2017年03月26日

「サブマリン」(と、関連書籍「チルドレン」)

今週、大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!

大倉眞一郎セレクト

0325_okura.jpg

著:伊坂幸太郎 講談社

『伊坂さんの小説の登場人物は殺し屋でもやさしい。』

「チルドレン」から12年。
当時高校生だった陣内は家庭裁判所の調査官へと成長した。
その陣内を職場の後輩の武藤の目線で描くサブマリン。
無免許で事故を起こした19歳の少年を担当する陣内。
かつて両親を交通事故で目の前で亡くしていた少年…
悪人もどこかみんなやさしい理由がある…
破天荒な陣内の行動の理由は「チルドレン」を読むとより深まります!

BOOK BAR staff| 00:45 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー