2017年08月12日

■一冊入魂■

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは、
日本を代表する大型書店、八重洲ブックセンターの平井真実さんです。
上大岡店は京急百貨店の6階ワンフロアを占め、330坪もあるそうです。

平井さんの入魂の一冊はこちら!
20170812_1.jpg
『ボローニャの吐息』
著:内田 洋子 小学館

著者はイタリア在住の人気エッセイスト・内田洋子さん。
美術館にとどまらず、日常生活に溶け込んだ、
本の中からミラノの生活が漂ってくる15の美しさにまつわるエッセイ。
陽気なイメージだったイタリア人ばかりでなく、
時には内にこもった性格の人まで…
まるで小説のように生き生きとした登場人物は、
平井さんが内田さんご本人にお会いした折、
訊ねてみたところ実際に会った人たちのようです。
是非手に取ってみてください!

BOOK BAR staff| 22:49 | カテゴリー:一冊入魂


バックナンバー

カテゴリー