?

2018年06月09日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは文京区千駄木にある
往来堂書店の店長、笈入建志さんです。
往来堂さんは、いわゆる街の商店街にあるような小さな書店なんですが、
セレクトにたいへん力の入っている本屋さんとして知られています。

笈入建志さんの入魂の一冊はこちら!
20180609_1.JPG
すべての雑貨』 
著:三品輝起  夏葉社

この本は実際に雑貨屋を経営している三品さんによるエッセイ集。
あるエッセイは学術書的にあらゆるものの雑貨化がすすむ現状や、
そもそも雑貨とは何か、道具屋、骨董屋との違いは何かを説いています。
そしてまたあるエッセイは雑貨屋としての三品さんの苦悩やお父さんとの話などなど・・・
単純にこのエッセイだけでも面白いのですが。
確かに書籍も最近は雑貨化していますよね。
装丁も大事。まず装丁がよくないと手に取ってもらえる確率は変わってきます。
この本自体も縦長で綺麗なシルエット、装丁となっていて、
この本を置くだけでもなんだかオシャレに感じますよね。
1冊で2度、3度おいしい1冊。是非手に取って見てください。

BOOK BAR staff| 22:49 | カテゴリー:一冊入魂


バックナンバー

カテゴリー