2017年10月28日

「本をつくる」という仕事

今週、杏ちゃんが紹介してくれたのは…こちら!

杏セレクト

20171028_ann.jpg
著者:稲泉連 筑摩書房

『この本を読むと重さが変わります。』

本を作るという仕事はどこからはじまるのでしょうか・・・
企画でも紙づくりでもなく、"字のデザイン"からなのです。
明治時代にできたフォントは印刷技術の発展とともに、見直しが必要に。
何万字もあるフォントを見直すのにかかった年月はなんと7年。
そして今まさに番組本を製作する中でお世話になっている新潮社の校閲。
1つの文章に対する真摯さ、頭が下がります。
何冊も紹介してきた本ですが、たどってきた道のりを知ることで、
本を読む重さを感じるようになる1冊です。

BOOK BAR staff| 22:08 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー