?

2018年06月16日

今週は宮部みゆきさんをお迎えしてのスペシャルエディション!

番組でも杏ちゃんが『レベル7』(2012年5月12日)、
大倉さんが『ソロモンの偽証』(2012年12月1日)など、
度々紹介してきた小説家宮部みゆきさんをゲストにお迎えして
最新刊『あやかし草紙』の創作秘話や普段の執筆スタイルjから宮部さんの選曲などなど
宮部みゆきワールド満載でお送りしました!

大倉さんが初めて読んだ宮部みゆき作品は、『火車』。
「(いい意味で)しつこく書くなあ!」と圧倒されたという大倉さん。
それを耳にした宮部さんも、普段はあまり自分の作品は読み返さないそうですが、映像化されるタイミングで読み返したときに
「若い頃からしつこく書いていたなあ、と思いました(笑)」と話すほど。

■ミステリーについて
ミステリーの新人賞出身の宮部さん。
いまではSFや時代物やジュブナイル、などなど
多岐にわたるジャンルを書きあげているようですが、
そのことを尋ねてみると・・・

「今でも私はジャンルとしてはミステリー作家だと思っていて・・・」

実はどの作品も構成はミステリーの構成なんだと話し、
杏ちゃんと大倉さんを驚かせました。

「ミステリーというジャンルがそれだけ懐が深いっていうんでしょうか、
(エンターテイメントも、重厚なものも)どんなものも入れられる。」

スイッチを切り替えるようにジャンルを書き分けるわけではなく、
全てミステリーというジャンルの中で続いているという宮部さん。
そのため、スイッチを切り替える必要ないので、並行連載している時に、
時代小説の中で現代語で話してしまうこともあったとか(笑)
当時としては若くしてデビューされた宮部さん。
当時は周囲にいろんなジャンルに手を出すことを止められたそうですが、
「(うちで描いている間は)ゆっくりかけばいいから」と、
連載している雑誌の方が手を差し伸べてくれたそうです。


■大好きな作家について
読書家でもある宮部さん。
疲れた時や迷った時は藤沢周平さんの小説を読むそうで、
そんな宮部さんに"藤沢周平さんこの1冊"を尋ねたところ・・・
「2冊あるんですけど・・・(笑)」と返ってきたのが
『隠し剣』シリーズ。
文庫本の9版がボロボロになってしまうほど読み込んだ宮部さん。
あまりにもボロボロになってしまったので新装版を買い直したそう。
そしてもう1冊が『秘太刀 馬の骨』。
完全なるミステリー!
こちらは何も情報なく読んでほしいと話していました。

■『あやかし草紙』について
『あやかし草紙』は「三島屋変調百物語」シリーズの5冊目。
シリーズを書き始めて10年、宮部さんのライフワークとなっている作品で、
江戸、神田の袋物屋である三島屋を舞台にした、短編集。
自分が聞いた恐ろしい話や、してしまった恐ろしい話など、
客の語る風変わりな百物語を聴き続ける娘・おちか。
シリーズには4人の聞き手が登場するが、
この巻で第1期が終了。次からは2人目の聞き手になる。

語られるだけなら早く進むところを"しつこく"書く宮部さん、
季節や、食べもの、周辺の事を書き込んでるうちに
ホームドラマのような、人情話のようなシーン登場する、
大倉さんも「怖い話ばっかりかと思ったら、楽しみ方が複合的で」と絶賛。
百物語ではあるものの、100話まで行くと恐ろしいことになるので
99話まで頑張ります、と話す宮部さん。
実は5冊目ではあるものの、5冊とも違うイラストレーターが装丁を担当。
2人も『あやかし草紙』から手に取って、あっという間に読了。
宮部さんも「どこから読んでも大丈夫になっています」と話していました。

今本屋でも平積みの1冊!単行本は一種の贅沢品と話す宮部さん。
手近に体験できる贅沢を是非あなたも体験してはいかがでしょうか?

20180616_miyabe.jpg

BOOK BAR staff| 22:54 | カテゴリー:BOOK INFOBOOK INFO

2018年06月16日

6.16 OA U2 松たか子 CHVRCHES

1  Inspiration / Gipsy Kings 


2  With or Without You / U2 


3  ありのままで / 松たか子 


4  Miracle / CHVRCHES 


5  Fighter / Christina Aguilera 


BOOK BAR staff| 22:47 | カテゴリー:SONG LIST

2018年06月09日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは文京区千駄木にある
往来堂書店の店長、笈入建志さんです。
往来堂さんは、いわゆる街の商店街にあるような小さな書店なんですが、
セレクトにたいへん力の入っている本屋さんとして知られています。

笈入建志さんの入魂の一冊はこちら!
20180609_1.JPG
すべての雑貨』 
著:三品輝起  夏葉社

この本は実際に雑貨屋を経営している三品さんによるエッセイ集。
あるエッセイは学術書的にあらゆるものの雑貨化がすすむ現状や、
そもそも雑貨とは何か、道具屋、骨董屋との違いは何かを説いています。
そしてまたあるエッセイは雑貨屋としての三品さんの苦悩やお父さんとの話などなど・・・
単純にこのエッセイだけでも面白いのですが。
確かに書籍も最近は雑貨化していますよね。
装丁も大事。まず装丁がよくないと手に取ってもらえる確率は変わってきます。
この本自体も縦長で綺麗なシルエット、装丁となっていて、
この本を置くだけでもなんだかオシャレに感じますよね。
1冊で2度、3度おいしい1冊。是非手に取って見てください。

BOOK BAR staff| 22:49 | カテゴリー:一冊入魂

2018年06月09日

6.9 OA Boston 松任谷由実 Sinead O'Connor and more

1  End Credit from O.S.T. “Jurassic Park”/ John Williams 


2  More Than a Feeling / Boston 


3  ESPER / 松任谷由実 


4  NO MAN’S WOMAN / Sinead O'Connor 


5  Fighter / Christina Aguilera 

BOOK BAR staff| 22:46 | カテゴリー:SONG LIST

2018年06月09日

問題だらけの女性たち

今週、大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!

大倉眞一郎セレクト
20180609_okura.jpg
著:ジャッキー・フレミング 河出書房新社

『今の日本にも、同じことを思ってる人、います!』

いかにも女性に問題がありそうなタイトルですが、
問題があるのは男性のほうなのです。
「女の脳は小さい」「天才の髪型をしていない」などなど・・・
19世紀の女性たちがいかにバカバカしい観念に苦しめられたか、
イラストレータである著者がユーモアある絵とともに紹介。
平等平等とは言いながらも、今でも笑うに笑えない、
女王が統治していた19世紀ヴィクトリア朝であっても
世間ではびこった「大問題」な女性観。
男性がどう、女性を見ていたのか、
男性らしく、女性らしくより1つ前に、人間対人間、
あなたは周りの意見に左右されてみている人はいませんか?
あなたの視界が変わるかもしれない1冊。

BOOK BAR staff| 22:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2018年06月09日

BOOK STAND、特殊古書店店主、とみさわ昭仁さんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。

今週は特殊古書店「マニタ書房」の店主、とみさわ昭仁(あきひと)さんの登場です。
マニタ書房は神保町にある珍本=珍しい本をメインに扱うお店。
古本屋の書棚の前に立ったときに、見たことのない背表紙に違和感を感じたら、すぐに手に取ってみるそうで、それが珍本を発見するコツのひとつだとか。
そんなとみさわさんは今年春に筑摩書房から「無限の本棚」という新刊を出されています。
こちらは幼い頃から野球カードや酒蓋などを集めてきたとみさわさんが・・・人間はなぜモノを集めるのか?その本質に気付いて書き始めたコレクター論となっています。
BS_tomi.jpg
今回BOOKSTANDでは、とみさわ昭仁さんが最近見つけた珍本を紹介してくれます。
今夜はその3冊目です。

日常に非日常スプーン
今夜ご紹介するのは板垣真理子さんの「スプーン曲げに夢中」という本です。
これはですね、手に取ってぱらぱらっとめくると、一見きれいな花の写真、きれいな女性の写真、森の木々の写真が写っていて・・・写真集なんですよ。なんだけど、よ〜くみると必ずどのページにも曲げられたスプーンが写っているんですね。
つまり、この板垣真理子さんは超能力者だと。で、スプーン曲げができる。で、自分が曲げたスプーンの写真集を出したんですね。私もう、古本屋歴6年になりますが、こんな本観たことないですね(笑)
超能力者が自分の超能力を紹介する本、と言うものはあります。で、どうやってスプーンを曲げるかっていうことを書いたり、エスパーとしての日常みたいなものはあるんですけど、それを一切切り捨てて、曲げたスプーンの結果だけをアートとして見せている。これはちょっと奇書だと思います。
一面のきれいな桜の木、桜が咲いている写真があるんですけども、よーく見ると隅っこにぽつんと曲げられたスプーンが落ちている、と。いったいこれはどういうことなのか・・・と(笑)
これはちょっとラジオだとなかなか伝えるのが難しいんだけど(笑)最初のページを見ると、ウエディンクドレスに身を包んだきれいな女性が写っていて、もしかしたらこの方が著者じゃないかなあ、と思うんですけども・・・思わずその姿に見とれそうになるんですけど、よーくみると頭上につけているティアラですね、これが曲げたスプーンでできているんですよ。この本は多分、パッと見て面白いという印象は・・・第一印象では面白いとは思わないんだけど、よーくみているとじわじわと、なんかおかしいぞ・・・と、違和感が強烈に匂ってくるんですよね。それで

「あ、これスプーンだ!」

と気が付いた瞬間爆笑するという、そういう本ですね。

BOOK BAR staff| 22:24 | カテゴリー:BOOK STAND

2018年06月09日

国立科学博物館のひみつ 地球館探検編

今週、杏ちゃんが紹介してくれたのは…こちら!

杏セレクト

20180609_ann.png
著者:成毛眞 ブックマン社

『これを聞いたら、行きたくな〜る〜』

2015年夏にリニューアルした国立科学博物館地球館。
総勢15名以上の研究者が案内する
国立科学博物館公認のガイドブック。
博物館は子供が行くところだと思っている人、いませんか?
とーんでもない!大人こそ楽しめる空間がここにはあるんです。
新学説発見により科学界も時代ともに変化。
子供の頃映画で見たティラノサウルスの歩き方も、
今では違う学説に基づいた展示に・・・!
杏ちゃんの解説に衝撃を受け、変化していく大倉さんの様子で
この本の楽しさ、分かっていただけたのではないでしょうか?
ただし、この本を読んで行った気になる、というものではなく、
「あとは探してください」「横にある復元の絵もかわいいですよ」など
杏ちゃんも、もぞもぞと行きたくなる心をくすぐるうまい演出の数々!
古代から宇宙工学まで夢のある空間に、あなたの心もきっともぞもぞしてきますよ。

BOOK BAR staff| 22:08 | カテゴリー:BOOK INFO

2018年06月02日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは、下北沢にある本のセレクトショップ

B&B
の、店長・寺島さやかさんです。
お店の名前のB&BはビールのBとBOOKのB。
ブックコーディネーター内沼晋太郎さんとクリエイティブディレクターの嶋浩一郎さんが 「これからの街の本屋」について考え形にした本屋さんです。

B&Bは昨年12月、同じ下北沢で移転・リニューアルしました。
新店舗の場所はB&Bホームページをご確認下さい。
http://bookandbeer.com/news/reopen/

そんなB&B店長・寺島さやかさんの入魂の一冊はこちら!
20180602_1.jpg
ファンシー絵みやげ大百科 忘れられたバブル時代の観光地みやげ』 
著:山下メロ イースト・プレス

1980年代初頭から1990年半ばにかけて日本の観光地にあふれていた
ご当地のゆるキャラとは違う、名もなきファンシーなイラストや、
ローマ字表記、独特な色遣いの雑貨。(お土産)
都道府県の形をしたキーホルダーや、気温で色が変わるカード、
テレフォンカードにのれん、などなど・・・
あなたも手にしたり、目にしたり、とそんな覚えはありませんか?
ファンシー絵みやげ研究家である著者が、9000点以上を集めた中から、
660点をオールカラーで紹介した1冊。
解説の文章を読むだけでも「へえ!」となる
1人でも、大勢でも楽しめます。是非手に取って見てください。

▼例えば・・・
20180602_1_2.jpg

BOOK BAR staff| 22:49 | カテゴリー:一冊入魂

2018年06月02日

6.2 OA 曽我部恵一 谷山浩子 Stevie Wonder and more

1  アンパンマンのマーチ / SUEMITSU & THE SUEMITH KIDS 


2  手のひらを太陽に / 曽我部恵一BAND 


3  卵 / 谷山浩子 


4  Diablo Rojo / Rodrigo y Gabiriela 


5  Village Ghetto land  / Stevie Wonder 

BOOK BAR staff| 22:46 | カテゴリー:SONG LIST

2018年06月02日

黒い司法

今週、大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!

大倉眞一郎セレクト
20180602_okura.jpg
著:ブライアン・スティーヴンソン 亜紀書房

『絶、句。』

以前『地下鉄道』(2018年04月07日放送)を紹介した大倉さん、
アメリカの差別問題ものは間を置こうと思っていたそうですが、
ところが今回の本を読み始めたら紹介せずにはいられなくなったそう。

「もうアメリカでは暮らせないんじゃないか、と・・・」

(アメリカだけには限らないが)何かの拍子に死刑にされそうだと話す大倉さん。
人権派弁護士の著者の経験を綴った1冊。
人種、貧富の差で信じがたい不正が起こる米国の司法。
白人の人妻と関係を持っただけで死刑宣告を受けた黒人男性。
犯してもいない罪を晴らし、無罪を勝ち取ることができるのか。
現代のアメリカとは信じがたい衝撃のドラマがそこにはあります。

BOOK BAR staff| 22:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2018年06月02日

BOOK STAND、特殊古書店店主、とみさわ昭仁さんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。

今週は特殊古書店「マニタ書房」の店主、とみさわ昭仁(あきひと)さんの登場です。
マニタ書房は神保町にある珍本=珍しい本をメインに扱うお店。
古本屋の書棚の前に立ったときに、見たことのない背表紙に違和感を感じたら、すぐに手に取ってみるそうで、それが珍本を発見するコツのひとつだとか。
そんなとみさわさんは今年春に筑摩書房から「無限の本棚」という新刊を出されています。
こちらは幼い頃から野球カードや酒蓋などを集めてきたとみさわさんが・・・人間はなぜモノを集めるのか?その本質に気付いて書き始めたコレクター論となっています。
BS_tomi.jpg
今回BOOKSTANDでは、とみさわ昭仁さんが最近見つけた珍本を紹介してくれます。
今夜はその2冊目です。


好きこそものの上手なれ?

今夜ご紹介するのは『「立春の卵」と「コロンブスの卵」』という本です、著者は立卵研究家の津野正朗さん。
立卵って何かと言うと・・・卵、鶏の卵ですね。卵をテーブルに立てるという遊びを皆さんよくやると思うんですけど、それを本気で研究して世界記録を保持しているという方なんですね。この方本業は獣医さん。なぜか卵を立てると言うことに夢中になって研究していると(笑)
一般的に卵を立てる場合、コロンブスの卵という言葉があるようにのように、卵のお尻のところをペコンとへこまして立てるのが1番簡単である、と。まあ、それはそうなんですけど、そうじゃなくて、何も手を加えずに立てる、と。
で、卵のお尻っていうのは凸凹してますよね。小さい突起がぽつぽつあって、その三点を利用して立てる、というのが一般的だと、そこまでは解明されているんですが、この方はさらに一歩先を行っていて、それは違うんだと。卵のお尻を見るとですね、この方は・・・鶏卵表面のなだらかな砂丘のようなうねり(凸凹構造)を利用して立てるというテクニックを利用していますね。この人はですね、たくさんの卵を立てるという行動を繰り返してわかったことは、この本のタイトルに「立春の卵」とありますが、たくさんの卵を立ててきた経験を通して、立春の夜、夜中が1番卵が立ちやすいという経験則を得た、と。ただ残念ながらこの本の中では、じゃあそれがなぜなのかまでは解明されていないんですけども、実際にこの方は世界記録をもつほど、たくさん卵を立ててきて、僕は最初この本を見た時はちょっとインチキ臭い本だなあ、と思ったんですが、実は中身はすごいまじめで。いろんなたまごの立て方も載っています。
というわけでですね、

卵を立てるという、どうってことない遊びでですけど、それだけで本を1冊かいてしまう、これも本の面白さだと思います。

BOOK BAR staff| 22:24 | カテゴリー:BOOK STAND

2018年06月02日

勇気の花がひらくとき―やなせたかしとアンパンマンの物語

今週、杏ちゃんが紹介してくれたのは…こちら!

杏セレクト

20180602_ann.jpg
著者:梯 久美子 フレーベル館

『なが〜い道のり、だったんだなあ・・・』

1988年にアニメ化されてから今年でちょうど30年。
日本の子供たちの心を育ててきたアンパンマン。
その著者として知られるやなせたかしさん。
やなせたかしさんが生まれてから、両親との死別、
戦争を体験し、三越のデザイナー、舞台美術家、
作詞家、漫画家などさまざなな業績を成し、
1973年、54歳の時にアンパンマンを生み出すまでを綴った伝記。
どういう人生を味わってアンパンマンは生み出されたのか

あー・・・アンパンマンってこうやって生まれたんだ・・・

やなせたかしさんが編集長をつとめた雑誌『詩とメルヘン』の
編集者だった作家梯久美子さんだからこそ知ることができた
やなせたかしさんの一生が綴られています。

BOOK BAR staff| 22:08 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー