2017年05月27日

■一冊入魂■

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは、下北沢にある本のセレクトショップ

B&B
の、店長・寺島さやかさんです。
お店の名前のB&BはビールのBとBOOKのB。
ブックコーディネーター内沼晋太郎さんとクリエイティブディレクターの
嶋浩一郎さんが 「これからの街の本屋」について考え形にした本屋さんです。

寺島さやかさんの入魂の一冊はこちら!
B&B.jpg
『知られざる縄文ライフ』
著:譽田亜紀子、監修:武藤康弘 誠文堂新光社

まずは縄文時代と言えばこんな感じでしょうと、イメージから始まります。
実は1万年というとてつもなく長く続いた縄文時代。
そんな長い年月を彼らはどのように暮らしていたのか・・・?
ご飯や、タイムスケジュール、当時の犬などなど…
大河や歴史ドラマではなかなか取り上げられない
縄文時代がたくさんのイラストでよくわかる1冊。

BOOK BAR staff| 22:49 | カテゴリー:一冊入魂


バックナンバー

カテゴリー