チェンジリング2008年12月22日

クリント・イーストウッドの監督作はいつも重い。
最新作の「チェンジリング」  もその例外でなく、重く深い。
今回題材が一昔前とはいえ実話だということもあり、
その現実から目を背けたくなるのだが、
映画としての完成度や社会性、
そして一縷の希望に賭ける人間、特に母親の想いの大きさに
圧倒される作品である。

主演はアンジェリーナ・ジョリー。
彼女が演じる主人公は1920年代のロサンゼルス郊外で
一人息子を生きがいに大事に大切に育てるシングルマザー。
しかしながら生活の為には残業や休日勤務も厭わず引き受ける。
それがある意味アダとなって息子が行方不明に。
全米中を巻き込んで数ヵ月後発見された息子を名乗る少年は、
全くの赤の他人だった・・・。

というイントロダクションなのだが、
物語はとても深い闇に分け入っていくのだ。
見る人の為これ以上ストーリーには触れないが、
過去作品と同様に
イーストウッドは人間の心の奥底に存在する
説明のつかない残忍さを見る側に投げかけてくるので、
覚悟して作品と向き合う必要はある。

では、そこに希望や未来はないのか?ということだ。
イーストウッド作品の場合、
クオリティの高さと引き換えのように
表層的な暗闇ばかりがクローズアップされる傾向にあるが、
彼の作風の根源には
絶望や焦燥感の向こうに希望の光を捜し出そうとする
前向きな想いや直向さが存在する。
そして、それが常には成就しない、という現実も。

僕は心底イーストウッド・ファンだし、
しかし、1本の映画に込められた彼の想いが余りに大き過ぎて
1回集中して見たら、疲れ果ててしまうのだ。
「ミスティックリバー」「ミリオンダラーベイビー」「硫黄島からの手紙」も
一度見ただけで絶対に記憶から消しされることのない程、
僕の心に深く刻まれて、繰り返し見ることが出来ずにいる。

本作も同様なインパクトがあり、
だからこそ真面目な映画ファンの方には見てほしいのだ。

changeling_main.jpg_rgb.jpg

来年2月20日(金)公開です。

STAFF| 10:26 | カテゴリー:

少年メリケンサック2008年12月17日

タイトルが『少年メリケンサック』である!
監督・脚本は宮藤官九郎。
主演は宮崎あおい。
共演は佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ、
ユースケ・サンタマリア、ピエール瀧 他。
その顔触れを見ただけで期待は高まるし、
実際アホみたいに面白かった!!

レコード会社勤務でクビ寸前のOLかんな(宮崎あおい)は、
動画サイトで偶然見つけたイケメンのはずの4人組パンクバンドを、
会社の一押し新人として売り出すことを思いついたのだが、
いざ会ってみるとバンドは大昔に既に解散していて、
元メンバー達は50を過ぎた使えないオッサン達。
しかし、騙されて話に大乗りの社長(ユースケ・サンタマリア)に
真実を話す勇気もなく、なんとかオッサンを口説いて
レコーディングと全国ツアーを画策するのだった・・・。

という、ありそうで、あり得ねえ!感じのハジけたドタバタ劇が同作だ。

宮崎あおいは今までの役どころとは全然違って笑わせてくれるし、
でも可愛いし、
宮崎をてんてこ舞いに追い込むバンドメンバーも役者ぞろい。
佐藤浩市が、酒癖が悪くて都合いい時だけパンカーのベーシスト。
その弟で兄とは絶縁状態のギタリストで酪農家はキム兄こと木村祐一。
ボーカリストは田口トモロヲで、「グループ魂」の三宅弘城がモヒカンドラマー!
とにかく、このバンドが徹底的に『ふざけた野郎達』でクドカン節全開なのだ。

さらにこのバンドのマネージャーだった謎のオッサンをピエール瀧が怪演していて変に業界っぽい設定に苦笑いしてしまう。

よく出来た映画の試写は、
普段は斜に構える業界人達も知らないうちに素直に笑い出すけど、
この試写はまさにそんな感じだったなあ。

来年のバレンタインデー公開の本作、
期待して待ってていいっと思います。

STAFF| 07:27 | カテゴリー:

力作ぞろい2008年12月15日

12月も今頃は年明けのお薦め作がぞろぞろと試写を行う時期なのだが、
僕もここ3作続けて力作を見ることができた!

