カフェ・ソサエティ2017年02月20日

image001.jpg

ウディ・アレン監督・脚本の最新作。
アレン作品結構見ているけれど、これも
ビタースイートで切ない人間物語。
それにしてもウディ・アレン作は美人女優さんが多い!

舞台は1930年代。
映画業界で大成功を収めている叔父を頼って、ニューヨークからハリウッドに移り住んできた青年が主人公。

叔父のアシスタントを務めるうちに、美しい秘書に恋するようになるのだが、彼女にはどうやら彼氏がいるらしい・・・。
と青年の恋愛を軸に映画は進んで行く。

青年役はジェシー・アイゼンバーグ。「ソーシャル・ネットワーク」や「グランド・イリュージョン」が印象深い。
そして美人、そう、美人秘書はクリステン・スチュワート。
この二人「エージェント・ウルトラ」で共演しているけれど、役柄が全く違うし、当たり前だけど流石役者だと思うよ。
それにしてもクリステン・スチュワートは美しい!!のだが、追い打ちを掛けるように、主人公を取り巻く美女役でブレイク・ライブリー!!
ブレイク・ライブリーは「アデライン、100年目の恋」で不老の美女を演じているが、クリステン・スチュワートとはタイプ違いの超美女!!
近作ではスカーレット・ヨハンソンやエマ・ストーンだったけど、今後は今回の二人がウディ・アレンの寵愛を受ける可能性大!と思うね。

さらにウディ・アレン作品と言えばジャズをふんだんに使ったサントラだが、本作は普段の5割増しくらいに音楽が劇中満ち溢れていて使い方も素晴らしい。
サントラCD、国内版もリリースされるそうなので、
こちらも楽しみに待ちたい。

カフェ・ソサエティ
5月5日(金・祝)全国公開!

image002.jpg
Photo by Sabrina Lantos © 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.


staff| 12:35

ムーンライト2017年02月16日

moonlightmain.jpg

アカデミーで主要8部門ノミネートということで、
試写室激混み!一度は満席で入場できず、
かなり早めにトライした2度目で鑑賞。

淡々と凄まじい人生を追っていく内容に
完全に打ちのめされた111分。
8部門ノミネートは納得である。

偏見・差別・イジメ・・・。
子供は自分の親や人生を選べない。
改めて自分が恵まれていると
感謝の気持ちを強く意識した。

ムーンライト
4月公開です。

moonlightsub1.jpg


staff| 11:58

破門 ふたりのヤクビョーガミ2017年02月09日

黒川博行ファンで≪疫病神≫シリーズも読み、
スカパーでTVドラマ化された作品も見て、
それでも中々映画を見る気になれず、
試写も行かず、
それでも見たい気持ちに負けて、
普通に映画館で見たのだが、
早く見ればよかった!というのが正直な感想。

オッサンには堪らない、クス笑いの極道コメディだ。

佐々木蔵之介があんなに極道役が似合うとは驚き。
横山裕はTVドラマ近作での居心地悪さとは一転、
役柄がぴったりなんだろう。本人は事前露出で実際の自分とは真逆だと力説していたけれど、周囲のイメージって、こういうもんだね。

ベテラン俳優勢も適役ばかり、
無理なくクス笑いできて続篇も期待しながら劇場を出た。

hamonmain.jpg
(c)2017『破門 ふたりのヤクビョーガミ』製作委員会


staff| 10:24

フレンチ・ラン2017年02月07日

m0000000859.jpg

「ダークホース」「見っけもの」と呼ばれる作品の典型!
日本では無名の役者さん達のフランス映画。
これだけならヒットは難しいんだろうが、
面白いんだなあ、これが!

CIAの「はみ出し捜査官」と若いスリ。
アメリカ人二人がパリを舞台に
凶悪テロ組織とやり合うクライム・アクション。

英語とフランス語がごちゃ混ぜの会話を元に
テンポよく進む90分は見ていて飽きない。
その一方で現実にテロの標的にされている土地だけに、
背景はリアル感漂うシリアスな要素も多く、
緊張感もあって緩まず展開して行くのだ。

公開規模は小さいからお見逃しないように。
フレンチ・ラン
3月4日(土)公開です。

m0000000859_pos.jpg


staff| 11:44

サバイバルファミリー2017年02月02日

survivalfamily2.jpg

『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』、『ハッピーフライト』、『WOOD JOB! 〜神去なあなな日常〜』等、ヒット作連発の矢口史靖監督が原案・脚本も手掛けた本作。
まさにフジテレビな映画である。
しかしフジテレビの映画は面白いのに、なんで日テレみたいに「校閲ガール「東京タラレバ娘」なテレビドラマを作らないんだろう、と思う最近だ。

――ある日、地球から電気がなくなった――
という2011年の震災後、冗談では済まされない事態に陥った東京から、主人公一家はサバイバルできるのか?という悪夢も笑いに変える2時間。

とにかく小日向文世演じる父親のダメっぷりが凄くって、きっと誰の周囲にもいるんだよなあと唸ってしまう。これは怪演だ。

映画のキャッチ・コピーどおり『ロレックスよりも、マセラティよりも、1本の水が価値のある世界。』
日本にはこういう娯楽映画文化が根付いているね。
面白かったです。

サバイバルファミリー
2月11日全国ロードショー

survivalfamily3.jpg
(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ


staff| 17:14

ライオン 25年目のただいま2017年01月31日

深く大きな感動を与えてくれる大傑作!
やられてしまったよ。

アカデミー賞で主要6部門にノミネートされて、
試写室も激混みだった本作は
信じられない実話が元になっている。

インドのスラム街に生れた主人公は
5歳の時に停車中の電車で眠り込んでいる内に
見知らぬ遠い土地に運ばれ完全に迷子に。

そこから苦悩が続くのだが、
Google Earthの導きが
成人した彼の人生を大きく変えて行く・・・。

まあ見てのお楽しみなので詳細は省くが、
終映後に宣伝担当氏と言葉を交わせなくなりそうなほど、
感情が高ぶり心を揺さぶられた。

オーストラリア映画なだけに
重要な役を演じるニコール・キッドマン、
主題歌のシーア、監督、原作者etc
オージー出身または在住者達の渾身作。
何故「ライオン」(原題もLION)なのかは
見ると解ります。

ライオン 25年目のただいま
4月7日(金)公開です。

m0000000860_pos.jpg

©2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

staff| 10:43

君と100回目の恋2017年01月30日

miwaと坂口健太郎のW主演で話題の本作。
ぶっちゃけ、とっても若い人向けのラブストーリーは
オジサンの為には創られていないが、
青春あるある満載。
ああ、なんで素直になれないの?とツッコミ処多数で、
とにかく甘酸っぱい音楽物語だった。

そんなオッサン目線でも「今時な塩顔」坂口健太郎は相当カッコよく、演技面でも“一途男子”としてmiwaをドンドン引っ張っていく良い役者さん。「俺物語!!」もかなり面白かったよな。

劇中では二人がバンド仲間で、坂口健太郎はギターと歌を猛特訓した成果を披露してくれる。
そしてmiwa。なんだかんだ言っても彼女の歌がこの映画の主役だと実感する演奏シーンが印象深い。
物語の設定もなかなか練られていて飽きさせない116分。たまには青春モノもいいと思うよ、僕は泣かなかったけどね。

君と100回目の恋
2月4日(土)全国ロードショー

miwa100main.jpg
(C)2017「君と100回目の恋」製作委員会

staff| 14:19

アサシン クリード2017年01月26日

assassinssub1.jpg

ゲームを全くやらないので、本作の元になっている「アサシン クリード」ゲームを知らないのだが、映画としてとっても面白く、元を知っている必要を感じなかった。

作品紹介によると・・・
神によって禁じられた秘宝“エデンの果実”
今、一人のアサシン(暗殺者)がルネサンス期スペインの歴史の闇に隠された謎にダイブする!

これだけ読んでもサッパリなのだが、
要は人の記憶を道筋に過去にピンポイントでタイムスリップする、というSFアクションである。

主役はマイケル・ファスベンダー。
体格が半端無く、長身の体操選手のような正統派ハンサム(世代的にイケメンよりハンサムのほうが馴染んでいる彼)が独り舞台の如く大活躍するのだが、荒唐無稽なストーリーは誰も完全に理解は出来ないだろう。それでもまるで問題無し!

共演はマリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズ他。
続編も控えているようだが、飽きることなく2時間見せつけてくれる活劇、僕は充分に楽しみました。


アサシン クリード
3月3日(金) TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー

assasinnsmain.jpg

(C)2016 Twentieth Century Fox and Ubisoft Motion Pictures. All Rights Reserved.

staff| 17:31

oasis FUJI ROCK FESTIVAL’092017年01月20日

これは映画館でのみ追体験できる
オアシスのフジロックである。

2009年7月24日フジロックフェスティバル初日、
グリーン・ステージのトリを務めたオアシス。
そのステージの全貌が、
『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』とストレートなタイトルで
劇場のみで上映される。

フェスとは環境も含めて実体験してこそのフェス。
そのポリシーが明確なフジロックだからこそ、
評価は揺るぎない物であり続ける。
過去様々な世界的アーティスト達が
グリーン・ステージで記憶に残る名演奏を展開してきたが、
ライブ映像がコンプリートで上映・放映されることは無かった。
ゆえに、今回の上映は奇跡に近い。

このライブの約1カ月後に
ノエル・ギャラガーはオアシスから脱退、バンドは解散した。
つまりオアシスの日本最後のライブであり、
ギャラガー兄弟が揃ってステージに立つ貴重な映像でもある。

朽ちる直前の果実のようなオアシスが、
雨降る中、全力で繰り広げた演奏は想像以上に感動的で、
彼らの真髄を受け止められる。

oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09
3月4日(土)19:00〜全国にて“期間限定”上映です。
必見!

oasis_frf09_jogo.jpg

staff| 11:17

SING/シング2017年01月17日

SING_main_new.jpg

これは勿論アニメーション映画だが、
音楽の選び方、作り方、使い方が半端無く凄くて
アメリカのエンターテインメントの奥深さを
楽しさの中で痛感させられる一流のミュージカル。
「Glee」「ピッチパーフェクト」が好きな人ならジャスト!

登場する音楽はフランク・シナトラ、ビートルズから
テイラー・スイフト、きゃりーぱみゅぱみゅ まで
60曲を優に超えるヒットソング達。

オリジナル版の吹替え俳優陣も
マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソンetcと人気者揃いで、作品に注がれた熱量は溢れんばかり!なのだ。

と、僕はオリジナル字幕版を見たのだが、最近は日本語吹き替え版の出来が勝負だから、この洋楽アニメーションをどう料理したのか、そちらも興味深い。
マシュー・マコノヒーが演じた主人公のコアラを内村光良が担当するそうだしね。

SING/シング
3月17日(金)ロードショーです。

SING_sub7_new.jpg

staff| 18:50

2017年 2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

バックナンバー