2017年08月26日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは三省堂書店・神保町本店の
アルパカ書店員こと内田剛さん。
神保町本店は、本の街・神保町のランドマークとなっている
売場面積約1,000坪の大型書店です。

内田剛さんの入魂の一冊はこちら!

20170826_1.jpg
日本のレトロびん』 
監修:平成ボトル倶楽部 グラフィック社

この時期、より日常に涼やかさを与えてくれるガラス瓶。
古くはこんな形、色がありました…
醤油瓶や牛乳瓶、香水の瓶まで…
懐かしいと感じるものから、新たな発見まで・・・?!
身近だからこそ見逃している、こちらもまた”美しい”1冊
是非手に取って見てください!

BOOK BAR staff| 22:49 | カテゴリー:一冊入魂

2017年08月26日

8.26 OA 椎名林檎 Calvin Harris The Beatles and more

1  LET IT BE / 上々颱風 


2  長く短い祭 / 椎名林檎 


3 Slide (feat. Frank Ocean & Migos) / Calvin Harris 


4  Maha Ganapati Mool Mantra 


5  Tomorrow Never Knows / The Beatles 

BOOK BAR staff| 22:46 | カテゴリー:SONG LIST

2017年08月26日

千年王国への旅

今週、大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!

大倉眞一郎セレクト
20170826_okura.jpg
著:横尾忠則  講談社

『私の人生を位置づけた本です。』

ダンボール製の箱の中から大倉さんが大切そうに取りだしたのは、
高校生だった大倉少年が、人生で初めて両親におねだりした高額な1冊。
デザイナーと画家、二つの顔を持つ横尾忠則さんの画集です。
その後の進路にも影響を受けたまさに大倉さんの人生を変えた1冊・・・!
実は当時まだインドへ行ったことのなかった横尾忠則さんですが、
鮮やかな原色で瞑想的な一連のコラージュはまさにインドを思わせます。
絵画作品をフルカラーで掲載しているほか、瀬戸内寂聴さんらの寄稿も。
残念ながら今では手に入りませんが、ファン垂涎。幻の美しい本です。

▼中のページもご紹介。
0826_okura_2.jpg

▼大倉さんが「雷に撃たれたような」と話していた1枚
0826_okura_4.jpg

BOOK BAR staff| 22:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2017年08月26日

BOOK STAND 著述家・編集者の石黒謙吾さんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。

今週はベストセラー「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」の企画・プロデュース・編集を担当する石黒謙吾さんが登場。
BS_ishiguro.jpg
石黒さんはこれまでに250冊以上の書籍をプロデュース・編集してきた方。
ご自身が執筆した『盲導犬クイールの一生』はベストセラーとなり映画化もされています。
現在、書店で平積みとなっている「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」は村上春樹、夏目漱石、太宰治、三島由紀夫といった文学者から小沢健二、星野源まで、さまざまな文体でカップ焼きそばの作り方を紹介して話題となっています。
20170826_BS.jpg
今回は石黒謙吾さんが著述家・編集者として影響を受けた本を紹介してくれます。
今夜はその1冊目です。

ぐうたらの魅力
今日ご紹介する本は「ぐうたら人間学」、「狐狸庵閑話」というサブタイトルで、遠藤周作先生の本です。
これは中学校に入ってすぐ多分一番最初に大人の本として、自分のお金で買った、その後の人生において影響を受けている1冊です。
「ぐうたら人間学」という本を買った時は、僕は遠藤周作先生の本を読んだことはまったくないんです。その後読んだんですが、結構難しいわけですよ。「ぐうたら人間学」は対極で日々こういうふうに作家仲間でお酒を飲んでいるとか、こんなふうに芝居をやって楽しんでいるとか、神奈川の田舎に庵をあんでそこで粛々と暮らしているだとか、もしくは留学時代の思い出とか・・・どこがすごく印象的かとかそういうシーンは取り立ててあるわけではないんですが、とにかく全体を通してのこのゆるさ。小説を書くなんて凄い人たちがこんなにのびやかに、やんわりと、ある意味適当に、暮らせるんだっていうのは、僕は自分で本も書いていますし、プロデュースを様々なジャンルやっているという中で、じゃあこの「ぐうたら人間学」の中身が僕の今やっているクリエーションに影響しているかとさほどしていないんですよ、直結していない、という意味で。
ただし、僕が編集者として生きようと思った時なんですけど、その時にこの本のことは完全に自分が生きていく中で刷り込まれていて、かなり楽観主義で生きてきているんですけども、そういう…

なんとかなる!と思わせてくれたのはこの本

で、内容はほぼほぼ・・・何でもないことの連続なんですけど(笑)
さすが当時これよく「軽妙洒脱」と言う言葉をよく使われていましたけど、軽いタッチでなんでもないことを記していくと言うことは、さすがだなと今でも思います。

BOOK BAR staff| 22:24 | カテゴリー:BOOK STAND

2017年08月26日

100年前の写真で見る 世界の民族衣装

今週、杏ちゃんが紹介してくれたのは…こちら!

杏セレクト

20170826_ann.jpg
編集:ナショナルジオグラフィック


『カメラを構える人、そして集まる人、そして周りを想像してみましょう』

杏ちゃんがジャケ買いしてしまったというその表紙。
アルジェリアの衣装に身を包んだ女性が印象的な美しすぎる本は、
日本はもちろんヨーロッパ、中東、アジアなど世界各国、200点を越える
"100年前"の民族衣装を当時の空気ごと収録しているような写真集。
現代には現代で存在する"美しいスタイル"ですが、
100年前はこうも視点が違っていたのに、
今でも変わることのない"美しさ"がそこには残っています。
書店にも並んでいるので、是非2人の感じた"美しさ"体感してみてください!

▼”美しい”だけでは済ますことができない空気、惹きこまれます…!
0826_ann.jpg

BOOK BAR staff| 22:08 | カテゴリー:BOOK INFO

2017年08月24日

リポビタンフィール50本入りケースをプレゼント!

いつもBOOK BARをご愛聴いただきありがとうございます。
リスナーの皆さまへの素敵なプレゼントのお知らせです。

今日の疲れは今日のうちに。いい明日になりますように。
リポビタンフィール50本入り1ケースを毎月10名の方にプレゼントいたします。
ゆったり飲んでお休みチャージしてください。

プレゼントご希望の方は、番組への感想・意見などを書き添えて
このサイト左上のMESSAGEからご応募お願いします。
なお当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

BOOK BAR staff| 18:59 | カテゴリー:おしらせ

2017年08月19日

■一冊入魂■

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは、下北沢にある本のセレクトショップ

B&B
の、店長・寺島さやかさんです。
お店の名前のB&BはビールのBとBOOKのB。
ブックコーディネーター内沼晋太郎さんとクリエイティブディレクターの
嶋浩一郎さんが 「これからの街の本屋」について考え形にした本屋さんです。

寺島さやかさんの入魂の一冊はこちら!

20170819_1.jpg
『捨てられないTシャツ』
著:都築響一 筑摩書房

あなたは絶対着ないのに捨てられないTシャツ、ありませんか?
部活やクラスで作ったTシャツや、
好きなキャラクターのTシャツなどなど…
この本は「捨てられないTシャツ」70枚を集め、
そのTシャツと写真に持ち主のエピソードを添えた
言わば「Tシャツ・カタログ」のような1冊です。
捨てられないものにはそれだけの理由がありますよね。
気になった方は是非手に取って見てください。

BOOK BAR staff| 22:49 | カテゴリー:一冊入魂

2017年08月19日

8.19 OA 中島みゆき 米津玄師 Santana and more

1  慕情 / 中島みゆき 


2  誰? / 呂布 


3 打上花火 / DAOKO ✕ 米津玄師 


4  POR UN AMOR / Linda Ronstadt 


5  Oye 2014 (feat. Pitbull) / Santana 


BOOK BAR staff| 22:45 | カテゴリー:SONG LIST

2017年08月19日

マラス 暴力に支配される少年たち

今週、大倉さんが選んだ本はこちら…!

大倉眞一郎セレクト

20170819_okura.jpg
著:工藤律子 集英社

『理解できないことにも、理由がある。』


第14回開高健ノンフィクション賞受賞作。
舞台は世界一の殺人事件発生率ともいわれる中米ホンジュラス。
1番の危険地帯は意外にも首都テグシガルパと第2の都市。
若者ギャング集団「マラス」は元々、
ただファッションや人数の多さを競うだけのギャングだった。
それなのになぜ彼らはそこまで狂暴になってしまったのか、
ホンジュラスで起きている理解しがたい現状を追ったルポルタージュ。

BOOK BAR staff| 22:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2017年08月19日

BOOK STAND マンガ家の山科ティナさんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週はマンガ家の山科ティナさんの登場です。
20170819_BS.jpg
山科ティナさんは16才の時に別冊マーガレットでマンガ家としてデビュー。
現在はSNSやネット媒体を中心に妄想系のマンガで大注目されています。
また東京藝術大学に通う現役の美大生でもあります。
最新刊のひとつは祥伝社から出ているコミック「#140字のロマンス」。こちらは妄想癖のある女子のtwitterでのつぶやき「140字」から生まれた胸キュン・オムニバスストーリーです。
BS_yamashinathina.jpg
今回は山科ティナさんが最近話題になっている本の中から気になる三冊を紹介してくれます。
今夜はその3冊目です。

何はともあれ恋せよ乙女
今夜ご紹介するのは米代恭さんのマンガ「あげくの果てのカノン」です。
これは月刊スピリッツで連載されているマンガなんですけど、簡単に言うと「SF×不倫」のマンガです。
まず主人公の女の子がちょっとストーカー気質でメンヘラチックな女の子(笑)で、恋する不倫の相手が高校の時から8年間片想いしている先輩と8年越しに再会して、また

片想いが爆発している話なんですけど(笑)

その先輩がすごくて、この世界に「ゼリー」と呼ばれる異性生物が存在していて、そのゼリーと戦うパイロットがいるんですけど、その先輩がそのパイロットの1人で、もう…この世界の大スターなわけなんですよ。
SFの崩壊した世界に、この主人公の一途でちょっとストーカー気質でメンヘラチック…な恋愛(笑)が描かれているマンガです。
今言った設定がすごく面白いのが1つと、主人公のこれが恋なのか憧れなのか信仰なのかわからない熱い感情が描かれていてそこもすごく考えさせられます。

BOOK BAR staff| 22:24 | カテゴリー:BOOK STAND

2017年08月19日

未完。

今週、杏ちゃんが選んだのはこちら…

杏セレクト

20170819_ann.jpg

『大先輩からのメッセージを受け取りましょう!』
編集:仲代達矢 KADOKAWA

無名塾主宰、日本映画の黄金期を支え、なおも現役。
84歳の俳優・仲代達矢さんの2011年当時の連載をまとめたもの。
飢えや死の恐怖を感じた戦争体験から、
まだ娯楽の少なく、劇場に人々が押し寄せた時代。
現場で出会った三島由紀夫、黒澤明、三船敏郎らとのエピソードなどなど。
今の時代では体験しえない話の詰まった、大先輩からの言葉、
演劇人に限らず、触れて欲しい1冊です。

BOOK BAR staff| 22:08 | カテゴリー:BOOK INFO

2017年08月17日

リポビタンフィール50本入りケースをプレゼント!

いつもBOOK BARをご愛聴いただきありがとうございます。
リスナーの皆さまへの素敵なプレゼントのお知らせです。

今日の疲れは今日のうちに。いい明日になりますように。
リポビタンフィール50本入り1ケースを毎月10名の方にプレゼントいたします。
ゆったり飲んでお休みチャージしてください。

プレゼントご希望の方は、番組への感想・意見などを書き添えて
このサイト左上のMESSAGEからご応募お願いします。
なお当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

BOOK BAR staff| 18:40 | カテゴリー:おしらせ

2017年08月12日

■一冊入魂■

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは、
日本を代表する大型書店、八重洲ブックセンターの平井真実さんです。
上大岡店は京急百貨店の6階ワンフロアを占め、330坪もあるそうです。

平井さんの入魂の一冊はこちら!
20170812_1.jpg
『ボローニャの吐息』
著:内田 洋子 小学館

著者はイタリア在住の人気エッセイスト・内田洋子さん。
美術館にとどまらず、日常生活に溶け込んだ、
本の中からミラノの生活が漂ってくる15の美しさにまつわるエッセイ。
陽気なイメージだったイタリア人ばかりでなく、
時には内にこもった性格の人まで…
まるで小説のように生き生きとした登場人物は、
平井さんが内田さんご本人にお会いした折、
訊ねてみたところ実際に会った人たちのようです。
是非手に取ってみてください!

BOOK BAR staff| 22:49 | カテゴリー:一冊入魂

2017年08月12日

8.12 OA 宇多田ヒカル Blur SHISHAMO and more


1  花束を君に / 宇多田ヒカル 


2  Out of Time / Blur 


3 量産型彼氏 / SHISHAMO 


4  LA HABANERA / Moriarty 


5  Levitate / Imagine Dragons 

BOOK BAR staff| 22:45 | カテゴリー:SONG LIST

2017年08月12日

虹を待つ彼女

今週、大倉さんが選んだ本はこちら…!

大倉眞一郎セレクト

20170812_okura.jpg
著:逸木裕 KADOKAWA

『ミステリーにAIが登場する時代。』

と言うのも、第36回横溝正史ミステリ大賞大賞受賞作品。
審査員の恩田陸さんのコメントがきっかけで手に取った大倉さん。
時代は2020年。人工知能(AI)と恋愛ができるアプリを作っていた工藤は、
死者をAI化するプロジェクトに参加することに…
対象は狂気的な手段で命を絶った人気女性ゲームクリエイター。
AIは登場しますが、それを作る人間たちの話に目が離せなくなる、
フリーのエンジニアでもある著者が送る近未来ミステリー。
本の出会い方も一期一会。周囲の評価、その船に乗るのも一興です!

BOOK BAR staff| 22:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2017年08月12日

BOOK STAND マンガ家の山科ティナさんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週はマンガ家の山科ティナさんの登場です。
20170812_BS.jpg山科ティナさんは16才の時に別冊マーガレットでマンガ家としてデビュー。
現在はSNSやネット媒体を中心に妄想系のマンガで大注目されています。
また東京藝術大学に通う現役の美大生でもあります。
最新刊はSNS新世代ライターさえりさんとの共著、
「今年の春は。とびきり素敵な春にするってさっき決めた」
こちらの作品、帯には「これはすべて妄想です」と書かれているように、
女子が萌える妄想エピソードを文章とイラストで綴った作品です。
BS_yamashinathina_1.jpg
今回は山科ティナさんが最近話題になっている本の中から気になる三冊を紹介してくれます。
今夜はその2冊目です。

かわいいは正義…!
今夜ご消化するのは博(ひろ)さんの「明日(あけび)ちゃんのセーラー服」というマンガです。
これは本当にタイトル通り、明日ちゃんと言うヒロインがセーラー服を着て生活するという日常を描いた漫画ですね。起承転結よりも、日常。日常を描いた漫画ですね。なにもない日常を1コマ1コマをすごい丁寧に描いていて、その美しい日常を見て、読者は癒されるって感じですね。
個人的には絵がものすごくて、背景とか人物の体がすごいリアルなんですけど、表情とかが上手くデフォルメされていて、

とにかくかわいい!かわいい!

ってかんじですね(笑)
博さんという作者をもともとTwitterで、女の子がお腹の肉をつまむ、と言うイラストを見て知ったんですけど(笑)その方がイラストが素敵で、ヤングジャンプンオweb版の「となりのヤングジャンプ」と言うサイトで月刊連載されているものなんですけど、発売前にamazonの予約で売り切れてしまって、発売前に重版がかかるという前代未聞の話題のマンガだなっていう。
結構女の子の描き方が本当に…すごくフェチは描かれているんですけど、さわやかなかわいさで描かれているので、女の子のファンは多いなって思います。
新しいキャラクターの登場の仕方が爪を切っているシーンなんですけど、4ページまるまる使っていたり(笑)本当にフェティシズムがつまっています(笑)

BOOK BAR staff| 22:24 | カテゴリー:BOOK STAND

2017年08月12日

戦争中の暮しの記録―保存版

今週、杏ちゃんが選んだのはこちら…

杏セレクト

20170812_ann.jpg

『もっと早くに出会いたかった…!』
編集:暮しの手帖編集部 暮しの手帖社

昨年放送された「とと姉ちゃん」にも登場した、あの雑誌。
元々が暮らしの手帖なので内容は衣食住が中心で、
すべて「暮らしの手帖の」の読者投稿からなりたっています。
疎開先で気づかれないように一粒一粒を大事に舐めた煎り豆。
もんぺの作り方、境内にうずくまって過ごした日…
終戦から72年、当時の中学生も80歳以上…
5年後、10年後聞くことが出来なくなってしまう当時のことを手元に。
普通の人たちの暮らしを綴った重みのある1冊です。

BOOK BAR staff| 22:08 | カテゴリー:BOOK INFO

2017年08月10日

リポビタンフィール50本入りケースをプレゼント!

いつもBOOK BARをご愛聴いただきありがとうございます。
リスナーの皆さまへの素敵なプレゼントのお知らせです。

今日の疲れは今日のうちに。いい明日になりますように。
リポビタンフィール50本入り1ケースを毎月10名の方にプレゼントいたします。
ゆったり飲んでお休みチャージしてください。

プレゼントご希望の方は、番組への感想・意見などを書き添えて
このサイト左上のMESSAGEからご応募お願いします。
なお当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

BOOK BAR staff| 18:47 | カテゴリー:おしらせ

2017年08月05日

■一冊入魂■

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは文京区千駄木にある
往来堂書店の店長、笈入建志さんです。
往来堂さんは、いわゆる街の商店街にあるような小さな書店なんですが、
セレクトにたいへん力の入っている本屋さんとして知られています。

笈入建志さんの入魂の一冊はこちら!

20170805_1.jpg
『 ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』
著:キャスリーン・フリン 訳:村井理子 きこ書房

著者はフランスの名門ル・コルドン・ブルーを卒業したアメリカ人の料理人。
帰国後にスーパーで大量のレトルト食品を購入する女性たちの姿にショックを受け、
料理に苦手意識がある女性たちを10人集め、料理教室を開催します。
料理ができないことはだめなのか、
包丁の握り方から始まり、料理の基礎を知るだけで生活が劇的に変わった
10人の女性たちそれぞれのノンフィクションです。
是非手に取って見てください。

BOOK BAR staff| 22:49 | カテゴリー:一冊入魂

2017年08月05日

8.5 OA Wings Whitney Houston 寺尾紗穂 and more

1  Children Children / Wings


2  Greatest Love of All / Whitney Houston 


3 雲は夏 / 寺尾紗穂 


4  Give me that slow knowing smile / LISA EKDAHL 


5  ふたりが隣にいること / Natsu Summer 

BOOK BAR staff| 22:47 | カテゴリー:SONG LIST

2017年08月05日

すべて真夜中の恋人たち

今週、大倉さんが選んだ本はこちら…!

大倉眞一郎セレクト

20170805_okura.jpg
著:川上美映子 講談社

『私は恋愛はもういい、と思っています。』

なんだか意味アリげなキャッチコピーをつけた大倉さん。
「恋愛ってどんなんだっけ?」と思い恋愛小説を読みたくなったんだそうです。
主人公は入江冬子、34歳。フリーの校閲者。
毎日毎日働いて、家に帰ってご飯を作る毎日に「私…何をしているんだろう…」
趣味をつくろうと通いだしたカルチャーセンターである男性と知り合う。
そこで物理教師である58歳の男性と知り合います…。
恋愛なんて興味ない、そんな人にも読んでほしいプラトニックな恋愛小説です。

BOOK BAR staff| 22:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2017年08月05日

BOOK STAND マンガ家の山科ティナさんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週はマンガ家の山科ティナさんの登場です。
20170805_BS.jpg
山科ティナさんは16才の時に別冊マーガレットでマンガ家としてデビュー。
現在はSNSやネット媒体を中心に妄想系のマンガで大注目されています。
また東京藝術大学に通う現役の美大生でもあります。
最新刊はSNS新世代ライターさえりさんとの共著、
「今年の春は。とびきり素敵な春にするってさっき決めた」
こちらの作品、帯には「これはすべて妄想です」と書かれているように、
女子が萌える妄想エピソードを文章とイラストで綴った作品です。
BS_yamashinathina_1.jpg
今回は山科ティナさんが最近話題になっている本の中から気になる三冊を紹介してくれます。
今夜はその1冊目です。

急がば回って、癒された(笑)
今夜ご紹介するのは神田桂一さんと菊池良さんの『もしも文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』と言う本です。
簡単に言うと…本当に簡単なんですけどカップ焼きそばの作り方をいろんな文豪たちが・・・まあ有名な方たちが書いたらこうなるんじゃないかっていうシミュレーション的な1冊です。
この帯に文体遊戯って書かれていて、まさに「フタ」「かやく」「湯切り」を文豪たちがどう書くのかをひたすら189ページまで書かれているものですね。
タイトルもすごい面白くて太宰治さんだと「焼きそば失格」とか、あとは村上春樹さんだと

「1973年のカップ焼きそば」
きみがカップ焼きそばを作ろうとしている事実について、僕は何も興味を持っていないし、何かを言う権利もない。エレベーターの階数表示を眺めるように、ただ見ているだけだ。

という…(笑)村上春樹さんの小説を著者の2人がシミュレーションしているものですね(笑)あと相田みつをさんの

「カップ焼きそばだもの」
湯をいれる
五分まつ
湯切りをする

これだけなのに
むずかしい
すぐに食べたい
人間のわたし

(笑)というのが続いていくような形ですね。
この単純な、「フタ」「かやく」「湯切り」の3ステップをこんなに文章の表現だけで読ませているのが感動しましたね。
これを買ったきっかけが作業の締め切り前で、追い込まれているときに夜中にコンビニに行って、これが置かれていて(笑)田中圭一さんが表紙を書いているんですけど、これも「もし手塚治虫が太宰治を描いたら・・・を田中圭一が描いたら」っていうイラストなんですけど、帯にもあるんですけど、「切実ににバカだから、なんかもう泣けてくる。」っていうのがグワっと来て癒されますね(笑)

BOOK BAR staff| 22:24 | カテゴリー:BOOK STAND

2017年08月05日

江戸の躾と子育て

今週、杏ちゃんが選んだのはこちら…

杏セレクト

20170805_ann.gif
著:中江 克己 祥伝社

『やっぱりこういうジャンルの本増えてきちゃいますね。』

育児中の親を悩ませるいわゆる"イヤイヤ期"。
でも、昔はそんなこと言っていられないはず!そこで手に取ったこの本。
お腹の中の子の性別を変えるおまじないが信じられた時代、
とんでもない当時の常識に今の時代でよかったと安心しつつ、
見習いたい、当時の寺子屋での学習法など取り入れたくなるシステムなど・・・

叱ってくれてありがとうございます・・・!

出産前から育児、教育まで・・・厳しくも温かいかつての日本の話。

BOOK BAR staff| 22:08 | カテゴリー:BOOK INFO

2017年08月03日

リポビタンフィール50本入りケースをプレゼント!

いつもBOOK BARをご愛聴いただきありがとうございます。
リスナーの皆さまへの素敵なプレゼントのお知らせです。

今日の疲れは今日のうちに。いい明日になりますように。
リポビタンフィール50本入り1ケースを毎月10名の方にプレゼントいたします。
ゆったり飲んでお休みチャージしてください。

プレゼントご希望の方は、番組への感想・意見などを書き添えて
このサイト左上のMESSAGEからご応募お願いします。
なお当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

BOOK BAR staff| 19:03 | カテゴリー:おしらせ


バックナンバー

カテゴリー