SING/シング2017年01月17日

SING_main_new.jpg

これは勿論アニメーション映画だが、
音楽の選び方、作り方、使い方が半端無く凄くて
アメリカのエンターテインメントの奥深さを
楽しさの中で痛感させられる一流のミュージカル。
「Glee」「ピッチパーフェクト」が好きな人ならジャスト!

登場する音楽はフランク・シナトラ、ビートルズから
テイラー・スイフト、きゃりーぱみゅぱみゅ まで
60曲を優に超えるヒットソング達。

オリジナル版の吹替え俳優陣も
マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソンetcと人気者揃いで、作品に注がれた熱量は溢れんばかり!なのだ。

と、僕はオリジナル字幕版を見たのだが、最近は日本語吹き替え版の出来が勝負だから、この洋楽アニメーションをどう料理したのか、そちらも興味深い。
マシュー・マコノヒーが演じた主人公のコアラを内村光良が担当するそうだしね。

SING/シング
3月17日(金)ロードショーです。

SING_sub7_new.jpg

staff| 18:50

モアナと伝説の海2017年01月13日

今年最初の試写は、この話題作!だったのだが、
期待を上回る映像の美しさに圧倒され、
いつものディズニー作品同様に、
社会科の教材になりそうな優れた映画だと感嘆したね。

業界的には、そしてディズニー的にも
「アナと雪の女王」の次を狙う作品なので、
主題曲がどこまでヒットするかも興味深い。

そういう大人の事情と別に
詳細不要!本気でお薦めします。


モアナと伝説の海
3月10日(金) ロードショー

MOANA_203 7_066 00_0022_rgb.jpg

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

staff| 16:42

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年12月16日

こういう話題作は初日に劇場で見るのが一番!
ということでローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
今朝見てきた。やっぱり面白い!!
これからの方の為に詳しく言わないけど、
香港のアクション大スター、
ドニー・イェンが大活躍!!!という想像を超えた展開。

ちなみに
コスプレ集団はどうやって劇場まで来たんだろう・・・。

main-AN1-155372_iul7013.art.v13r.jpg
2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.


staff| 14:07

ザ・コンサルタント2016年12月13日

TAC-10201.jpg

出演作でハズレの無い俳優、
その数少ない一人がベン・アフレック。
まあ「ゴーン・ガール」の後味は最悪だったけど。

そんなベン・アフレック主演最新作での役処は
命中率100%の狙撃の腕を持つ、“裏社会の掃除屋”。
超優秀な会計士という表の顔をもつ殺し屋だ。
さらに主人公には特殊な生い立ちがあり・・・。

ようするに複雑な背景をもつ孤独な男が、
巨悪に巻き込まれながら冷徹に対処する様を描く128分。
荒唐無稽とはいえ、物語の先を早く知りたくなるタイプの
クライム・アクションである。
共演は「ピッチ・パーフェクト」等のアナ・ケンドリック、
「セッション」のJKシモンズ、
悪役専門ジョン・リスゴー他。
全米映画ランキング初登場1位を獲得した「ザ・コンサルタント」。
公開は1月21日。特に男性諸氏にお薦めです。

TAC-03465.jpg
©2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

staff| 16:21

マグニフィセント・セブン2016年12月01日

kouyamain.jpg

おっさん世代ならば説明不要。
黒澤明監督1954年の代表作『七人の侍』と、
ハリウッドリメイク1960年の『荒野の七人』。
この金字塔というかバイブルというか、
不朽の名作を原案としてリメイクされた
本作『マグニフィセント・セブン』は想像以上に面白かった!

監督は『トレーニング デイ』『サウスポー』などのアントワーン・フークア。
その『トレーニング デイ』でダブル主演したデンゼル・ワシントンとイーサン・ホークが顔を揃え、イ・ビョンホンまでフィーチャーされた7人は、今の時代らしく多国籍だ。

ストーリーは勧善懲悪だが、過去2作品と微妙に違うから、
知ってる人は違いを探すも良し。
初見の人は新しい物語として体験すれば充分楽しいはず。

なんか見終わってすっきりして試写室を出られました!

マグニフィセント・セブン
1月27日(金)公開です。

kouyasub3.jpg


staff| 17:16

LA LA LAND ラ・ラ・ランド2016年11月29日

すみません、J-WAVE LIVE AUTUMNに集中していて
更新が全然出来ませんでした。
ようやく11月1本目・・・。

と言い訳〜のお薦め作
早くも来年のアカデミー賞レース有力と噂の
「LA LA LAND ラ・ラ・ランド」を見た。

監督は『セッション』で一躍有名になったデイミアン・チャゼル。
彼がエマ・ストーンとライアン・ゴズリングの二人を主演に
いかにもアメリカ的なミュージカルテイストの
青春物語を作り上げた。

舞台はハリウッド。
女優志望のウェイトレス(エマ・ストーン)と、自らのジャズクラブ経営を目論むジャズピアニスト(ライアン・ゴズリング)。
その出会いからの数年間をテンポよく、嫌みなく、けれども決して軽くなく描いて行く2時間強。
演技もロケーションもカラフルな色使いも、全てが見事で過不足が無い。

公開は来年の2月24日だから
今はこれ以上詳しく書きません。
見て損しませんから憶えておいてください!

lalalandposter.jpg

© 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


staff| 10:48

ジャック・リーチャーNEVER GO BACK2016年10月24日

トム・クルーズのシリーズ作品と言えば
「ミッション・インポッシブル」を思い浮かべるが、
本作は新たなハマり役となれるか?
2012年「アウトロー」の成功を受けての続編
「ジャック・リーチャーNEVER GO BACK」である。

いわゆるハードボイルド物、米軍警察物で
甘さを極力排除したクライム・アクション。
とは言え、実際中年男になって久しいトム・クルーズは
演じる役柄も最早単純ヒーローではなく、
弱さも辛さも痛みも敢えて見せる人間像を作ってくれた。
これがなかなか面白くって、あっという間の2時間だった。

まあ「こんな所で、こんな重要な話はしないだろ」
とか、突っ込み処というか隙もあるけれど、
それはそれで目くじら立てずに見る余裕をもって
あくまで娯楽として映画を楽しんでください。

そうそう、「プリズン・ブレイク」を見ていた人には嬉しい登場人物もいました!

ジャック・リーチャーNEVER GO BACK
11月11日(金)公開です。

nevergobackmain.jpg


staff| 11:17

インフェルノ2016年10月20日

infernomain.jpg

トム・ハンクス主演
「ハドソン川の奇跡」は素晴らしかった!
なんという名優だろう、と唸ったばかりで、
早くも新作「インフェルノ」を見た。

「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ3作目、
監督はいずれもロン・ハワード。
個人的には過去2作よりずっと面白かった、と思うよ。

舞台は勿論イタリアそしてトルコ。
美術・遺跡ファンでなくとも旅行気分を味わえそうだが、
「インフェルノ」とは地獄を指し、物語は甘くない。
悪夢のような情景がフラッシュバックされる冒頭から
緊張感溢れる映像が続きパニック・クライム・アクションを
存分に疑似体験させてくれる。

全部を理解しようとせずに、映画の流れに身を委ねるのも、この手の作品を楽しむ有効手段。2時間充分に浸れました。

インフェルノ
10月28日(金)公開です。

infernosubrgb.jpg


staff| 18:50

未来を花束にして2016年10月14日

とても真摯に作られた、
特に男性として考えさせられる実話ベースの作品。

原題「SUFFRAGETTE」の意味は婦人参政権論者。
まさにその映画である。

日本で女性参政権が行使されたのは
第二次大戦後の1946年、たった70年前のこと。
この映画の舞台となる英国でも1918年と
まだ100年も経っていない。

アメリカでは多分女性が大統領になるだろうし、
東京都知事や政党党首が女性の今の時代から
わずか100年弱前の世界が
男尊女卑社会だったなんて想像しにくいが、
我が国の元首相や元都知事、
さらには某大統領候補の発言には
相変わらずゲスで男社会な視点しか
持ち得ていないなあ、と愕然とさせられる。


さて主演のキャリー・マリガンは
大女優への道を着実に歩む期待の星。
主人公の心持(こころもち)の変化・成長を
見事に表現していて素晴らしい!

一方で、憎たらしい公安警部役の
男優さん(ブレンダン・グリーソン)は
ハリー・ポッター・シリーズで
子供達の人気者を演じていたなんて、
役者って流石だね。


未来を花束にして
日本公開はかなり先、
2017年1月27日(金)。

憶えておいてください。

DSC_0003.jpg


staff| 17:45

ミュージック・ジャイアント2016年10月04日

大新聞でも記事になるくらい
最近音楽ドキュメンタリーの公開が多いが、
同時にリアル・ストーリー=実話ベースの秀作も多い。

偶然なのかジャズ・トランペッター大物二人の
それも対照的な作品を2本見た。

イーサン・ホークがチェット・ベイカーを演じた
ブルーに生れついて」。

ドン・チードルがマイルス・デイヴィスに成り切る
MILES AHEAD マイルス・デイヴィス空白の5年間」。


機会があればそれぞれ改めて紹介するが、
共通するのは2点。
音楽面の充実と、
内面の弱さを克服できるか否か、
という普遍の人間ドラマだという事。

つまり音楽ファン目線でも
ヒューマン・ストーリーとしても
とてもよく出来ていて見応えがある、事だ。

少し先になるが2本とも試写会を企画中です。
こうご期待!!

jazz2.jpg

staff| 11:20

2017年 1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー