?

2018年06月02日

勇気の花がひらくとき―やなせたかしとアンパンマンの物語

今週、杏ちゃんが紹介してくれたのは…こちら!

杏セレクト

20180602_ann.jpg
著者:梯 久美子 フレーベル館

『なが〜い道のり、だったんだなあ・・・』

1988年にアニメ化されてから今年でちょうど30年。
日本の子供たちの心を育ててきたアンパンマン。
その著者として知られるやなせたかしさん。
やなせたかしさんが生まれてから、両親との死別、
戦争を体験し、三越のデザイナー、舞台美術家、
作詞家、漫画家などさまざなな業績を成し、
1973年、54歳の時にアンパンマンを生み出すまでを綴った伝記。
どういう人生を味わってアンパンマンは生み出されたのか

あー・・・アンパンマンってこうやって生まれたんだ・・・

やなせたかしさんが編集長をつとめた雑誌『詩とメルヘン』の
編集者だった作家梯久美子さんだからこそ知ることができた
やなせたかしさんの一生が綴られています。

BOOK BAR staff| 22:08 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー