ラブ&マーシー 終わらないメロディー2015年06月29日

loveandmaercymain.jpg

これはブライアン・ウィルソンが公認する自伝映画。
前評判どおり素晴らしい作品だった。

1960年代、世界を席巻したザ・ビーチ・ボーイズ。
カリフォルニアへの憧れの日々を具現化した
彼らの音は今でもグループ・サウンズの基礎となって
多くのアーティスト達が自然と影響を受けている。

そのサウンドをほぼ一人で創り出していた
ブライアン・ウィルソンの心の内側は複雑すぎて
次第と病んでしまうのだが、
本人によって全てが明らかにされた実話が本作。

物語は彼の二つの時代を行き来しながら進められる。

一つはヒットを連発していた1960年代。
もう一つはどん底から光を見出していった80年代。

80年代は名優ジョン・キューザック、60年代は自らミュージシャンとしても活動するポール・ダノが二人一役としてブライアン・ウィルソンを演じており、彼の破綻振りが判り易く伝わってくる。

彼の精神を圧迫していたのは、
新作へのプレッシャーだけではなく
家族の問題が大きかった事。
そして長期間に渡って人前から姿を消していた彼を
助け出そうとした人の存在。

ヒット曲の誕生秘話を散りばめながらも、
人間ドラマとして唸らせられる部分が大半で
ビーチ・ボーイズに詳しくなくても充分に感動出来るだろう。

しかしブライアン・ウィルソンは天才なのだと、
改めて強く実感した。

ラブ&マーシー 終わらないメロディー
8/1(土)から全国ロードショーです。

loveandmercysub1.jpg
場面写真は2枚ともポール・ダノです。
(C)2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.


staff| 11:34

わたしに会うまでの1600キロ2015年06月25日

WILD_main_FirstLook.jpg

これは素晴らしい!
原作者が実行した旅の実話を映画化した作品なのだが、
とっても大きな痛みを伴うチャレンジの全貌である。

自身を含めて家族の辛い身上で自暴自棄になった著者。
文字通りの「どん底」生活から這い出る為に、
一大決心して米西海岸1600キロの険しい山道・砂漠を
たった一人で歩くという冒険を超えた極限の旅に出る。

スタート直後から後悔・自戒の連続。
身体的・精神的にも追込められながらも、
自分を見つめ直す修行のような3カ月の果てに
手に入れられるモノは一体・・・。


主演はリース・ウィザースプーン。
いつもは濱田マリとルックスも役柄も重なる女優さんだが、
本作での彼女は
「人生の岐路で踏ん張り続ける一人の人間」を
見事に演じ切る正真正銘の名優だ。

その母親役がローラ・ダーン。
二人とも本年度アカデミー賞で
主演/助演女優賞にノミネートされた文句のない演技である。

このタイプのロード・ムービー、
アメリカ映画界は得意中の得意だし、
ジャンル的にも過去に多くの名作を生んできたが、
本作も必ずその一本に加えられるに違いない。

わたしに会うまでの1600キロ
8月28日(金)公開です。
感動しました。

WILD_sub2_W_12192.jpg

WILD_sub1_001_W_05851r.jpg

(C)2014 Twentieth Century Fox

staff| 19:03

フランス映画祭2015年06月23日

今年もフランス映画祭が始まる。
今週金曜日から4日間、上映作品によっては
チケットが早々に売り切れたものもあって、
前人気は上々。

昨夜はJ-WAVEのリスナーさん達との
直前試写ということで、
ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲」を見せてもらったが、
これがシニカルさ満点のコメディで
フランスで大ヒットしたのも頷けた。
なのに日本公開未定。
ということはフランス映画祭でしか見れない。

こんな話題作・秀作をまとめてチェック出来る映画祭。
お時間ある方は是非どうぞ!
ちなみに金曜日のオープニング・セレモニー、
MCはJ-WAVEナヴィ宮本絢子さんです!!


staff| 13:31

Dearダニー 君へのうた2015年06月22日

dannymain.jpg

ビートルズ・ファンから早くも注目されている「Dearダニー 君へのうた」。
遡る事1971年にジョン・レノンが新人ミュージシャンに宛てた直筆の手紙が、21世紀になってようやく本人に届いた――、というジョンの知られざる実話をきっかけに創られた本作。
原題はDanny Collins。
そのダニー・コリンズという架空のロックスターをアル・パチーノが演じているのだが、どこを採ってもアル・パチーノ色!アル・パチーノ全開!!のヒューマン物だ。

実際は当時英音楽誌「ジグザグ」を読んだジョンが、雑誌気付でミュージシャンに手紙を送ったそうで、編集者が色々な思惑で本人に渡さずにいた、という。
そのミュージシャンとは現64歳のスティーブ・ティルストン。日本では無名な英国人だが、事実の詳細をリンクしておこう。


映画は事実を導入部に創作に入っていく。
本作の主人公は過去の大ヒット曲という「金の成る木」のお陰で、老いても派手に日々を暮らすロックスター、
というかカントリースター。
しかし人生も晩年に突入し、ようやく虚しさを痛感して生き方を180度変えようとするのだが、そんなに世の中上手くは行かないのだ・・・。と、話は転がっていく。

セカンドライフを扱う映画は洋の東西を問わず増えていて、映画でも世界の高齢化を痛感するけれど、セカンドライフは実年齢じゃなくって精神年齢次第で始まる時期は決められる、という事だろう。

共演はアネット・ベニング。アル・パチーノを向こうに回して一流女優の貫録を見せてくれる。

本作の魅力がもうひとつ。
ジョン・レノンの楽曲がオリジナルで多数使用されていて、これは過去なかったんじゃあないかなあ。

Dearダニー 君へのうた
9月5日(土)公開です。

dannysub.jpg
(C)2015 Danny Collins Productions LLC

staff| 14:19

ピッチ・パーフェクト2015年06月17日

最近全米でパート2が興行収入NO.1になり、
話題を集めているが、
日本では現在その1作目が公開中。

簡単に言ってしまえばGLEEの大学生版。
といってもGLEEとは全然関係ないのだが。

音楽映画、ミュージカル映画で
アカペラやコーラスがテーマの作品の共通点は、
まずアカペラやコーラスをやる連中を
ダサイ、オタク、と小バカにして弱者扱い、
しかし本気で音楽を聴かせて結果感動させてしまう、
ということだ。本作も同様。

映画資料を拝借すると
音楽業界での成功を夢見る主人公女子は
意に反して入学した大学で、アカペラの世界に遭遇。
ダサいと思っていたけれど、活動を続けるうちに・・・。
しかも「積極的には友だちになりたくない」タイプと
思っていた風変わりなメンバーたちと仲間になって・・・。
というもの。

本国だとコメディとカテゴライズされているのだが、
音楽面はGLEE同等に素晴らしく、
見ている内に自然と体が歌に合わせて揺れていた。
こういうのを聴くとアメリカ音楽界のレベルの高さを
再認識させられる。

主演はアナ・ケンドリック。
「ラスト5イヤーズ」「イントゥ・ザ・ウッズ」と公開作が続く
若きミュージカル・スターだ。

パート2は秋に日本公開されるそうだから、
まずはパート1をみましょう!!

ピッチ・パーフェクト 公開中です。


staff| 11:51

チャイルド44 森に消えた子供たち2015年06月08日

m0000000783_sub1.jpg

マッドマックスに続いてトム・ハーディ主演作、
これも強烈である。

「2009年海外編このミステリーがすごい!」で
第一位になった小説が原作。
それを出版前に既に映画化権を
リドリー・スコットが獲得していたという。
これだけで事前情報は充分かもしれない。

加えてである!
主演は今が旬なトム・ハーディ。
そしてノオミ・ラパス!
彼女はあの「ドラゴンタトゥーの女」のオリジナル
「ミレニアム」の主演女優さんである。

1953年、スターリン政権下のソ連で
この二人が演じるロシア人夫婦に起こる
様々な難問・怪事件の真相が
徐々に明らかになるのだが・・・
書くのはここまで。

共演陣はさらにゲイリー・オールドマン、
ヴァンサン・カッセル他とこちらも注目点。

とっても面白いお薦め作、
J-WAVEでも試写会やります。

チャイルド44 森に消えた子供たち
7月3日金曜日公開です。

m0000000783.jpg


staff| 15:54

マッドマックス 怒りのデス・ロード 2015年06月02日

JP-photomain-MMFR.jpg

新作というか、リメイクというか
このマッドマックスは強烈だ。

以前のマッドマックス・シリーズは
何といっても1981年の2作目が大当たりして
当時メル・ギブソンをスターダムに押し上げたわけだが、
本作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は
その2作目を下敷きにして作られたと言ってよい。

さすがに大ヒット・シリーズを手掛けたジョージ・ミラーが
今回も監督・脚本を担当しただけに、
マッドマックスのもつ世界観は100%そのままに
ヴァージョンアップ、チューンアップして制作されており、
全篇緊迫感はハンパない!

主役はトム・ハーディとシャ−リーズ・セロン。
トム・ハーディは「ダークナイト ライジング」での
凶悪役と並ぶ代表作になるだろう。
そしてシャーリーズ・セロンは
あの美しいCMが嘘のようなハードアクション!
絶句・・・である。

余談だが
全てが荒唐無稽なスーパーアクションの中で、
実はシルクドソレイユが
大きな影響・役割を担っている事を知り、
やっぱりね、と頷いてしまった。

これは見るしかないでしょう。
マッドマックス 怒りのデス・ロード」 
6月20日土曜日公開です。

JP-photosub3-rev-MMFR.jpg

JP-photosub2-rev2-MMFR.jpg

©2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

staff| 10:54

この国の空2015年05月26日

konokunisub1.jpg

終戦70周年記念作品というクレジットが付いた本作。
キャッチコピーは
「私は愛も知らずに、空襲で死ぬのでしょうか」
この言葉は
19歳の主人公、里子の心情であり、
二階堂ふみが大きな存在感と共に演じ表現し切っている。


舞台は1945年、終戦間近の東京。
戦争の極限状態の中
杉並の住宅地に暮らす母親(工藤夕貴)と里子19歳。
そして空襲で焼け出され転がり込んできた伯母(冨田靖子)。

隣家には妻子を疎開させて男一人東京で暮らす
銀行支店長(長谷川博己)が・・・。

戦時中でも、いや、戦時中だからこそ、
愛欲に飢えた男女の心理状態や言動を
映画はジリジリと描いて行く。

見事な人間ドラマであると同時に本作は
僅か70年前の東京人の暮らしぶりが
どれだけ現在と違うかを写してくれるのだが、
それはとってもリアルで、
自分たちの祖父母が生きた時代を再認識させてくれる。
ああ、とっても大変だったんだねえ・・・、と。

そして二階堂ふみ演じる主人公が決して特異ではなく、
当たり前の若者だっただけなのだ、と気付くだろう。

憎むべきは戦争だが、それは人間の業である。
言葉の問題だけかもしれないが、
終戦ではなく敗戦と現実をシビアに受け入れていたら
今の日本は変わっていただろうか・・・。

この国の空
8月8日(土)より全国公開です。

konokunimain.jpg

©2015「この国の空」製作委員会

staff| 17:06

アリスのままで2015年05月18日

stillalicemain.jpg

ジュリアン・ムーアが本年度アカデミー賞で主演女優賞を
獲得したことで特に注目度が上がった本作。

認知症で苦しむ多くの方とその家族や周囲の人々の
心の内を代弁してくれる秀作であり、まっすぐな映画である。

認知症の約6割が、アルツハイマー病が原因と言われ、
そのうち40才から65才までに発症した場合を
若年性アルツハイマー病と呼ぶそうだ。

本作の主人公アリスは50才の高名な言語学者。
自身の異変に気付き受診したところ
若年性アルツハイマー病を宣告されてしまう。

ここからが深刻な出来事の連続で、
どんどん変わっていく自分を止められない主人公、
そして戸惑う家族、それぞれの葛藤は
多くの見る人が他人事とは思えない現実。

ゆえに出口や飛び級の解決方法は提示されないが、
想いを共有出来る事での連帯感を与えてくれる。
こういう真面目な映画があることに勇気づけられる人は想像以上に多いはずだ。

アリスのままで
6月27日(土)公開。
見ましょう。

stillalicesub.jpg

staff| 15:11

ロックスター2015年05月15日

僕にとっての日本のロックスターは3人。

吉井和哉、チバユウスケ、浅井健一。

吉井和哉は今週ツアーのNHKホール公演初日に行った。
これはいつも通り、期待を超える素晴らしさで
興奮が半端無く、いっぱい書きたいが
まだツアー中だから我慢我慢・・・。

そして奇跡のようなイベントが決定!
チバユウスケと浅井健一が同じステージに立つ!!

金曜深夜のプログラム
J-WAVE TOKYO REAL-EYESの定例イベントの拡大版!
6月7日日曜日、
ロックの殿堂 日比谷野音!!
The Birthdayとしてチバユウスケ、
SHERBETSとして浅井健一、
そしてWHITE ASH、
個人的に愛するLEGO BIG MORLと全4組が出演。

これはもう、行くしかない!!!!!

staff| 14:12

2015年 6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー