黄色い横浜スタジアム2009年08月26日

今年初めての阪神戦の応援!
勝ちゲームでそれは良い気持ちだったのだが、
勝敗がほぼ決した9回表にハイライトが訪れた。

41歳金本対46歳工藤の真剣勝負。
速球で挑む工藤にファールで粘る金本。
最後は146キロの直球で空振り三振、
工藤が投げ勝って痺れる個人対決は終わった。
こんなプロらしい楽しみがあるから
スポーツ観戦は生に限る!

しかし、完全に映画からはずれ
普通のおっさんブログになってしまった8月・・・。
近々対策を考えます。

staff| 16:02 | カテゴリー:

月とキャベツ2009年08月18日

8月中、夏のうちに見ておきたい名作である、13年前の。

シンガーの星羅ちゃんが、この作品への想いと併せて
「One More Time, One More Chance」を弾き語った
TOKYO REAL-EYES

そして千葉大樹君がお勧め作として紹介したRENDEZ-VOUS

信頼する二人のお奨めならば間違いなし!
ということで見逃していた名作を借りてきて見る。
そして涙で目を腫らしながら書いているのだ。

僕は山崎まさよしの、特に弾き語りが好きなのだが、
彼にとって映画初主演作でもあった「月とキャベツ」。
ここで彼が演じる主人公は創作に煮詰まってドロップアウトして
何故か田舎でキャベツ作りに没頭するシンガー・ソングライター。
そして彼の代表曲ともなった
「One More Time, One More Chance」が本作の主題曲であり、
物語のキーでもあるのだ。

ちょうどお盆過ぎの今頃の季節を舞台に描かれていて
ある意味ファンタジーと呼んでいい本作。
例えば僕がこのブログで繰り返し書いてきた
「天然コケッコー」「西の魔女が死んだ」などに通じる
人間のピュアな部分を思い起こさせてくれる秀作だ。

まだ見ていない方、今月中に是非どうぞ。

staff| 15:12 | カテゴリー:

ご来場感謝2009年08月17日

今年もJ-WAVE LIVE 2000+9
大盛況に終わりました。
色々と想いはあるけれど今回は
一枚の写真に総てを込めます。
ご来場ありがとうございました。

staff| 06:58 | カテゴリー:

J-WAVE LIVE 2000+9今日開幕2009年08月13日

準備は着々と進んでいます。

この看板が原宿口入ってすぐに
みなさんを出迎えます!
では!!お楽しみに!!!

staff| 15:33 | カテゴリー:

いよいよJ-WAVE LIVE!2009年08月12日

いよいよJ-WAVE LIVEだ!
明けて今日13日はSHIBUYA-AXで前夜祭的ロック・ライブ!
当日券あります。

そして、金土日の3日間、
おかげさまで前売り即日完売、しかし
舞台を組上げた状況で、当日券も出せそうです。


こんな感じの各アーティスト楽屋を示す
ネームプレートを見ているだけで嬉しくなってアップしときます。
来場される皆さん、お楽しみにっ!

staff| 15:31 | カテゴリー:

TRICERATOPSとライブな8月・・・2009年08月10日

水曜、ビルボード・ライブのBABYFACEで美メロに酔い、
木曜、神宮花火で郷ひろみのプロなショウで大はしゃぎして、
金曜、サマソニ初日とアンジェラ・アキをハシゴ、
こんな調子だから新作映画全然見られていない・・・。
そして昨日日曜日は
千葉マリンのアイランド・ステージで午前11時半から入場規制!という
今も絶好調のTRICERATOPSからサマソニ参加!
大トリのビヨンセと、その直前場外小ステージでのブヨンセ(渡辺直美)の
両方を見てフェスの奥深さに感心・・・。

さてTRICERATOPSである。
僕はROCKIN’JAPANも正直彼らを見たくて行ったような次第で、
まさにライブ・バンドなトライセラ・ファンだ。

サマソニのトライセラトップスといえば
一昨年のビーチ・ステージでの彼らも超最高で、
興奮してバックステージに押し掛けて
オフィシャルカメラが回っているのも気付かずに称賛していた僕だ。
今回も30分という短すぎる時間の中で魅力炸裂!
彼らの人気ぶりが自分のことのように嬉しかったぞ!

終演直後またまたバックステージに行くと
ドラムの吉田君は即出で名古屋行き!
そう、吉井和哉のツアーに合流して行った。
ということでベースの林君とヴォーカル・ギターの和田君と
久々に色々話せたんだけど、
10数年前に知り合った頃と変わらぬピュアなロック少年達な彼ら、
ほんとカッコいいんだよなあ。

くどいようだが、
個人的に日本のバンドのベスト・ドラマー吉田佳史
J-WAVE LIVE 2000+9 二日目、吉井和哉のツアー・メンバーとして登場します。
乞うご期待!!!

staff| 07:30 | カテゴリー:

永遠のロック王子、吉井和哉092009年08月03日

「ノーパンで眠るあなたが愛しいよ」と昭和風に歌い、

「こんなオッサンの唇が欲しいか?!」と
煽りのコール・アンド・レスポンス。

そして「明日から僕も元気に生きます!」と謝辞をシャウト。

今夜、月曜夜にZEPP TOKYOで見た吉井和哉のカッコ良さに
またまた感化されたのだあ!!

先月までの全国アリーナ・ツアーを大成功させ、
そのアンコール的な追加公演のZEPPツアー中なんだけど、
アリーナ・ツアーとはセット・リストも違い、
バンドメンバーも驚く程の観客の盛り上がりは
ライブ慣れしている僕でも久々くらい凄まじかった。

ちなみに今回もバンドは素晴しいのだけれど、
特に!ドラムは(僕個人の意見だが)
日本一の吉田佳史from TRICERATOPS!


金曜日にロッキンジャパンで見たTRICERATOPS自体も
彼らの魅力、ハッピー・ロックンロール炸裂で超楽しかったし、
とにかく吉田佳史のドラム・プレイは音楽ファン必見なのである。

そして!
このバンドごと、吉井和哉がJ-WAVE LIVEに初登場!
レミオロメンや絢香ちゃんと同じ日、 
8/15土曜日のJ-WAVE LIVE 2000+9 でのステージ
超期待していてください!
前売りチケットは売り切れだけど
当日券情報チェックしていてね!


と、ますます映画ブログから離れていくんだけれど
まあいいいっか・・・

staff| 15:54 | カテゴリー:

バックナンバー