ブルックリン2016年05月06日

Sub4_B_091_2K3A8183.jpg

さすが今年のアカデミー賞で
作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされた本作、
とても良く出来た純愛物語である。

時代は1950年代、今でもアイルランド系移民の多いニューヨークに渡った若き女性が主人公。
しかし、これは男性側からの純愛映画でもある。


アイルランドの小さな町とはあまりに違う
ニューヨーク・ブルックリン生活に戸惑う主人公。
そんな彼女にイタリア系移民との恋が
明るい光をもたらせるのだが、
突然の悲報でアイルランドに帰郷。
そんな彼女を待ち受けていたのは運命的な再会だった・・・。

と、様々な出来事に心を揺さぶられる主人公。
動揺する気持ちは見る側にも伝染して
先行きが不安になる中、ブレない純情男子二名。
果たして近くの80点か?遠くの100点か?

ということで主人公側の女性目線で見るか、
相手役達の男性目線で見るか、
物語の印象は大分変わるかもしれない。


主演はアイルランド人シアーシャ・ローナン。
『つぐない』『ラブリーボーン』『ハンナ』と
話題作への出演で印象深かった子役も22歳だ。

ブルックリン
7月1日(金)、全国ロードショーです。
こういう純愛モノ、良いもんだね!!

Sub1_B_002_2K3A2280.jpg

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.


staff| 11:19

二ツ星の料理人2016年05月02日

hutatsubosimain.jpg


料理人やレストラン、食を題材にした作品は
いつの時代も多くの秀作を届けてくれる。

本作「二ツ星の料理人」も邦題どおりで
トラブルメーカーの元二ツ星シェフが、
ロンドンのフレンチレストランを舞台に、
三ツ星そして世界一のレストランを目指す
美食エンタテインメントだ。
(美食エンタテインメントってなかなか良いコピーだね)

主役はブラッドリー・クーパー。
『世界でひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル!』
『アメリカン・スナイパー』で3年連続アカデミー賞ノミネートと
すっかり演技派なブラッドリー・クーパーだが、
ここでは偏屈で超短気なダメ男を無理なく演じている。
なんでも実在のモデルがいるそうで、
どの世界も天才と変人は同意語なんだね。


さて僕がこの作品で一番興味をもったのは
監督ジョン・ウェルズだ。
彼はアメリカTVドラマ界の金字塔『ER 緊急救命室』を
プロデュースした実力派製作人で、
名前は良く知っていたのだが、
映画監督のイメージが正直無かった。

既に『8月の家族たち』等ヒット作も監督していて、
15年に及ぶ『ER 緊急救命室』製作の中心にいただけに、
作り手達には良い手本だろう。
本作でも場面転換等テレビ的な手法が垣間見えて
飽きさせずコンパクトな上がり具合は流石である。

大人の成長物語
二ツ星の料理人
6月11日(土)より全国ロードショーです。

hutatsubosisub2.jpg

hutatsubosisub1.jpg
(C)2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

staff| 13:53

64-ロクヨン-2016年04月27日

64maemain.jpg

1年前にNHK土曜ドラマで放送された「64ロクヨン」。
「外事警察」「ハゲタカ」「七つの会議」同様に
実に良く出来た社会派ドラマだったが、
本作「64-ロクヨン-」は同じ原作の映画化である。

舞台は関東北部の県警。
長年刑事を務め現職は広報官の中年男が主人公。
TVではピエール瀧、本作では佐藤浩市が演じている。
他にTV版で柴田恭平が演じた捜査一課長を三浦友和、
さらに綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、
窪田正孝、坂口健太郎、椎名桔平、滝藤賢一、
奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、瑛太、 永瀬正敏 と
主役級が大挙出演する大型作品!!流石大作映画である。

『64』とは平成元年の為7日間で終わった昭和64年のこと。
たった7日間の間に起こった少女誘拐事件を発端に
警察組織内でうごめく軋轢・対立・隠蔽、
そして個々人が抱える事情も相まって緊張感は高まっていく。

この作品で描かれる重要なポイントが
警察のマスコミ対応と
それに対する報道機関との緊張関係だ。

「捜査上の理由」を盾に様々な情報を制限しようとする警察と
それに強く反発するマスコミ側。
保身と思惑でメディアを制圧しようとする県警上層部と
暴発寸前の県警記者クラブの板挟みになり
苦悩する広報官達の姿は、まるで中間管理職なのである。

TVドラマ後の映画化、さらに人気小説が原作だけに
大筋を知っている人も多いだろうが、
重厚な作りで前後篇合わせて4時間が
あっという間に過ぎて行った。


ちなみにTV版で永山絢斗が演じた記者クラブ幹事を
本作では瑛太が担当しており、
実の兄弟で同じ役を演じているのもトリビアか。

64-ロクヨン-前編/後編
前編5月7日 後編6月11日
全国ロードショーです。

64atomain.jpg

64maesub1.jpg
(C)2016映画「64」製作委員会

staff| 10:32

疑惑のチャンピオン2016年04月18日

マラドーナやベン・ジョンソン、最近ではシャラポワと、一流スポーツ選手とドーピング、これは終わりのない問題だ。
本作はスポーツ界最悪級のドーピング実話。
あのツール・ド・フランス7連覇は
全て禁止薬物による違反行為が生んだフェイクだった、
という驚愕の映画だ。

世界的アスリート、というよりセレブリティ、
ランス・アームストロングが主人公。
このアメリカ人スーパースターが実は薬物まみれの偽善者だったというニュースは日本でも大々的に報じられたので僕もよく覚えている。

「疑惑のチャンピオン」は、そもそもランス・アームストロングがどんな人物で何故ドーピングに手を染めたか、を包み隠さず明らかにして行く。

元々野心家だった(と描かれている)アームストロング。因果関係はともかく彼はドーピングを始めて間もなく、重度の精巣癌を患い脳にまで転移する程、生命の危険にさらされていた。

そこから生還しただけでなく、アスリートとして復活、
ツール7連覇を達成したのだから、
世界中の癌患者達からも希望の星として絶大なリスペクトと巨万の報酬を得ていた訳である。

この作品の原作者は徹底した取材でアームストロングのドーピング疑惑を追い続けたイギリスの新聞記者。
言ってみれば英国版センスプ?記者は「富と名声」の誘惑に負けた主人公といかに対峙していったか・・・。是非映画で真実を見てください。

ちなみに本作の製作はイギリスの有名優良スタジオ、ワーキング・タイトル。これも本作のグレードを充分に保証してくれる。
程良い緊張感を終始漂わす秀作「疑惑のチャンピオン」は、7月2日公開です。

DSC_0024.jpg


staff| 16:28

シークレット・アイズ2016年04月15日

ジュリア・ロバーツとニコール・キッドマンという
ハリウッドを代表してきた大女優の初競演作。
といってもクレジット上での主演はキウェテル・イジョフォー。
アカデミー作品賞「それでも夜は明ける」の主演で
一躍知名度を上げた俳優だ。

本作にはオリジナルがあり、
2010年アカデミー外国語映画賞を受賞した
アルゼンチン映画「瞳の奥の秘密」。
ハリウッド版「シークレット・アイズ」は
舞台を911翌年と現在のロサンゼルスに置き、
ある殺人事件の真相を追う捜査官達の物語である。

美人女優の代名詞のような二人だが、
共に今年49歳という彼女達は
作品中でも実年齢に近い、人生にくたびれたキャリア組。
まあ二人とも演技派としても充分に評価されているけれど、
ここでも決して美は売り物にしないのだ。
それでもとっても綺麗だけどね。

オリジナルとは設定やラスト等かなり違うが、
サスペンス物として上出来!何度も驚かされるし、
公安案件が絡むと国を違わず「隠蔽」だらけだと痛感する。

シークレット・アイズ
6月10日(金)公開です。

poster2.jpg
(C)2015 STX Productions, LLC. All rights reserved.

staff| 11:40

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男2016年04月08日

本作の主役ブライアン・クランストンが
今年のアカデミー賞の主演男優部門にノミネートされていた事を
憶えている、いや知っている人は少ないだろう。
それくらい印象が薄い作品、そして俳優かもしれないが、
充分に見応えのある秀作であり、
政治的にも今のアメリカに警鐘を鳴らす実話である。

第二次大戦後のアメリカの映画業界で
『赤狩り』が徹底的に行われたのは
様々な映画を通じて描かれてきたが、
これはその究極版。

余談だが、ジャクソン・ブラウンの曲で
「僕は右でも左でもない。愛国者だ」という歌詞があるのだが、
この作品で描かれた時代では、
こういう発言イコール『赤狩り』の対象にされただろう。

それくらい保守傾向が強かった時代に
自身の主義を曲げずに生き残った主人公、
「ローマの休日」の脚本家ダルトン・トランボの
弾圧との闘いの日々を忠実に再現させた本作。
トランプ旋風の吹く今のアメリカ人にはどう映るのだろう。


トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
7月公開。
見る価値、充分にあります。憶えておいてください。

DSC_0023.jpg

staff| 16:32

海よりもまだ深く2016年03月30日

m0000000822.jpg

個人的な去年のベストは『海街diary』。
その是枝裕和監督最新作が「海よりもまだ深く」。

資料通り書くと主人公は
「笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男」。
10年以上前に文学賞を1度とったきりの自称作家は、
言い訳ばかりで夢を見続け、
別れた元妻と息子の養育費も満足に払えない。
探偵事務所で際どい仕事をしつつ、
団地で独り暮らしの母を訪ねる時は金の無心、と
女性からは共感ゼロな文字通りのダメ中年。

しかし何故にこんな男の話かというと
「爐覆蠅燭った大人″になれなかった大人たちの物語」
だから。
阿部寛は「下町ロケット」等の好感度をかなぐり捨てる如く、
徹底的に不潔な中年を体現していて流石だ。

是枝裕和監督はある舞台あいさつで
「この主人公は自分自身に近い存在」
だというような発言をされていたが、
理想と現実の狭間で苦悩する多くの中年には
耳の痛い、しかし心に深く刻まれる台詞が多い。

共演は樹木希林、真木よう子、
さらに小林聡美、リリー・フランキー、
池松壮亮、橋爪功と強力!
なかでも樹木希林の演技を超えた演技は必見だ。

海よりもまだ深く
5月21日土曜日公開
主題歌と劇中音楽を手がけるのはハナレグミです。

m0000000822_sub1.jpg

staff| 11:03

日本で一番悪い奴ら2016年03月28日

最近、黒川博行や浜田文人の
汚職、腐敗、半グレ、舎弟、裏切り、マル暴、etcの
言葉が躍る小説ばかり読んでいる僕には、
すごく関心があった映画「日本で一番悪い奴ら」。

キャッチコピーは
日本警察史上最大の不祥事。
いったい奴らは何をしたのか!?

実際に北海道警察で起こった事件を元に、
ある男の半端なく悪くて最低な
刑事生活26年間を描いている。

この原作は、その最悪な元刑事自身が書いた実録。
彼は現役警部だった2002年に覚醒剤使用で逮捕され
当然懲戒免職。
さらに銃刀法違反の罪も加わり9年の実刑を喰らうのだ。

2011年に出所後洗いざらい記した
暴力団と警察の癒着、点数稼ぎの検挙や、
ずさんな囮捜査etcの告白は文字通り衝撃的。

映画や小説の世界の誇張した創り事だと思っていたら
一部警察のリアルな姿だったとは・・・。
これは絶句するしかない。

主演の腐敗デカを演じるのは綾野剛。
綾野剛こそカメレオン俳優だと強く思わせる非道振り。
そして暴力団幹部役の中村獅童。
これはもう昭和ヤグザ映画から抜け出た如くの怪演。

さらに先輩刑事役のピエール瀧、
運び屋役のYOUNG DAIS、
盗難車バイヤー役に植野行雄(デニス)と
劇中でドンドン目つきが悪くなる面々が顔を揃えている。
監督は『凶悪』の白石和彌。
「正義の味方、悪を絶つ」という主人公の信念は
一体何だったんだろう・・・。

『日本で一番悪い奴』ではなく
日本で一番悪い奴ら』という題名が内容を主張しています。
6月25日全国公開です。

waruisub1.jpg
(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会


staff| 15:01

世界から猫が消えたなら2016年03月18日

sekainekosub3.jpg

大人気の川村元気による原作。
既に文庫・コミックスで大ヒットしている作品の映画化は
ある意味とってもリスキーでチャレンジなのだろう。
それでも僕のように原作の事を全く知らずに
映画を見る人も勿論多い。

つまり前知識とかイメージを持たずに
まっさらな状態で見て
素直に良い映画だなあ、と思った。

舞台は函館。
佐藤健演じる主人公の「僕」は郵便配達人30歳。
病院で余命宣告され、気が動転。
当然の如く失意のどん底にいる。
そこに現れたドペンゲンガーな「悪魔」。
まさに悪魔の囁きに惑わされながら「僕」は・・・・・。

共演は「僕」の元恋人役で宮崎あおい。
父さん母さんが奥田瑛二と原田美枝子。
そして友人でビデオ屋の店員ツタヤが濱田岳。
と、少数精鋭の名優キャストで展開する本作、
基本は「愛する人々とのかけがえのない時間」だ。

改めて人は失ってから気付く事が多い。
それは電話だったり映画だったり猫だったりするのだが、
これ以上は言いません。

ちなみに試写室内涙ぐむ人多数だったなあ、
僕は泣かなかったけど、泣いたから秀作と言う訳ではない。
僕が泣かなかっただけで充分に秀作でした。

余談だけど若いイメージの宮崎あおいに安心。
最近は毎朝苦悩するお母さん「眉山はつ」だからね。

世界から猫が消えたなら
5月14日土曜日公開です。

sekainekosub1.jpg

(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会

staff| 15:25

グランドフィナーレ2016年03月14日

m0000000814_sub1.jpg

とても質感のある、映画通を唸らせる作品だ。

タイトル通り、
人生の終末期をいかに過ごすか、という映画だが、
舞台はスイスの超高級リゾートホテル。
主人公達は指揮者に映画監督と
エンターテインメント業界の巨匠ふたり。
ゆえに悲壮感よりも
高級でエレガントな非日常を細部まで堪能できる。

演じるのはマイケル・ケインとハーヴェイ・カイテル。
さらにレイチェル・ワイズにポール・ダノ、ジェーン・フォンダと
鉄板な役者揃いで安心して劇にのめり込めるのだ。

そう、壮大な自然と建造物いうセットを使った演劇が
ゆったりと展開される贅沢な2時間である。

J-WAVEでは現在この作品の試写会企画をお届け中!
是非ご応募くださいね。

グランドフィナーレ
4月16日(土)公開です。

m0000000814.jpg

staff| 17:52

2016年 5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー