その土曜日、7時58分2008年08月29日

before%20the%20devil%201.jpg

よく出来た、非常に完成度の高いフラッシュバック作品である。
そして劇中主演の兄弟は
誰からも感情移入されないくらい、最悪な弱い男達なのだ。

会社では不正を働き、妻とは完全に倦怠期の兄。
養育費ももろくに払えず娘から罵倒される借金まみれな弟。
彼らは導かれるように楽勝のハズの強盗を企てるのだが、
世の常で思惑どおりに進む訳が無く、泥沼にハマっていく。

兄を演じるのはフィリップ・シーモア・ホフマン。
「あの頃ペニー・レインと」「コールド・マウンテン」等
作品自体が高評価の出演作群だけど、代表作は
なんといっても「カポーティ」「レッド・ドラゴン」の2本だろう。
まあ、はっきり言ってブサイクちゃんだけど、
それと反比例する名演技で常に高い評価を受ける彼は
本作でもブサイクゆえに父親からの愛情を得られなかったと
苦悩する性悪長男役だ。

弟役はイーサン・ホーク。
内面の弱さを露呈する役を好んでいるのか、と思わせるほど
ルックスの良さと反比例する役どころが目立つ彼。
今回も徹底的に情けない自立できない中年を見事に演じている。

この素晴らしい、しかし気が滅入る作品の監督は
シドニー・ルメット。
「セルピコ」「狼たちの午後」「ネットワーク」等
1970年代を中心に名作を多く生んできた彼は
84歳!で、まだまだ第一線で活躍する巨匠である。

さて劇中のダメ兄弟の父親役はアルバート・フィニーなのだが、
彼が簡単な役柄のハズはなく、これが僕からの
この映画に興味をもった人への最大のヒントだ。
「その土曜日、7時58分」
10月<その土曜日>公開だそうで・・・

before%20the%20devil%202.jpg

STAFF| 06:11 | カテゴリー:

GSワンダーランド2008年08月25日

週末興奮して日産スタジアムで聴いた
サザンオールスターズのヒット曲の中で
「そんなヒロシに騙されて」「チャコの海岸物語」の2曲は
明らかに60年代のグループサウンズ、
いわゆるGSのパロディなわけだけど、
そんなGS時代を上手に再現した
青春音楽コメディがこの「GSワンダーランド」だ。

今、有楽町マリオンのある場所にあった日劇は
特に50〜60年代モテたくて音楽をやる若者にとっては
憧れのコンサート会場だったそうだ。
僕もリアルタイムで当時のことは体験していないけれど、
80年代初頭、日劇を取り壊す直前に行われた
「最後の日劇ウエスタン・カーニバル」を見に行った記憶がある。
沢田研二やショーケン達が大人のソロ・アーティストとして
圧倒的なパフォーマンスを展開する中、
60年代活躍していた多くのGSバンドが入れ替わり立ち替わり
当時のヒット曲を熱演していたのを、なんとなく覚えているんだ。

この映画はそんな時代1968年に、
成功を夢見てプロデビューしようとした若者たちの物語。
基本的にはパロディだと思うし、
今の時代からだけ見るとパロディなのも分からずに
単に青春コメディと受け取られるかもしれない。
しかし、おっちゃんの僕はかなり笑えたんだ。
だからこそ、出来ればこの物語の主人公たちの年代、
10代20代の人たちの感想を知りたいと僕は思った。
なんか、知識や体験が物事を判断するときに
邪魔になってしまうこともあるんだよなあ。

だけど、なるべく客観的に見て、面白かったです。
11月15日公開ということで。

GSW_sub1.jpg

STAFF| 08:05 | カテゴリー:

サザンオールスターズ最高!2008年08月24日

昨夜3日目の日産スタジアムに行ってから
寝ても覚めても頭の中はサザンばかり!

福ノ上君やTARO君達と並んで
手拍子!大歓声!大合唱!と完全燃焼から一夜明けても
生で聴いた曲をCDやI-TUNESで聴き返しては
笑顔!涙!!興奮冷めやらず!!!

青学の先輩達の30年分の熱演に元気を注入された僕は
今夜も勿論行きます!日産スタジアム!!!
スタンドーッ!アリーーナァ!!
080823_170201.jpg

来週からなんとか映画ブログに戻します・・・

STAFF| 02:56 | カテゴリー:

20TH J-WAVE LIVE 2000+8  3日目?2008年08月20日

アンジェラ・アキ
今回実は4組ほど
14日木曜日に会場リハーサルを行なったんだけど、
アンジェラもその一人。

代々木競技場のステージ上は
ピアノ一台とアンジェラ一人。
彼女はリハーサルも本番同様の全力で行なったのだが、
それは自身のパフォーマンスをステージ・スタッフに
確実に伝えたいという高いプロ意識からくるものなのだ。
僕はそのリハーサルを独り占めするかのように、
他に誰もいない客席で見入ってしまい、思わず咽び泣いてしまった。

それ程彼女のリハーサルは素晴しく、
本番は勿論それを遥かに上回る感動があり、
リハと同じところで涙ぐんでしまった。

こんな実力派が終演後の楽屋で
「J-WAVE LIVEに出れてホント嬉しかった」
と最高な褒め言葉を言ってくれたとき、
僕の3日間の緊張は一気に解けて
アンジェラそして彼女のスタッフ達と
腹の底から大声で「お疲れ様でしたっ!!!」ってニコニコ称え合った。
こうして今年の僕のJ-WAVE LIVEも終わった!!
そして調子に乗ってアンジェラと記念写真をパチリパチリ・・・

今回一番活躍したのは
最近通販で買った僕のデジカメだったのかな。

STAFF| 01:14 | カテゴリー:

20TH J-WAVE LIVE 2000+8  3日目?2008年08月19日

森山直太朗
たった4曲だったけど、
彼の魅力と実力が凝縮された素晴しいライブだった!
観客の集中度は3日間で直太朗君のときが
1番だったかもしれない。
彼がステージに上がる瞬間まで同行したんだけど、
あの真剣さ!!!超カッコ良い!!!
一方楽屋では結構彼と雑談できたけど、
素顔はホントお茶目な直太朗君です。

スガ シカオ
3日間の大トリはシカオちゃんにも相当な重圧だったらしく、
演奏後は燃え尽きていた。
全力パフォーマンスをありがとう!
やっぱり彼はJ-WAVE番長であり、
J-WAVE LIVEの長男である!!

平井堅
久し振りにバックステージで再会したときは
いつものハニカミ屋さんのケンちゃんだったけど、
リハーサルからスタッフは爆笑続き!
そして、あの本番の「ぶっ飛ばし」振りに
平井堅恐るべし!と脱帽です。
ケンちゃんはJ-WAVE LIVEの次男坊だね。

くるり
この日は中抜けしてHOT100にも出演と大活躍のくるり。
J-WAVEスタッフには実にくるりファンが多い!
僕も勿論その一人なんだけど、
ゲスト小田和正さんの登場も多くのスタッフの願いが叶った瞬間だった。

青山テルマ
この日一人で平均年齢をぐっと下げてくれたテルマちゃん。
MCの天然振りにはやられたね。
ステージ度胸の良さからは明るい将来が見えた!
ちなみにスタッフで深夜某アジアン・レストランに行くと
そこにテルマちゃんと近しいスタッフがやはり打ち上げ中!
お互い労をねぎらったのであった・・・

次回はいよいよJ-WAVE LIVE
おっさんの独り言ラストです。
果たしてこのブログは映画に戻れるのだろうか・・・

STAFF| 15:04 | カテゴリー:

20TH J-WAVE LIVE 2000+8 2日目?2008年08月19日

絢香
以前書いたように、
今回僕は絢香ちゃんに1曲リクエストをしていたんだけど、
それは「手をつなごう」。
こんなクオリティの高い、そして切なくも在り、
シンプルな前向きなメッセージの込められている曲を
自作できる彼女は本当に才能の塊だと思う。

本人から聞いたんだけど、
実はこの曲は歌唱難易度がかなり高く
完璧を常に目指す彼女にとって
ライブのオープニングで歌うということは
かなりなチャレンジだったはず。
それを遂行できた今回のステージ、
お客さんたちが彼女の歌声に吸い込まれていくのが見えるようだった。
それを実証するように終演後、
ヒデシ(秀島史香)が興奮気味に本人に
「手をつなごう、良かったね。」と語る姿や、
知人からの「絢香さんのステージ最高でした」とのメールetc。
ホント彼女の歌は人の心に届いているね。

今年で3回目のJ-WAVE LIVEなのに、まだ20歳!!
絢香ちゃんに初めて会ったのは
まだデビュー前、高3の17歳のときだけど、
おっさんの僕にとっても、
絢香というアーティストは尊敬する特別な存在である。

STAFF| 10:38 | カテゴリー:

20TH J-WAVE LIVE 2000+8 2日目?2008年08月19日

大塚愛
当日開場前の彼女のリハーサルに
「目から鱗」状態になった!
とっても和やかに自らバンド全体をコントロールして
曲繋ぎの細かいアレンジまで具体的に指示を出す彼女。
大塚愛がいかに才能豊かなアーティスト・プロデューサーかを
今回のリハーサルで改めて知った気がする。
僕が「クムリウタ」が大好きで
この日のセットリストに入れてくれて大喜び!と
直接伝えたらとっても嬉しそうだった彼女、
PUFFYのステージに食い入るように見入って
楽屋に挨拶に行く律儀さを持つ素敵な人でした!

PUFFY
流石である!キャリア12年は伊達ではない!!
ヒット曲満載だし、ダルな雰囲気も変わらずだし、
アメリカでも人気者になった彼女達は
バックスタージでも勿論人気者!
照れ屋の多いJスタッフは
「あっ!本物の亜美由美だ!!」と
こっそりキャーキャー言ってました。

大橋卓弥+秦基博
自分達を「コブトリ」と呼ぶ自虐ネタで
笑いまでとってしまった彼ら!
このユニットでもっと演奏してくんないかなあ・・・
ちなみに川崎フロンターレと結びつきの強い
スキマスイッチ大橋君に僕は
「フロンターレの選手達も誘ったんだけど、
午後3時から練習で明日試合があるからダメだったよ」
と報告しておきました。

奥田民生withトータス松本
民生さんがいるだけで楽屋の雰囲気は変わる。
なんか ゆるゆるに和みまくるんだよね。
自らの出番が終わって一服しつつ、
ステージに向かうレミオの藤巻君に
「あとは任せたっ!!」と声を掛ける後輩想いな優しい男だ。

ステージではウルフルズ同様に「J-WAVE!!!」と
目いっぱいシャウトしてくれたトータスさん、
もっといっぱい歌いたそうだったなあ。
ちなみに以前このブログでお勧めした
「ブタがいた教室」のエンディングテーマは
トータスさんの新曲「花のように 星のように」です。

STAFF| 09:41 | カテゴリー:

20TH J-WAVE LIVE 2000+8 2日目?2008年08月18日

レミオロメン
Jスタッフ「なんでステージの上にいたんですかあ?!」
僕「だって俺4人目のメンバーだから当たり前じゃん」
Jスタッフ(失笑)「そうですねえ・・・相手してられん」
そう、僕はステージ袖で、彼らのライブを体感したのだ。

ステージ上から見る超満員の観客席はまさに圧巻。
その観衆を煽るベース前田君の
手拍子の音が間近に生で聴こえる臨場感には鳥肌が立った!

そんなメンバーを支える大勢のステージ・クルーは真剣そのもの。
張り詰めた緊張感も総てはバンドへの愛情があるからこそ。
だからバンドは演奏に集中できるのだ、と
凄い勉強・経験をレミオロメンにさせてもらった。
このステージに立った総てのアーティストが同じように
多くのクルーと信頼しあっているんだよね。

そんなステージに上がる前、
またまた僕はこっそり楽屋に潜入。
僕的には4人編成のレミオロメンのアーティスト写真撮影・・・
まあ記念写真をしっかり撮ったぞ。
「じゃあ今日から4人組ね」という僕のマジシャレを
3人は笑いながら聞き流してくれた。
携帯の待ち受けを見るたびに
メンバーに溶け込んだアホな僕の姿がある!

真面目な話も・・・
今回僕は彼らにリクエストをしたんだけど、
それにアンコールで応えてくれた。
太陽の下」。
世間全般的に人間関係がギクシャクしている今の時代だから、
この曲の歌詞が伝えるメッセージを
僕も多くの人と分かち合いたいと思ったからなんだけど、
演奏することが事前に分かっていても
イントロが流れた瞬間ステージ袖の僕は胸がいっぱいになった。
この日来場された人々の気持ちが
少しでも温かくなったなら本望です。

STAFF| 15:05 | カテゴリー:

20TH J-WAVE LIVE 2000+8  1日目2008年08月18日

Superfly
大受けで凄かったなあ。
開演前、僕はSuperflyの楽屋が居心地いいから
志帆ちゃんやスタッフと音楽談義してたんだけど、
2年前のJ-WAVE LIVEのとき紹介された志帆ちゃんに
初日のオープニングをお願いできるようになるなんて
こういう仕事していての醍醐味だと実感。

mihimaru-GT
彼らにJ-WAVEイベント出演してもらったのは
今年だけでも3回目。
前2回で彼らのステージの楽しさ充分に解っていたから
自信を持って代々木に初出演してもらった!
終演後、J-WAVEスタッフに見つからないように楽屋で
僕は彼らと記念写真をパチリパチリ!
これをお宝と呼ぶんだな。

木村カエラ
「なんてカッコ良いんだろう、カエラちゃんは!」
と本人に激白!!
カエラ・ファンの僕は話すだけで顔が赤くなってしまう・・・
トリの倖田來未のライブを
スタッフ立見エリアで爪先立ちながら見つめていたカエラちゃん。
終演後來未ちゃんの楽屋に会いに行っていた姿が微笑ましい!
アーティスト交流の場としてもJ-WAVE LIVEは役立ってたなあ。

KREVA
終演後の打ち上げで
(興奮気味な僕)「激ヤバでカッコ良かったっす」
(ニコニコな彼)「マジっすか、それは良かった」
リリックみたいな会話で
固く握手、熱く拍手、オーイイェ!

倖田 來未
やはり打ち上げで
僕「倖田はいい奴だなあ」
來未「うれしいっす」
と、これまた固い握手!
デビュー時から知っている彼女、
ホントにいい奴なんです。
泣き虫だけど歌うまーい!

コブクロ
J-WAVE LIVE初登場だったけど、
二人は勿論、バンドやエンジニアさんetc
みんなホント、プロです。
あんな大物なのに、
オフ・ステージでもとっても紳士でサービス精神も満点。
人気の理由はこんな人柄が原点なんだろうね。

Crystal Kay
彼女がいるだけで楽屋エリアも華やかになるし、
今回もライブ素晴しかったあ!DJも頑張ってね。
10月からのツアーが待ちきれないな。

と、おっさんの8月15日分の独り言でした・・・

STAFF| 10:50 | カテゴリー:

ハンサムスーツ2008年08月13日

「ハンサムですみません」
言ってみてぇ、こんなセリフ一度でいいから!!!
こんな僕の本心と同じように感じる人には絶対受ける!

そして
「俺って結構イケてるよな」
と、勘違いしている人にも絶対受ける!

そんなおバカな作品が「ハンサムスーツ」だ。



塚地武雅演じる定食屋の店主は心優しい超ブサイク男。
女子からはゴミのように扱われ続けて凹みまくる人生。
そんな味は最高な定食屋に超カワユイ女子(北川景子)が
アルバイトにやってくる。
当然一目惚れするけどアッサリ振られてしまうのだ。
そんな彼は着るだけでハンサムに変身できるスーツを手に入れ、
超イケメン(谷原章介)としての日々を手に・・・。

というお話。
一人二役じゃあなくて二人一役なんだけど、
塚地武雅の大変身後が谷原章介という、
これだけで笑っちゃうキャストなのだ。

出演は他にブラザートム、伊武雅刀、佐田真由美、
池内博之、本上まなみ に 森三中の大島美幸 など。
大島美幸はかなり重要な役なんだけど、
彼女の旦那としても知られる売れっ子TV作家の鈴木おさむが
脚本を担当しているので、
このままTVシリーズになりそうな小気味良いテンポで
見ている側は笑い続けられるんだ。

あんまり書くとネタばれになるから止めとくけど、
とっても面白いです。
公開は11月1日です。

さて、
今日はAXでLIVE813。
さっき楽屋でトライセラトップスの3人と少し話してきたけど
今夜のステージ超期待できそう!

明日はエッグマンで勝手にサザンオールスターズ・ナイト!
ピストンが久々に人前でサザンを中心にスピンしてくれるし、
他にも盛り沢山!

そして!金土日はJ-WAVE LIVE2000+8!!!
今日から会場準備始りました。
乞うご期待!
前売り完売御礼!少しだけど当日券出します。
まだの方は是非!!!!!

STAFF| 06:35 | カテゴリー:

やっぱサマソニ楽しい!2008年08月09日

勿論オリンピックに釘付けだけど、
僕は今日も川崎フロンターレTシャツ
サマソニに参戦!!

今日気に入ったのはビーチ・ステージでの
パオロ・ヌティーニ

マウンテン・ステージでの
ロストプロフェッツ

あと実は一番インパクトあったのが、
スポンサー・ブースのひとつで一時間おきに行われる
ポールダンスの世界チャンピオン・レイコ他の
超セクスィーなパフォーマンス
彼女達はエロティックなだけじゃなく、
筋力が凄いしプロのアスリートだ!!
明日行く人は必見だね。

それからダイノジのDJダンス・パフォーマンスが
あんなに盛り上がるなんて、大穴で楽しすぎ!!

さあ、明日はアリシア・キーズにCOLDPLAYだっ!!
だけど反町JAPANが時間被ってるんだけど、どうする?・・・

STAFF| 14:07 | カテゴリー:

ダークナイト2008年08月04日

昨夜、パシフィコ横浜での絢香のライブ、良かったあ!!
ステージ上での彼女は
20歳というのが信じられない程堂々としていて、
完成度・難易度が高いパフォーマンスを魅せてくれる。
終演後本人に直接そんな話をしたんだけど、
J-WAVE LIVE2000+8をとっても楽しみにしていてくれていた。
僕も調子に乗って歌ってほしい曲のリクエストを・・・


さてダークナイトである。
先週末に先行上映もされ、いよいよ今週末8/9公開なのだが、
ギリギリ最終のマスコミ試写で見てきた。
会場内はこれ以上補助椅子を入れられない程の超混み具合。
まさに前評判の高さの表れなんだけど、
様々な意味で必見な作品なのは間違いない。
そして直訳すると「暗黒の騎士」というタイトルどおり、
とってもダークな内容だ。

監督は前作に続いてクリストファー・ノーラン
彼は人間の内面の闇を表現することで評価が高い監督で、
「インソムニア」では白夜の地を舞台に人間のダークサイドを描くという、
超逆説的演出で映画通を唸らせた鬼才である。

「バットマン・ビギンズ」もそれまでのバットマン・シリーズとは
一線を画す作風で話題を呼んだ訳だが、
今回は脚本・製作・原案も全て彼!
ということでクリストファー・ノーラン全開作品「ダークナイト」だ。


中でも最も強烈に闇を演じ放っているのはヒース・レジャー。
テレビCFもバットマンが出てこないで、
ジョーカーの彼が全面にフィーチャーされているけれど、
まさにジョーカーが本当の主演と言っていいほど。
この撮影直後に亡くなってしまったのが、本当に惜しまれる。
それくらい映画の中での彼は狂気に満ちていて、
目を伏せたくなるほどの恐怖感を見る側に与えまくる。

勿論バットマン役のクリスチャン・ベールをはじめ
豪華すぎる程の共演陣は全員ハズレなし!

しかし、今のアメリカ映画はなぜ普通のシチュエーションの作品で
「ダークナイト」みたいな力作を生み出せないんだろうか・・・
それくらい「ダークナイト」の完成度は高いです。

STAFF| 03:20 | カテゴリー:

バックナンバー