06年映画を振り返る2006年12月28日

J-WAVEは今日仕事納め。
自宅で小田和正特番を見聴きしながら書いているヒロシです。
06年もおかげさまで、実に多くの映画を見ることが出来、感動の数々を実感できた。
そんな中でも印象に残っているのは順不同で

「あるいは裏切りという名の犬」
「硫黄島からの手紙」
「ディパーテッド」
「ハチミツとクローバー」
「フラガール」
「マイアミ・バイス」

といったところだ。笑いも渋みも悲しみも、
色々なタイプの作品を見れたからこそだと思う。

さらに「プライドと偏見」と「クラッシュ」。
僕は05年に見たので、去年のBESTに選んでいたのだが、
個人的にはこの2本こそが06年日本公開洋画のBEST2だったなあ。

今年も仕事を超えて、このブログを充実させたくて、
かなりの数の見た映画をボツにして、厳選して書いたつもりです。
来年もまた頑張って書きますので、よろしくお願いします。
ご愛読感謝!!

STAFF| 15:09 | カテゴリー:

「ドリームガールズ」への道22006年12月27日

12/20 矢沢永吉@日本武道館ファイナル!
この日がエイチャンにとって今年最後のライブ!ということもあり、
気合は入りまくり!!
終演後の打ち上げで僕の目の前で熱く語ってくれたエイチャンに
感激のあまり久々に固まってしまう。

12/21 久々に早めに帰宅!DR.コトー最終回に釘付け!!
2クールやってくれ!と名残惜しむ。
ドラマも本気で制作されると、本気で泣くもんだな。

12/22 奥田民生@横浜ブリッツ
ザ・ヴァーブスの一員としてのステージ。
スティーブ・ジョーダンを始めとする凄腕ミュージシャン達と
互角以上に渡り合う民生氏はやっぱり一流だと実感。

12/24 スクープ・オン・サムバディ@中野サンプラザ
今年もクリスマス・イブはTAKE、HOHEY、KOICHIROの3人と一緒だ。
今回は3人のみでのライブだったが、流石にいいライブ!
それにしても、こんなに男子の多いSOSのライブは初めて。
きっと彼氏が出来たファンがカップルで来たんだなあ・・・いい話だ。

12/25 クリスタル・ケイ@パシフィコ横浜
完璧なクリスマス・コンサート。ホントにいい曲ばかりだね。
しかし会場外つまり「みなと未来」地区のカップル率の異常な高さに唖然!

12/26 アンジェラ・アキ@日本武道館
素晴らしい!泣いた!!の二言!!!
終演後楽屋でアンジェラと熱い感動を分け合うことが出来た。
ありがたい言葉もアンジェラからもらったが、勿論秘密です。

と連夜のライブ天国なのだが、
素晴らしい!超おすすめ「ドリームガールズ」の試写会、
明日から募集を開始します!!

STAFF| 06:01 | カテゴリー:

「ドリーム・ガールズ」への道・・・2006年12月19日

12/13 絢香@渋谷AX
ツアー・ファイナルのこの夜打ち上げで、
ジェイミー・カラムからの伝言を直接話したら絢香ちゃんに大受け!
内容は?秘密です。

12/14 レミオロメン@横浜アリーナ
僕にとって今年11回目!のレミオロメンのライブ。
忙しい彼らと新年会の約束をする。ああ嬉しい!

12/15 矢沢永吉@日本武道館
僕はキュートなクリトモと並んで見たのだが、
周囲にはタオル投げをする徳光さんやベイスターズ三浦投手も!
勿論クリトモとタオルならぬマフラー投げしました!

12/16 EXILE@代々木第1体育館
イベントのトリを飾った彼らを終演後のパーティで捕まえて、
一人一人に興奮を伝えた。ホントにいい奴らなんだEXILEは。

12/17 この夜は横浜総合競技場でバルセロナが負けたのを体験。
スポーツに絶対はないことを再確認させられた。

12/18 Jリーグ・アウォード@横浜アリーナ
受賞スピーチの中でも相馬直樹氏(元・日本代表)は
ずば抜けて上手だった。スグに議員さんになれます。

と相変わらずイベント三昧の中
超話題作、ジェイミー・フォックスとビヨンセ主演の
ドリーム・ガールズ」をマスコミ向け完成披露で今見てきた。
これは面白い!そして良く出来ているミュージカル映画だ!!
どのようにかって?
それは冷静になってから次回書きます。乞う御期待!!

STAFF| 07:05 | カテゴリー:

「ラッキーナンバー7」というクライム・サスペンス2006年12月12日

クライム・サスペンスというジャンルが結構好きな僕なのだが、
前から気になっていた作品をやっと見た。
この「ラッキーナンバー7」今時なオールスター・ムービーなのだが、
あまり話題になっていないのは何故?

主演はジョシュ・ハートネット。僕は彼を見るたびにスクープ・オン・サムバディのタケと似てると思うんだが、どうでしょう?
そんなジョシュ自分は世界一運の悪い男を実践するスレヴン役。スレヴンはひょんな事で友人と間違われて最悪な目に遭っていく。
そのスレヴンを取り巻く善悪入り混じりの共演者としてブルース・ウィルス、モーガン・フリーマン、ルーシー・リューetc人気俳優達が大挙出演しているのだが、
例えばスタンリー・トゥッチ。彼は「プラダを着た悪魔」「シャル・ウィ・ダンス?」「ターミナル」などで抜群の存在感を醸し出していて、顔を見れば「彼か!」とわかるはず。いい奴か悪い奴かよくわからん刑事役は彼ならではだ。
そしてベン・キングズレー。アカデミー男優の彼は出演クレジットにSIRが付いていたが、臆病なマフィアのボス役がハマっていたなあ。

さて、この手の作品は劇中に伏線が一杯あって、
クライマックスでの謎解きで「ああ、そうなんだ」と
うなずけるか否かが評価のしどころ。
「ラッキーナンバー7」もご多分に漏れず伏線だらけで、
登場人物も有名俳優の数だけ多数!
いつも名前を覚えるのが苦手な僕は、
名前で混乱しているうちにストーリーが複雑化しちゃうんだな、これが。
そんな感じで見ていくうちに少しずつ話が繋がっていく。
まあ映画の性格上、ストーリーは書くべきではないので、
説明がしづらいが、騙され易い人ほど楽しめるんじゃあないかなあ。

さて僕が「ああ、そうなんだ」とうなずけたかどうかは・・・
まあ決して大作ではないが、こういう作品も大事だね。

STAFF| 08:16 | カテゴリー:

番外編:今年のベスト・ライブは?2006年12月07日

だうも、僕です。
この1週間でクラプトン、ビリー・ジョエル、U2、ジェイミー・カラムと
ライブ三昧の日々!強烈!!

いつもここで映画のブログを書いてる僕だけど、
今年も本業として100本を越えるライブを観てきた。
(ちなみに新作映画も同じくらい見てますが・・・)
ということで今年印象に残ったライブ外タレ編を振り返ろう。
(順不同です)

ジェイソン・ムラーズ 
1月に恵比寿リキッドルームで見たけれど、あんなに良いとは思わなかった!
カッコイイし歌は上手いし、若い女性ファンが圧倒的に多かったなあ。
フジロックでのジェイソンを見逃したのは個人的に痛い!

COLDPLAY 
個人的に今年のBESTかも、というくらい良かった!
終わったあとで、行けなかったレミオロメンの藤巻君に自慢しまくった程、
インパクトの強い、映像演出も素晴らしいコンサート@武道館だった。

ドゥービー・ブラザーズ 
富士スピードウェイでの彼らのライブ以上に一緒に歌ったライブはない!
自分がオッサンなのを再確認しつつ、いいものはいい!と。

ジョン・メイヤー 
いやー、凄かった!ギタリスト・アーティストとして彼はクラプトンになれると確信。
恵比寿ガーデンホールというコンパクトな会場で聴けたことに感謝です。
J-WAVEに来てくれたとき思わず本人に向かって「あんたは凄い!」と
語ってしまったが、身長190センチもある長身男子だった。

ジェイミー・カラム 
今夜のAXが18ヶ月に及んだワールド・ツアー最終日!
僕は6月のクアトロと昨日のAXに行ったんだけど、
ノンジャンルと天才という二つの言葉は彼のためにある!
と思ったくらい素晴らしかった!とっても気さくでイイ奴なんだけど、
昨日のライブMC中に日本語で「絢香は可愛い!」なんて言ってたなあ。
僕もそう思うけどね。

あと、マドンナ、ビリー・ジョエルとU2は当たり前のように感涙を流しました。
そしてクラプトンが連れてきたギタリスト、デレク・トラックスは
BEST PLAYER OF THE YEARだ。

ちなみに今週月曜日のU2@さいたまスーパーアリーナには
エリック・クラプトンとビリー・ジョエル二人とも見に来ていたそうだ。
世界の超大物が集結していた大宮・・・

他にもいっぱいあるけれど、結局は結構趣味が出てると自分で思うなあ。
機会を見て邦楽編、勿論映画編も当然書きますよ。

STAFF| 10:39 | カテゴリー:

ガーン!公開無期延期・・・2006年12月01日

映画公開には色々と事情があるんだなあ。

11/22にここで取り上げたラッセル・クロウ主演の
ア・グッド・イヤー プロヴァンスからの贈りもの」は
配給会社の諸般の事情によって
公開が無期延期になるそうです・・・

僕は結構気に入っていたので残念だ。
また別のお勧めを探してガンバって書きます。

STAFF| 08:15 | カテゴリー:

バックナンバー