少年メリケンサック
チェンジリング
レボリューショナリー・ロード
全く違うタイプの3作だけど、
とにかく人に薦めたい力作ぞろいだ。
年末でバタバタだけど、3作とも近々ちゃんと書きます。


さて先週来日公演を終えたシェリル・クロウが素晴らしくて、
それを記しておきたい。

僕はとっても親しい二人の歌姫 歌姫 と一緒に見たのだが、
彼女たちのような今の日本を代表する若手シンガー達にも
多大な影響を与えている大物女性ロッカー、シェリル・クロウ。
大きな病も克服してのワールド・ツアーなだけに
ファンの声援もそれは凄まじかったし、
しっかり今の時代にフィットさせた、
そして何より彼女にしか出せないサウンドそして歌声は感動的で
まさにリアルタイム・スーパースターのロック・コンサートだったのだ。
終演後2人の歌姫とともに訪れたバックステージでの彼女は
小柄だけど、とっても柔和で存在が大きくて
会えてホントに良かったねえ、良かったなあ と、
我々のテンションは上がりっぱだった事を付け加えておきます。

STAFF| 07:27 | カテゴリー:

プライド2008年12月08日

これは面白い!久々に吹き出し寸前の笑い連続攻撃!!
例えるならば、
一昔前の大映テレビのような、でわかる人は中年さんでしょ?!

そして、これは少女マンガ界を代表する
一条ゆかり のヒット作の実写映画化で、
典型的な女子ライバル物である!!

といってもおっさんの僕は一条ゆかりさんについて詳しくなく、
勿論原作漫画も読んでいないし、
資料も読まず、まっさらな状態で試写に行ったのだ。


オペラ歌手〜プリマドンナを目指す!という
あまり一般的でない二人の
好対照な女子大生が主人公。
一方は超お金持ちのお嬢様で、キラメク一流大学4年生。
他方は飲んだくれの母のせいで苦労ばかりの二流大学3年生。
ハウスクリーニングのバイト先の豪邸で
運命の出会いを果たす二人は、
格差が生む嫉妬が元で、すさまじいライバル関係となっていく。

こんなイントロなのだが、
物語・脚本がとってもしっかりしていて、
基本バカらしいけど、徹底的にやってるから、爽快ですらある。
出演している役者さんたちも達者揃い、
特に主人公二人と絶妙に絡むミッチー、及川光博は絶品!なのだ。
まあ普段からミッチーは少女マンガ的なキャラだけど、
こんなハマリ役も珍しい程だ。

そして音楽を扱う映画としては、
実に音楽を大切に本気でフィーチャーしていてレベルが高い。
だからこそ、大げさなストーリーが生きてくるんだなあ。

さて、J-WAVEリスナー的に必見なのが、
ジョン・カビラ氏が役者として堂々の出演をしているという事!
その演技は・・・皆さん是非チェックを!!!


本気でお勧めする青春モノ「プライド」、
1月17日公開です。

pride-main.jpg

STAFF| 07:37 | カテゴリー:

同姓同名2008年12月03日

映画の登場人物と同姓同名だったことあります?
それも超ダサい超ダメ男と一緒だったら
かなりショックで落ちると思うんだけど、
それが現実となってしまった・・・。

ララピポ」の某登場人物名が僕と全く同じ、漢字も同じ氏名!!
それも劇中画面に氏名がクレジットされて
そのダサ男は登場するんだから、
まず驚き・笑い・そしてショーック!!!
俺ってこんなにダサくないし、醜くないし、etc
全否定しつつ「だけどどっか似てるかも・・・」
と思ってしまった自分にショーック!!!
作品の出来とは全く別のところで落ち込んで
試写室を出たのであった。

作品についてはショックが醒めたら書きます・・・

LalaPipo_sub1.jpg

LalaPipo_sub4.jpg

ララピポ 来年正月第2弾公開だそうで・・・

STAFF| 10:21 | カテゴリー:

バックナンバー