達で
二日間で28,000人!!

大音量だが、最新のPAシステムは歪まず、
しかしアリーナの壁はミシミシと音を立てる程に響いていたのだ。
フロントマン、ジェイムズが
「TOKIO!」と煽る度に
「ウォーッ!ギャオー!!」と怒号のように応えるオーディエンス。
(そう、外タレにとっては幕張も横浜も大宮も東京なのだ)

そしてステージ幅に等しいハイビジョンの大スクリーンは
デジタルによるディレイも無く(ドット抜けはあったけどね)
やっぱりトップバンドは持ち物も最新なのだ。
ちなみに前座バンドの経費は全部メタリカ持ちだったそうだ。

そして終演後バンドは国際化が進む羽田空港から
プライベートジェットでアメリカへと帰って行った・・・。

やっぱりロック・モンスターはこうでなきゃね。


staff| 00:52 | カテゴリー:

K君のこと2010年09月24日

今週水曜日、K君は横浜大さん橋ホールで
弾き語りツアーのファイナル公演を行った。
前日には自身のHP
「韓国人として国の勤めを行う為、
年明けから約2年間アーティスト活動を休止する」事を発表。

その直後の公の場での活動だけに、
見に行く前から普通ではない緊張感が僕にもあったのだが、
ライブはK君の才能の凄さ・大きさを改めて教えてくれる素晴らしい内容で
笑顔で終わるはずだった。

「この先の2年間、辛いことがあったら、
楽しかった日本での5年間を思い出して頑張ります!」
とファンへの直接の報告もしつつ、
予定曲がアンコールも含めて終わり、それでも鳴りやまぬ歓声。
それに応えて最後の最後にデビュー曲「over…」を弾き語る。

しかし間もなく、
涙が止まらず歌えなくなってしまった彼。
オフも含めて初めて見た友人K君の涙に
彼の決意の重さを思い知ったのだ。
そしてお隣の国なのに、何も知らないでいる自分。

正直、終演後本人に何を言えばいいんだろうと杞憂したが、
会ってみれば普段通りの明るい好青年がそこにいて、
こちらが励まされたような気がしたなあ。

弾き語り公演はこれで終わったが、
11月30日には初の日本武道館公演がある。
実力派のバンドを従えてどんなライブになるか本当に楽しみだ。

K style 2010 〜a”K”oustic night〜 
@横浜大さん橋ホールSET LIST

M-01 大切な人
M-02 True Colors − Cyndi Lauper
M-03 トワイライト・アヴェニュー − STARDUST REVUE
M-04 LATELY − STEVIE WONDER
M-05 Happy Birthday(仮タイトル、未発表曲)
M-06 Brand New Map
M-07 525600min.〜Seasons of Love〜
M-08  dear… − 10月27日発売シングル曲
M-09 Traveling Song
M-10 I’m All Over It − Jamie Cullum
M-11 LOVE FREAK
M-12 I Feel The Earth Move − Carole King
M-13 Y.E.S.

EN-1 会いたいから
EN-2 ハラボジの手紙
EN-3 Bye My Friends

EN-4 over…

staff| 04:50 | カテゴリー:

【J特】2010年09月22日

Jリーグ2010特命PR部員 フロンターレミオ

フロンターレ&レミオロメン好きのブログということで
公式?に応援するぞ!Jリーグ!!

staff| 02:23 | カテゴリー:

シチリア!シチリア!2010年09月21日

サッカー日本代表監督はザッケローニさんというイタリア人になったし、
長友もセリエAで活躍してるし、しかし
最近イタリア映画を見ていない・・・。

という訳だからではないが、
あの「ニュー・シネマ・パラダイス」の
ジュゼッペ・トルナトーレ監督の新作に注目して
その試写に臨み、充分に楽しんできた。

自伝というか家族伝と呼べばいいのか、
この「シチリア!シチリア!」 
ジュゼッペ・トルナトーレ自身の少年青年期と
彼の父親の人生を巧く重ね合わせて作られた家族の物語である。

1930年代のシチリアを舞台に物語はスタートし、
幼年から少年・青年へ、そして仕事をもち
勿論恋をして家族をもち、
悩み、挫けそうになり、それでも諦めず、
思想や夢を抱き、
激動の時代も明るく前向きに生き抜く人生賛歌・・・
とでも表現すればよいのだろうか。
そして音楽はエンリオ・モリコーネ!!

日本人が勝手に思い描くイタリア人気質をストレートに感じさせてくれる
100%ピュアなイタリア映画、というのが僕の感想。

日本映画とヨーロッパ映画には下町・庶民・人情といった
共通項を多く感じるのだが、本作を見ていても、
「ああ昭和初期の日本もこんな感じだったんだろうなあ・・・」
とシミジミ思わせてくれるし、
そこが言葉の違いを突き抜けて共感させてくれるんだろう。

12月日本公開ということで、まだ時間あります。

さてザッケローニさんはこの昨年のイタリア大ヒット作を見たんだろうか?

staff| 07:34 | カテゴリー:

ノーウェアボーイ サントラも2010年09月15日


先日紹介したお薦め作「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」。
当然なのだがサントラが出ます。
何気に僕もビートルズはブートも買い漁っていた程のフリークなので
とっても気になっています。

詳細はこちらまで


staff| 02:12 | カテゴリー:

ストーン2010年09月14日

好きな俳優同士の共演作と聞くと
誰しもワクワクするものだが、
それを見てガックリすることも、ある。
以前「スコア」を見たときにそんな想いをしたのだが、
これはお薦めである。

ということで「スコア」以来の競演となる
ロバート・デ・ニーロとエドワード・ノートン。
さらにミラ・ジョヴォヴィッチも加わった本作「ストーン」。


舞台はデトロイトの州刑務所。
そこの定年間際の仮釈放管理官がデニーロの役どころ。

笑うことも無く、羽目も外さず、
ただ黙々と自身の正義の為と働き続けてきた男は
生きる目的や生き甲斐が全くない。
家庭も崩壊同然で
教会のあと日曜午後のゴルフTV中継を居間でぼーっと眺めるだけの、
くたびれた初老。


そんな彼が定年直前に対峙する受刑者ストーンが
エドワード・ノートンであり、
その妻で淫靡な夜の顔を持つ女役がミラ・ジョヴォヴィッチ。

長期の牢獄暮らしに切れそうな精神状態のノートンは
仮釈放される為ならと、妻ミラを操りデニーロに迫るのだが・・・

エドワード・ノートンはメジャーインディを問わず実に多くの作品に出演し
その性格俳優・カメレオン振りを存分に発揮してきたが、
この役は正に彼の為にある役といっていい。

不安定な心情と何を考えているか読み取れない表情。
野卑な振る舞いの裏で一心不乱に没頭して行く勤勉さ。
久々にエドワード・ノートンの凄さを感じ取った。

そしてミラ・ジョヴォヴィッチである。
「彼女はエイリアンだ・・・。」
と劇中で夫ストーンに言わせるくらい、
無垢さと遊女性を同居させる女。
これまた本心を読み取るのが難しい魔性の女を見事に演じ切っている。


かなり内省的に自問自答を繰り返す物語であり
年を重ねた人ほど感情移入し易く 胸に刺さるタイプかとも思うが、
たまには こんな地味だけどクオリティの高い映画を見ることを強く薦めます。

ストーン」は10月30日公開

(C)2010 STONEBURGH PRODUCTION,INC.

staff| 10:00 | カテゴリー:

ナビスコカップ準決勝進出!2010年09月09日

昨夜の雨中の決戦、
フロンターレは劇的勝利で次のステージへ!

代表戦翌日のこの人は控えでベンチ入り

後半途中から出場して決定的なプレー連発、ヒーローインタビュー

そしてバックスタンド、サポーター席で表彰セレモニー

やっぱケンゴだと思います、フロンターレも代表も!


staff| 01:23 | カテゴリー:

今夜雨中の決戦2010年09月08日

去年のアントラーズ対フロンターレは
豪雨で後半途中で中止、残り時間のみ再試合という
前代未聞の事態となったが、
今夜ははたして・・・どうなるのだろう?

ナビスコ・カップの準々決勝
今夜は我が等々力がホーム。
先週アウェイでは鹿島に1対2で敗れたが、
川崎フロンターレというチームはホームで滅法強い!

雨脚が弱まる事を願ってスタジアムへGO!

ということで
酷暑だった土曜日代表戦@日産スタジアムと
日曜日天皇杯@等々力の
写真をせっかくだから載せておきます。


当然この人を中心に応援!


こんな良い席で代表戦!興奮!!

新代表たちも肩組んで気合い!
65,000人の観客は祭り状態だったなあ

一方4,000人のコア・サポーターたちが集った
フロンターレ天皇杯2回戦。
これも格別だ!

頑張れ川崎フロンターレ!!

staff| 05:15 | カテゴリー:

ノーウェアボーイ2010年09月07日

ジョン・レノンが生きていれば今年の10月9日で70歳。
どんな悪爺になっていたんだろうなあ、
などとロックオヤジは思うのが、
本作「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」は
ジョンの多感な10代後半を描いた物語。

そして本当の主役はジョンの「二人の母」である。

奔放な実母ジュリアに育児放棄同然にされたジョンが
伯母ミミに引き取られ育てられた事は広く知られている訳だが、
そんな複雑な家庭環境もあって反抗期が終わらない問題児となった彼。

そんな愛すべき17歳の不良ジョンを間に、
揺れ動く姉妹の心情が縦軸で、
そしてビートルズ結成に至る過程を横軸に、
愛憎に傷つきながら育まれていく人間模様が吐露されていくのだ。

ということで、これは単なるビートルズ結成前夜ストーリーでは決してない。
ナイーブな人々の不器用な愛情表現に涙する人も多いと確信する
家族の成長物語である。

若き日のジョンを演じるアーロン・ジョンソンは
本物よりややカッコ良い20歳の新鋭で覚えておくといいと思うよ。

11月5日全国ロードショー

そして『ジョン・レノン音楽祭2010』が今年も
12月8日日本武道館で開催されます。

staff| 06:43 | カテゴリー:

バックナンバー